『ゴシップ』のネタバレと視聴率を最終回まで!凛々子(黒木華)が編集部を救う?!

ゴシップ

ドラマ『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』のあらすじネタバレと視聴率を最終回までまとめます。

主演はさん。ネットニュース編集部を舞台に描く社会派“風”お仕事エンターテインメントです!

一切の遠慮や忖度(そんたく)なく斬りこむ凛々子(黒木華)が、閉鎖寸前の編集部を救うのか。

果たしてその結末は?

今回は『ゴシップ』のネタバレと視聴率を最終回まで紹介していきます。

『ゴシップ』の動画はFODプレミアムで!


ADVERTISEMENT

『ゴシップ』のあらすじネタバレと視聴率を最終回まで

『ゴシップ』全話のあらすじネタバレと視聴率を最終回まで、まとめていきます。

※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区、リアルタイム。

『ゴシップ』1話のネタバレと視聴率

ゴシップ1話
(C)フジテレビ

放送日:2022年1月6日(木)※15分拡大

1話の視聴率は世帯6.5%、個人3.8%

1話のあらすじ

瀬古凛々子(黒木華)は、大手出版社『クスノキ出版』の経理部に勤めている。他人の気持ちや場の空気を読むことは苦手だが、洞察力があり、矛盾や誤りを見抜く能力が高い。

執行役員の仁和正樹(安藤政信)は凛々子の能力を認めて、クスノキ出版が運営するニュースサイト『カンフルNEWS』の立て直しを命じる。

「カンフルNEWS」にはこんなメンバーがいた。

山田礼二():放任主義の編集長。
根津道春():凛々子と同期。
下馬蹴人():仕事は早いが中身の薄い男。
椛谷静司():シングルファーザー。
一本真琴():少年マンガ誌の編集部志望だった女性。

その仕事ぶりは他社のニュースやブログ記事のコメントをコピペしただけの“コタツ記事”※ばかりだ。

※コタツ記事とは、実体験も調査もなく、取材対象者の取材も行わず一次情報を元に再構成した記事のこと。コタツに入っていても書ける記事の意味で、揶揄して使う。

PV(ページビュー)※は月間50万程度で、広告もろくにつかないお荷物部署。凛々子は「ゴシップで攻める」という戦略を立ててて、月間5000万PVを目標にする。

※ページビューとは閲覧されたページの合計数。ピーブイと読むと、一般にプロモーションビデオ(promotion video)のことになるのでご注意を。

編集会議にて。アイドルと人気声優の交際が噂されるきっかけとなったクリスマスパーティーが話題に。そのパーティーに、ゲーム・アプリ会社『グリフィン・ラボ』の代表たちが出席していた。

カンフルNEWSの面々は、この会社をパワハラ企業として告発するという投稿に気づく。「危険だ」という凛々子の反対を無視し、パワハラの件を記事にするが…。

1話のネタバレのPOINT↓↓

・カンフルNEWSは、パワハラの件を記事にして、グリフィン・ラボに訴えられる。
・瀬古凛々子(黒木華)が投稿した者を突き止める。投稿は「盗作」を不満に思って「パワハラ」をでっち上げて書き込んだ。
・凛々子は、キャラクターの盗作と誹謗中傷(パワハラのでっち上げ)両方を記事にして、しかも書き手の名前を出してアップ。
・凛々子の記事によって、パワハラの内部告発が起きた。さらに投稿者のキャラクターの元にファンが集うことに…。
・編集長の山田礼二(生瀬勝久)が(取り下げられたものの)訴えられた責任を取って、早期退職
凛々子が新しい編集長になる。

1話のネタバレ↓↓

『ゴシップ』2話のネタバレと視聴率

ゴシップ2話
(C)フジテレビ

放送日:2022年1月13日(木)

2話の視聴率は世帯6.0%、個人3.4%

世帯視聴率は前回より0.5ポイントダウンし、個人視聴率も0.4ポイントダウンに!

2話のあらすじ

凛々子(黒木華)は山田(生瀬勝久)に代わって、『カンフルNEWS』の編集長に就任。根津(溝端淳平)や下馬(野村周平)ら部員たちは困惑。凛々子は編集部内の仕事環境を整えていく。

その頃、世間では人気俳優の前橋恵一(武田航平)と元女優の妻・清瀬みさと(清水葉月)の離婚が話題に。「円満離婚」と報じられているのを見た凛々子は、「別れるのに関係は良好。意味がわからない……ザワザワする」と言い出し、主演舞台が初日を迎える前橋の囲み取材へ行くという。

根津たちは、『カンフルNEWS』がほとんどの芸能事務所から取材NGをもらってるから取材は無理だと告げる。だが凛々子は、カメラマン役として強引に根津をともなって、前橋の公演先を訪れる。

案の定、凛々子たちは取材を断られる。しかし、前橋のマネージャーが根津の大学時代の先輩・牧紗耶香(秋元才加)だった!?

先輩後輩の縁で、今回だけ囲み取材の参加を許される。しかし凛々子は「二人の間で性的な結びつきはいつまであったのか?」とデリケートな質問を前橋にぶつけてしまい……。

2話のネタバレのPOINT↓↓

・前橋恵一(武田航平)はグラドル・宮島鈴音(大原梓)と不倫が報じられた。
・凛々子は、鈴音と前橋の元妻・清瀬みさと(清水葉月)との繋がりに気づく!
・女優復帰を夫から反対されている清瀬みさとと、借金が事務所にあって辞められない鈴音が共犯になって、ハニートラップを前橋に仕掛けたことが真相だった。(夫と不倫写真を撮ったら借金を支払う、と清瀬がもちかけた)
・前橋は不貞行為と勘違いして清瀬に離婚を申し込んだ。
・凛々子は嘘がバレるのは時間の問題だから「事実を告げる」方が良いと清瀬と鈴音に伝え(※名言参照)…真相を記事にする。
・清瀬みさとも謝罪会見をした。

凛々子の名言:「小さな嘘を見つけたらその裏にもっと何かあると思うのが人間です。今は誰もがその裏側を暴く側に回る時代。嘘をつき続けるのは不可能です。そして些細(ささい)な偶然だけで間違った内容があたかも事実として広がる。だからせめて自分の口で事実を伝えた方がいい。今後の人生のためにも。」

2話のネタバレ↓↓

『ゴシップ』3話のネタバレと視聴率

ゴシップ3話
(C)フジテレビ

放送日:2022年1月20日(木)

3話の視聴率はー%

3話のあらすじ

“覆面女子高生シンガー”AOIは、現役高校生という以外すべてベールに包まれているが、10代から絶大な支持を集めている。そんな中、『検証動画・謎の覆面JKシンガーAOIの正体!?』という動画が急上昇ランキング1位になった。

凛々子(黒木華)はAOIのことは全然知らなかったが、その話題性に目をつけ、AOIの正体を暴くと宣言する。

話題の動画は、シルエットのみでピースサインをしているAOIと、ライブハウスのステージでピースサインをする女の子の画像を2分割で並べたもの。顔は判別しないが、ともに特徴的なピースサインをしている。そのことを理由に「AOIではないか」と話題になっている。

凛々子は、動画のUP主もネットで画像を拾っただけで確かなことはわからないと聞く。ただ、女の子が映っているライブハウスは下北沢にあるらしい。

凛々子は、椛谷(野間口徹)とともにAOIの所属レコード会社を直撃取材!しかし何も情報を得られない。それにもめげず、動画に映っていたライブハウスへと向かい、スタッフを待つ。すると、AOIのSNSアカウントを見ていた椛谷は、フォロワーの中に見覚えのあるアイコンを発見。それは、椛谷の息子・涼太(大西利空)のものだった。

凛々子たちは、ライブハウスのスタッフから、検証動画に映っていたのは青野郁(上國料萌衣)※という女性だという情報を得るが…。

※3話ゲストの上國料萌衣(かみこく・もえ)さんは、ハロー!プロジェクトの女性アイドルグループ「アンジュルム」のメンバー。 その透明感ある歌声は"クリスタルボイス"と呼ばれ、歌唱力とルックスの両方を合わせ持つ現役アイドル。

3話のネタバレは、放送後に更新予定。

『ゴシップ』の視聴率予想

『ゴシップ』の視聴率を予想します。

参考に、フジテレビ・木曜劇場の直近5作の視聴率を調べると…

  • 「ルパンの娘」(2020年10月期)平均視聴率:5.7%、最高視聴率:7.5%
  • 「知ってるワイフ」)2021年1月期)平均視聴率:7.4%、最高視聴率:8.9%
  • 「レンアイ漫画家」(2021年4月期)平均視聴率:5.4%、最高視聴率:6.5%
  • 「推しの王子様」(2021年7月期)平均視聴率:4.9%、最高視聴率:6.0%
  • 「SUPER RICH」(2021年10月期)平均視聴率:6.9%、最高視聴率:7.8%

木曜劇場の全話平均視聴率は、直近5作すべて一桁視聴率。

二桁視聴率となると、2018年7月期の『グッド・ドクター』11.2%までさかのぼることになります。

本作『ゴシップ』も二桁視聴率は難しいでしょう。

直近5作のように、5%から7%台なのは必至。

視聴習慣がない枠であり、今回も厳しいと予想します。

※視聴率はビデオリサーチ調べ・リアルタイム・世帯・関東地区。

『ゴシップ』の最終回予想

最終回で、凛々子(黒木華)が閉鎖寸前の編集部を救う…という結末を予想!

しかし、凛々子さんには何やら秘密があるとのこと。

凛々子自身にも他人には話していない秘密と、虚実が入り混じるネットの世界に対してのある思いがあり、そのことは周囲の人間を巻き込んで、次第に大きなうねりとなって彼女自身を飲み込んでいきます。

公式HPより

ネットニュースのドラマと言えば、前クール(2021年秋ドラマ)で『和田家の男たち』(大石静 脚本)が放送されていました。

相葉雅紀さんがネットニュースの新人記者・和田優を演じていて、最初は大手新聞・テレビのメディアからバカにされていたのですが、いい記事を書く記者に変化していきます。

その過程で、(政治記者だった)和田優の母を死に追いやった政治家へ復讐しようとしする展開。

本作での凛々子も何か過去を抱えていて、復讐をしようとするのではないか?

親や恋人などが根も葉もない噂やネットニュースで死に追いやられた…というのが定番で、予想できますが果たして?

ただし、サブタイトル「#彼女が知りたい本当の〇〇」とあるので、出生の秘密とか、復讐相手が誰かとか、何かミステリー的要素も期待しちゃいます。

ですが物語的に、凛々子が編集部を再建してハッピーエンドではひねりがないので…

最終回結末は、凛々子が編集部を立て直して去る?!独立する?!

と予想します♪(これも定番ですけど 笑)

『ゴシップ』の番組情報

放送開始日2022年1月6日(木)
放送日時毎週木曜よる10時〜(初回15分拡大)
放送局フジテレビ系列
キャスト黒木華溝端淳平野村周平野間口徹石井杏奈一ノ瀬颯、高橋侃、 / りょう、安藤政信生瀬勝久、ほか
脚本関えり香・橋本夏・青塚美穂
原作なし(完全オリジナル)

【冬ドラマ一覧】2022年1月スタートの新番組情報まとめ!

【ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○】のキャストと相関図

当記事画像出典:「ゴシップ」HP

コメント