映画【シン・ゴジラ】の動画とネタバレ!なぜこんなに評価が高いのか?ラストの尾が話題?

映画【シン・ゴジラ】の動画とネタバレ!なぜこんなに評価が高いの?

『シン・ゴジラ』とは、2016年実写邦画ランキング・第1位、日本アカデミー賞7冠に輝いた話題の映画!

11月12日(日)にいよいよテレビ朝日で地上波初放送!

スタッフは総監督に『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明×監督に『進撃の巨人』の樋口真嗣。

キャストは長谷川博己×竹野内豊×石原さとみ、ほか総勢328名!

11月17日(金)にアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』も公開を控えるなか、再注目される大作映画です。

現代の東京に上陸した謎の巨大生物に右往左往する日本政府。変形しやがてゴジラと名付けられた生物に日本人たちは勝てるのか…

といっても、そもそも繰り返し映像化されてきたゴジラ…なぜこんなにも評価が高いのか? ネタバレで探ります。

今回は映画【シン・ゴジラ】の動画、キャスト、あらすじ、ネタバレ、基本情報をまとめます。

スポンサーリンク

映画【シン・ゴジラ】の動画

映画【シン・ゴジラ】の動画は、

U-NEXT (初回限定で無料トライアルあり)と、

auビデオパス (初回30日間無料があり)

で視聴できます。

映画【シン・ゴジラ】のキャスト

長谷川博己(役:矢口蘭堂)


矢口蘭堂………内閣官房副長官

長谷川博己………1977年生まれ。文学座の座員として蜷川幸雄演出の舞台などで活躍。2008年の『四つの嘘』でドラマデビュー。『鈴木先生』で初主演、『家政婦のミタ』で大ブレイクした。2017年1月期の主演ドラマ『小さな巨人』では香川照之の顔芸対決が話題に。受賞作に映画『セカンドバージン』で日本アカデミー賞新人賞、『シン・ゴジラ』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞など。

竹野内豊(役:赤坂秀樹)

赤坂秀樹………内閣総理大臣補佐官

竹野内豊(たけのうちゆたか)………1971年生まれ。1994年ドラマ『ボクの就職』で俳優デビュー。1997年主演ドラマ『ビーチボーイズ』が話題に。2001年映画『冷静と情熱のあいだ』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞、2011年『太平洋の奇跡』でブルーリボン賞優秀主演男優賞。主演作が長年続く人気俳優である。近作の主演作に2016年映画『人生の約束』、ドラマ『素敵な選TAXIスペシャル』『グッドパートナー無敵の弁護士』『この声をきみに』など。

石原さとみ(役:カヨコ・アン・パタースン)

カヨコ・アン・パタースン………米国大統領特使

石原さとみ(いしはら・さとみ)………1986年生まれ。第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞をきっかけに芸能界デビュー。おもな主演ドラマはNHK朝ドラ『てるてる家族』、『リッチマン、プアウーマン』『ディア・シスター』『5→9〜私に恋したお坊さん〜』『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』『アンナチュラル』など。

高良健吾(役:志村祐介)

志村祐介………内閣官房副長官秘書官)

高良健吾(こうらけんご)…1987年生まれ。高校生の時に、熊本のタウン情報誌「クマモト」にスカウトされ高校卒業とともに芸能界入り。2005年、ドラマ『ごくせん』で俳優デビュー。2006年『ハリヨの夏』で映画デビューし、以後映画を中心に活躍。2017年『精霊の守り人』に出演する。

松尾 諭(役:泉修一)

泉修一………保守第一党政調副会長

松尾 諭(まつお さとる)…………1975年生まれ。2000年、俳優を目指して上京。映画『忘れられぬ人々』で俳優としてデビュー。下積み時代には女優・井川遥の付き人も務めた。2007年、テレビドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』でオーディションを経て主要SP役5人の中の1人、山本巡査部長役に抜擢され注目を集める。2017年は朝ドラ『ひよっこ』、特別ドラマ『警視庁機動捜査隊216』『アイ~私と彼女と人工知能』『日本をゆっくり走ってみたよ』などに出演。

市川実日子(役:尾頭ヒロミ)

尾頭ヒロミ(環境省自然環境局野生生物課課長補佐)

市川実日子(いちかわ みかこ)………1978年生まれ。女優・市川実和子は姉。モデル活動後、1998年にホンマタカシ監督の短編映画『How to 柔術』で女優デビュー。2003年、初主演映画『blue』でモスクワ国際映画祭最優秀女優賞。2016年『シン・ゴジラ』で毎日映画コンクール女優助演賞、日本アカデミー賞優秀助演女優賞。テレビ「ドキュメント72時間」のナレーションも。2017年は『小さな巨人』、映画『ナラタージュ』などに出演。

余貴美子(役:花森麗子)

花森麗子………防衛大

余貴美子(よ きみこ)……1956年生まれ。自由劇場、東京壱組という劇団を経て、テレビドラマや映画で活躍。2008年「おくりびと」、2009年「ディア・ドクター」で2年連続日本アカデミー賞助演女優賞を受賞。2017年は、『そして誰もいなくなった』『眩~北斎の娘』『テミスの剣』『民衆の敵』などに出演。

國村 隼(役:財前正夫)

財前正夫………統合幕僚長

國村 隼くにむら じゅん)……1955年11月16日生まれ。1981年、『ガキ帝国』(井筒和幸監督)で映画デビュー。以降数々の作品に出演。2017年出演作には8月公開の映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』、10月放送のドラマ『BORDER贖罪』、12月公開の『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』と『DESTINY 鎌倉ものがたり』などがある

平泉 成(役:里見祐介)

里見祐介………農林水産大臣

平泉 成(ひらいずみ せい)…1944年生まれ。主な作品にドラマ『はみだし刑事情熱系』『瑠璃の島』『家政婦のミタ』『CHANGE』『あまちゃん』など。2017年は『過保護のカホコ』『この声をきにみ』などに出演。

柄本 明(役:東竜太)

東竜太………内閣官房長官

柄本 明(えもと あきら)………1948年生まれ。最近では活躍著しい柄本佑さんと柄本時生さんのお父様。松田勇作さん主演の『探偵物語』でドラマデビュー。『セーラー服と機関銃』『Shall we ダンス?』『座頭市』などに出演する名脇役。同じ冬クールの『精霊の守り人II 悲しき破壊神』にも出演予定。

大杉 漣(役:大河内清次)

大河内清次………内閣総理大臣

大杉 漣(おおすぎ れん)………1951年生まれ。1970年代から舞台やVシネマなどで下積み時代を過ごし北野武監督作品『ソナチネ(1993年)』で大ブレイク。ヴェネツィア国際映画祭でグランプリを受賞した『HANA-BI』でも主演し不動の位置を築いた。『世にも奇妙な物語』の常連で歴代最多出演回数を誇る。ゴチメンバーとしてバラエティ「ぐるナイ」出演中。最近の連ドラでは『お迎えデス。』『ファイナルファンタジー光のお父さん』など。2017年10月から『相棒』に出演。

映画【シン・ゴジラ】のあらすじ

東京湾・羽田沖。突如、東京湾アクアトンネルが巨大な轟音とともに大量の浸水に巻き込まれ崩落する。事故の原因は不明。首相官邸では大河内総理大臣(大杉漣)ら閣僚による緊急会議が開かれる。「崩落の原因は地震や海底火山」という意見が大勢を占める中、内閣官房副長官・矢口(長谷川博己)だけは、海中に棲む巨大生物による可能性を指摘する。内閣総理大臣補佐官・赤坂(竹野内豊)らは議論に値しないものと黙殺するが、直後に海上に巨大不明生物の姿が発見される

騒然となる政府関係者が情報収集に追われる中、謎の巨大不明生物は上陸。次々と街を破壊し、日本は壊滅へと突き進んでいく。
緊急対策本部を設置した政府は、自衛隊にも防衛出動命令を発動。さらに米国大統領特使としてカヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)が派遣され、世界も注視し始める。
巨大生物の正体は何なのか、その生態は、そしてどのようにして倒すべきなのか?日本を守るための矢口らの長い長い戦いが幕を開けた─。

出典テレビ朝日

映画【シン・ゴジラ】のネタバレ

そもそもゴジラって何度も映画化されてるのに、なぜ「シン・ゴジラ」はそんなに評価が高いのでしょうか?

まず評価を確認してから、魅力をネタバレ紹介していきます。

著名人がオススメ!

松本人志さん(ダウンタウン)がフジテレビ『ワイドナショー』(2016年8月21日放送回)にて、映画『シン・ゴジラ』を「面白い」「よくできていた」とコメントし、下記の3点について指摘。ツイッターやネットニュースでも紹介され話題に。

①初めてゴジラを主役にした映画。俳優は脇役。主演がゴジラ。

②ゴジラのドキュメンタリー映画を見ているようなリアリティがあった

③(ゴジラが首都をわかって登場について)和歌山ぐらいから来たらリアルなのに

以下、漫画家・社会学者・タレント・小説家・脚本家・芸人など多彩なジャンルから絶賛コメントがあがっています。

リアルな自衛隊が話題・・・政治家も「国家」「危機管理」に言及

震災がテーマ・・・災害に立ち向かう日本

ネタバレですが、アメリカが原爆を使用することを日本は拒否できない問題が「シン・ゴジラ」で描かれていました。そのため日本はアメリカの属国なのか、主権とは何かという話しにたびたびなります。

「現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?」という防衛問題について考えさせられる、という意味で、エンタメの怪獣映画にとどまらず大人たちの話題にもなりました。

ゴジラを災害ととらえて、震災映画としても見ることが可能です。

ただ、この壮大なテーマでも観客をしらけさせなかったのは、庵野総監督をはじめスタッフ・キャストの結集による徹底したリアリティです…………国内シリーズ初のフルCGでゴジラを表現し、防衛省・自衛隊とも協力してのリアルな映像・緊迫感のある台詞の応酬・スリリングな描写が本作の高い評価につながったことは間違いありません。

ラストシーン「ゴジラの尻尾」の意味は・・

ⓒAmazon.co.jp 「東宝怪獣コレクション 第31弾 シン・ゴジラ 塗装済み 完成品 フィギュア 4体セット 一部組み立て式」

上記写真は第1形態の不明生物から第2形態、第3形態、第4(最終)形態までを並べたもの。

これもネタバレですが、

皆さんご存知の「ゴジラ」は第4形態になります。

第2形態はこちら!

ⓒTOHO Co., Ltd.

第3形態はこちら!

すごいことになっています。

ラストシーンの第4形態は凍結されましたが・・・

尻尾から人のようなカットがあったと話題になりました。

いったい何???

あれは「巨神兵」説というのが流れました・・・

巨神兵とは、ジブリ作品『風の谷のナウシカ』に登場します。巨神兵は、“火の七日間”と呼ばれる最終戦争で地球を壊滅させました。

ナウシカの「巨神兵」を主役に作った特撮短編『巨神兵東京に現わる 劇場版』 は樋口真嗣さんが監督。製作プロデューサーに庵野秀明さん。今作のコンビですから、つなげたくなります。

実は、第5形態が展示されて、話題になりました。

地上波でどこまで放送するのかは不明ですが、謎多きラストまで目が離せませんね。

ちなみに無期限休業中の小出恵介さんが出演しています。事情聴取があったとはいえ和解が成立してますし、まさカットしないとは思うのですが・・・

下世話ですが注目です。

映画【シン・ゴジラ】の基本情報

放送日:2017年11月12日(月)21時~23時20分(地上波初)

放送局:テレビ朝日系

脚本・編集・総監督:庵野秀明(『エヴァンゲリオン』シリーズ)

監督・特技監督:樋口真嗣(『進撃の巨人』『のぼうの城』)

准監督・特技統括:尾上克郎

音楽:鷺巣詩郎

映画公開年:2016年7月29日~

上映時間:119分

興行収入:82.5億円(2017年11月5日現在 興行通信社調べ)

制作会社:東宝映画、シネバザール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク