【雪女と蟹を食う】8話のネタバレと感想!北(重岡大毅)とマリアの別れに号泣!

雪女と蟹を食う

【雪女と蟹を食う】8話のネタバレと感想!北とマリアの別れに号泣!

【雪女と蟹を食う】8話が8月26日深夜に放送されました。

北()への想いを募らせるマリア()は、彩女(入山法子)と再び教会で出会う。

マリアを振り切る北と北を送り出すマリアに注目!

テレビ東京【雪女と蟹を食う(ゆきかに)】8話のネタバレと感想を紹介します。

【雪女と蟹を食う】全エピソードは、パラビで鑑賞できます(2022年8月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

【雪女と蟹を食う】8話のネタバレ

【雪女と蟹を食う】8話のネタバレを紹介します。

彩女は夫を殺す?

彩女(入山法子)は、巡(淵上泰史)に押し倒されるも「凡庸ね」と冷たい。

巡は、蝉時雨は彩女の物語だろう、と言う。

そして、彩女のことが何ひとつわからない、と告げる。

彩女は巡に「私のために死ねる?」と言う。

ふざけていると思う巡だが「本気で先生を殺すのなら、全力で阻止します」と告げる。
それは彩女のためだという。

彩女とマリアの再会

彩女は日記を書き、教会に行く。

そこで、マリア()と偶然会う。

彩女は、北のことを待つのをやめ、最後にマリアに会いたいと思っていた、とほほ笑む。

マリアは北のことを「コタロー」と呼び、自分にはヒーローだと話す。コタローというのはマリアがつけた名前だと打ち明ける。そして、放っておけない存在、自分が必要だとしている存在、だと北のことを話す。

彩女は北のことを話す。純粋で誰よりも優しい人。「私も彼の本当の名前は知らない」といい、北とコタローが似ている、とも。
北がホテルから突如いなくなったことを彩女から聞いたマリアは、コタローが北だと思う。

**

北はマリアの部屋でウトウト。

マリアの置手紙がある。

北は、マリアと自分が結婚をして子どもがいて、幸せな生活をイメージする。

**

マリアに呼ばれて、焼肉屋に行くと、マリアはまだ来ていなかった。

店長(木村知貴)、涼香(橋本萌花)、美弥妃(ほのかりん)が顔を揃えている。

マリアは家出少女だったと話す店長。
3人は、マリアを泣かさないで、と言い、そして、北に「ニュークラブ」に行くように言う。

**

マリアは太宰治の斜陽を彩女から貰う。

この時、彩女は、太宰治の愛人の静子が日記を記していた話をする。

マリアは、彩女が北とコタローが同一人物だと気づいていたのかも、と思う。

北の告白

北が店に行くと、マリアがドレスを着て「ようこそ」と北を迎える。
ワインを飲むふたり。

店の人たちとの焼き肉は、マリアの計画。

店の人たちはいい人だというマリアに北は頷く。マリアは、ここで一緒に働こうと誘う。

北は「俺はヒーローじゃない」と言う。
何かを言いかける北に「言わなくていい。ここで暮らそう」とマリアは言うが北はそれを断る。

そしていう。

「俺は犯罪者だ」

北は、痴漢の冤罪をかけられ、そこからは、家族も仲間もいなくなった。結婚しようと思っていたことも、告白する。

何回も「やってない」と言っても周囲の目は変わってしまった、信じてもらえなかった。自殺しようと思ったが死にきれず、彩女を襲い一緒に北海道に来た。

これまでのすべてを話し、マリアに「ゴメン」と謝る。

マリアは「過去のことはいい、あなたといたい」と北に抱きつく。

「よくない。俺、彼女を見つけないと」と北。

彩女に死を覚悟させたのが自分だから責任がある、とも。

それは死を意味することだ。マリアは、本当に死にたいの?と訴える。

マリアは、子供を堕ろして何度も死のうとしたことがある、と過去を明かす。
でも、確かに子供はお腹にいた、そのことを忘れちゃいけない、だから生きる道を選んだという。

北はその気持ちがわかる。

本当ならとっくに死んでいたのに、みんなに生かされたから。

でも、このまま夏を過ぎたら、彩女はひとりで死んでしまう。

「大丈夫、俺は絶対に死なない」とマリアに誓う。
北はマリアから『生きがい』を教えてもらったと言い背を向ける。

北は教会に!

マリアは北を呼び止め彩女から貰った『斜陽』を手渡す。
彩女が教会にいると伝える。

**

北は教会に。

「彩女さん!!」と叫ぶ。

<続く>

【雪女と蟹を食う】8話の感想

【雪女と蟹を食う】8話の感想を紹介します。

【雪女と蟹を食う】8話のまとめ

【雪女と蟹を食う】8話は、マリアの切ない愛情を描いた物語。北とコタローがが同一人物だとわかった時点で、マリアは自分に勝ち目はないと思っていたのではないでしょうか。

マリアの腕をふりほどく北の表情がたまりません。辛さを越え、彩女のためにと生きる覚悟が見えました。そして、北を送り出した後、崩れ落ちるマリアの涙が胸を締め付けます。辛き別れは、北と彩女の再スタートになるのでしょう。

彩女は、多くを語らず怪しい部分はありますが「一緒に死のう」と言った北が絶対的な存在だとわかります。

ともに死を選んでたどり着いた北海道ですが、最後は北と彩女が「未来」に向かって欲しいと願っています。

次回予告

・北と彩女が再会!

・彩女と一騎の夫婦関係の真相が明かされる!

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【雪女と蟹を食う】公式サイト

コメント