【雪女と蟹を食う】最終回までのネタバレあらすじ!結末は彩女が死亡?

雪女と蟹を食う

【雪女と蟹を食う】最終回までのネタバレあらすじ!結末は彩女が死亡?

ドラマ【雪女と蟹を食う】のネタバレとあらすじを全話まとめていきます。

主演・(ジャニーズWEST)がアイドルオーラを消しベッドシーンに挑む【雪女と蟹を食う】。

2022年夏、テレビ東京金曜の深夜枠で放送中の【雪女と蟹を食う】は、Gino0808による漫画のドラマ化。

セレブ妻と犯罪男が死を目的に北海道を旅する不倫恋愛物語。

死を覚悟した北()と人妻=彩女(入山法子)の旅の行きつく先は?
彩女は死んでしまうの?

テレビ東京【雪女と蟹を食う】のネタバレあらすじを最終回まで紹介します。

見逃し配信:【雪女と蟹を食う】の全エピソードはパラビで視聴できます。(2022年7月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

【雪女と蟹を食う】の最終回までのネタバレ

【雪女と蟹を食う】は何話あるの?最終回はいつ?

【雪女と蟹を食う】は全話12話です。最終回は9月23日深夜に放送されました。

【雪女と蟹を食う】最終回までのあらすじとネタバレを紹介します。

【雪女と蟹を食う】1話のネタバレ

雪女と蟹を食う

『死にたい男とセレブ妻』

1話のあらすじ

冤罪で全てを失った北()は、人生に絶望し命を絶とうするが、踏み切ることができずにいた。そんな時、グルメ番組を観て、蟹を食べた事がないと気づく。死に前に蟹を食おう、と決意した北は、高級住宅街に住む人妻(入山法子)に狙いを定め、家に押し入る。金を要求するが、彼女の行動は予期せぬものだった。

1話のネタバレ

1話で北と彩女が食べた名物:【なゆた】の佐野ラーメン(栃木県佐野市)
北と彩女が出会い、体を重ねる。
北の話を聞き、彩女も一緒に蟹を食べに行くと言う。

【雪女と蟹を食う】2話のネタバレ

雪女と蟹を食う

2話のあらすじ

北()は、死ぬ前に蟹を食べるため、強盗に入った家の人妻の彩女(入山法子)と車で旅を始める。日光から中禅寺湖へ。ホテルで一泊し、会津若松にたどり着く。ご当地グルメや観光地を楽しむ彩女。しかし、北はどこか振り切れない様子。そんな二人は、次の目的地に銀山温泉を選ぶ。

2話のネタバレ

2話で北と彩女が食べた名物:居酒屋「ゑびす亭」の『こづゆ、馬刺し、にしんの山椒漬け、鯉のうま煮』(福岡県会津若松)、会津若松の地酒

【雪女と蟹を食う】3話のネタバレ

雪女と蟹を食う

『自暴自棄な女』

3話のあらすじ

北()と彩女(入山法子)は、鉱山温泉を目指し北上していた。体調を崩した彩女を目の前にし、北は自分の辛い過去を振り返る。
鉱山温泉に到着し、彩女の看病をする北。彩女が婚約指輪を付けていることに気づき複雑な気持ちになる。翌日、書店に立ち寄った北は、彩女の夫=一騎()の小説を見つける。

3話のネタバレ

3話は青森の名物:すじこ納豆丼、せんべい汁、ほたての貝焼きみそ

北の過去:結婚をしようと思っていた彼女=マホがいた。彼女に婚約指輪を買った日、痴漢に間違われ捕まってしまう。冤罪だと訴えても、家族も友人も信じてくれなかった。マホも去り、北には誰も味方になる人間がいなくなった。出所し仕事に就いても、痴漢をした人間だとからかわれ、仕事も続かなかった。

彩女の夫=一騎()が本を出版する。タイトルは「蝉時雨」

彩女が死を覚悟して北に着いてきたことがわかる。

【雪女と蟹を食う】4話のネタバレ

雪女と蟹を食う

『終わりの地、北海道…』

4話のあらすじ

北()は、彩女(入山法子)が死ぬために旅についてきたと知り、彩女の冷たい表情に何も言えなくなってしまう。函館へと向かうフェリーに乗ったるも客室で気持ちがすれ違ってしまう。そんな中、彩女は北に「死ぬのが怖くなったのでは」と問う。

4話のネタバレ

4話で北と彩女がフェリーで食べた名物は、いかめしとジャージャー麺!
ちなみに彩女さんは料理もします。北がそれを聞き「彩女さんの料理がたべたい」とポツリ。可愛い北の一面が!

【雪女と蟹を食う】5話のネタバレ

雪女と蟹を食う

『違う景色』

5話のあらすじ

北()と彩女(入山法子)は、遂に北海道に到着。フェリーで函館港を降りたったふたりは、朝市を巡る。北は、その風景を見てかつてテレビ番組で見た場所だと思い出す。彩女もその場所には思い入れがあった。
二人は人生の終わりの地を稚内と決める。さらに北へ向かうが、ホテルで会話を交わすうち、想いがすれ違ってしまう。

5話のネタバレ

5話に出てきたグルメは、「みよしの」のカレーと餃子!
マリアが空腹の北におごってくれたのです。美味しいにカレーを頬ばる北から生命力を感じる瞬間です。

【雪女と蟹を食う】6話のネタバレ

雪女と蟹を食う

『熊』

6話のあらすじ

北()と彩女(入山法子)は、札幌ではぐれてしまう。彩女はひとり教会へ。一騎()との過去を思い出す。
一方、彩女に会う手がかりがない北は、札幌の街をさまよい自暴自棄に。空腹と暑さで気を失ってしまった北。目を覚ますと、マリア()がいた。そこは、マリアが働く「ニュークラブ」の控室だった。

6話のネタバレ

6話は、マリアのお弁当が登場!お弁当を食べるの演技に泣かされる最高の場面!

【雪女と蟹を食う】7話のネタバレ

雪女と蟹を食う

『生き甲斐』

7話のあらすじ

北()は、マリア()の家に身を寄せている。マリアは北との生活に幸せを感じていた。ある日、マリアから生きがいを問われた北は、彩女(入山法子)のことを思い出す。一方、彩女は夫の一騎()の編集担当・巡(淵上泰史)とある教会で落ち合う。

7話のネタバレ

【雪女と蟹を食う】8話のネタバレ

『ヒーロー』

8話のあらすじ

北()と一夜を共にしたマリア()は、翌日、教会で彩女(入山法子)と再会する。彩女が待っている人について聞くと、それがあまりにも『コタロー』に似ていると驚く。
そんな中、マリアは命を救ってもらったお礼として、店に北を呼び、ひとりでもてなしをする。まっすぐに想いを告げるマリアに、北は過去と犯した罪を打ち明ける。

8話のネタバレ

8話は「ジンギスカン」が登場!北がマリアの店の人たちと食事をする場面です。
マリアの計らいで食事をしたのですが、北は最終的にマリアにすべてを打ち明け、別れの決意をします。マリアの辛い涙に号泣!!

【雪女と蟹を食う】9話のネタバレ

雪女と蟹を食う

『覚悟』

9話のあらすじ

マリア()が彩女(入山法子)の居場所を教えたことで、北()は無事に彩女と再会できた。北と彩女は、小樽へ向かう。海鮮丼を食べ、街を散策し、旅を楽しむ。彩女は、北に離れていた時にどうしていたのかを訊いてこない。北は、そんな彩女は、一騎()の小説【蝉時雨】に出てくる妻のようだと思う。一方、一騎は巡(淵上泰史)から彩女が男と北海道にいると聞く。

9話のネタバレ

9月2日放送

【雪女と蟹を食う】10話のネタバレ

雪女と蟹を食う

『嘘』

10話のあらすじ

北()と彩女(入山法子)は、最期の地と決めた稚内にたどり着いた。北は、ホテルのロビーで一遍の詩と出会い「生きる」ことに想いを巡らせる。そんな北とは対照的に彩女からは死への強い決意を感じる。部屋に向かう途中、ブライダルサロンがあった。彩女は結婚式を挙げていない。北は、彩女の表情からウエディングドレスへの憧れを感じる。なんとかして彩女にドレスを着せてあげたいと思う北は、スタッフに掛け合う。

10話のネタバレ

彩女がウエディングドレスを着ます。キレイなその姿に北は「白が一番似合う」と告げます。彩女をきつく抱きしめる北からは愛情があふれでています。死を前にする二人に涙がこぼれてしまう名場面です。

ホテルのロビーで北が出あう詩の一篇は、坂村真民の作品。
『鳥は飛ばねばならぬ人は生きねばならぬ』
これを見て、北は生きなければと強く思うのですが、彩女は詩に見向きもせずエレベーターに乗ってしまいます。

9月9日放送。

【雪女と蟹を食う】11話のネタバレ

雪女と蟹を食う

11話のあらすじ

「明日、一緒に蟹を食べて、一緒に死ぬのよ」と彩女(入山法子)から言われた北()は、彩女の死の決意を変えることができず葛藤する。
翌日、彩女は特選蟹フルコースの予約が取れたと告げる。北は、彩女を救うため、自らの命を絶とうとしていた時のことを思い出すが、彩女と過ごす中、自分は彩女によってとっくに救われていたと実感する。そして、北と彩女は、ついに『蟹を食べる日』を迎えてしまう。

11話のネタバレ

蟹のフルコースが登場。最後の晩餐になる蟹料理は、ズワイガニのアライ、蟹しゃぶ、タラバガニの風味焼き、蟹雑炊、蟹の天ぷらなど。北も彩女も蟹を食べているときは笑顔です。

とうとう別れの時が来てしまいました。
彩女は海に……。北の号泣が胸に渦巻き、思い出すだけでも泣けてしまう物語です。

9月16日放送。

【雪女と蟹を食う】最終回のネタバレ

最終回のあらすじ

死ぬ前に蟹を食べようと旅をしてきた北()と彩女(入山法子)。ついに蟹を食べ、北の想いは届かず、彩女は自ら海に入ってしまった。
北は必死の思いで彩女を引き上げるが、彩女の意識は戻らない。残された北は、彩女から託された日記を読み、彩女の本心を知る。
北は、ホテルに彩女を訪ねてきた一騎()を海に連れていく。北と彩女の旅の結末は?

最終回のネタバレ

9月23日放送。

【雪女と蟹を食う】の最終回までのネタバレポイント6つ

北()と彩女(入山法子)の不倫旅の最後はどうなるの?
気になる最終回結末までのポイントを漫画を参考にピックアップ!

ドラマ視聴の参考にどうぞ(ネタバレありです。ご注意を)

【雪女と蟹を食う】の内容

【雪女と蟹を食う】はGino0808による同名漫画の実写ドラマ化です。
自殺願望のある北が「死ぬ前に蟹を食おう」と思い立ち、ひょんなことから出会った人妻の彩女とともに北海道へと旅するラブストーリー。旅をするうちに、北は彩女に魅力にハマっていき、死を意識しながらも「生きたい」と思うように……。
文学的表現も随所にあり、幅広い層から人気を集めています。

脚本家は?

【雪女と蟹を食う】の脚本は、まなべゆきこ、イ・ナウォン、灯敦生(ともりあつき)の3名です。

脚本家 担当話
まなべゆきこ 1話、2話、5話、6話、9話、最終回
イ・ナウォン 3話、4話、10話、11話
灯敦生 7話、8話

ネタバレポイント1:北は犯罪者

北は偽名です。漫画では本名が最後に分かります。
北の過去は壮絶。冤罪を受け、誰にも信じてもらえず、周りに人と縁が切れた状態になります。それが悲しい現実。
さらに、北の職業や元カノのことなど、過去は徐々に明かされていきます。
ドラマでも途中で北の過去が明らかになっていくので、見逃さないように。

ネタバレポイント2:彩女は死ぬ?

死ぬための旅をする北と彩女。漫画では、死を求める二人に愛が芽生え、結末はハッピーエンド
彩女も北も死ぬことはありません。(ただし、彩女が死ななかったのはほぼ奇跡的な展開です)

ドラマ結末も漫画と同じようにハッピーエンドの可能性は高いでしょう。

ただし、彩女が死ぬ可能性も。
2話で彩女が持病があるような台詞がありました。漫画では持病には触れていないので、この台詞が大きな意味を持っていたら、もしかしたら、彩女が死んでしまう可能性も秘めています。

ネタバレポイント3:日記の謎

彩女が鍵付きのノートに何かを書き綴っています。漫画では最後の方にその内容が解き明かされていきます。
彩女がどうして死のうと思うのか、夫との愛情の物差しでもあり、キーポイントになっています。

ネタバレポイント4:銀河鉄道の夜

文学サスペンスと称される「雪女と蟹を食う」には、文学や星座についての表現もちりばめられています。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」は、主人公が最後に死んでしまうということにポイントがあてられ、ラストシーンにも登場。
ドラマでも北が『銀河鉄道の夜』のラストが思い出せずにること、そして、のちに思い出すことが、描かれています。

ドラマ最終回でも銀河鉄道の夜のラストが会話の中に出てくるかもポイントに。

ネタバレポイント5:マリアの妊娠

漫画のラストでマリアが妊娠していることが明かされます。父親については触れていませんが、北である可能性は高いです。マリアが北に本気になり北がマリアを抱くことも、漫画と同じに忠実に描かれています。最終回でマリアが妊娠している姿が描かれるかチェックしてみましょう。

ネタバレポイント6:一騎の小説

一騎は小説家。でも芥川賞をとることはなく過ぎています。漫画とドラマもこの設定は同じです。
ただ、一騎が執筆した小説のタイトルが違います。ドラマは「蝉時雨」で漫画は『雪女と蟹を食う』になっています。

【雪女と蟹を食う】最終回結末

最終回・結末と続編

・最終回は?

最終回は、北の彩女が愛を確認し二人で歩き出す。
綺麗な映像とともに二人の愛に感動すること間違いなし!

・続編は?

気になる続編ですが、ハッピーエンドであれば『彩女と北のその後』が続編として描かれるかもしれません。沖縄での二人の旅が現在、連載をしているので、ドラマでも沖縄編が続編になる可能性はアリだと思います。

漫画をもっと詳しく↓↓

【雪女と蟹を食う】最終回までのまとめ

【雪女と蟹を食う】は、ストーリー展開とともに、各地の名産や名所も見どころ。聖地と呼ばれる日光や鉱山温泉などの風景も楽しめる作品です。

本記事では、各話放送後にネタバレを更新していきます。北と彩女が訪れた名所や名産品も更新!

【雪女と蟹を食う】はテレビ東京系で金曜深夜に放送。9月23日に最終回を迎えました。

記事内画像:【雪女と蟹を食う】公式サイト

コメント