【カムカムエヴリバディ】第19週のネタバレ!ひなた(川栄李奈)が五十嵐(本郷奏多)と破局!?

カムカムエヴリバディ19週

【カムカムエヴリバディ】第19週のネタバレ!

NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)【カムカムエヴリバディ】19週「1992−1993」のあらすじネタバレをお伝えします。

カムカムエヴリバディ(カムカムエブリバディ)第19週では、ひなた()が五十嵐()とまさかの破局!?

今回は【カムカムエヴリバディ】19週のネタバレについて!


ADVERTISEMENT

【カムカムエヴリバディ】19週のネタバレ

ここからは『カムカムエヴリバディ』(カムカムエブリバディ)第19週のあらすじネタバレを紹介!

88話(3月7日)

カムカムエヴリバディ88
(C)NHK

ひなた()が企画した映画村のお化け屋敷は、大成功する。

しかし、落ち武者の幽霊を演じた五十嵐()は、喜ぶどころか不満げな様子。

五十嵐は大部屋俳優のままではだめだと焦る。

ひなたは、もどかしさを抱えていた。

そんなある日、ひなたは榊原()が激しく動揺しているところに遭遇。

何かと思いテレビを観ると、そこではすみれ()の結婚記者会見が行われていて…。

【出演】

88話の注目ポイント:榊原がすみれの結婚でショックを受けています。榊原は、すみれの昔からのファンで、復活させるために、ときに愛ある厳しさもみせていました。この2人の恋はあるかも…という感じでしたが、まさかの展開ですね。すみれの相手は一体どんな人なのでしょう。注目です。⇒ネタバレすみれの相手は破天荒将軍(でした!

【カムカムエヴリバディ】88話│五十嵐(本郷奏多)の返事

89話(3月8日)

カムカムエヴリバディ89
(C)NHK

ひなた()の弟・桃太郎()の誕生日会が開かれた。

しかし、ひなたは五十嵐()が現れないことを心配する。

その頃、五十嵐は一人でやけ酒をあおっていた。

同じ店ですみれ()とその夫に遭遇した五十嵐は、酔いに任せて絡んでしまい、騒動を引き起す。

後日、監督に呼ばれた五十嵐は、今回の件の責任を取るよう言われ…。

【出演】

なぜ五十嵐は、やけ酒?:なぜ五十嵐はやけ酒をあおっているのか。18週87話で、ひなたから「7年後に人類滅亡するから文ちゃんと一秒でも一緒にいたい」と言われました。同棲とも解釈できますが、ほぼ求婚です。五十嵐は大部屋俳優で収入が少ないかから、どうすることもできなくて酒に逃げているのでしょう。(予想)

なぜ五十嵐は、すみれにからんだ?(予想):五十嵐は、すみれと夫に酔った勢いでからみました。シンプルに考えれば「嫉妬」でしょう。他に事前予想するならば、すみれがテレビの2時間サスペンスで売れていることから、【時代劇を裏切った】と(筋違いですが)批判したのでは?すみれは時代劇「黍之丞」シリーズで有名になっていますし…。※あくまで予想です。
⇒放送後ネタバレ:五十嵐のただの嫉妬でした。すみれを二流と呼ぶ暴言もあってほひどかったです。

【カムカムエヴリバディ】89話│五十嵐(本郷奏多)の決断の理由とは?

90話(3月9日)

カムカムエヴリバディ90
(C)NHK

ひなた()は五十嵐()から別れを告げられ、ショックで寝込んでしまう。

ひなたは自分のせいで五十嵐を傷つけてしまったと悔やむ。

そんなひなたに、るい()はやさしく“On the Sunny Side of the Street”を歌って聴かせる。

一方、五十嵐は条映を去ることを決めていた。

そんな五十嵐のもとに、錠一郎()が現れて…。

【出演】

錠一郎のネタバレこみ予想:錠一郎が五十嵐のもとを現れます。予告動画で「僕も夢があったんや」という錠一郎の声がありました。「錠一郎の夢」とはトランペッターとしてのデビュー。そして、いつかアメリカの空の下で『On the sunny side of the street』を吹くことでした。
 しかしデビュー直前、原因不明の病気で断念した錠一郎。五十嵐も時代劇俳優という夢を断念するのだと思います。
 錠一郎は自分の過去と重ねつつ「夢破れてもこんなに今は幸せだ」と希望を伝えるのではないでしょうか。※予想です。⇒ネタバレ:ほぼ予想どおりでした。

【カムカムエヴリバディ】90話│ひなたの道を歩けば、きっと人生は輝くよ。

91話(3月10日)

カムカムエヴリバディ91
(C)NHK

大月家はテレビを買い替えた。

桃太郎()は高校最後の夏に向けて野球の練習に励んでいる。

そんな中、いよいよ本格的な時代劇存続の危機が訪れる。

ひなた()は外国人観光客をターゲットにした映画村ツアーを提案。

しかし、上司の反応はいまいち。

かつて虚無蔵()が言った「時代劇を救ってほしい」という言葉が、今になってひなたに重く心に響く。

帰宅したひなたは、るい()が外国人客と英語で話しているところを目撃し…。

【出演】

ラジオ英語がヒロインたちのそばにあった…という本作。しかし、小学生のころラジオ英語に飽きて以来、英語とかけ離れていたひなた。ここにきて、再び英語との接点が!?初恋の外国人の少年は再登場あるのか、アメリカへ行った安子との再会は?この外国人客への集客が伏線になっていきそうですね。

【カムカムエヴリバディ】91話│ひなた(川栄李奈)が英語学習に失敗!?

92話(3月11日)

カムカムエヴリバディ92
(C)NHK

桃太郎()は野球部でレギュラーになった。

桃太郎は1年の夏から「レギュラーになってね」と小夜子()に言われていた。

なので、国語準備室にいる小夜子にレギュラーになれたことを報告しに行く桃太郎。

そのまま一緒に帰ることになり浮かれる桃太郎。

しかし小夜子が商店街に来た本当の目的を知り、大きなショックを受ける。※

以来、あまり元気のない様子の桃太郎を、ひなた()やるい()が心配する。

ある日。映画村にやってきた小夜子は、ひなたと一恵()に大事な報告があると言い…。

【出演】

※桃太郎がショックを受けるということから、小夜子に好きな人がいると判明する…と予想されます。果たして小夜子が商店街に来た目的とは?

【カムカムエヴリバディ】92話│小夜子(新川優愛)の衝撃報告


カムカムエヴリバディ(カムカムエブリバディ)第19週のあらすじネタバレはここまで。

【カムカムエヴリバディ】19週の事前レビュー

第19週のあらすじ、予告動画をもとに、19週事前レビューとして予想・見どころなどをお伝えします。一部ネタバレを含むので注意ください。

ひなた(川栄李奈)が五十嵐(本郷奏多)と破局!?

あらすじでは、五十嵐から別れを告げられてショックを受けるひなた、とあります。

まさかの破局です。

しかし思えば、母・るいも錠一郎から一度 振られていましたね。

57話で、錠一郎は楽器が吹けなくなった病気を隠し、「お前とは終わりや」とるいを振りました。

さらに言えば、安子も一度 稔と別れています。

12話で、稔の母から手切れ金を渡され「息子に会わないで」と言われた安子。稔も父から反対されました。

稔は「こんなの間違ってる」というのですが、身分違いを実感した安子は「長(なご)うて、甘(あめ)え夢を見続けてしまいました」と身を引きました。

予想ですが、ひなたも恋人と一度別れて、もう一度やり直す・・・というパターンを引き継ぐと思います。

なぜなら予告で「バカで明るいお前が大好きだ」と、五十嵐がひなたを抱きしめているので。(予告動画9秒ごろ)

錠一郎が五十嵐の背中を押しての復縁、と期待してます♪

小夜子(新川優愛)の恋の相手は赤螺吉之丞(徳永ゆうき)?

小夜子()の恋の相手は同級生・赤螺吉之丞(だと思います。

理由は以下の3点。

(1)予告で「人好きになるや何て、アホやからやと思います」と、一恵()の声があります。(予告動画の冒頭)

(2)あらすじで、桃太郎が小夜子の商店街に来た本当の目的を知って大きなショックを受ける、とあります。

(3)あらすじで、小夜子がひなたと一恵に報告する、とあります。

吉之丞は「商店街」に住んでいます。

小夜子が吉之丞に会いに、商店街に来ていたということでしょうね。(※予想です)

そして吉之丞は「アホ」です。(笑)

吉之丞はガキ大将で、ひなたに「ミスばっかりにしか受からない」(73話より)とからかったり、小学校の時は一恵のことを「百恵の100分の1」とバカにしてたりしてましたね。

でも小夜子をバカにしてるシーンはありません。(筆者が見逃してたらすみません)

好きな人をからかうのが男の子の面倒くさいところですが、日ごろがガキ大将だった吉之丞。典型的な「男の子」の逆パターンで、好きな人にはちょっかい出せなかったのかも?

小夜子は、吉之丞をよく知っている同級生のひなた・一恵に「吉之丞を好きになった」ことを報告し、相談するんだと思われます。

ガキ大将な吉之丞を好きになるなんて「アホ」かな?…と予想。⇒放送後:このセリフは全く別のシーンでした。

だから、好きになることはアホになること、と一恵がアドバイスするんだろうと予想。

…もう付き合ってて、結婚の相談かもしれませんけどね。

果たして小夜子の商店街に通う目的や、ひなたたちへの報告はいかに?

トミー(早乙女太一)再登場!?

19週では、トミー(早乙女太一)がCDデビューしていることが判明しそうです。

ジャケット写真だけでの再登場!?あるいは新撮シーンもあるのでしょうか。ともかく懐かしい!

予告動画ではよく分からなかったのですが、なんとく、錠一郎が五十嵐にトミーのCDを手渡しているように思えます。

・・・かつて、錠一郎が桃太郎の少年野球を見守りながら、作曲をしていたシーンがありました。意味深でしたよね?

錠一郎が作曲し、トミーがトランペットを吹いてデビューした

こういう別のカタチでの夢の叶え方もあるんだ、と錠一郎が五十嵐を激励するんじゃないでしょうか?(時代劇好きな五十嵐はスタッフの道もあるとか…?)

トミーのCDからの錠一郎の作曲シーンの伏線回収を予想します♪

第18週< >第20週

画像出典:NHK

コメント