【ゴシップ】1話の視聴率とあらすじ!黒木華は大絶賛もストーリー展開に不安の声?

ゴシップ1

木曜劇場【ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○の放送が1/6(木)よりスタートしました。

扱いづらい編集部員・凛々子()と、その彼女に翻弄されていく周囲。

そして凛々子は、閉鎖寸前の編集部を救うことは出来るのか?

大絶賛の黒木華さんですが、反して今後の展開に不安の声も?

今回は、【ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○】1話の視聴率とあらすじ、感想についてご紹介。

見逃してしまった方は、FODプレミアムにて視聴できます!

ADVERTISEMENT

【ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○】1話の視聴率

ゴシップ 1話

【ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○】1話の視聴率は6.5%。

これまでの木曜劇場と変わらない数字でスタート、といったところでしょうか。

【ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○】1話のあらすじ

大手出版社『クスノキ出版』の経理部に所属する瀬古凛々子(黒木華)は、他人の気持ちを理解したり、場の空気を読んだりすることは苦手だが、この世界や他者を知りたいという欲求は強く、優れた洞察力を生かしてちょっとした矛盾や誤りを見抜く能力に長けた女性。経理部では、その厳しいチェックぶりから地獄の番犬・ケルベロスとも呼ばれている。そんな凛々子の能力を認め、彼女の協力で同期のライバルを蹴落として執行役員となった仁和正樹(は、凛々子にある仕事を命じる。それは、クスノキ出版が運営するニュースサイト『カンフルNEWS』の立て直しだった。

カンフルNEWSには、温厚で争いごとが苦手な放任主義の編集長・山田礼二(以下、凛々子と同期で、ひねくれていて口も悪いが人を丸め込むのが上手い根津道春(、さまざまな女性と広く浅く付き合い、仕事は早いが中身の薄い男・下馬蹴人(、『週刊カンフル』の元エース記者だったシングルファーザーの椛谷静司(、少年マンガ誌『ジャンクス』の編集部志望だった一本真琴(が所属している。だが、その仕事ぶりはといえば、他社のニュースやブログ記事のコメントをコピペしただけの“コタツ記事”ばかりを発信しており、PVは月間50万程度、広告もろくにつかないというお荷物部署状態だった。

編集部にやってきた凛々子は、月間5000万PVという目標を掲げ、そのために「ゴシップで攻める」という戦略を立てる。そんななか行われた編集会議で、アイドルと人気声優の交際がうわさされるきっかけとなったあるクリスマスパーティーが話題に上がった。そこで、そのパーティーにはゲーム・アプリ会社『グリフィン・ラボ』の代表や社員たちも出席しており、彼らをパワハラ企業として告発するという投稿があることを知る一同。グリフィン・ラボは、美少女女子高生キャラたちと新幹線で全国を旅しながら疑似恋愛体験ができる“萌えゲー”で急成長した会社だった。下馬は、危険だという凛々子の反対を無視し、このパワハラの件で1本記事を書くよう真琴に告げるが……。

凛々子の心配をよそに…。

真琴の記事は少々PVが上がるが、TVのニュースで『グリフィン・ラボ』の代表が訴訟も考えていると取材に答えた。

「取材をせず記事にしている」=「訴えられても自業自得」と言われ、部署の電話は鳴り続ける。

そして、編集部に寝に来た根津と言い合いになる凛々子。

分かりあえない・人と違う、逆に変わってなくてすごいと言われる。

しかし最後に凛々子は「仕事はクズじゃない、そう思ってる人」と言い残し去った。

相手への謝罪。

山田は本社に呼び出されていた。

編集部では「書いたことは事実」と、凛々子がまずは謝罪をすること、それから記事の事実確認も必要であると話す。

相手にしない編集部員たちだったが、「読み手は馬鹿だから?読み手は敏感、謝罪しておけばいい」というのは無理だと凛々子は言い放つ。

凛々子「あなたたちは続けるか、会社を去るか、2つに1つ!」

山田が本社から戻り『グリフィン・ラボ』からの内容証明を確認すると、そこには「事実でなかった」と謝罪することが書かれていた。

このままだと廃部になっても仕方ないと、異動部署等々言いたい放題の編集部員たち。

凛々子「私が謝罪記事、書きます!」

凛々子の取材が始まる。

「なぜフェイクニュースを掲載することになったのか?」山田に問う凛々子。

山田は「SNSの投稿を鵜呑みにしたから」と答え、その投稿をしていた人物について調べることに。

すると、2年前から『グリフィン・ラボ』について盗作の被害を訴え投稿、プロフィールから「Nゲージ」が好きだと分かった山田は過去に関わった「繋がりのありそうな人物」を思い出す。

しかし、その人の連絡先も名前も分からない状況の山田。

ふいな出来事から、過去に発売されていた「週刊カンフル」という雑誌の記事で、Nゲージを扱う店主の事を掲載していたことを思い出し、その「金子さん」である人物の掲載記事を探し始める。

そして、10年前の週刊カンフルから記事を見つけ出した山田。

凛々子「見つけた」

笑って答えた。

フェイクニュースの真相とは?

金子の店は閉店するところだった。

凛々子は10年前の記事から、当時金子が描いていたキャラクターが『グリフィン・ラボ』のゲームのキャラクターとして使われたこと、誰かが見て真似した、ということに気付く。

それは3年前に『グリフィン・ラボ』代表の部下が、SNSに書き込んでいた投稿から判明。

「キャラ盗作」の被害についての投稿は本当だったのだ。

金子は『グリフィン・ラボ』にも文句を言ったが相手にされず、裁判をしても勝てないのは重々承知で、ただ悔しい思いをする。

ただ、ゲーム内で活躍する自身が作った娘たちを見ると父のような気持ちになり、とても嬉しかった。

しかし、ゲームのサービスは終了。

盗作の次は勝手に終了するのか、という怒りからパワハラの投稿を書き込んでいたという。

金子「腹立たしい、と思ってる人がいると、どんな形でもいいから知ってほしかった」

まさかネットニュースで取り上げられるとは思っていなかった、金子。

10年前の記事も嬉しかったが、今回も気づいてもらえて嬉しい、山田は恩人だと話した。

金子「これからも良い記事を書いてください」

握手し感動の場面を見せる2人。

そこを写真に撮る凛々子。

被害者でもあり、加害者でもある、と話す凛々子は、金子のことを「全て記事にする」と断言。

盗作か、誹謗中傷か、どちらには出来ない、記事を見た読者がどう思うか。

凛々子「あなたのやった事実を、ありのまま書きます。それが、私の仕事ですから」

匿名にすることはネット社会の住民と同じであると、凛々子自身も記事投稿の際には、一個人の名前を記載した。

一方で、訴訟は取り下げられたが、部署の存続を問われている仁和。

「しかるべき人間に責任を取ってもらう」とし、山田は早期退職となった。

そしてー、凛々子が新しい編集長となるー。

【ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○】1話の感想

黒木華さんが大絶賛!

「さすが!」という声も大きく、黒木華さんが主演ということで期待も多かったのではないでしょうか?

反する声も?

第2話予告!

まだ初回なので、今後どうなっていくのかにも大きな期待がかかっていることとは思いますが、私的にはとても楽しめる作品なので、これからも毎週待ち遠しいですね。

いきなりの編集長が退職という展開には驚きましたが、再度どこかで生瀬勝久さん演じる山田礼二に会えることを待っています!

すでに周りの男性陣を虜にしているような描写があった凛々子。

謎の雰囲気が気になる存在になるんでしょうね~。

(見習いたいと思います笑)

次回の第2話は、1/13(木)22時~の放送となりますので、お見逃しなく!

画像出典:画像出典:ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○ 公式HP

コメント