【トットちゃん!】第15話(10月20日)のあらすじと感想!豊嶋花号泣に視聴者もらい泣き

【トットちゃん!】第15話のあらすじと感想!

昼帯劇場第二弾は黒柳徹子さんの半生を描く「トットちゃん!」

第15話が10月20日(金)に放送されました。

今回は【トットちゃん!】第15話のあらすじと感想まとめ!

ドラマ【トットちゃん!】のキャストとあらすじ!黒柳徹子オファーで福山雅治主題歌実現!
2017年10月スタート! 帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(毎週月~金曜:ひる12時30分~12時50分)のキャストとあらすじ! …
【トットちゃん!】の全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ!黒柳徹子を大石静が描く
ドラマ【トットちゃん!】の全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ! 10/2スタートのテレビ朝日系の『帯ドラマ劇場』第2弾は、黒柳…
スポンサーリンク

 【トットちゃん!】第15話のあらすじ

小学2年生になった徹子(豊嶋花)は、相変わらず手足が不自由なクラスメート・郁夫(横山歩)の木登りの手伝いを続けていた。あるとき、塗装工事の現場を見かけた徹子は脚立を使うことを思いついて…!? そして、徹子は郁夫から「いつかテレビジョンが世界を変える」と聞く…。

出典テレビ朝日

【詳しくネタバレあらすじ】

トットちゃんこと徹子は、梯子(はしご)を使って郁夫くんの木登りを手伝う。
ついに成功した2人。アメリカの方角をみて、郁夫はテレビジョンの話しをする。
それは離れた場所の出来事も見ることができるもの。四角い箱で国技館の相撲も見られる。トットちゃんはお相撲さんが箱に入るのか不思議。
郁夫「入るんじゃない。映るんだ。世界を変えるよ、きっと。国と国ももっと理解しあえるようになって、戦争もなくなるかもしれない」
トットはなぞなぞを出す。怖くて臭くて美味しいものは何か。「鬼が、便所で、お饅頭食べてる。」郁夫は正解。すごいと褒めるトット。
郁夫「木にひとりで登れないけどね」

トット「いつだって私が登らせてあげる」

お礼に郁夫からアンクルトムの部屋を借りるトット。帰りは2人でゆっくり歩いた。

トットは「テレビジョンは(双葉山もはいる大きい箱だが)困らないわよ。知らない世界を教えてくれるの」と母に自慢げに話す。

トットは郁夫を「流れ星の落ちる井戸」に連れ行くつもりだったが疲れてたのでやめたと朝に話す。

夏休み。本は難しいので読めなかったので押し花に使った。

2学期。校長先生が嬉しいのにかなしそうな顔をしていた。実は、郁夫くんが8月31日に死んだという。

小林「郁夫くんは7才まで一生懸命に生きた、楽しく生きた
素晴らしい人生だった」トットは教室を飛び出して木をみつめる。トモエ学園のみんなと郁夫くんのお別れにいく。トットには初めてのお葬式。こんな悲しい歌を初めて聞いた。

郁夫の姉・倫子がトットに声をかけてくれた。トットとの木登りなどを姉に話していたそうだ。トットは押し花にしている本を返してないと話す。

倫子「返さなくていいわ。

ずっと
本は置いていて
あなたがオトナになって読めるようになったら
郁夫を思い出して」トットは心の中でいいました。
『また、会おうね、郁夫くん。うーんと、うーんと時間がたったら、
人間はまたどこかで会えるんでしょう。そのときは郁夫くんが女の子で私が男の子かもしれないわ。それまで、バイバイ』
トットは人目をはばからず泣きました。

その後、押し花は額にいれました。やがて、青森のリンゴが送られてきた。「だべさ」をまねするトット。笑いが絶えず、感謝して食べる黒柳家だった。

翌年の暮れ、日本は太平洋戦争に突入する。

【トットちゃん!】第15話の感想

話題のツイート(10/20:0時~23:59)

郁夫くんとの別れ。感傷的になりすぎない描写のなか、空に向かってトットちゃんが泣くシーンも撮り方が大げさにならないカットが素敵でした。

木の上のシーンも絵になります。

悲しいけれど、また会えると希望を持てる不思議な感情になる回でした。

また会えるよね!

と。

考えてみれば、テレビは魔法の箱です。しかし世界平和になる世界はまだまだですが、というか、テロリスト募集にネットを使う時代。

科学が発達しても人間は進歩しているのかとがく然ともします。

本作はテレビの黄金期の「徹子もの」として素晴らしい出来栄え。

何度もいってますが、おすすめドラマです。

【トットちゃん!】第14話(10月19日)のあらすじと感想!松下奈緒の涙に視聴者も号泣
【トットちゃん!】第14話のあらすじと感想! 昼帯劇場第二弾は黒柳徹子さんの半生を描く「トットちゃん!」 第14話が…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク