【サヨナラ、えなりくん】1話の視聴率とあらすじ!えなりにキレるまゆゆに驚きの声続出!

スポンサーリンク

【サヨナラ、えなりくん】1話の視聴率は2.4%

タイトル・内容変更で放送前から話題のテレビ朝日系連続ドラマ【サヨナラ、えなりくん】。

AKB48・まゆゆ、こと渡辺麻友主演で、4月30日(日)深夜スタート。

初回の視聴率は2.4%でした。社長が定例会見で謝罪。マイナスイメージからどこまで挽回できるのでしょうか。

今回は【サヨナラ、えなりくん】1話の視聴率とあらすじです。

【サヨナラ、えなりくん】1話のあらすじ

公式サイトから――

第1話「純愛ハンター 地中海風の男」

純愛を夢見るさおり(渡辺麻友)は、婚活パーティーでイケメン社長・下野倉(石垣佑磨)と出会う。理想の恋愛を語るさおりに、下野倉はプラトニックな交際を約束する。
だが、下野倉のデートは毎回2時間限定。しかも何かと理由をつけて、さおりに触れようとするため、さおりの友人・村ちゃん(池田成志)は女慣れした様子を怪しんでいた。やがて、さおりは彼の本性に気づき…!?

引用「サヨナラ、えなりくん」公式サイト

↑婚活で出会ったころは楽しそうな二人ですが・・・

さて、続きを、もう少し詳しく見てみましょう。

バ―にて――。

下野倉の家に行くことになったデートの日。

マスターの村ちゃんはさおりの指の絆創膏に気づく。

「昨日彼のジャケットのそでのボタンがとれかけているのに気づいたんだ」とさおり。

練習したのだった。

「だって、お裁縫ができる女って魅力的じゃん。彼の家でなおすんだ。それが今日のミッション!」笑顔のさおり。

やがて下野倉が迎えに来た。

しかし――、
手をひかれ、バーを出ようとしているところで、ボタンが直ってることにきづいたさおり。

「ジャケット!」

「同じ、ってことですよね。ああ、家に帰る時間がなくて・・・」

「じゃなくて、ジャケットのそで。直されたんですか。ボタン」

「お直し屋に預けたんですよ」

「えー!違う色で直すんですか!お直し屋さんが!」

他のボタンとちがう色、赤色の糸だったのだ。

あー!」驚く下野倉。「そう、オーダーしたんですよ」とりつくろうも、疑いは晴れず――

「あ、っていいましたよね」きれる、さおり。

がたがたがた、

音が鳴る!

下野倉の電話同士がバッグの中でぶつかり、鳴りだした。

仕事の電話のふりして、逃げようとするが。しどろもどろに。さおりにつかまれ、倒れる下野倉。

「お前さてはえなりだな・・・えなりだろ!!!」

場面は変わり、縛られる下野倉――。

「ごましお!」マスターから受け取り、ゴマ塩を大量に下野倉にかける。「純愛じゃましやがって!」

「えなりなるもの、えなりなるものたち、えなりがきた、えなりー!こい。えなりー!」

えなりがでてくる!

「諸悪の根源えなり!出たわね」

「ジョンボルノ!アモ―レ!人聞きわるいなあ、恋に制約なんていらないのさ。楽しもうぜ恋を。何股かけようが君が一番だぜ」

「だまれえ!男を惑わすえなりの魂よ、され!」ゴマ塩をかけるさおり。

「また会おうぜ」去っていくえなり。

月日がたって――。別れたさおり。

「だって、どうでもいい人になっちゃった。面白みないし。10回目なのに何もしてこないし」

「してほしいのかよ」

「ちがうの。彼はえなり込みの人だったのよ」

「だったらえなりついてていいじゃない」マスターはあきれ気味。

「ちがうって。あたしは、えなりのついてない清廉潔白な男がいいの!」

「いないと思うよ。えなりがついてない男なんて」マスターは諭す。

不敵な笑みのさおり。早速、次の相手をマスターにみせるさおり、だった。

【サヨナラ、えなりくん】1話の感想

感想、の前に。放送前のクレームをおさらい。

女性が男性の局部を切り取った昭和初期の事件、「阿部定事件」をテーマに「さよなら、きりたんぽ」というタイトルでした。男性器に見立てたとして、きりたんぽが有名な秋田県などの抗議を受けて撤回。タイトルと内容が変更になりました。

騒動を乗り越えての放送。大変だったことでしょう。初回放送後、主演のまゆゆはツイッターで「ホッとした」とコメントしております。

本当によかったですね。

さて、視聴者のみなさんはどう見たのでしょうか――。まずはその主演・まゆゆについて・・・

たしかに、振れ幅があり、ハマリ役ですね!ユーモラスでハイテンション。ドスのきいた「さてはえなりだな」の意味深な台詞。目を見張る人、続出のようです。

続いて小道具や小ネタについて――

「ごま塩」は清めるだけじゃなくて白黒!よくみてますね。「ETネタ」というのは、純愛目指すまゆゆが押されて指先だけなら、触れるの許すって話しでした。続いて、タイトルになった、あの方について感想、四連発――

シュールですよね。登場もさり方も!台詞も!橋田先生もびっくり!しかも劇中、えなりの説明はなしが、いさぎよい。芸人のネタとはいえ、いい子役とのギャップをついてくる配役が面白い。新境地で楽しみですね。

【サヨナラ、えなりくん】1話のまとめ

視聴率は2.4%でした。

放送前のゴタゴタを乗り越え初回放送できました。

主演「まゆゆ」のふり幅のある演技と悪いキャラの「えなりくん」に面白いと好評の声が多いです。

次週以降も楽しみですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク