好きな人がいること『三浦翔平よりも山﨑賢人が好き?多数派大逆転!』5話あらすじと感想

好きな人がいること5話

好きな人がいること5話あらすじと感想

前回、意中の千秋(三浦翔平)と花火大会に行く約束ができた美咲(桐谷美玲)。

それを夏向(山﨑賢人)に報告したところ、『行くな。』と言われる美咲。

5話では楓(菜々緒)の秘密が明かされます。

花火大会でその秘密を知った千秋は一体どうするのか。

そしてまさかの夏向と急接近??

前半は詳しいあらすじ、後半ではみんなの感想やから三浦翔平と山﨑賢人どっちがお好みなのかを検証します。

スポンサーリンク

『好きな人がいること』5話あらすじ

美咲は千秋と花火大会に行くことを夏向に報告。

すると夏向からは『行くな』という予想外の言葉が返ってきた。

美咲はそれを『どうせ上手くいくわけないって心配してくれたんだ。ありがと。』と勘違いしたまま部屋に行ってしまった。

部屋に帰った美咲は後輩の若葉(阿部純子)に花火大会の事を報告。

そして『千秋さんとお付き合いしたいと思うようになりました。』と前向きな気持ちを話すと若葉は応援してくれた。

美咲は千秋のこと、千秋は楓とのこと、夏向は美咲のこと、それぞれ違う人のことを考えながらそれぞれの夜を過ごした。

次の日、美咲は花火大会当日の晴れ予報を見てガッツポーズ。

そしてテレビの浴衣情報をチェックしていると後ろから冬真(野村周平)に『浴衣着るの?』と言われてビックリ。

冬真に『女の子は浴衣着ると2割増しで可愛く見えるよ。』と言われ食いつく美咲。

ちょうどその場に来た千秋に『兄ちゃんも浴衣好きだよね?』と聞くと『うん、可愛いよね。』という返事。

その日、店に来ていた実果子(佐野ひなこ)も当然浴衣を着るという。

と、そこへ西島愛海(大原櫻子)がやってきた。

彼女は千秋を呼び、『磯山なぎさの娘です。』と言うと千秋の顔色は一変する。

千秋は彼女を外へ連れ出すと『こちらには話すことなんてありません。俺たち兄弟に関わらないでくれ。』と店へ入っていった。

夏向が気にすると『前にここで働きたいって言って来て断ったんだけど…』と嘘をついた。

千秋から銀行に行くように頼まれた美咲は途中で見掛けたショーウィンドウで可愛い浴衣を見つける。

それを眺めていると日村(浜野謙太)に話しかけられ、一緒に浴衣を選んでくれた。

浴衣マイスターの日村いわく、浴衣選びで大事なのはあくまで清楚に、主張し過ぎないこと。

日村の『男のマウントを取れる』と豪語する浴衣を買ってルンルン気分で店に向かうと、途中の喫茶店で楓を見かける。

楓は男にお金を渡していた。

男が先に店を出ると楓は美咲に気付く。

楓『借りてたお金返しただけだから。留学ってお金かかるんだよねー。』

美咲『嘘なんですよね?この間のバーベキューの時に千秋さんと話してるの聞いちゃったんです。留学なんて本当は行ってないんですよね?』

楓『千秋ってさ、優しいけど退屈なんだよね。でもそれで別れたいってさすがに言えないでしょ?留学するって嘘つくのが一番手っ取り早いなと思って。』

美咲『酷い…だったらどうして戻ってきたんですか?』

楓『やっぱ夏は海に来たくなるでしょ?ひと夏だけ元彼とテキトーに楽しもうと思ったの。』

美咲『楓さんがそんな人だと思いませんでした。』

楓『しょうがないでしょ。そんな人なんだから。明日の花火大会千秋と行くの?』

美咲『楓さんには関係ありません。』

楓『私ね、明日の夜この町を出ることにしたの。』

美咲『明日の夜って…それ千秋さんには?』

楓『言うわけないでしょ。二度と現れるなって言われたんだから。私ももうあんな男には会いたくないから。』

楓は行ってしまった。

店に戻ると千秋はデッキで東村(吉田鋼太郎)に渡された戸籍謄本と事業譲渡契約書を見ていた。

千秋は『明日打ち合わせが入った』と言い、待ち合わせは6時になった。

その夜、楓の事を考えながら窓を開けて涼んでいると上の部屋の窓から夏向がピクタチオの殻を投げてきた。

美咲『あのさ、そっち行っていい?』

美咲は夏向の部屋に行き、楓が明日出て行くことを説明し、千秋に言った方が良いのか相談した。

夏向『別に良いんじゃね?お前も見てたろ?言うだけ無駄。』

美咲は千秋の『もう楓に何を言われても信用できない、二度と俺の前に現れないでくれ』というセリフを思い浮かべた。

美咲『じゃあ、私千秋さんと花火大会行っても良いんだよね?相談してよかった。明日さ、本当に千秋さんと花火大会行くんだね。あ、そうだ。思い切って浴衣買っちゃったんだよね。』

夏向に携帯で写真を見せる。

美咲『好きな人がいるってこんなに楽しいんだね。』

夏向は美咲をベッドから放り投げた。

夏向『いつまでいんの?そんな話聞きたくねーんだけど。お前の浴衣姿なんか誰も見たくねーんだよ。キャラ考えろ。いい年して浮かれて馬鹿じゃねーの?』

美咲『なんでそんな言い方すんの!』

夏向『さっさと出てけよ。邪魔。』

美咲は夏向の部屋を出て行った。

二人は憂鬱な気分のまま夜を過ごした。

花火大会当日、冬真は自宅のキッチンでオムバーグを作って試食していた。

その日は冬真の実技試験の日でもあったからだ。

そんな冬真に励まされつつ、美咲は浴衣を持って美容室へ出かけた。

夏向が自転車で海辺を走っていると楓とすれ違った。

楓『知ってたんだね。私がボストン行ってなかったこと。』

夏向『去年、たまたま東京で見かけて』

楓『黙っててくれたんだ。わかってるよ、千秋の為だって。良い兄弟だね。羨ましいな。元気でね。』

後ろを向き去って行く楓の顔は悲しげだった。

美咲が待ち合わせ場所で待っていると写メを撮る音が聞こえてきた。

千秋『お待たせ。』

美咲『今撮りました?』

千秋『可愛かったから。浴衣似合うね。』

美咲はガッツポーズをして喜んだ。

二人は風船釣りをしたりいろいろ食べたりして楽しんだ。

間もなく花火の開始の時間。

美咲『あの、花火が始まる前にお話ししたいことがあります。私、千秋さんのことがす…』

子供にぶつかられて言えなかった。

千秋が飲み物を買ってくるとその場を離れると美咲は男とぶつかった。

それは昨日楓からお金を受け取っていた男だった。

男『楓の知り合いだよね?楓知らない?なんか連絡つかなくてさ。』

美咲『今夜この街を出て行くって言ってましたけど。お友達なのに行き先知らされてないんですか?』

男『え?友達?俺と楓はもっと深い関係。』

美咲は一部始終を聞いて愕然とした。

話を終えると男は去って行った。

千秋が戻ってきて昔家族で行っていたという花火がよく見える場所へ向かった。

楓と深い関係だという男は楓を探してSeaSonsにも立ち寄った。

そこで夏向にも身の上を話した。

花火の観覧ポイントに着いた二人。

美咲『私、千秋さんが一緒に花火行こうって言ってくれた時、すごく嬉しかったんです。その日から今日が楽しみで。毎日夜が眠れないくらい。言ったら今日が終わっちゃう気がして。』

千秋『何を?』

美咲『楓さん、今夜この街を出るんです。さっき楓さんのお兄さんに会いました。聞いたんです。本当の事。』

そう、あの男は楓の兄だったのだ。

美咲『楓さん、千秋さんと別れてから仕方なくクラブで働き始めたんです。お兄さんの借金を返す為に。お兄さん、千秋さんからもお金借りようとしてたみたいで、だから楓さん留学するって嘘ついて千秋さんから離れたんです。迷惑かけないように。全部千秋さんの為だったんです。やっと借金返し終わって千秋さんとやり直そうと思って戻ってきたんです。でもまたお兄さんが現れて。だから楓さん、今夜街を出るんです。今回も千秋さんの為に。楓さんのところに行ってあげて下さい。私の事は気にしないで下さい。なんか東京の友達がこっち来てるみたいで一緒に花火見ようって。私も久しぶりに会いたいんで。だから大丈夫です。行って下さい。』

美咲は携帯を取り出して友達と電話をするフリをした。

千秋は『ごめん』と言い走って行った。

その時、千秋を見る美咲の後ろには花火が上がっていた。

楓が電車に乗ろうと立ち上がったその時、『楓!』と千秋が走ってきた。

楓『なんで?美咲ちゃんは?』

千秋『ごめん。気付いてやれなくて。お兄さんのこと、全部聞いた。』

楓『何か勘違いしてない?千秋と別れたこととは関係ないから。千秋ってさ、昔からそうだよね。責任感強すぎ。なんかあるとすぐ自分のせいなんじゃないかって。そういうとこが嫌で別れたの。私にはもっと無責任で自由な人が合ってるんだよね。わかったらさっさと美咲ちゃんのとこ戻って。早く行ってよ。』

千秋『ごめん。』

楓『なんで千秋が謝るの?関係ないって言ってるでしょ。行きなよ早く!行ってよ。』

千秋『ごめん。辛い想いさせて、ごめん。』

楓は泣きながら『行って』と千秋の肩を押し続けた。

千秋は楓を抱きしめた。

美咲は花火も見ずにその場に座っていた。

そこへ『何泣いてんだよ』と夏向が来た。

美咲『なんで?ってか泣いてないし。何しに来たの?花火とか興味ないって言ってたくせに。』

夏向『俺も楓さんの兄貴に会った。全部聞いた。どんだけバカ正直なんだよ。』

美咲『慰めに来てくれたんだ。』

夏向『別に。』

美咲『キレイ。花火ってさ、こんな時もキレイなんだね。間に合ったかな、千秋さん。楓さんと一緒に見てるかな。見てるよねきっと。本当はさ、ちょっとだけ1%くらい期待してたんだ。千秋さん、楓さんのこと知っても私といてくれるかなーって。でも、一回も振り返らずに行っちゃった。馬鹿みたいだよね、私。舞い上がっちゃって。キャラじゃない浴衣まで着ちゃってさ。あんたが言った通りだよ。いい年してみっともない。』

夏向『悪くねーじゃん。思ったより。』

美咲『なんで。なんでこういう時に優しいこと言うの。いつもみたいに悪口言ってよ。好きな人がいるってさ、こんなに苦しいんだね。行っちゃった。千秋さんいなくなっちゃった。』

夏向は美咲の肩を抱いた。

夏向『俺がいるだろ。俺がそばにいてやるよ。』

『好きな人がいること』5話みんなの感想

『好きな人がいること』の5話では上手な構成が見られましたね。

夏向の部屋で楽しそうに『好きな人がいるってこんなに楽しいんだね』と言った美咲が奇しくもまた夏向の前で泣きながら『好きな人がいるってこんなに苦しいんだね』と言う。

そして『夏向&美咲』と『千秋&楓』という予測通りの構図に。

ここからは山﨑賢人くんのキュンキュンするシーンが多くなりそうです。

それともう一つ気になったのが↓こちらの戸籍謄本のシーン。

戸籍謄本

結構はっきり映っていました。

亡くなったお父さん春人さんを含めて『春』『夏』『秋』『冬』コンプリートですね!

兄弟で店を守っていって欲しいとお父さんが付けた名前『SeoSons』…なんかいい話ですね。

ただ流れ的にどう考えても血縁じゃない兄弟がいる気がします。

この辺は西島愛海と出会った冬真あたりが聞いちゃいそうですね。

それでは主に千秋と夏向、どちらがお好みなのか、みんなの感想をどうぞ。

“『俺がいんだろ』 『俺がそばにいてやるよ』 このセリフに何万人の人がやられたか💗🔫 キュンキュンしない人いないと思う😍😍”

“花火のところで叫びました。 あれはやばいね。キュン死。 好きな人がいることずっとキュンキュン😍”
“〝好きな人がいること〟 録画みた~💓 めっちゃ泣ける~。 山崎けんと めっちゃかっこいい❣”

というわけで5話終了時点では山﨑賢人派が圧倒的に多数派となりました。

1話終了時点では三浦翔平派の方が多かったんですが既に三浦翔平の文字もほとんど見かけないくらいです。

やっぱりストーリーとあの『俺がいんだろ。俺がそばにいてやるよ。』の台詞にやられちゃったんでしょうね。

一部こんな意見もありますが…うん、確かに。

『好きな人がいること』6話ネタバレ

花火大会の夜、櫻井美咲(桐谷美玲)は柴崎千秋(三浦翔平)への想いをあきらめざるを得なくなった。そんな美咲だが、夏向(山﨑賢人)に「俺がそばにいてやる」と抱きしめられる。複雑な心境の美咲…。

翌朝、夏向と顔を合わせた美咲は、動揺を隠しきれない。しかし、夏向は今までと同じように、ムスッとしたぶっきらぼうな態度。そこに来た千秋は、高月楓(菜々緒)とやり直すことにしたと美咲に告げる。分かっていたとは言え、千秋から直接聞いてしまうとは…。美咲は1人になるために洗面所へ急ぎ、涙を隠すために、しばらく顔を洗い続けた。

そんなある日、千秋はレストラン同士が期間限定で店を出すイベント、ダイニングアウトの企画を持ち込んだ。コラボする店は超有名レストランだと聞いて、冬真(野村周平)は驚く。千秋によると、先方が夏向と一緒に仕事がしたいと指名してきたそう。すると、話を聞いていた冬真の表情が少し曇った。

早速、夏向は美咲と一緒に先方のレストランに打ち合わせに向かう。そこで、2人を出迎えたのはレストランプロデューサー、大橋尚美。美咲は有名プロデューサー登場に大はしゃぎだが、夏向は尚美に軽い挨拶。夏向と尚美は知り合いのようだ。

打ち合わせを終えた美咲は、久しぶりに石川若葉(阿部純子)に会おうと待ち合わせの約束。そして、帰ろうとした美咲を夏向が引き止めた。行きたいところがあるので付き合えと言う夏向に、美咲は…。