松井玲奈のギャグドラマ『神奈川県厚木市ランドリー茅ヶ崎』が強烈!

スポンサーリンク

松井玲奈の主演の『神奈川県厚木市ランドリー茅ヶ崎』は結構強烈なギャグドラマだった

ランドリー茅ヶ崎

今日の深夜、TBSで放送開始の新ドラマ『神奈川県厚木市ランドリー茅ヶ崎』。

2016年春ドラマまとめでも紹介したばかりだが、このドラマが予想外過ぎてつい記事を書いてしまった。

このドラマは松井玲奈と滝藤賢一の異色のコンビで繰り広げられるドラマ。

ドラマの公式サイトのイントロダクションはこうだ。

道路標識ではよく見かけるが、ほとんどの人は多くを知らない街……厚木。そのどこかにあるコインランドリー茅ヶ崎には、アイロンがけと、洗濯物を畳んでくれる『畳み』たるサービスがある。

ある日、バイトの南雲凪(松井玲奈)が『畳み』をしていると、ポケットから思いもよらない物が出てくる。一見ハンカチのようだが、どうにも厚手だし、ツルっともしているし、うっすら光沢もある。

「これは何だ?」とオーナー(滝藤賢一)と調べてみた結果、なんとそれはブルマの切れ端だった!

当然二人は持ち主であるサラリーマン(角田晃広)を問い詰めることにするが……。

これを見てこのドラマの展開が予測できなかったのは迂闊だった。

『ちょっと面白いシーンもあるドラマなのかな。』

そう思っていたのは主演の松井玲奈への偏見だった。

バリバリのギャグドラマ!むしろギャグしかない!

台詞量が凄まじく、35分という短い番組枠の中で2時間ドラマ並の台詞量を熟している。

カット割りしてあげて!と思う程。

初回は東京03の角田がメインとなって繰り広げられるのだが、松井玲奈演じる凪がアイドルらしからぬ台詞を連発!

ちなみに誰もが気になるドラマの名前『神奈川県厚木市ランドリー茅ヶ崎』。

厚木市と茅ヶ崎市は車で30分近く掛かる。

茅ヶ崎は厚木じゃねーし!とツッコむ人が後を絶たないのだが、『厚木市の茅ヶ崎さんがやっているランドリー』ということだけはお忘れなく。

初回のあらすじと見どころ

凪ちゃんのキャラクター

凪ちゃんのキャラクターが魅力的?なのが一番の見どころかもしれない。(滝藤さんは面白いキャラやってもギャップが少ないので…)

  1. お金大好き
  2. ドS
  3. 夢見るフリーター
  4. 寝癖
  5. 彼氏無し

ちょっと可愛そうにもなるようなフレーズばかりだが、ドラマの中では悲壮感は全く感じない。

全てギャグにしてしまうから…

例えばドS部下のシーンでは『てめえのピーをピーでピーするぞ!ぶたにあやまれぶたやろー』とアイドルに言われる滝藤さん。

深夜だから何でもアリ…

厚木いじり

初回はこのドラマのタイトルにもある『厚木いじり』で幕をあける。

厚木って静岡でしょ?

『え?山梨だと思ってた!』

神奈川県厚木市の場所はこの赤で囲われた地域。

厚木市

ちょうど神奈川県の真ん中。

しかし地図で言う厚木の左側は大山や丹沢などの広大な山間地域でその先は山梨県。

東京の人間に馴染みがないのも仕方ない。

しかし、松井玲奈もこのドラマの撮影が始まってから厚木に行ったことがないらしい。

また、厚木は主張が激しいともディスられている。

東京千代田区と静岡県沼津市を結ぶ国道246号線、通称ニーヨンロクで道路標識にやたら渋谷の横に出てくるというのだ。

246号線を静岡方面から走ったこのがある方ならわかるが、確かにそうなのだ。

『渋谷方面』と『厚木方面』と呼ばれるほど、何故かビッグネームの渋谷と肩を並べて出てくる。

これはその先に何もないからじゃ…

ツッコみポイントその①そもそも何故コインランドリーなのに店員が?

松井玲奈演じる凪と滝藤賢一演じるオーナーの茅ヶ崎さん。

2人はコインランドリーにも関わらず常駐している。

これは単に話したいだけではなく、ランドリー茅ヶ崎の珍しいサービスに理由がある。

それは『畳み』『アイロン』をしてくれる、というもの。

具体的に触れられてはいないが、レジがあって洗剤を預かってくれるサービスもしている。

ツッコみポイントその②建物の違和感

違和感その①

このドラマを見ているとある違和感に気付く。

建物がランドリーにしては大きすぎるのだ。

建物側面に入口らしきものはなく、おそらくこのランドリーだけが占有している。

しかしパッと見で数百坪はありそうな小さなスーパーでもできそうな建物だ。

もしかしたら内装と外装を違う場所で撮影している?

違和感その②

店内での違和感、遺影が多すぎること。

まず客商売で遺影が飾られている事自体珍しいと思うのだが、ここにはなんと7枚の遺影が飾られている。

茅ヶ崎さんはオーナーなので恐らく世襲している。

1代30年と考えても8代目だと創業240年?

この遺影について触れられることは果たしてあるのだろうか。

そんなところも注目してほしい。

店内の違和感その③

そばとうどんの自販機?

昔懐かしのそばとうどんの自販機が稼働している。

最近あるのかなーと、この自販機を調べてみたところ、全国で70台しか稼働していないらしい。

飾りかもしれないが、ドラマ内で角田が食べているのは…

妙に綺麗な終わり方

『努力より先に成功が出るのは辞書の中だけ』というヴィダルサスーンの名言が飛び出す。

そしてドラマ冒頭のワンコインが最後に綺麗に繋がる!

内容はギャグ、終わり方は妙に綺麗。

気になる方、是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

フォローはこちらから