朝ドラ【なつぞら】のキャストとあらすじ!チーム・ナックス地元で大泉洋出演も?

なつぞら表紙0426

2019年度前期・朝ドラは広瀬すず主演の【なつぞら】

岡田将生・松嶋奈々子・地元北海道のTEAM NACSメンバーら豪華出演者でおくる話題作!

今回は本作『なつぞら』の気になるあらすじ・キャストをご紹介。

スポンサーリンク

朝ドラ【なつぞら】は2019年4月スタート!主演は広瀬すず

朝ドラの愛称で親しまれる連続テレビ小説『なつぞら』が、2019年の4月からNHKにて放送開始されます。戦後の北海道の大自然や日本アニメ草創期を舞台にヒロインの夢と冒険を描くモデルなしのオリジナルストーリーです。

主演は広瀬すず。共演に岡田将生、松嶋菜々子らが集結。この記事では『なつぞら』のあらすじとキャストを紹介します。

朝ドラ『なつぞら』のあらすじ

なつぞら表紙2

出典:NHK_PR

ときは太平洋戦争が終わった翌年、1946(昭和21)年の初夏。戦災孤児の奥原なつ(9)は父の戦友の柴田剛男(しばた・たけお)に連れられ、北海道・十勝にやって来ます。

柴田家は、北陸からの開拓移民で酪農一家。剛男の父・泰樹(たいじゅ)はなつを厄介者と言いながらも、ふびんに思っています。なつは家業を懸命に手伝い、泰樹の心を動かします。なつも子どもらしさを取り戻していきました。

やがて、なつは少年・山田天陽と出会います。天陽から当時、アメリカではやっていた漫画映画の魅力を教えられ感銘を受けます。のちのアニメーションの世界です。

高校生になった、なつは絵を描く夢を持ちます。そんな折、生き別れていた兄が東京で働いていると知らされ…。

朝ドラ『なつぞら』ヒロインは広瀬すず!

広瀬すず(役:奥原なつ)

広瀬すず

登場人物

奥原なつ(おくはら・なつ) …1937(昭和12)年生まれ。両親を戦争で亡くし、兄妹と別れた戦災孤児。北海道十勝で育ち、やがてアニメーション業界に飛び込む。

キャスト

広瀬すず(ひろせ・すず)は、NHK朝ドラ初出演。広瀬は1998年6月19日生まれ。実姉は女優の広瀬アリスです。是枝監督の『海街diary』ほか主に映画で活躍していた広瀬。2018年も映画『ちはやふる-結び-』主演、『ラプラスの魔女』ヒロイン、『SUNNY 強い気持ち・強い愛』主人公の高校時代役、と映画出演が続いています。

しかし2018年1月期の主演ドラマ『anone』(日本テレビ)で2年ぶりのドラマ復帰。評判は高かったものの視聴率はひと桁で爆死。孤独な少女役で暗い内容だったため、本作『あおぞら』のヒロインの境遇とかぶり心配する声もあります。そんな不安を吹き飛ばす演技に期待したいところです。

関連記事:【広瀬すず】朝ドラヒロインに決定!100作目「夏空」に抜擢された理由とは?

広瀬すずの兄役キャストは岡田将生!朝ドラ初出演

岡田将生(役:奥原咲太郎)

青空キャスト岡田

登場人物

奥原咲太郎(おくはら・さいたろう)…なつの兄。歌とタップダンスが大好きで陽気な性格。両親亡きあと、妹のなつと千遥(ちはる)の親がわりとなる。なつを柴田家に、千遥を親戚に預けた後、孤児院で過ごすが、家出して行方不明となった。

キャスト

岡田将生(おかだ・まさき)は朝ドラ初出演。1989年生まれでテレビ・映画を中心に活躍する人気俳優。NHKでは源頼朝を演じた大河ドラマ『平清盛』(2012)、『絆〜走れ奇跡の子馬〜』(2017)などに出演しています。

「朝ドラは一つ目標だった」と語る岡田将生の演技に期待がかかります。

広瀬すず育ての母のキャストは、松嶋菜々子!朝ドラ初出演

松嶋菜々子(役:柴田富士子)

青空キャスト松嶋

登場人物

柴田富士子(しばた・ふじこ)…泰樹の娘。 なつの育ての母。

  • 明るい前向きな性格。
  • 父譲りの優しさ・たくましさ・芯の強さを持つ。
  • 泰樹に家族で唯一、対等にモノを言える。なつとの関係にとまどいつつも、わが子同然に育てようと努める。性格で、牛乳やバターを使ったお菓子づくりや料理が得意。

キャスト

松嶋菜々子(まつしま・ななこ)のNHK朝ドラ出演は、ヒロインを務めた『ひまわり』(1996)以来で実に23年ぶり。

『なつぞら』の会見(18.4.26)にて、『ひまわり』母親役の夏木マリに支えられたため本作で「ヒロインの力添えをしたい」と語っています。また、共演した藤村志保に大事な言葉「菜々ちゃん、一つ一つよ。先のことは考えなくていいのよ」といわれたことも明かし、ヒロインの支えになる意気込みをコメントしています。

注目キャスト:「おしん」の小林綾子が朝ドラに帰還

小林綾子(役:山田タミ)

青空キャスト12
登場人物

山田タミ(やまだ・たみ)…息子・天陽の才能を見守る母親。正治の妻。

  • 近隣の農家を手伝うアルバイト収入で家計を支える。
  • 東京育ちのおっとりした性格。農業も苦手。
  • 同じ東京育ちのなつがお気に入り。

キャスト

小林綾子(こばやし・あやこ)はなんと36年ぶりの朝ドラ出演。海外でも人気の『おしん』ヒロイン(少女期)を演じて以来です。同作は1983年度に1年放送されて、朝ドラ最高の平均視聴率52.6%を記録しました。小林綾子は「私の原点の朝ドラにまた参加することができてうれしい」と喜びのコメントを残しています。

地元のTEAM NACS(チーム・ナックス)3名出演!大泉洋も交渉中

”日本一チケットが取れない”と評される人気の演劇ユニット「TEAM NACS(チーム・ナックス)」の音尾琢真、安田顕、戸次重幸が出演します。『なつぞら』前半の舞台は北海道。「TEAM NACS」の地元ということで、地元の人に喜んでもらおうとオファーしたそうです。

「TEAM NACS」は全5名。ここで気になるのは、残る2人のメンバー・大泉洋と森崎博之の出演。

音尾琢真は劇団仲間やほかの2名出演してほしくないと笑いを誘うコメント。しかし安田顕は「残る二人も何とか出ていただければ」と会見でリクエストしています。

しかも、制作統括の磯智明チーフプロデューサーは「頑張って交渉していきたい」とオファー継続を明かしています。

2017年末の紅白で安室・桑田をオファーし続けて出演してもらったNHK。大泉洋ほかの出演の可能性もありそうです。

音尾琢真(役:戸村菊介)※朝ドラ初出演

青空キャスト音尾

登場人物

戸村菊介(とむら・きくすけ)…悠吉の息子。熱いハートの北海道男児。独立して自分の土地で牧場を経営したい反面、泰樹の牧場を大きくする夢も持つ。なつにとって、頼りになる酪農の先生。のちに照男の後見役となり、柴田牧場の発展に貢献。

安田顕(役:小畑雪之助)

青空キャスト安田

登場人物

小畑雪之助(おばた・ゆきのすけ)…十勝・帯広のお菓子発明王。父の代からの和菓子屋店主。砂糖が統制品となる中、ビート(砂糖大根)を使ったアイデア商品をつくる。のちに泰樹のバターや牛乳を生かした創作菓子を開発、北海道有数の製菓メーカーへと発展させる。

戸次重幸(役:山田正治)

青空キャスト11戸次

登場人物

山田正治(やまだ・せいじ)…天陽の父。戦争で家屋を失い、一家で北海道移住。政府にあてがわれた土地は荒れ地。農業経験もなく難航。郵便配達で生活費を稼ぐ。その後、泰樹たちの助けで、人並みの生活を送る。

「柴田牧場」ガンコじいさんのキャストに草刈正雄

草刈正雄(役:柴田泰樹)

青空キャスト草刈

登場人物

柴田 泰樹(しばた・たいじゅ)…十勝のガンコじいさん。なつに人生を生き抜くすべを教える

  • 1902(明治35)年、18歳の時にひとりで十勝に入植。
  • 荒れ地で稲作を試すが根付かず、酪農を始める。
  • 妻が病死後、男手ひとつで、富士子を育てる。偏屈でガンコな性格ではあるが、深い愛をもった大樹たいじゅのような男。む。

キャスト

草刈正雄(くさかり・まさお)は1952年生まれ。2016年の大河ドラマ『真田丸』で再ブレイク。朝ドラには『走らんか!』(1995年) 『私の青空』(2000年)に出演していて、本作は約19年ぶりとなる。

注目キャスト:広瀬すずの父の戦友は、藤木直人!

藤木直人(役:柴田剛男)

青空キャスト藤木

登場人物

柴田剛男(しばた・たけお)…富士子の夫。婿むこ養子として柴田家に入る。なつの父との約束を守り北海道になつを連れてくる。義理堅く優しい男だが、義父の泰樹には気を使う。

キャスト

藤木直人(ふじき・なおひと)は、1999年度後期の『あすか』以来20年ぶりの朝ドラ出演。ヒロインの広瀬すずとは「おしゃれイズム」(2018年3月・日本テレビ)に広瀬がゲスト出演した際、「楽屋で『パパって呼んでいいよ』と言ったので、親子関係はできている」と父親役に自信のコメントをしています。

北海道編を彩るベテランキャストたち

小林 隆(役:戸村悠吉)

青空キャスト小林

登場人物

戸村悠吉(とむら・ゆうきち)…泰樹の右腕的存在。貧しい開拓農家に生まれ、15歳の時に豪農に奉公に出される。泰樹の酪農への情熱にひかれ居座る。穏やかで楽しい人物で、とても頼りになる男。

高畑淳子(役:小畑とよ)

青空キャスト高畑

登場人物

小畑とよ(おばた・とよ)…雪之助の母。菓子職人の先代の元に嫁ぎ、わがままな夫に苦労するうちに強い性格になる。お年にもかかわらず、歯に衣を着せずとてもおしゃべりなばあさんで、常連客の泰樹にも毒舌を浴びせる。十勝のことなら何でも知っている、生き字引のような存在。

オーディションで抜擢された朝ドラ初出演のキャストたち

男女各2,500人、合計5,000人参加のオーディションで役を射止めた北海道編の若手キャストは、清原翔、福地桃子、山田裕貴、吉沢亮!役柄とプロフィールをご紹介します。

清原 翔(役:柴田照男)

青空キャスト清原

登場人物

柴田照男(しばた・てるお)…柴田家の長男で跡取り。父に似て、真面目で責任感が強い。祖父・泰樹や酪農の仕事を仕込まれるが要領が悪い。泰樹から、なつとの結婚を勧められる。

キャスト

清原翔(きよはら ・しょう)は、1993年2月生まれ。オーディションを勝ち抜き、朝ドラ初出演です。2017年の『レンタルの恋』からドラマ出演し始めていて、演技経験は少ない清原。抜擢に驚きを隠せない様子で「運がいいといいますか、本当に頑張らないとなと僕は個人的に思っています。」とコメントしています。

福地桃子(役:柴田夕見子)

青空キャスト福地

登場人物

柴田夕見子(しばた・ゆみこ)…なつと同い年で、柴田家の長女。なつに初めはわだかまりを感じるものの、お互いに悩みを打ち明けられる、本当の姉妹のようになっていく。大嫌いだった牛乳も、なつのおかげで飲めるようになる。

キャスト

福地桃子(ふくち・ももこ)もオーディションを勝ち抜き、待望の朝ドラ初出演。1997年10月生まれで、父は俳優の哀川翔です。ドラマ出演はまだ少ないものの『あなたには帰る家がある』(2018年4月期、TBS)にレギュラー出演するなど売り出し中。「『あ、始まるんだな』という気持ちでおります」とキャスト発表会見で実感がわいてきたコメントをしています。

山田裕貴(役:小畑雪次郎)

山田裕貴

登場人物

小畑雪次郎(おばた・ゆきじろう)…雪之助の息子。なつにとって何でも話せる愉快な大親友。お調子者で目立ちたがり屋。農業高校時代は演劇部にハマり、なつも誘う。卒業後は、日本一の菓子職人になるべく修業のため、なつと一緒に上京。

キャスト

山田裕貴(やまだ・ゆうき)は朝ドラ初出演。2018年4月期『特捜9』主要キャストで出演するなど活躍中。朝ドラオーディンは何回も受けていて「朝目が覚めた時に『結果いつくるんだよー!』と叫んだ瞬間にマネージャーから連絡が来て」びっくりしたことを明かしています。

吉沢 亮(役:山田天陽)

登場人物

山田天陽(やまだ・てんよう)…なつに絵心を教えた、青年画家。才能があるものの、貧しさから進学せず、農業を手伝う。合間に、べニヤ板に描く絵は繊細にして大胆。躍動感あふれる馬の絵が得意。アニメーターを目指すなつに大きな影響を与える。

キャスト

吉沢 亮(よしざわ・りょう)もオーディンを勝ち抜き、本作『なつぞら』で朝ドラ初出演。100作目のタイミングで初出演に光栄に思っていると意気込みをコメントしています。

朝ドラ『なつぞら』は2019年4月より放送スタート!

連続テレビ小説100作目の『なつぞら』は、脚本家・大森寿美男のオリジナル作品。2018年6月に早くもクランクイン。約1カ月の北海道ロケが行われます。

朝ドラ『なつぞら』は、『半分、青い』『まんぷく』に続いて2018年4月より、月曜から土曜のあさ8時からNHK総合あさ8時などで放送されます!

(記事内のリンクの無い画像はNHK公式サイトより)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク