スポンサーリンク

【おしん】のキャスト・あらすじ・動画!橋田壽賀子さん渾身の不朽の名作をもう一度!

【おしん】のキャスト・あらすじ・動画!橋田壽賀子さん渾身の不朽の名作をもう一度!

4月25日、橋田壽賀子さん追悼番組「橋田寿賀子さんをしのんで~『おしん』を振り返る~」で、伝説の連ドラ【おしん】の総集編を放送!

恋に仕事に、力強くそして柔軟に生きるおしんの物語を、久しぶりに観る、初めて観る方向けにキャストとあらすじをまとめました。

【おしん】のキャスト・あらすじ・動画について!


ADVERTISEMENT

伝説の朝ドラ【おしん】とは?

1983〜1984年に放送されたNHK連続テレビ小説第31作。戦中と戦後の混乱期をたくましく生き、スーパーマーケットの社長に上り詰めた女性の一代記。7歳から83歳までの波乱万丈な人生を描く。

平均視聴率は52.6%、最高視聴率62.9%(1983年11月12日放送 第186回)を記録した伝説の朝ドラで、アジアをはじめ海外でも広く放送され、また名作と称された作品です。

【おしん】のあらすじ

山形は最上川上流の寒村の貧しい小作農家に生まれたおしんは、利発で健気な少女。口減らしのために米一俵と引き換えに出された最初の奉公先では辛い目にあい抜け出したが、2番目の奉公先「加賀屋」では、持ち前の向上心と勤勉さを大奥様のくにに見込まれ、奉公しながら教養を身につけていく。

「加賀屋」の娘、加代(東てる美)とは同じ男・農民運動活動家の浩太(渡瀬恒彦)を好きになる。

「加賀屋」がとりもってくれた縁談を破談にしてしまったおしんは、山形に戻る。姉・はるの遺言で、髪結いになることを目指す。洋髪の髪結いとして成功したおしんは、羅紗問屋「田倉商店」店主の竜三と結婚。子供服の製造業で成功するが、関東大震災ですべてを失う。竜三の故郷・佐賀に身を寄せるが姑(高森和子)にいびられ家を出る。子連れながらも行く先々でいろいろな仕事を覚えながら暮らしていく。

太平洋戦争で夫や息子、すべての財産を失うが、浩太に教わった魚の行商で一から出直す。その後も苦労をしながらも商売をやっていくが、次第に時代や家族とのズレを感じていく…。

【おしん】のキャスト/おしん役

主人公のおしん役は、小林綾子、田中裕子、乙羽信子の3人が担当しました。

小林綾子 少女期
田中裕子 青春・成年期
乙羽信子 中年・老年期


「おしん」という名前は、「信じる、信念、心、辛抱、芯、新、真」などから付けた。

小林綾子(役:谷村しん)

明治34年山形県最上川上流の寒村で生まれた。家は貧しく、7歳で中川材木店に奉公に出される。奉公が厳しすぎて逃亡し、遭難しかけたところを漁師の俊作(中村雅俊)に助けられる。俊作からは読み書きや算数、人生哲学などを学ぶ。その後、酒田の米問屋「加賀屋」に奉公に出ると、その家族との関わりの中で成長していく。

田中裕子(役:谷村しん/田倉しん)

16歳で初登場。青春編から太平洋戦争編まで田中裕子が演じる。「加賀屋」の大奥様くに(長岡輝子)のはからいで見合い結婚する予定があったが、農民運動のリーダー・浩太(渡瀬恒彦)に恋をする。泥酔した縁談の相手を突き飛ばしたことで破談になり、「加賀屋」を出る。

家に帰った後、洋髪を主とした髪結いとして活躍し、羅紗問屋「田倉商店」店主・田倉竜三(並樹史朗)と結婚。その後子供服の製造業で成功するが、関東大震災ですべてを失う。竜三の故郷に身を寄せるが姑(高森和子)にいびられ家を出る。子連れながらも行く先々でいろいろな仕事を覚えながら暮らしていく。

乙羽信子(役:田倉しん)

太平洋戦争で夫や息子、すべての財産を失うが、浩太に教わった魚の行商で一から出直す。その後も苦労をしながらも商売をやっていくが、次第に時代や家族とのズレを感じていく。次男の仁(高橋悦史)が店を「スーパーたのくら」にして成功させるが、おしんはずっと惣菜売り場を担当していた。

1983年「スーパーたのくら」17号店オープンの日、孫の圭(大橋吾郎)と思い出の地をめぐる旅に出て、波乱万丈の半生を語るというスタイルで、「おしん」の物語は始まる。

【おしん】のキャスト/谷村家

おしんの実家・谷村家のキャストです。

  • 谷村ふじ/泉ピン子…おしんの母
  • 谷村作造/伊東四朗…おしんの父
  • 谷村なか/大路三千緒…おしんの祖母

  • 谷村庄治/佐野大輔→吉岡祐一…おしんの兄
  • 谷村とら/渡辺えり…庄治の妻
  • 谷村はる/仙道敦子→千野弘美…おしんの姉(長女)
  • 谷村みつ/長谷川真由美→古坂るみ子…おしんの姉(次女)
  • 谷村正助/住吉真沙樹→小林徹也…おしんの弟
  • 谷村こう/片桐尚美→鍵本景子…おしんの妹
  • 谷村すみ/柳美帆…おしんの妹

【おしん】のキャスト/八代家(加賀屋)

おしんの2度目の奉公先・酒田の米問屋「加賀屋」の長女八代家(加賀屋)のキャストです。

  • 八代加代/志喜屋文→東てる美…おしんの母
  • 八代政男/森篤夫…加代の父。加賀屋の婿養子
  • 八代くに/長岡輝子…「加賀屋」の大奥様

  • 八代みの/小林千登勢…加代の母
  • 八代清太郎/石田太郎…庄治の妻
  • 八代小夜/宮城望(乳児期)→大塚ちか…加代の妹

【おしん】のキャスト/田倉家

おしんの結婚後の家族・親族。

  • 田倉竜三/並樹史朗…おしんの夫
  • 田倉清/高森和子…加代の姑
  • 田倉大五郎/北村和夫…おしんの舅

  • 田倉福太郎/北村総一朗…竜三の長兄
  • 田倉恒子/観世葉子…福太郎の妻
  • 田倉篤子/長谷直美→竜三の妹

【おしん】のキャスト/田倉家(伊勢)

おしんの子供とその家族。

  • 田倉雄/伊藤毅→荻堂譲二→山野礼央→槇浩→松田洋治→冨家規政…おしんの長男
  • 田倉仁/望月匡貴→内田慎一→山下真司→高橋悦史…おしんの次男
  • 田倉初子/上中はるか→長島裕子→田中好子→佐々木愛…おしんの養女

  • 田倉禎(崎田禎)/野竹和子→山下陽子→浅沼友紀子→吉野佳子→吉野由樹子…おしんの次女
  • 田倉道子/田中美佐子→浅茅陽子…仁の妻
  • 八代圭/岩淵健→大橋吾郎…加代の孫

【おしん】のキャスト/その他の重要キャスト

おしんの人生に関わる重要キャストを紹介します。

  • 高倉(並木)浩太/渡瀬恒彦…おしんの初恋の相手。農民運動の活動家。実は大地主、大金持ちの貴族院議員の息子。おしんが結婚した後も何かと関わる。

  • 長谷川たか/渡辺美佐子…おしんの髪結いの師匠

  • 中沢健/ガッツ石松…的屋の親分

  • 神山ひさ/赤木春恵…浩太の母の従姉妹、網元。

俊作/中村雅俊…漁師。奉公から抜け出したおしんを助け、読み書きなどを教える

【おしん】のキャスト/あの人も出演していた!

【おしん】は、1983〜84年に放送されたドラマなので、現在は大物になっている俳優さんが脇役で出演しており、「若かりし頃の姿」を見ることができます。

…おしん最初の奉公先「中川材木店」の奉公人。おしんを筏で奉公先に連れていく。素朴な笑顔がチャーミングです。

…おしん最初の奉公先「中川材木店」の主人。

金田明夫…おしんの姉・はるが働く製糸工場監督員。はるの思い人。

並樹史朗…おしんの夫。現在はくせ者上司などのイメージもありますが、このときの並樹史朗さんの爽やかでカッコいいこと!

【おしん】の動画配信は?

【おしん】の動画は、NHKオンデマンドで全話配信中です。

コメント