【ファイブ】3話のあらすじと感想!女子が言われたい、佐藤流司が浅川梨奈を守る理由とは?

ドラマ【ファイブ】第3話のあらすじと感想!

佐藤流司さん、黒羽麻璃央さん、松岡広大さん、西井幸人さん、根岸拓哉さんの「メンズ5」!

ヒロインは浅川梨奈(なな)(SUPER☆GiRLS)でメガネ女子の転校生・ひな役。

第3話はついに生徒会執行部が本格的に登場!

演じるのは戸谷公人さん、岡本杏理さん、水田航生さん、加弥乃さん。

今回は人気マンガの実写化で、話題沸騰のドラマ「ファイブ」のネタバレあらすじと感想をまとめます。

ドラマ【ファイブ】のキャストとあらすじ!佐藤流司らイケメン5人×スパガ浅川梨奈で学園物!
7月スタート!ドラマ【ファイブ】のキャストとあらすじ! ふるかわしおりさん原作で、別冊マーガレットの人気少女漫画が、佐藤流司さ…
スポンサーリンク

第3話「体育祭は命がけ」のあらすじ

体育の授業がない宗珱学園で、体育の成績と内申が決まるという体育祭が開催される。毎年多くのけが人が出ることで有名で、別名「サバイバル体育祭」とも言われている。驚くことに 「武器」の持ち込みOKだ。トシらメンズ5は今年の体育祭のプログラムを探るため、生徒会執行部のデータベースにハッキングしようと視聴覚室に忍び込む。

今年の開催地はアフリカのサバンナ!?と判明してひなが驚いているところに、生徒会執行部の山近亨(戸谷公人)、そのメンバー中込悦(岡本杏理)、中込充(水田航生)が現れる。

引用:FOD

ハッキングは、ばれていた。会計の中込充は泰楽ジュン(黒羽麻璃央)に対抗心を燃やす。

しかし泰楽も開催地・アフリカはダミーだと見抜いていた。中込のタブレット型PCの画面には「バカ」が表示される。得意分野が同じなので仲が悪い2人だった。

書記の小諸佳那(加弥乃)と矢内小次郎(根岸拓哉)はケンカ仲間!

会長の山近はひな(浅川梨奈)の手にキスをする。トシ(佐藤流司)が止めに入るが、ひながトシの地雷と分かったため、ひなに抱きつく会長。きれたトシは会長を張り倒すが、今度はトシへ抱きつく!?「わーん、ごめんトッシーゆるしてよお」

会長はトシコン!トシが好きなのだ。怒涛のカオス状態。

そこへ、ペンを投げつける副会長・中込悦。

りんごで受けた会長。

中込悦は会長たちを叱り、謝罪する。

【体育祭当日】

円陣をくみ、気合を入れる特Aクラス。

最初は『難問のクイズ』

大学教授を「武器」として用意する人もいた。

頭脳派・泰楽が正解を答えて特Aが一歩リード!

次は『買い物競争』

有沢ナオ(西井幸人)がひいたお題は「博多明太子」!?

…40分後、ヘリで届けられた。圏外になる山奥なのにナゼ?

衛星を使ったというナオ。

第3種目は『鬼ごっこ競争』鬼から逃れ旗の地点までたどり着いたクラスが勝利!

岩淵拓衣(松岡広大)がスケボーを武器に鬼を倒してゴール!

…8種目を終えて、1位は2年E組。2位は2年特A。3位3年G組。(特Aはパン食いや玉入れで惨敗した)

残り2種目。バトルロワイアヤルと障害物競争。残る特Aの代表2名はトシと小次郎なので武闘派!生徒会は知恵を働かせて…

日没を理由に「障害バトルロイヤル」と合体させた。しかもクラス全員参加に変更。

進む特A。バトルするなか、きりがないので、二手に分かれ、ひなとトシと小次郎は突き進む。

そこにやつらが来た!中間テストのときも襲ってきたやつら。

お姫さまはここで待っててとトシ。ゴキブリ退治はまかせろとトシは反撃する。しかし多勢に無勢。

ひなはきれて、やめろーと叫び、蹴りをくらわす!

フライパン(間違えた)を武器に小次郎がひとりで戦い、ひめとトシを先に行かせる。

ゴールの旗が目前だがその道が崖になっていた。蔓(つる)を伝って降りる方法を考えたトシ。追手が来て切られないように一人で守るというトシにひはな躊躇する。

「お前だからたのんでる」とトシがひなの頭をポンポンしても、ひなはトシが危ないと聞かない。

キスをして黙らせようとする。と、トシにナイフがとんできた…。

かわしたトシは反撃するも、その際、ひなは崖から転がり落ちてしまう。

そこへトシが助けに来てくれた。一緒に2人でゴールし、特Aの優勝。

トシの武器は愛。ひなの武器は消毒液や包帯などの救急道具だった。(怪我してる人を手当するひな)

ひなは憧れたのとは違うけれど楽しかったと満面の笑みだった。

ドラマ【ファイブ】4話の感想

アクション満載の今回。かっこいいの声が飛び交いました。俺の姫と言われたいと自分を重ねてみて、叫びたくなるドラマです。

また、原作と同じTシャツに気づく人が多数です。スタッフの気持ちが伝わります。

ドラマ【ファイブ】4話のまとめ

今回は武器の持ち込み可の異色な「サバイバル体育祭」

体育の時間がないって私立でも国からの指導要領とかないのか、とツッコミつつも、ワクワクする展開。生徒会がいよいよ本格的に登場!

物語には障害がつきものです。これまでの嫉妬の女子集団や特Aを狙う他のクラス軍団など、ありきたりな設定ですが、ライバルがいてこそメンズ5は輝きます。

生徒会のヒール役はそれぞれ個性があって面白い。副会長はいい人そうですが、何かありそうです。

体育祭はメンズ5が各自の特技で種目をクリアしていく展開でしたが、特殊能力のように現実離れしていて、そこは深く考えずに、とにかく楽しく視聴しました。

ひなは体育祭が楽しかった!と語ります。

その笑顔がなんとも印象に残ります。どうしてか、というと、

ひなは、これまで転校が多く、普通の学園生活に憧れを抱いていた女子生徒で、メンズ5以外友達がまったくいないからです。

そんな可憐な、悲劇のヒロインが、楽しくて笑顔になると見ているこちらも嬉しくなります。

相変わらず、佐藤流司さんへの熱い声が多いのですが――

勝手に私的・本日の胸キュンシーン・ワードを選出!

黙れのシーン!アヒル口?

キス寸前シーン!!

トシ「姫を守ることに理由なんかないよ。でも、あえて言うなら、俺の姫だから…。」

ひな「けがしてるじゃない?」

トシ「しばらくこうしてれば大丈夫」とハグ。

トシ「俺の武器はこれだな、愛」ひな「ふざけないで」からの頭ポンポン。

今回の疑問形の記事タイトル、女子が言われたい、佐藤流司が浅川梨奈を守る理由とは、“俺の姫”だから、でした。

トシ役の佐藤流司さんの演技は現実には恥ずかしい場面なのですが、思い切って役になりきって演じている所があって、ファンタジーと分かりながらも、ひなになりたい、という視聴者が多いです。

男性陣ばかりでなく、ヒロイン・ひな役の浅川さんも表情が豊かで、見ていて楽しいです。今後、ドラマ出演のオファーが増えるのでは、と個人的に予感しています。

「ファイブ」と同じパターンのFOD先行配信で地上波深夜放送の『ラブラブエイリアン』をふと思い出しました。宇宙人を飼うマンガの実写化で、女性の本音炸裂の意欲作だったのですが、新木優子さんが主演でした。2017年夏クールの月9『コード・ブルー』に出演中の方です。同年春クール『クライシス』でもレギュラー出演していました。

そのようにステップアップしていくのではないかと期待してしまうくらい、いくつもの表情をしてくれます。ゴールデンタイムでも今後見られるかもしれません。

と、2人のドキドキシーンはありますが、忘れてならないのは、拓依(松岡 広大)の片思いの行方です。俺たちが友達になる、という2話の展開で、友達どまりなのですが、トシには負ける気はないはずです。今回、ひなを取り合うシーン・進展はありませんでした。

物語に障害が必要なように、恋というストーリーにも障害があればあるほど盛り上がります。不倫が絶えないのもそうだし、「ロミオとジュリエット」の身分差の例をあげるまでもなく古今東西のラブストーリーに障害は必須のもの。

1話でひなは、女性をとっかえひっかえの軽薄なトシを見て、好きにならない宣言! 下校の時もトシが近づこうとしたら跳ね返して飛ばしました。

2話では閉じ込められてトシとはいい雰囲気になって、3話ではもう恋人のような親密さ。ひなを命がけで守り「俺の姫だから」発言はもう告白ですね。今後、拓依がつけいる隙(すき)はないのでしょうか。

原作未読の立場からみて、ライバル出現を今後予想―ー。

という推測を立てていると、次回・4話ではトシの幼馴染だという真人千和(櫻井圭登)が登場!ひながデートに誘われる?

トシや拓依はどうする? 次回も注目です!

見逃した方・未放送の地域の方はFODで配信中!!(1週間無料見逃し配信あり)

FOD

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク