【ドクターX・第5期】5話あらすじと視聴率!草刈の「各々抜かりなく」と岸部一徳と過去で?

【ドクターX・第5期】第5話のあらすじと視聴率!

フリーランスの天才外科医・大門未知子。

未知子が病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む。

大転換期を迎えた「東帝大学病院」へ再度乗りこんでいく未知子。

汚い院内政治を操ってきた蛭間の失脚から1年――。

「東帝大学病院」は新時代に突入。

11月9日(木)にテレビ朝日系で【ドクターX・第5期】5話が放送されました。

【ドクターX・第5期】5話視聴率、あらすじ、感想をまとめます。

【ドクターX・第5期】視聴率と最終回ネタバレ!女王米倉涼子は記録更新となるのか!?
2017年10月開始の木曜ドラマ【ドクターX~外科医・大門未知子~】。 このドラマは、圧倒的な腕で数多くの命を救いながら、金と…
スポンサーリンク

【ドクターX・第5期】5話視聴率

【ドクターX・第5期】5話の視聴率は20.8%

2話、3話、4話とも19%台と高視聴率をキープしていましたが、1話ぶりの20%台と高視聴率を叩きだしました。

今後の展開が気になる所です。

【ドクターX・第5期】5話あらすじ

医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)は、ある思惑から「東帝大学病院」に、最先端の人工知能診断システム「ヒポクラテス」を使った症例を打ち上げるよう提言。

忖度した病院長・蛭間重勝(西田敏行)はさっそく従おうとするが、外科副部長・鳥井高(段田安則)は、AIによる診断に懐疑的な姿勢を見せる。

そんな中、世界最強の将棋ロボットと対局中だった若き天才棋士・五反田五郎(間宮祥太朗)が、腕のけいれんを起こして意識を消失。

「東帝大学病院」に運び込まれた。症状を見る限りは脳腫瘍の可能性が高いが、MRI画像では断定できない状態…。

意識が戻った五反田は、病名を告げない鳥井に業を煮やし、自宅に帰ろうとする。ところがその矢先、今度は足に力が入らなくなり…!

「東帝大学病院」では五反田の緊急カンファレンスを開始。だが、血液検査の数値はすべて正常で、診断は暗礁に乗り上げてしまう…。

そのときだ。反AI派だったはずの鳥井が「ヒポクラテス」の診断結果を提示! なんと、そのデータをもとに脳膿瘍だと特定する。これを受け、大門未知子(米倉涼子)は「なんか違う」と反論。だが、未知子にも病名までは特定できず…。

その直後、五反田が病室で一過性の意識障害に陥った! ますます高まる脳膿瘍の可能性…。やがて五反田には「ヒポクラテス」が示した手順に従い、脳膿瘍の手術が適用されることに。AIによる症例を失敗させるわけにはいかない蛭間は、手術が下手な鳥井ではなく、未知子を執刀医に指名。

未知子は原因が特定されてないのにオペをするのは危険だ、「いたしません」と突っぱねるが、そんな彼女の脳裏を“ある光景”がかすめ…!?

未知子は「ヒポクラテス」が診断した脳膿瘍と診断した結果を誤診だと確信出来たのだ。

それは、五反田がレアの豚肉を頬張っていて、海外でもそのレアの豚肉を食べたと証言し、脳以外にも体にボコっとした出来物が確認された。

未知子はそれを、体内に卵を産みそれが孵化した寄生虫「有鉤条虫(ゆうこうじょうちゅう)」だと思い、すぐに五反田をMIRで検査し未知子は確信した。

早急にオペを行った未知子に、蛭間も鳥居も激怒する。

しかし、未知子の迫力に鳥居も助手として未知子をサポートした。

無事に寄生虫の幼虫を取り出しオペは成功。

その後五反田も、未知子と共感できた「何かが降ってくる感覚…。」と閃きの瞬間と共にAI相手に勝利を果たしたのだった。

【ドクターX・第5期】5話感想

今回は見ごたえがあるお話でした。

様々な感想がありましたが、草刈正雄さんの言葉と岸部一徳さんが過去に接点があったことを語り合い、ピリピリとしたシーンでは今後の展開にハラハラとしました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク