『神の舌を持つ男の視聴率が大変な事に!』その原因は裏番組にあった!

神の舌を持つ男トップ

金曜ドラマ『神の舌を持つ男』の視聴率について。

金曜よる10時から放送中のTBSドラマ『神の舌を持つ男』。

あのトリックシリーズの生みの親、堤幸彦監督の温泉と推理を題材にしたコミカルな作品となっています。

このドラマの視聴率が大変な事になっているというのです。

そしてこの原因の一つに裏番組の存在が大きく関わっています。

スポンサーリンク

『神の舌を持つ男』が低視聴率なのは裏番組が原因?

このドラマにとっては非常に残酷なのですが裏番組に非常に大きな存在があります。

それは『金曜ロードSHOW!』。

特に初回放送は絶対ぶつけたくない相手と競合してしまいました。

そして2話ではフジテレビも裏で大ヒット映画を放送。

1話、2話と大幅な出遅れに繋がった要因になっています。

以下で各話まとめてみました。

1話…6.4% (VS魔女)

1話視聴率は6.4%と予想以上に低い数字。

初回は15分延長で放送されました。

注目度は高かったものの、○○サスペンスみたいでつまらなそう…と若い世代からは受け入れられなかったようです。

そして最大の原因は裏番組で『マレフィセント』が放送されていたこと。

ディズニー映画と戦っていたのです。

しかも地上波初登場…

ちょっと分が悪すぎましたね。

ちなみに神の舌を持つ男の1話では片平なぎささんがゲストで登場しました。

普段の2時間サスペンスではなかなか見られないコミカルな演技を見ることができました。

(※絶対にアンジーと片平なぎささんを比較しないで下さい。)

2話…6.2% (VS三代目&小魚)

2話視聴率は6.2%とまたも低視聴率。

裏番組金曜ロードショーでは『ホットロード』が放送されていました。

しかもまたも地上波初登場!

能年玲奈&登坂広臣のキュンキュン系映画です。

これに若い世代は完全に持って行かれたかもしれません。

そしてフジテレビでは金曜プレミアムで『ファインディングニモ』を放送。

2週連続でディズニーと戦っていたのですね。

完全にディズニーに出鼻を挫かれた形となった神の舌を持つ男。

3週目こそは…

3話…未発表(VSバケモノ&麦わら)

3話目の視聴率は間もなく発表されます。(予想5.5%)

気になる裏番組は金曜ロードショー『バケモノの子』。

興行収入58億円を突破した大ヒット映画です。

この映画は声優陣が超豪華で有名です。

【バケモノの子の声優】

  • 役所広司<熊徹>
  • 宮崎あおい<九太(少年期)>
  • 染谷将太<九太(青年期)>
  • 広瀬すず<楓>
  • 山路和弘<猪王山>
  • 宮野真守<一郎彦(青年期)>
  • 山口勝平<二郎丸(青年期)>
  • 黒木華<一郎彦(少年期)>
  • 長塚圭史<九太の父>
  • 麻生久美子<九太の母>
  • 津川雅彦<宗師>
  • リリー・フランキー<百秋坊>
  • 大泉洋<多々良>

恐ろしいメンツですよね。

そしてフジテレビでは『ONE PIECE FILM Z』。

劇場版ワンピース公開記念で去年の映画を放送しました。

神の舌を持つ男は子供世代の見るドラマではないのでこちらは重複しなそうですね。

しかし裏で9時から2つの映画をやられると『10時だ!神舌だ!』とはなかなかならないと思います。

3話も重たい数字になってしまう可能性が高いですね。

『神の舌を持つ男』に視聴者はもう飽きた?

もう一つ考えられる要因として視聴者たちが飽き始めているという点。

このドラマを見ていて感じるのが『この台詞って毎回言うの?』というシーンが異常に多いこと。

まるでデジャブのようにそっくりそのままの台詞が毎話出てきます。

良く言えば『決め台詞』、悪く言えば『使い回し』。

例えば…

  1. 佐藤二郎『一泊したいが金はない。』
  2. ゲスト『えっ??』
  3. 佐藤二郎『大津の平助をご存知ですか?』
  4. ゲスト『えぇもちろん。伝説の三助と言われたあの…』
  5. 木村文乃『その大津の平助には弟子で孫がいたのー。』
  6. 佐藤二郎『伝説の三助のサービスを提供できる、そのお代は我々の宿泊費だけ。』
  7. ゲストが必死で部屋を探し停めてもらう

この長い流れが1話~3話で毎回放送されています。

他にも『木村文乃が捜査に首を突っ込む流れ』や『向井理の推理の流れ』もほぼ同じ。

テンプレート部分が多すぎてギャグと推理の部分しか楽しめないドラマとなっているのが現状です。

向井理演じる朝永蘭丸が雅を追い求めるという本編となるストーリーも進展なし。

自分自身はギャグドラマは好きなので今後の視聴率が心配です…

打ち切りだけは避けて欲しいものです。

スポンサーリンク

フォローはこちらから