日曜ドラマ『仰げば尊し』の不良役が可愛すぎ?1話あらすじと感想!

仰げば尊し1話

ドラマ『仰げば尊し』の1話あらすじと感想

7月17日に放送を開始した寺尾聰主演ドラマ『仰げば尊し』。

高視聴率枠として近年では月9圧倒しているTBS日曜劇場での放送となります。

この枠はフジテレビ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』が競合しており、視聴率競争にも注目されます。

ジャニーズを投入してキャスト万全のフジテレビに対し、純粋に話の面白さで勝負を掛けるTBS。

今回は注目ドラマ『仰げば尊し』の1話あらすじとみんなの感想まとめ。

『仰げば尊し』キャスト詳細や詳しいドラマ情報はこちら

スポンサーリンク

『仰げば尊し』1話あらすじ

ある日の横須賀埠頭近くの公園、初老の男の指揮により、少年少女らによるブラスバンドの音が鳴り響く。「やさしく、丁寧に…」と声をかけながら、それでいて情熱的に指導する樋熊(寺尾聰)を興味深く見つめる美崎高校・校長の小田桐(石坂浩二)。定年まで最後の1年、問題の多い美崎高校の生徒と向き合い、よい形で高校生活を送らせてあげたいと切に願っていた小田桐は「今まで子どもたちの目線に合わせて接してきただろうか?」と感じていた。そんな時、樋熊のような人間を学校に迎え、一から指導を見直そうという決意により、美崎高校へ来て欲しいと樋熊へ頼み込む。

その話を聞いた樋熊の娘、奈津紀(多部未華子)は父に反対するが、小田桐の熱意に押された樋熊は、ちょっと覗くような気持ちで美崎高校を訪ねる。すると、ひょんなことから不良グループの青島裕人(村上虹郎)と木藤良蓮(真剣佑)、安保圭太(北村匠海)、高杢金也(太賀)、桑田勇治(佐野岳)と出会った。好き勝手にふるまう彼らの態度を諭そうとする樋熊だが、青島らはまったく相手にせず「ここじゃ、俺たちが法律だ」と、完全に大人をなめ切った態度だ。

そんな彼らに触れた樋熊は、ここ美崎高校で生徒たちと向き合うことを決心。全校生徒の前で元プロのサックス奏者だったと紹介された樋熊は「もっと今という時間を大切にして夢中で生きてみませんか?」と呼びかけた。そんな樋熊の言葉に心を動かされた吹奏楽部の部長、有馬渚(石井杏奈)は、吹奏楽部の顧問になってほしいと頭を下げる。
ほどなく、樋熊の指導による部活が始まるが…。

樋熊は一度は舞台に立たせてやらないと…と昔の伝手でコンサートのプログラムに入れてもらうことができた。

その後もウザったい樋熊や吹奏楽を妨害し続ける青島ら。

彼らは一度は音楽を志し、バンドを組んでいた時期があった。

しかし学園祭でライブを行った際、当時の先輩たちが大暴れして会場は滅茶苦茶に。

青島はその喧嘩でパイプ椅子で殴られ傷を負いギターを弾くことができなくなってしまった。

そんな青島に気を遣った仲間たちもバンドを辞め、今のような不良に。

彼らに対しても対等に向き合おうとする樋熊。

青島と木藤は樋熊がプロのサックス奏者を辞めた理由について調べてみた。

すると樋熊は交通事故により思った演奏ができなくなり、舞台をドタキャンして辞めていたことがわかった。

青島はコンサート前日に吹奏楽部員たちの前でその事を話し、明日行ったら殺すと脅した。

次の日、コンサートに現れたのは部長の有馬ただ一人。

有馬が雨の中走り回ってみんなを説得しようとしたが結局コンサートでの講演は中止となった。

樋熊は過去の自分のしたことのせいでみんなのコンサートの機会を奪ってしまったと有馬に謝る。

そして学内の放送で吹奏楽部員、不良たちを音楽室に呼び出す。

みんなが音楽室に着くと樋熊はサックスを吹いていた。

一度は逃げ出したサックスから自分自身も逃げない事を宣言し、再度不良たちを吹奏楽に熱い言葉を以て勧誘した。

しかし青島は『誰が入るかよ。』と椅子でガラスを割って出て行ってしまった。

そんな彼らに樋熊は『諦めないからな!』と言い放った。

『仰げば尊し』1話みんなの感想

このドラマは原作がしっかりしているので寺尾聰さんの一言一言が重い!

そして全編が回想シーンという設定なので最終回への期待感が高いです。

最終回は『絶対泣くやつ』な展開が待っていそうです。

吹奏楽部だった人の反響が大きいのは言うまでもありません。

それではみなさんの感想をどうぞ。

やっぱり出てきた最終回泣く宣言。

本当にみんなそう思うくらい伏線がヤバいんですよね。

自分の演奏したことのある曲が流れると当時のこと思い出しますよね!

私はベートーベンの月光で辛い思い出が…

ドラマ離れってそういうところから解消されていくこともあると思います。

近くでロケやってたりすると『そのドラマ見てみよう』と思いますもんね。

そうなんです。

問題はヤンキーが可愛すぎるのではないかという点です。

見た目も行動も不良っぽくないんですよね。

『吹奏楽』『ノンフィクション』『不良公正』とベタですが面白いキーワード盛りだくさんです。

来週も見ましょう!

寺尾聰さんカッコイイですよね。

アクションシーンではちょっと昔と動きは違うものの台詞や立ち振る舞いはさすがの一言。

そこらの俳優では出来ない魅力的な演技でした。

続いて出演者や関係者のコメント。

この人見たさにドラマを視聴する若い女性も多数?

学園モノなのにまだ撮影中なんですね。

最高とたくさんの感想が寄せられてますよ。

私自身も来週からまた楽しく見せてもらいます。

それにしてもあの柵越えのジャンプ力はすごかった!

保健の先生ですね。

キャスト記事にも追記しておきます。

ちょっと音量が小さかったと残念なファンの方も多かったようです。

次回はアリアしっかり聞かせて欲しいですね。

このドラマの関係者ではありませんが土曜ドラマ『時をかける少女』に出演中のゆいP。

他番組の情報もしっかり配信していくなんてすっかり女優さんですね。