【悪女(わる)】のネタバレ・あらすじを最終回まで!今田美桜主演!

悪女わる

【悪女(わる)】のネタバレ・あらすじを最終回まで!

主演のドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(日本テレビ)のあらすじネタバレを最終回まで紹介します。

人気漫画を30年ぶりに再ドラマ化。主人公が会社の最下層からステップアップを目指していく、ラブ・ジョブ・エンターテインメントです。

今回は【悪女(わる)】のネタバレ・あらすじについて!

【悪女(わる)】のネタバレ・あらすじ

【悪女(わる)】全話のネタバレ・あらすじをまとめていきます。

1話のネタバレ・あらすじ

1話のあらすじ

田中麻理鈴()は、ポジティブだけどポンコツな新社会人。IT企業に就職し「備品管理課」に配属されるが、そこは、お荷物社員が集められた“姥捨て山”。麻理鈴は、謎の先輩社員・峰岸()から何もしなくていいと言われるが、メゲずにつきまとう。根負けした峰岸は“出世のヒント”を麻理鈴に伝授。そんな中、麻理鈴はコロナ年入社で会社に馴染めずにいる若手社員・美加()と出会い波乱を巻き起こす!

番組表より

1話のネタバレ↓

2話のネタバレ・あらすじ

2話のあらすじ

「出世したくない?」と峰岸()にそそのかされ、出世を目指し始めた麻理鈴()。「人事部」に異動すると男性社会で厳しく生き抜き、“女王蜂症候群”と陰口を叩かれる夏目課長()が。夏目は麻理鈴も厳しくシゴくが、麻理鈴はメゲない!そして夏目には麻理鈴が誰よりも尊敬する峰岸と確執があった。麻理鈴は早期退職候補者リストに名前を見かけた三瓶花子(渡辺江里子)にトンデモな問題を起こす…!

番組表より

2話のネタバレ↓

3話のネタバレ・あらすじ

3話のあらすじ

峰岸()の差し金で、「マーケティング部」に異動することになった麻理鈴()は部内で“おまけ”扱いされているリサーチチームで梨田(石橋静河)と出会う。「仕事はお金のため」と割り切って働く堅実派な梨田は仕事が好きな麻理鈴と距離を置こうとするが…。そんな中、企画開発部の小野()が持ち込んできたコネ案件の商品を巡り麻理鈴が大チョンボをしてしまい、“おまけ”は解体の危機に…!

番組表より

3話のネタバレ↓

4話のネタバレ・あらすじ

4話のあらすじ

麻理鈴()がマーケティング部に異動してから3ヵ月。そろそろ出世したい…と目論む麻理鈴は、峰岸()の差し金で、「125周年プロジェクト」に参加することになった。プロジェクトのリーダーが小野忠()だと聞いた麻理鈴は表情を曇らせるが、周年プロジェクトが出世の登竜門だと知り、一気にやる気になる。

「125周年プロジェクト」では、小野の同期でエンジニア部の川端光(近藤春菜)が発案した企画が進行していた。世界的に有名なゲームデザイナー・鬼丸(冨永愛)とのコラボという川端の念願の企画なのに、小野がリーダーを務めることに違和感を抱く麻理鈴。しかし川端は、「男性がリーダーのほうが上手くいく」と麻理鈴を制する。

川端から、性別や年齢を設定しないアバターが自由に買い物をする空間を作成したいと説明を受けた鬼丸は、企画に前向きな姿勢を示す。そんな時、峰岸が地下の備品管理室から姿を消した…!
峰岸が役員フロアにいたと山瀬()から聞かされ、「田中を置いていってしまったのか」とショックを受ける麻理鈴。

一方、小野は川端の企画意図を理解しないまま、アバターに性別や年齢を設けた“使いやすい”サイトに軌道修正してしまう。それを知った鬼丸は「つまらない」と企画を降板。それでも、「女性らしさ」「男性らしさ」という価値観にとらわれ続ける小野に限界を迎えた光も、プロジェクトから降りてしまい…! 頼みの綱である峰岸には、無視されてしまう始末。麻理鈴は「男性らしさ」「女性らしさ」という壁を乗り越えて、プロジェクトを成功に導くことができるのか!?

https://www.ntv.co.jp/waru2022/story/

4話のネタバレ↓

5話のネタバレ・あらすじ

5話のあらすじ

年の瀬、麻理鈴()の営業四課への異動が決定した。女性課長が男性の部下相手にセクハラ事件を起こした影響で、空きが出たのだ。課長の三島(山口智充)が率いる営業四課は、効率化重視のため残業禁止。それどころか、仕事に支障が出るからと課内恋愛も禁止しているという。

文句たらたらの麻理鈴に、峰岸()は「社内恋愛は身を滅ぼす」と出世100か条を授けたが、T・Oさん()一筋の麻理鈴は聞く耳を持たない。一方、麻理鈴から抱きつかれて以来、小野()は麻理鈴のことを妙に意識してしまう…。

営業成績抜群で和気あいあいとした雰囲気のチーム三島だが、バレンタインの目玉企画でトラブルが発生した。代わりの企画に向けて動き出した一同は、オフィスで残業はしないが24時間臨戦態勢。休日もクリスマスも関係なく連絡を取り合い、抜群のチームワークを見せるチーム三島の勢いに飲まれた麻理鈴は、仕事に没頭しすぎて、全ての原動力であったT・Oさんのことを忘れてしまう…。

その事実に気づいた時、峰岸がT・Oさんと一緒にいるところを目撃してしまった麻理鈴は疑心暗鬼に。2人の関係を邪推して峰岸から失望されてしまうが、チーム三島のリアルな恋愛事情と峰岸の思いがけない過去を知り…。

職場の人間関係の火種になりかねないとわかっているのに、なぜ社内の人と恋せざるを得ない状況に陥ってしまうのか。麻理鈴とチーム三島の面々がたどり着いた答えは?

5話のネタバレ↓

6話のネタバレ・あらすじ

6話のあらすじ

入社2年目を迎えた麻理鈴()に、初めての後輩ができた。清掃アルバイトとして「オウミ」で働いていた山瀬()が、営業四課に配属されたのだ。山瀬はオウミの良いところも悪いところも知るためにバイトをしていたという。

先輩になったと張り切る麻理鈴の最初の仕事は、老舗アパレルメーカーから、出店料を回収すること。しかし、麻理鈴は先輩としての務めを果たそうとするが、自分の仕事が後回しになるどころか増えていき空回り…。小野()に助けを求めた麻理鈴は、小野と山瀬、新入社員の板倉(石井奈)と共に、売上を回復させるための企画を考えることになった。

回り道でも「過程」を大事にする、王道の営業手法を「正解」と考える小野。しかし、キャリアアップのための転職を前提とする板倉と起業を目指す山瀬は、小野のやり方は古い&効率が悪いと批判し、小野と新人2人の間に亀裂が! それぞれの仕事のやり方に長所も短所もあると感じる麻理鈴だが、そんな中、峰岸()から呼び出され、T・Oさん()と食事をすることに。峰岸とT・Oさんは、「オウミ」を根本から変えようと、密かに計画を進めていた。一方、山瀬は麻理鈴への恋心を小野から指摘され…。

その翌日、小野が体調を崩した。山瀬と板倉の企画内容は評価しつつも、時期尚早と判断した小野は打ち合わせの延期を命じるが、山瀬と板倉は自分たちの企画書を手に取引先へ。後輩たちが何の相談もしてくれなかったと麻理鈴が落ち込む中、板倉は「先輩」「後輩」という考え方自体が古いと小野に言い放つ。一方、山瀬は峰岸から「先輩とは何か」を諭され…。
「仕事」に対してまったく異なる価値観を持つ小野vs山瀬&板倉の2つの世代は、お互いを理解し合うことができるのか? そして麻理鈴は、無事に「先輩」になることができるのか!?

6話のネタバレ↓

7話のネタバレ・あらすじ

7話のあらすじ

「オウミ」の社長が倒れた。次期社長候補と目されているのは、実績的に文句なしの専務・島田(小木茂光)と、社長の息子の伝弥()。島田から女性管理職を5割に増やす計画、通称「JK5」の内諾を受けた峰岸()は、これを機に一気に「オウミ」が変わると期待を寄せていた。

そんな中、麻理鈴()は、会社の10年後を考える伝弥主導の「未来プロジェクト」に応募。“伝弥派”だと思われたら厄介だと小野()は心配するが、人望も過去の実績もない伝弥のプロジェクトに参加する人材は少なく…。

山瀬()の集めた情報をもとに社内の派閥について学ぶことになった麻理鈴は、島田派と伝弥派で揺れている取締役がいることを知り、伝弥の誕生日にBBQパーティーを企画。

島田派の命令でスパイとしてプロジェクトに参加した根津()は、伝弥のパワハラやセクハラの証拠を作る絶好のチャンスだと罠を仕掛けようとする。麻理鈴も張り切ってBBQの準備を進めるが、峰岸は島田にもパーティーを行うよう進言し…。麻理鈴のためにと渋々BBQにやってきた小野も、早々に島田のパーティーに向かってしまい、BBQは大失敗。落ち込んだ伝弥は、父である社長への複雑な思いを語る中で、「未来プロジェクト」が扱うべき本当のテーマに気付く。

地に足のついたビジネスに初めて前向きに取り組み、周囲を驚かせる伝弥。一方、峰岸は取締役の反発を恐れる島田から、「JK5」を白紙に戻すと宣言される。T・Oさん()と共に、伝弥を社長にする方向への切り替えを決意した峰岸。すると社内に、思いがけないウワサが流れ始め…!

劣勢の伝弥派として、初めての社内政治に挑んだ麻理鈴。様々な人の思惑が渦巻く中、彼女は「悪女」になりきって社内の荒波を泳ぎ切ることができるのか?

7話のネタバレ↓

8話のネタバレ・あらすじ

8話のあらすじ

社内政治で発揮した“悪女”ぶりで次期社長の島田(小木茂光)を怒らせた麻理鈴()は、再び「備品管理課」に逆戻り。小野()や山瀬()が心配する中、麻理鈴は明るく振る舞おうとするが、「備品管理課」の仕事は減る一方で、先輩社員も早期退職で職場を去ってしまった。

残ったのは、課長の竹内()と、企画開発部から異動してきたばかりのマミコ()だけ。立て続けに2人の子の育休と産休を取ったマミコは、復帰後も時短勤務が続いて企画開発部に居づらくなり、「備品管理課」に自ら異動してきたのだ。
育児で思うように仕事ができず、人にも迷惑をかけているのでは?と「すみません」と口にしてばかりのマミコ。それでもマミコが「未来」に備えて企画を書き溜めているのを見た麻理鈴は、「備品管理課」で新しい仕事を始めようと思いつく。

早速、放置されている“備品”をリスト化し、必要な部署に配り始める麻理鈴。その思いつきは話題となり「備品管理課」に人が殺到するが、仕事が増えたせいでマミコの私生活に影響が出てしまい…。峰岸()の力を借りてなんとかマミコのピンチを乗り切った麻理鈴は、働く母が直面している厳しい現実を知る。
そんな中、空室が出た13階に「備品管理課」を移動させるべく、次々にアイデアを出す麻理鈴。しかし「社内規定に反している」と計画は頓挫してしまう。

麻理鈴に背中を押される形で仕事にやりがいを求め始めたマミコも、次第に疲弊していき…。自分がマミコを追い詰めているのか? 悩む麻理鈴に、竹内は「企画管理課」で働き続ける思いがけない理由を打ち明ける。
時短勤務も育休も「社内規定」で定められているのに、肩身の狭い思いをして苦しむマミコ。彼女は育児と「自分の人生」を両立する道を見つけることができるのか? そして「社内規定」に縛られて身動きが取れなくなってしまった麻理鈴が、自分の未来を切り開くために取った行動は…?

8話のネタバレ↓

9話のネタバレ・あらすじ

9話のあらすじ

岸()が「女性管理職5割計画」(JK5)の推進室室長に就任し、麻理鈴()も管理職育成研修を担当。研修を経てワーママのマミコ()は企画リーダーになり、T・Oさん()の元カノ・笹沼(ソニン)もJK5のシンボルに。一方で小野()は急ピッチで進む改革が歪を生むのではと心配する。麻理鈴に想いを寄せる山瀬()はT・Oさんのある事実を知り、つい告白してしまい…。出演者

9話のネタバレ↓

最終回のネタバレ・あらすじ

最終回(10話)のあらすじ

「女性管理職五割計画」(JK5)を巡り初めて峰岸()に反抗した麻理鈴()。小野()に励まされた麻理鈴は孤立状態の笹沼(ソニン)や、ワーママのマミコ()の問題に対応する中で、女性活躍の為には働く男性の課題解決も必要だと気付く。一方、T・Oさん()の動きを怪しむ小野と山瀬()は彼の目論見を知り…。麻理鈴と峰岸は会社を、そして社会を変えることができるのか?

最終回のネタバレ↓

【悪女(わる)】の結末予想

ネタバレなし、原作未読の立場でドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』の最終回結末を予想をします。

本作は、ポンコツ新入社員・田中麻里鈴(まりりん)が壁にぶち当たりながら、持ち前の明るさと峯岸さんの出世100か条を武器に成長していくストーリー。彼女が頑張る目的は一目惚れした「T・O」さんに近づきたいから…。

最終回まで、麻里鈴が成長して、T.Oさんと近づく展開になるはず。

原作漫画の最終巻(37巻)は、こんな「あらすじ」↓

ついに、T・Oさんに告白した麻理鈴(まりりん)。同じころ、T・Oさんの幼なじみ、笹沼もまた、愛を告白する。T・Oさんの返事は1週間後。初めて会った時から、思いを告げるためにがんばってきた麻理鈴と、ずっとずっと長い時間をT・Oさんと過ごしてきた笹沼。はたして、T・Oさんが出した答えとは!?感動のエンディングを迎える麻理鈴の出世ゲームコミック、決断の最終巻!!

T・Oさんに告白した結果がどうなるかが漫画・最終巻の見どころになっているのですね。

ドラマも同じようになるでしょう。

ただ、私(筆者)の好みでは曖昧(あいまい)な終わり方ではなく、振られるか・付き合うかハッキリ示して終わってほしいなとは思います。

お仕事ドラマ的要素も強いので、恋の結果はあまり重要じゃないのでは?

どういうことかと言うと、縁があれば結ばれてほしいのは勿論ですが、T・Oさんに近づく過程で麻里鈴が成長したのならそれも良いことなので結果オーライです。成長した麻里鈴ならT・Oさんと縁がなかったとしても、相応しい相手も見つかると思います。

どっちでもいい…では結末予想にならないので予想すると…。T・Oさん演じるさん40才、麻里鈴役・さん25才と「年の差」もあり、付き合わないんじゃないかな?と初回放送前の時点で予想しておきます。

麻里鈴の成長や恋の行方を最後まで注目して楽しみたいと思います。

画像出典「悪女」HP