【舞いあがれ!】68話|柏木(目黒蓮)の「そっち行こうか」に賛否の声!

舞いあがれ第68話

【舞いあがれ!】68話

朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第68話(第68回)が2023年1月10日(火曜)に放送されました。

放送後、柏木(目黒蓮)が舞に電話で告げた「そっち行こうか」のセリフに賛否の声が!?

今回は【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)68話のあらすじネタバレ・感想について!

【舞いあがれ!】ネタバレ・あらすじを最終回まで|22週の結末考察!
【舞いあがれ!】ネタバレ・あらすじを最終回まで|22週の結末考察!舞(福原遥)たちは17週から航空機産業に参入していく…。 2022年度後期放送のNHK朝ドラ(連続テレビ小説)第107作【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)のあらすじネタバレを最終回まで分かりやすさをプラスして紹介します。ヒロインは福原遥さん。舞台は東大阪と長崎・五島列島。空とパイロットに憧れ、空への夢へ向かって奮闘するヒロイン岩倉舞の挫折と再生の物語です。果たして、福原遥さん演じる舞の空への夢の結末とは?今回は朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)のネタバレ・あらすじについて!
【舞いあがれ!】第15週のネタバレとレビュー!舞と母の決断とは?
【舞いあがれ】第15週のネタバレとレビュー!NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第15週「決断の時」のあらすじネタバレと予習レビューをお伝えします。第15週は大黒柱の浩太が亡くなった後の岩倉家、そしてIWAKURA社の今後が描かれます。果たして、舞と母の決断とは?今回は【舞いあがれ!】第15週のネタバレとレビューについて。

*本ページの情報は2023年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【舞いあがれ!】68話のあらすじネタバレ

【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)68話のあらすじネタバレです。

社長代行のめぐみは更なる窮地に

IWAKURAの社長代行に就任しためぐみ(永作博美)は決断を迫られている。

朝、祥子(高畑淳子)は舞(福原遥)とめぐみの分のお弁当を作っていた。その行動は、自分ができることをするのだと舞に教えてくれた。

そんな中、経理の古川(中村靖日)が退社することに。舞は知らなかったので驚いた。事務の山田(大浦千佳)は「逃げるの早っ。もうおしまいやな」と舞に聞こえるようにつぶやく。

仕事ので出来る古川が退社したことで、社長代行のめぐみは更なる窮地に追い込まれた。

笠巻の助言

お好み焼き屋「うめづ」にて。めぐみはベテラン職人・笠巻(古舘寛治)に工場の今後について相談する。

岩倉めぐみ
岩倉めぐみ

出来ることやったら会社続けたいて思てます。それが社長の願いだったし。けど、会社続けんねやったら、私が社長やるしかない。それは無理やと思うんです。

笠巻は浩太が後を継いだ時はネジも知らない奴だから、1、2年でダメになると思ったのに会社を大きくして30年も続いたことを「たいしたもんや」と語る。だが、こうも続ける。

笠巻
笠巻

けどな、そないに頑張らなければ社長はまだ元気やったかもわからへん。せやよって、めぐみさん。無理することあらへんねん。自分と舞ちゃんのこともよう考えて…。な。

めぐみの決断

後日の夕方、終業時間ごろ。めぐみは事務所で資料を確認しようとする。事務の山田には印刷だけしてもらって、帰ってもらった。舞が「手伝えることある?」と聞くが、めぐみは舞に帰るよう告げる。

だが、舞は祥子が「よう探したら出来ることある」と言っていたことを実践し、資料を日付と項目順にまとめることにした。

笑顔になって感謝するめぐみ。その後、めぐみは舞を眺めている。(娘が頑張りすぎる姿を見ためぐみが決断?)

後日。岩倉家にて。別の工場へと転職した結城章(葵揚)が亡くなった浩太に線香をあげにやってくる。章は葬儀に参列できなかったことを詫びる。そして、めぐみにIWAKURAの今後について聞く。

めぐみは涙をこらえながら「たたむわ…」と答える。隣にいた舞は驚いた。

章は、めぐみたちに何もできなかったことを謝った。

舞は母に反対する

章が帰った後のリビングにて。舞は母に意見する。

岩倉舞
岩倉舞

お母ちゃん。ホンマに工場、やめんの?なんで?まだ助かる方法あるかもしれへんやん。

岩倉めぐみ
岩倉めぐみ

お母ちゃんには無理や。今売っとたら何人かでも会社残れるかも分からへんしな。

岩倉舞
岩倉舞

ずっと…ずっと、工場守るって頑張ってきたやん。いま売ってしもうたら…。

岩倉めぐみ
岩倉めぐみ

他に方法があらへんねん!

岩倉舞
岩倉舞

わたしも手伝うから!

舞は、あきらめきれない様子だった。そんな舞を祥子が、めぐみも考えたことだからとたしなめる。

68話の結末

その後、舞のもとに“彼氏”の柏木(目黒練)から電話がきた。浩太の訃報は聞いているのか「どうしてるのか心配でさ」と気遣う柏木。舞は実家の工場をたたむことになったと伝える。

舞は「工場までなくなるなんてホンマしんどいわ」ともらす。

落ち込む舞に柏木は「そっち行こうか?」と会いに行くことを提案。それでも舞は「ううん、大丈夫。私よりお母ちゃんの方がずっとしんどいと思うねん」と首を振る。

舞は「もっと(母の)力になりたいのに、どうしたら良いのか」と相談。

柏木は「パイロットになって親孝行すればいい」と助言。舞は「うん」と力なく答えた。

後日、IWAKURAの会議室にて。めぐみは社員たちに会社をたたむこと、IWAKURAを丸ごと買ってくれる企業を探すことを伝える。買収してくれたら雇用は守られる。そんなうまい話があるかは分からない。でも、めぐみは最後まで今まで通り働いてくれるよう頭を下げる。

笠巻が「分かった。精一杯やろう!」と先陣を切って士気を高める。だが、舞は不安げな表情を隠せない。

(つづく)

<<前回 第67話 | 次回 第69話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

【舞いあがれ!】68話の感想

柏木(目黒蓮)の「そっち行こうか」に賛否の声!

いわゆる朝ドラ受けが行われる「あさイチ」にて、博多大吉さんは「柏木学生はね、僕、行くべきだと思う!」と直接会って話し合うよう指摘。

博多華丸さんは「どこの空港におるの?彼は」とツッコミ。

大吉さんも「いっつも1番ゲートにおるね。まあ、お忙しいんでしょう」と想像を膨らませました。

ネットでも柏木は何でいつも「行こうか?」と聞くのかと話題に。

たしかに、聞いたけど舞が断っていたというアリバイ作りのような…。

舞が「大丈夫」って強がるのを分かっているはずなので、行ってあげてほしいなあと思ってしまいます。

けれど、夢をあきらめかけている舞に「パイロットになれ」と思い出させてくれる人は貴重。

・・・でも浩太さんも飛行機作りができる会社にいたのに父の急逝で後を継ぎました。

舞ちゃんも同じ運命をたどりそうな感じですが、果たして?


<<前回 第67話 | 次回 第69話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

当記事の画像出典:『舞いあがれ!』HP

コメント