私結婚できないんじゃなくて、しないんです『恋愛アドバイスが間違ってる?』3話

スポンサーリンク

私結婚できないんじゃなくて、しないんです『恋愛アドバイスが間違ってる?』3話

トップ

金曜よる10時からのドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』に波紋。

結婚できない女性に恋愛テクニックや考え方を伝授していくというもの。

1話放送後、これは実際に参考になると世の結婚できない女性たちが参考にし始めたのだが、2話、3話と回を追う毎に疑問が生まれてきた。

これ本当に合ってるの?

そういった2話~3話の恋愛テクニックへの疑問があるものや明らかに間違っているものをご紹介します。

皆さんは真似しないようにして下さい。

仮氏は危険以前の問題

しばらく恋愛をしていない人に本命ができた場合、自信と余裕を持つ為にまずは仮氏を作れ!というもの。

これには問題点が山積みだ。

  1. 仮氏の気持ちを踏みにじる行為
  2. 仮氏のことを本命の彼に知られたらどう思われるの?
  3. そんな余裕あるの?

1.まずモラルに欠ける。

本命はエベレストで仮氏はベースキャンプ、仮氏で高地トレーニングを積む?

好きでもない人を本気にさせて練習して自信がついたら捨てる、これによって本命の彼氏をゲットできたとしても大切な友達からの信頼を失い兼ねない危険な行動。

2.仮氏がいることを本命の彼に知られた場合、最悪だ。

全く違うタイプの人を仮氏にしていたら『ああいう人が好みなのか』→『あれ?今度俺なの?』→『結局誰でもいいんじゃん。焦ってるんだな。』と余裕がないと思われ、完全に逆効果。

3.そしてアラフォーに本命が出来た場合、回り道なんてしている時間はない。

ここ数年のデータでは40歳で未婚だった場合、50歳までに結婚できた人は1%未満。

99%以上の人が結婚できないという状況で好きな人に向かわないでどうするのでしょう。

正にラストチャンスを不意にする可能性のある最もやってはいけない行為だ。(中谷美紀以上の美人は除く)

10人中10人に好かれる3つのション

10人中10人に好かれる秘策として『コミュニケーション』『リアクション』『ファッション』をこの通りにしろ!というもの。

コミュニケーションは『明るく、愛嬌たっぷり、程よく本音』

暗いより明るい方が良いというのは一般論。

愛嬌がないよりあった方がいい、これも一般論。

程よく本音、話し相手としてはこの位が良いのかなという推測でしかない。

結婚を前提と考えれば全て本音で楽しいと思える方が良い人も多いだろうし、もし一部の本音を隠して結婚した場合、その恋愛理論は人生観として固定しなければ『あれ?イメージしてた結婚生活と違う』という感情が生まれ、離婚原因にも成り得る。

リアクション『本物の感動』

女優になれとでも言うのですか?

感動しろって言われてするものでもないし、受け入れれば出来るものでもない。

そしてこれは嘘の感動だ。

嘘の感動を本物の感動に見せられるように演出してみろ、と言われてもハードルが高すぎて…

ファッションを以下のように変えろ。

  • パステルカラーのワンピ
  • シースルー
  • 細ヒールの靴
  • てろてろスカート
  • アンサンブル
  • タイトスカート

これはあまりに酷いファッションの人への救済に過ぎない。

そして10人中10人に受け入れられるかと言われれば確実にNOだ。

中谷美紀並みのスタイルと若さを持っている女性ならアリ。

小太りな40代にタイトスカートとアンサンブルを着せてみて下さい。

目も当てられません。

ライフイズビューティフル

どんな事にもプラス面とマイナス面がある。男がマイナス面を見せてきた時にもプラス面として捉え、逆に楽しいと思ってデートを楽しめ。これによって男性は『どんな状況も楽しいと思える人なんだ』と好感が持てるというもの。

すごく良い考え方だと思う。

マイナスの事柄をプラス変換する能力の高い人は確かにモテる。

ただし、中谷美紀のように『逆に楽しい』と口に出して言うのはNGだ。

『逆に』という言葉には過剰反応する男性がいる、特に年上の場合には注意が必要。

『逆に』は2004年裏流行語大賞を受賞。

流行言葉を使う痛い奴と思われる可能性もある。

いい年して『オッハー』と言いながら『パラパラ』を踊る『ガン黒ギャル』を見るかのような目で見られたくなければ『逆に』という言葉は口に出さない方が無難だ。

まとめ

このドラマ、面白いです。

会話のテンポも良く、ストーリーも面白い。

ただし、恋愛理論については真に受けすぎない程度にしましょう。

全員に言える恋愛アドバイスなんていうものは『抜本的改革』ではなく『微小な改善』に過ぎません。

自分のキャラだったらどうなるだろうと置き換えて考えてみるのは良いかもしれませんね。