【まんぷく】ネタバレあらすじと最終回結末!福子・安藤サクラのマネジメントは必見

まんぷくネタバレあらすじ

2018年度後期(10月-2019年3月)の朝ドラは『まんぷく』

ヒロインは安藤サクラ。夫役は長谷川博己!モデルはインスタントラーメンを開発した日清食品の創業者と妻。

『龍馬伝』の脚本家・福田靖が描くNHKの朝の帯ドラマです。

今回は【まんぷく】のネタバレあらすじと最終回のネタバレについて紹介します。

※動画はNHKオンデマンド、またはU-NEXT経由のNHKオンデマンドで視聴できます。
見逃しまたは特選の見放題が月額972円=972ポイントで視聴可能。
U-NEXTのコチラから登録すれば新規加入特典で1000円分ポイント付与あり!
NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の99作目は『まんぷく』 ママさんヒロインの安藤サクラ主演、その夫に長谷川博己! 日清食品…
2018年度(平成30年度)後期の朝ドラ・連続テレビ小説は【まんぷく】。 ヒロインは安藤サクラ、夫役に長谷川博己。 脚本…
スポンサーリンク

【まんぷく】のネタバレあらすじ【直近】

【まんぷく】第25週「できました!萬平さん」のネタバレあらすじ!

「まんぷくヌードル」開発チームは具材選びの実験を続ける。源(西村元貴)の発案で、フリーズドライ製法に注目し、ネギとスクランブルエッグを採用する。さらに神部(瀬戸康史)の提案で、100円の値段にふさわしい高級感のある食材を入れるため、エビをフリーズドライ加工することに…。

*【まんぷく】第25週(3/18-3/23)のあらすじネタバレはコチラ

【まんぷく】第25週のあらすじネタバレと視聴率! 安藤サクラ主演、長谷川博己共演、福田靖脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説『ま…

【まんぷく】最終週(26週)「いきましょう!二人で!」のネタバレあらすじ!

「まんぷくヌードル」の製造ラインの課題もクリア。大量生産が可能になる。発売してすぐ、仲間たちから絶賛されるが、売れ行きが伸びない。萬平と福子はまたも課題に取り組んでいく…

*【まんぷく】最終週(3/23-3/30)のあらすじネタバレはコチラ

【まんぷく】最終週のあらすじネタバレと視聴率! 安藤サクラ主演、長谷川博己共演、福田靖脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説『まん…
【まんぷく最終回】の視聴率とあらすじ! ついに最終回を迎えた、NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤サクラ(福子役)の提案で歩行…

『まんぷく』週ごとのあらすじネタバレはコチラ

【まんぷく】の最終回ネタバレ

ここでは朝ドラ『まんぷく』の最終回結末をネタバレ(予想こみ)!

物語が進み次第、更新していきます。時折、確認してみてください。

タイトルの【まんぷく】とは…

タイトル『まんぷく』は、満腹という漢字がすぐ浮かびます。

ほかに満+福。「福が満ちる」という意味も!

日本の朝に「福=幸せ」がたくさんあふれるにという願いも込めた、と制作発表時点で明かされていました。2017.11.24/NHKPRより)

しかし他に2つある!?

真鍋斎(まなべ・いつき)制作統括によると、タイトル決定の理由には「ぷく」の音感の良さが理由のひとつ。

そして「まんぷく」は3つの漢字があり、それぞれ意味が込められているそうです。(NHKドラマ・ガイドPart1より)

  1. 満腹……世の中の人をお腹いっぱいに満たしたいという思いの反映。
  2. 萬福……主人公夫婦(福子と萬平)の頭文字の組み合わせ。夫婦の絆の意味を込めて。
  3. 万福……ばんぷくとも読む。幸せに満ち溢れていること。

『まんぷく』のネタバレあらすじは?

『まんぷく』でネタバレしているあらすじは…

・主人公が「インスタントラーメン」を生み出した夫婦。

・何度失敗しても、どん底から立ち上がる。(”敗者復活戦”の過程)

・やがて、世紀の大発明をして人生大逆転の成功を収める。

というストーリー展開が判明しています。

『まんぷく』は、近年の『ひよっこ』『半分、青い。』と違って、結末が分かっています。

世界の食文化に革命を起こす大発明(インスタントラーメン)に成功するのです。

物語上で謎はありません。最終回は、成功してハッピーエンド間違いなし!

しかし、せっかく成功者を描く朝ドラなので、なぜ成功したのかは学びたいとことろ。

その観点では、以下の3点が気になります。

  1. 萬平が成功した理由は?
  2. 福子の究極のマネジメント能力とは?
  3. 夫婦の絆とは?

そこで朝ドラを視聴しながら、ネタバレ込みで、この3点を検証していきます。

最終回ネタバレ①萬平(長谷川博己)が成功した理由は?

萬平(長谷川博己)は「日本一の商売人」を目指して前に進み続け、穏やかな生活など考えもしない人物。

詳細は避けますが、朝ドラ『わろてんか』で言えば、藤吉(松坂桃李)のようなダメ夫。『半分、青い。』で言えば涼次(間宮祥太朗)。

萬平はメリヤス、航空機エンジン、製塩、食品加工、金融など、次から次へと事業を手がけて成功と失敗を繰り返します。

萬平はダメ男だが、発明好きで想いがある

→放送開始後、藤吉・涼次とは異なるダメ男でした。

無職でダメな夫に見えるのは福子の母・鈴の視点のみ。

発明が好きで、世の中の役に立ちたいという想いの持ち主。

ただし、お人好しで経営センスはありません。

そういう点はダメ男です。

萬平はダメ男:具体例

例:①大阪時代、共同経営者・加地谷圭介(演:片岡愛之助)に裏切られ、軍事物資横流しの罪で憲兵に拷問を受ける。

②「たちばな塩業」時代、仲介役の世良(演:桐谷健太)を信じて報酬をごまかされてしまう。

③さらに、栄養食品に手を出した際、開発にのめり込み、塩業チームの信頼を失い、不満を買ってしまう。

とはいえ、仕事熱心なこと、人を信じる性質は長所でもあります。

萬平の長所は信じる心

萬平が人を信じてきた例は…

裏切った加地谷を許す。(ドラマ第5週にて)

印鑑を(神部茂を介して)加地谷に渡し「あきらめないでください。あなたの人生の主役はあなたなんですから」と励ましたことがある。

「恨みを持つことは自分に合わない」という趣旨のことを、萬平が発言したこともあります。

恨みがパワーになる性質がないのが萬平です。

世良(桐谷健太)を信じ、裏切られても嫌いになれません。

闇市で塩を高値で売っていた際、世良のことを信じて疑わない。

これは、お人好し過ぎて、もはや稀有な才能レベル。

萬平ひとりでは破滅していたかも…。

萬平が生きて成功してきた、その裏には福子の支えがあったのですが、それは次の福子のマネジメント力の項目にて紹介します。

萬平、情けは人の為ならず

無条件に人を信じ許す、萬平の行動はまさに「情けは人のためならず」

親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、 やがて自分にもどってくるのです。

たとえば…

①加地谷は許されたのち、数年後、萬平の人柄を進駐軍に証言してくれます。

②世良は意外に萬平の役に立ってくれています。

(②-ⅰ)萬平の憲兵隊に逮捕された際、調査協力

(②-ⅱ)泉大津の家を紹介してくれた

(②-ⅲ)進駐軍に爆弾で魚獲りの実験をしてほしいと提言。

(②-ⅳ)栄養食品・ダネイホンの東京進出の際、販売や広告のアドバイスをしてくれた。さらに偽物の製造会社へ真一(大谷亮平)とともに猛抗議。

(②-ⅴ)萬平が進駐軍に不当逮捕された事実(奨学金は非課税)を、大阪の知り合いの新聞社に伝えてくれた。

(②-ⅵ)解散する「たちばな栄養食品」の従業員達に対して、再就職先を斡旋。

……こうしてみてくると思うのは、

萬平(長谷川博己)成功の理由は意外に正攻法、誠実な経営・生き方かも、ということ。

少なくとも、小手先なテクニックではありません。

(2018.10~12の3か月終了時点ですが、すでに正しく生きることこそが成功の秘訣かも、そう筆者としては解釈しています)

モデル:安藤百福の3大発明

萬平の最大の発明はインスタントラーメンですが…。

萬平のモデル・安藤百福(あんどう・ももふく)[1910~2007]には、ラーメンについて大きく3つ発明があります。

  1. 1958年:世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発明。
  2. 1971年:世界初のカップ麺「カップヌードル」を発明。
  3. 2005年:94歳で世界初の宇宙食ラーメン「スペース・ラム」を開発。

チキンラーメンの開発は、百福の自宅の裏庭に建てた小屋で研究を始めて、1日平均4時間という短い睡眠時間で丸1年間、たった一人で1日の休みもなく研究したと伝えられています。

寝ないと言っても食事はしたでしょうし、朝ドラでは妻がどう支えたのかも注目です。

仁子(安藤サクラ)の天ぷらがチキンラーメン開発のヒント!

チキンラーメンの開発で1番の問題は「長期保存」

麺の乾燥方法です。

安藤百福がヒントにしたのは妻・仁子の「天ぷら」作りから、と伝えられています。

のちに「瞬間油圧乾燥法」として特許登録されました。

日常のことがヒントだったのですね。

朝ドラでも、安藤百子がモデルの立花萬平(演:長谷川博己)は気づく力や発想が豊かに描かれています。例:妻の話しからハンコ作り、引っ越し先に在った材料から製塩所を立ち上げるなど…。

最終回ネタバレ②福子の究極のマネジメント能力とは?

福子(安藤サクラ)に必要なのは「究極のマネジメント能力」でした。

福子の母親は、武家の末えい。“商売” に理解が乏しく、娘の結婚生活に口を挟まずにはいられないそうです。

夫も私生活を後回しにする商売第一の人。

母や夫に振り回されながら、家電製品も充実してない頃の家事、今も昔も大変な子育てをこなす福子の能力には大いに学ぶ点がありそうです。

福子(安藤サクラ)のマネジメントとは…

放送開始後、先述したように萬平は稀代の発明家ですが、やはりダメ男でもありました。

そのため、ヒロイン・福子のフォローが要所で描かれていきます。

たとえば…

福子、三田村会長に交渉

萬平が軍事物資横流し容疑で逮捕された際、福子は三田村会長に接近。

萬平のことを大阪経済界を背負う逸材と紹介。

三田村は、元陸軍大将の神宮幸之助に掛け合い、萬平を釈放させます。

福子、世良の悪事を撃退!

「たちばな塩業」時代、世良の悪事を突き止めたのは、専売局に確認後、闇市で裏を取った福子。

福子が三田村会長に掛け合い、塩の質は落とさず闇市にも売らないと宣言。

三田村会長から3万円の出資を受け、世良をだまらせました。

福子のモデル:安藤仁子の経歴

ヒロイン・福子(演:安藤サクラ)のモデルは、安藤仁子(あんどう・まさこ)です。

安藤仁子の経歴を調べてみました。(参照:中央公論新社刊「チキンラーメンの女房」2018.9.25の初版版)

・1917年(大正6年)8月16日(仁子0歳)……三人姉妹の三女として誕生。

・1935年(昭和10年)(18歳)……金蘭会女学校を卒業。都ホテル(現・ウエスティン都ホテル)に就職。

・同年10月17日、安藤家の長女・晃江(てるえ)(27)*逝去。*ドラマの咲(内田有紀)のモデル。

・1942年(昭和17年)(25歳)……仁子の父・重信(72)*逝去。*ドラマでは、放送第1週の福子が女学校を卒業をする時点で父親はすでに逝去している。

・1944年(昭和19年)(27歳)……都ホテルのフロントで安藤百福(立花萬平のモデル)と出会う。

・1945年(昭和20年)(28歳)……百福(35)と結婚。兵庫県上郡の疎開。8月終戦。

・1946年(昭和21年)(29歳)……大阪府泉大津市へ転居。

・1947年(昭和22年)(30歳)……百福が製塩業開始、「中華交通技術専門学院」設立。10月、長男・宏基(ドラマの源のモデル)誕生。

・1948年(昭和23年)(31歳)……9月、百福が「中公総社」「国民栄養科学研究所」設立。(ドラマでは「たちなな塩業」「たちばな栄養食品」を設立)

・同年12月、百福が脱税容疑で逮捕。

・1949年(昭和24年)(32歳)……1月、長女・明美(ドラマの幸のモデル)誕生。9月、中公総社をサンシー殖産に商号変更。(ドラマでは会社は解散。栄養食品の商標・製造法を「北浜食品」に売却)

・1950年(昭和25年)(33歳)……百福が釈放。

・1951年(昭和26年)(34歳)……百福が信用組合の理事長に。仁子が巡礼を開始。

1957年(昭和32年)(40歳)……信用組合が倒産。全財産没収。貧乏になるが自宅でチキンラーメン開発をスタート。

1958年(昭和33年)(41歳)……百福48歳、チキンラーメン完成。8月25日に発売。大ヒット!

・同年12月20日、サンシー殖産から日清食品へ商号変更。

・1967年(昭和42年)(50歳)……アメリカから百福が持ち帰ったマカデミアナッツの容器を仁子が保管。のちにカップヌードルの容器となる。

・1968年(昭和43年)(51歳)……仁子の母・須磨(89)*逝去。*ドラマの鈴(松坂慶子)のモデル。

・1971年(昭和46年)(54歳)……百福61歳、カップヌードル完成。あまり売れず…。

・1972年(昭和47年)(55歳)……浅間山荘事件(連合赤軍の立てこもり事件)でカップヌードルがテレビに映る。その宣伝効果でカップヌードルが大ヒット!

・1993年(平成5年)(76歳)……7月、次女・澪子(83)*逝去。*ドラマの克子(松下奈緒)のモデル。

・2005年(平成17年)(88歳)……7月、百福95歳、宇宙食ラーメンを乗せた「ディスカバリ―」打ち上げ成功。

・2007年(平成19年)(90歳)……1月、百福(96)逝去。

・2010年(平成22年)(92歳)……3月17日、仁子(92)逝去。

……結果的に安藤仁子の経歴をみていくと、安藤百福の経歴とも重なります。

朝ドラでは2010年まで放送しないと予想します。

放送半年間のうち前半3ヶ月と2019年1月4日~5日(第14週まで)で、史実の1951年、安藤百福の信用組合・理事長就任まで描きました。

(ドラマでは萬平が1949年頃に理事長。ドラマ第15週は8年後の1957年が舞台)

1972年の浅間山荘あたりまでは『まんぷく』で描いて欲しいところです。

最終回ネタバレ③萬平・福子の夫婦の絆とは?

萬平・福子の夫婦の絆にも注目です。

『わろてんか』でヒロインがかんにん袋の緒がキレたように、『半分、青い。』ヒロインが夫に「死んでくれ」と告げたように、修羅場もありそうな予感。

どう乗り越えていくのか注目!

次ページ:『まんぷく』週ごとのあらすじネタバレはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク