【大豆田とわ子と三人の元夫】の全話ネタバレ・あらすじを最終回まで!結末は4度目の結婚?

【大豆田とわ子と三人の元夫】の全話ネタバレ・あらすじを最終回まで!結末は4度目の結婚?

2021年春フジテレビ・カンテレ火曜ドラマは【大豆田とわ子と三人の元夫/まめ夫】。

三人の男と結婚し三人の男と離婚した大豆田とわ子()と元夫たちを描くロマコメです。

・結末で“とわ子”が4度目の結婚!?
・とわ子と元夫の選ぶ道は?

各話の名言と台詞も更新!

【大豆田とわ子と三人の元夫/まめ夫】の全話ネタバレ・あらすじを最終回まで、最終回結末予想名言・台詞、を紹介します。

【大豆田とわ子と三人の元夫】1話から最終回までをFODプレミアムU-NEXTで配信。(2021年4月現在)


ADVERTISEMENT
  1. 【大豆田とわ子と三人の元夫】のネタバレ・あらすじを最終回まで
    1. 【大豆田とわ子と三人の元夫】1話のネタバレ・あらすじ
    2. 【大豆田とわ子と三人の元夫】2話のネタバレ・あらすじ
    3. 【大豆田とわ子と三人の元夫】3話のネタバレ・あらすじ
    4. 【大豆田とわ子と三人の元夫】4話のネタバレ・あらすじ
    5. 【大豆田とわ子と三人の元夫】5話のネタバレ・あらすじ
    6. 【大豆田とわ子と三人の元夫】6話のネタバレ・あらすじ
    7. 【大豆田とわ子と三人の元夫】7話のネタバレ・あらすじ
    8. 【大豆田とわ子と三人の元夫】8話のネタバレ・あらすじ
    9. 【大豆田とわ子と三人の元夫】9話のネタバレ・あらすじ
    10. 【大豆田とわ子と三人の元夫】最終回のネタバレ・あらすじ
  2. 【大豆田とわ子と三人の元夫】とは?
    1. 【大豆田とわ子と三人の元夫】の脚本は坂元裕二
  3. 【大豆田とわ子と三人の元夫】最終回ネタバレ・結末予想
    1. とわ子に新しい恋人
    2. とわ子が4度目の結婚
    3. とわ子と元夫との復縁
    4. 【大豆田とわ子と三人の元夫】の結末予想・びっくりの展開
  4. 【大豆田とわ子と三人の元夫】の全話ネタバレ・あらすじを最終回まで!のまとめ
    1. 1話のまとめ・名言&台詞
    2. 2話のまとめ・名言&台詞
    3. 3話のまとめ・名言&台詞
    4. 4話のまとめ・名言&台詞
    5. 5話のまとめ・名言&台詞
    6. 6話のまとめ・名言&台詞
    7. 7話のまとめ・名言&台詞
    8. 8話のまとめ・名言&台詞
    9. 9話のまとめ・名言&台詞
    10. 最終回のまとめ・名言&台詞

【大豆田とわ子と三人の元夫】のネタバレ・あらすじを最終回まで

【大豆田とわ子と三人の元夫】主要キャストと相関図

大豆田とわ子と三人の元夫
【【大豆田とわ子と三人の元夫】相関図
画像:https://www.ktv.jp/mameo/chart/index.html

大豆田家

  • 大豆田とわ子(松たか子)
    「しろくまハウジング」の社長。3度結婚し3度離婚しているバツ3。
  • 大豆田唄(豊嶋花)
    とわ子の娘。父親は田中八作。
  • 大豆田旺介(岩松了)
    とわ子の父。

とわ子の元夫

  • 田中八作(
    とわ子の最初の夫。レストランのオーナー兼ギャルソン。
  • 佐藤鹿太郎(角田晃広/東京03)
    とわ子の2番目の夫。ファッションカメラマン。
  • 中村慎森(
    とわ子の3番目の夫。「しろくまハウジング」の顧問弁護士。

しろくまハウジング

  • 松林カレン(高橋メアリージュン)
    「しろくまハウジング」の営業部責任者。
  • 六坊仁(近藤芳正)
    「しろくまハウジング」の重鎮。
  • 三上頼知(弓削智久)
    「しろくまハウジング」の設計部社員。
  • 城久間悠介(平埜生成)
    「しろくまハウジング」の施工部社員。
  • 大壺羽根子(穂志もえか)
    「しろくまハウジング」の経理部社員。
  • 黒部諒(楽駆)
    「しろくまハウジング」の新入社員。

とわ子や元夫に関わる人物

  • 綿来かごめ(
    とわ子の親友。
  • 三ツ屋早良(石橋静河)
    八作の親友の彼女。
  • 小谷翼(石橋菜津美)
    慎森と公園で出会う女性。
  • 古木美怜(瀧内公美)
    鹿太郎と関わる女優。
  • 船長(
    1話で登場。とわ子が騙される。
  • 出口俊朗(岡田義徳)
    八作の親友。三ツ屋早良の恋人。
  • 仲島登火(神尾楓珠)
    とわ子の部下。
  • 持田潤平(長岡亮介)
    八作の友人でレストランのシェフ。
  • 小鳥遊大史(
    マディソンパートナーズの責任者
  • 甘勝岳人(
    とわ子の初恋の人。

語り/ナレーション:伊藤沙莉

大豆田とわ子(松たか子)をめぐり、ひょんなことから3人の元夫(松田龍平、角田晃広、岡田将生)が顔合わせ、物語が展開していきます。
詳しいキャスト情報は以下の記事をご覧ください。

【大豆田とわ子と三人の元夫】1話のネタバレ・あらすじ

【大豆田とわ子と三人の元夫】1話のあらすじ

『3回結婚して3回離婚した。でも私は幸せを諦めない』

大豆田とわ子(松たか子)は、これまでに3回結婚して3回離婚している。いわゆる“バツ3”。家族は一人目の夫・田中八作(松田龍平)との間に生まれた中学3年生の娘・唄(豊嶋花)。
建設会社『しろくまハウジング』の社長就任と同時期に亡くなった母の法要についてを悩む。そんな中、母のパソコンを開こうとするとパスワードが設定されていて、開くことができない。
パスワードを知るために、三人の元夫(松田龍平、角田晃広、岡田将生)に会いに行くのだが……。

【大豆田とわ子と三人の元夫】1話のネタバレ

【大豆田とわ子と三人の元夫】2話のネタバレ・あらすじ

【大豆田とわ子と三人の元夫】2話のあらすじ

『元夫とゼロ距離で明かされていく離婚の理由』

八作(松田龍平)のレストランで慎森(岡田将生)と鹿太郎(角田晃広)が出くわし、さらに偶然とわ子(松たか子)と唄(豊嶋花)もやってきた。
慎森は、いつものように憎まれ口を叩く。そんな慎森は、どんなに煙たがられてもめがることなく、とわ子に近づこうとする鹿太郎を密かにうらやましいと感じていた。そんな慎森は、自分が人を幸せにできない、と公園で出会った小谷翼(石橋菜津美)に弱音をもらす。
一方、鹿太郎は仕事で出会った女優の古木美怜(瀧内公美)の自宅に招かれ、八作の店には、親友の出口俊郎(岡田義徳)が恋人の三ツ屋早良(石橋静河)を連れてやってきた。
唄の発案で元夫たちを招いて5人ですき焼きパーティーを開催することに。
慎森は、とわ子と話すうちに徐々に胸に秘めていた思いがあふれてきて……。
その晩、とわ子が警察に連れていかれてしまい……。

【大豆田とわ子と三人の元夫】2話のネタバレ

【大豆田とわ子と三人の元夫】2話のネタバレと感想は以下をご覧ください。

【大豆田とわ子と三人の元夫】3話のネタバレ・あらすじ

【大豆田とわ子と三人の元夫】3話のあらすじ

『2度目の離婚理由とは…』

大豆田とわ子(松たか子)の部下の仲島登火(神尾楓珠)が大学図書館の設計を手掛ける。素晴らしいデザインに感動するとわ子だが、採算のとれないプランを会社の商品として採用することはできない。社長としての苦渋の決断で、登火のデザイン案を不採用に。その事がきっかけで一部の社員から不満の声があがってしまい、とわ子は悩む。
その頃、鹿太郎(角田晃広)は、カメラアシスタントから部屋に飾ってあるとわ子の写真について聞かれ、とわ子とダンス教室で出会ったときからプロポーズまでの思い出を語る。離婚の理由を聞かれると、鹿太郎は「しゃっくりを止めてあげることが出来なかった」と。その意味は……。
鹿太郎はとわ子に未練があるものの、女優の美怜(瀧内公美)の存在も気になる。新しい恋にふみきれず悩む鹿太郎は、八作(松田龍平)と慎森(岡田将生)のに相談するのだが、八作は早良(石橋静河)、慎森は翼(石橋菜津美)のことが気にかかっていて……。
一方、とわ子はひとり夜のオフィスで仕事をしていると、入り口から不審な物音が!

【大豆田とわ子と三人の元夫】3話のネタバレ

【大豆田とわ子と三人の元夫】3話のネタバレと感想は以下をご覧ください。

【大豆田とわ子と三人の元夫】4話のネタバレ・あらすじ

【大豆田とわ子と三人の元夫】4話のあらすじ

『秘密が絡み合う二つの三角関係』

大豆田とわ子(松たか子)の親友・綿来かごめ(市川実日子)が、とわ子と同じマンションに住むオーケストラ指揮者の五条(浜田信也)から食事に誘われた。
五条がかごめに好意を抱いていると確信したとわ子は、かごめの幸せを願い、面倒くさがるかごめの背中を押す。しかし、かごめは、とわ子はの目の前で鳴っているスマホの着信を無視したり、夜道で誰かにつけられていたり……。かごめはとわ子に隠し事をしている様子。そんな中、とわ子はかごめの“過去”を知る。
一方、3人の元夫たちにも事件が……。
とわ子の最初の夫=八作(松田龍平)は、親友の俊郎(岡田義徳)の恋人・早良(石橋静河)から猛烈なアプローチをされ悩んでいた。俊郎は早良の浮気を疑い始める。八作はなんとか早良に嫌われようと試みるのだが……。
とわ子の3番目の夫=慎森(岡田将生)は、翼(石橋菜津美)の嘘に怒りを感じるが「まだ私が誰なのかわからない?」と言われ、とわ子の2番目の夫=鹿太郎(角田晃広)は、美怜(瀧内公美)からパパラッチ対策の交際相手の影武者を頼まれ……。

【大豆田とわ子と三人の元夫】4話のネタバレ

【大豆田とわ子と三人の元夫】4話のネタバレと感想は以下をご覧ください。

【大豆田とわ子と三人の元夫】4話のあらすじは公式サイト公開後に更新、ネタバレと感想は放送後に更新します。

【大豆田とわ子と三人の元夫】5話のネタバレ・あらすじ

【大豆田とわ子と三人の元夫】5話のあらすじ

4度目のプロポーズ「もう一度結婚するならあなたがいい」~三人の元夫たちの憂鬱

大豆田とわ子(松たか子)の誕生日が近づくある日。
唄(豊嶋花)は開業医の息子である彼氏と18歳になったら結婚すると宣言。
とわ子は困惑し、かごめ(市川実日子)に相談するも、話題は八作(松田龍平)との離婚ことに。とわ子は当時を振り返り……。
しろくまハウジングでは、イベント会社からアートイベントの仕事が舞い込む。普段の住宅設計とは違い華やかな仕事で社内は盛り上がる。先方の社長・門谷(谷中敦)は、とわ子と同じ「バツ3」。互いの離婚歴や結婚観で意気投合。社員たちがとわ子のバースデーサプライズを計画していることに感づいてしまい、仕事が手に着かないとわ子。そこにきて、突然、門谷からプロポーズされ動揺する。

その夜、そのことを唄から聞いた、八作、鹿太郎(角田晃広)、慎森(岡田将生)のマンションへ。鹿太郎と慎森が結婚を阻止しようとする中、八作は、とわ子にプレゼントを差し出すのだが……。

【大豆田とわ子と三人の元夫】5話のネタバレ

【大豆田とわ子と三人の元夫】5話のネタバレと感想は以下をご覧ください。

【大豆田とわ子と三人の元夫】5話のあらすじは公式サイト公開後に更新、ネタバレと感想は放送後に更新します。

【大豆田とわ子と三人の元夫】6話のネタバレ・あらすじ

【大豆田とわ子と三人の元夫】6話のあらすじ

第1章完結・全員集合地獄の餃子パーティー

誕生日の当日、とわ子(松たか子)との連絡が途絶えた。オペレッタに集まっていたとわ子の元夫・八作(松田龍平)、鹿太郎(角田晃広)、慎森(岡田将生)は、心配するが、そこに早良(石橋静河)、美怜(瀧内公美)、翼(石橋菜津美)が来店し、合コンのような飲み会が始まった。
とわ子の父・旺介(岩松了)から呼び出された八作たちは、とわ子のマンションへ。旺介は酔いつぶれてしまい、元夫たちはギョーザ作りをはじめることに。
女3人は、恋愛の愚痴で意気投合。女3人が話している男のことは、名前は出さないものの明らかに八作、鹿太郎、慎のこと。3人の元夫は動揺してしまい……。

【大豆田とわ子と三人の元夫】6話のネタバレ

【大豆田とわ子と三人の元夫】6話のあらすじは公式サイト公開後に更新、ネタバレと感想は放送後に更新します。

【大豆田とわ子と三人の元夫】7話のネタバレ・あらすじ

【大豆田とわ子と三人の元夫】7話のあらすじ

『第2章スタート! 最後の恋のはじまりは突然に』

かごめ(市川実日子)が亡くなって1年。大豆田とわ子(松たか子)は、高校に進学した唄(高嶋花)が進学しやすい旺介(岩松了)の家に引っ越したため、一人暮らしを始めていた。
唄のいない寂しさを抱えながら、生活を楽しもうと試行錯誤するとわ子。あるひ、公園で“謎の男”(オダギリジョー)と出会う。
そんな中、しろくまハウジングのオーナーが株売却を考えていると知る。そうなるとコスト削減のために人員整理が行われるかもしれない、と悩むとわ子。
そんなとわ子を心配する元夫の慎森(岡田将生)、鹿太郎(角田晃広)。一方、八作(松田龍平)は、一人旅に出ていた。
後日、とわ子は謎の男と偶然再会し、徐々に打ち解けていく。男と話すうち、ずっと胸に秘めていたかごめへの思いがあふれてきて……。

【大豆田とわ子と三人の元夫】7話のネタバレ

【大豆田とわ子と三人の元夫】7話のあらすじは公式サイト公開後に更新、ネタバレと感想は放送後に更新します。

【大豆田とわ子と三人の元夫】8話のネタバレ・あらすじ

【大豆田とわ子と三人の元夫】8話のあらすじ

『ファミレスの密会・深まる秘密の恋心』

しろくまハウジングが買収した外資系ファンド・マディソンパートナーズの責任者が謎の男=大史(オダギリジョー)だとわかり、戸惑うとわ子(松たか子)。
しかし、大史は仕事とプライベートは別だと言い切り、仕事以外では今までと変わらず親しくしたいと言う。とわ子も大史との時間は楽しく、その申し出を受け入れる。
元夫の慎森(岡田将生)は、とわ子の恋心に気づき鹿太郎(角田晃広)ととわ子のマンションに……。
一方、大史は社長からの命令に従うため、とわ子に相談を持ち掛ける。大史のその様はあまりにも“自分”がないため、とわ子は大史をマンションに招いて説得を試みる。しかし、そこに慎森、鹿太郎、さらに、八作(松田龍平)もやってきて……。

【大豆田とわ子と三人の元夫】8話のネタバレ

【大豆田とわ子と三人の元夫】8話のあらすじは公式サイト公開後に更新、ネタバレと感想は放送後に更新します。

【大豆田とわ子と三人の元夫】9話のネタバレ・あらすじ

【大豆田とわ子と三人の元夫】9話のあらすじ

『最後の決断・幸せの行方』

心を通わせる大豆田とわ子(松たか子)と小鳥遊大史(オダギリジョー)。大史は、社長からの恩義に縛られることなく生きる道を選ぶ。かねてから、誘われていたマレーシアの会社に転職することを決断。さらに、現地では建築士としてとわ子の仕事も見込めるとして「人生を一緒に生きるパートナーになってくれませんか」とプロポーズ。
そのことを八作(松田龍平)に伝えた唄(豊嶋花)は、慎森(岡田将生)には内緒にとお願いをするが、そこに慎森が現れた。
その後、バッティングセンターで大史と待ち合わせていたとわ子の前に、慎森が。
慎森は、八作がプロボウラーと結婚するという。困惑するとわ子、そこに遅れてきた大史が現れて……。
とわ子は、唄の応援もあり、四度目の結婚や新天地での生活に期待をふくらませる。その一方で社長として会社と社員たちの行く末も気になり……。
そんなとわ子に、元夫たちは!?

【大豆田とわ子と三人の元夫】9話のネタバレ

【大豆田とわ子と三人の元夫】9話のあらすじは公式サイト公開後に更新、ネタバレと感想は放送後に更新します。

【大豆田とわ子と三人の元夫】最終回のネタバレ・あらすじ

【大豆田とわ子と三人の元夫】最終回のあらすじ

ひとりで生きていくと決意した大豆田とわ子(松たか子)。三人の元夫の八作(松田龍平)、慎森(岡田将生)、鹿太郎(角田晃広)との関係は相変わらずで、しろくまハウジングも買収前の平穏な日常を取り戻していた。
そな中、とわ子はオペレッタで初恋の相手・甘勝岳人(竹財輝之助)と偶然再会する。親し気に思い出話に花を咲かせる甘勝に、鹿太郎は嫉妬し慎森に電話をかけるのだが……。
しばらくして、母の荷物が詰まった段ボールを開けたとわ子は、中ら旺介(岩松了)と離婚する前に母が書いた手紙を見つける。
母の思わぬ一面に動揺するとわ子。同じく手紙に気づいた唄(豊島花)は、手紙の送り先の人物に会いに行こうと提案し……。

【大豆田とわ子と三人の元夫】最終回のネタバレ

【大豆田とわ子と三人の元夫】最終回のあらすじは公式サイト公開後に更新、ネタバレと感想は放送後に更新します。

【大豆田とわ子と三人の元夫】とは?

【大豆田とわ子と三人の元夫】は、フジテレビ・カンテレ系の火曜ドラマ枠の2021年春の連ドラです。2021年4月13日に初回放送を迎え、現在放送中のロマンティックコメディー。
脚本を坂元裕二氏が手掛けている完全オリジナル作品です。

主役は松たか子、三人の元夫は松隆平×角田晃広×岡田将生

【大豆田とわ子と三人の元夫】は、3度結婚して3度離婚をした松たか子さん演じる大豆田とわ子が主人公。

ひとりで生きたいわけじゃなく、幸せを諦めない、大豆田とわ子。
ひとり娘の“生まれたときから反抗期”の唄(豊嶋花)と二人暮らしの生活を送る中、なぜか三人の元夫に振り回されてしまう。
「とわ子と元夫がそれぞれの幸せを見つけることができるのか?」
とわ子と三人の元夫、4人の道のりを描いていきます。

【大豆田とわ子と三人の元夫】の脚本は坂元裕二

坂元裕二(さかもとゆうじ)
生年月日:1967年5月12日
出身地:大阪府
脚本:【東京ラブストーリー】【西遊記】【カルテット】【花束みたいな恋をした】【大豆田とわ子と三人の元夫】など。

関連記事

【大豆田とわ子と三人の元夫】最終回ネタバレ・結末予想

【大豆田とわ子と三人の元夫】の最終回・結末予想を紹介します。

とわ子に新しい恋人

とわ子は幸せを諦めたわけじゃなく、ひとりで生きられるけどひとり生きたいわけじゃない。
「ひとりでも大丈夫だけど、誰かに大事にされたい」
と1話で母との会話の中で話しています。

どこかでときめきだって求めているはず。
社長という立場であることで、どこか寂しさも感じているとわ子。
そんなとわ子に新しい恋が訪れるかもしれない。

1話では船長(斎藤工)が登場し、これがなんとも詐欺師というとんでもない男でしたが、今後、また新たなる男が登場する可能性はあると思います。

とわ子が4度目の結婚

恋愛の先に結婚もあるかもしれません。何せ、3度も結婚をしているのですから、結婚に否定的ではない。
これまでの坂元裕二さんの作品から考えると、4度目の結婚の可能性は低いとは思いますが、可能性はゼロでないと思います。
これまでと違うスタイルで三人の元夫とは違うタイプの男との結婚というのもアリかも。

とわ子と元夫との復縁

なんだかんだと三人の元夫(松田龍平、角田晃広、岡田将生)と関わるとわ子。
離婚して嫌な面を存分に見てきた元夫たちですが、なんとなく、ほろっとするようなしないような…。
微妙な男女の感情や関係を描くのがうますぎる坂元裕二さんなので、とわ子の心のひだに触れていくと予想。
ただし、三人の元夫との復縁の可能性はないのでは。ほぼゼロに等しいような…。

【大豆田とわ子と三人の元夫】の結末予想・びっくりの展開

そんなこんなで【大豆田とわ子と三人の元夫】の結末は、とわ子も三人の元夫も独身のままで、時々、唄(豊嶋花)の計らいでお食事などを楽しむ関係で収まると予想します。

坂元裕二さんの脚本はとにかく面白く、結末びっくりの展開もあるので、もしかしたら奇跡的な出来事があるかもしれません。

【大豆田とわ子と三人の元夫】の最終回ネタバレは最終回放送後に掲載します。

【大豆田とわ子と三人の元夫】の全話ネタバレ・あらすじを最終回まで!のまとめ

【大豆田とわ子と三人の元夫】の脚本は坂元裕二さん。そこかしこに、胸ささる台詞が散りばめられています。ここでは、最終回まで各話のまとめと名言・台詞を紹介していきます。

1話のまとめ・名言&台詞

【大豆田とわ子と三人の元夫】1話を鑑賞後、とても面白くてハマりました。坂元裕二さん、「さすが」です。松たか子さん演じるとわ子と三人の元夫の絶妙なセリフのやり取りがたまりません。伊藤沙莉さんのナレーションも楽しめます。
【大豆田とわ子と三人の元夫】は今後どんな展開になるのでしょうか。回を追うごとに楽しさが増していくとワクワクしています。

1話の名言・台詞

「ひとりでも大丈夫だけど、誰かに大事にされたい」(母ととわ子の会話より)
「網戸外れるたびに、恋しようかな、結婚しようかな、と思います。」(ラストに元夫たちに言うとわ子の台詞)

2話のまとめ・名言&台詞

【大豆田とわ子と三人の元夫】2話は、三人目の夫・慎森(岡田将生)との物語。とわ子との出会いから離婚まで。そして、現在。二人の関係は微妙ですが、最後の場面がとても素敵でした。

2話の名言・台詞

「面倒くさいというのは、どっちかというと好きな方」(とわ子とかごめ(市川実日子)の会話より)

とわ子と慎森の会話より
慎森「頑張ってるよ。君はいつも頑張ってる。まぶしいよ。それをずっと言いたかったんだ」
とわ子「今の言葉が私のいちごのタルトかも。別れたけど、今でも一緒に、生きてると思ってるよ」
慎森「僕までタルトを貰っちゃったな」

3話のまとめ・名言&台詞

【大豆田とわ子と三人の元夫】3話は、二人目の夫・鹿太郎(角田晃広)との物語。とわ子との出会いから離婚まで、その理由が明らかになりました。
松たか子さんと角田晃広さんのダンスや角田晃広さんのエンディングテーマが話題に。


3話の名言・台詞


「僕にとってあなたは高嶺の花です。あなたを下から支えることはできます。僕があなたを持ちあげます」(鹿太郎からとわ子に、プロポーズ)


「君との出会いは俺にとって人生最高のパーティーだったんだ」(鹿太郎がとわ子とダンスをする場面で)

4話のまとめ・名言&台詞

【大豆田とわ子と三人の元夫】4話は、かごめ(市川実日子)と八作(松田龍平)のストーリー。
かごめととわ子の友情、八作の長い片想いについてが明かされました。

4話の名言・台詞

「怒らない別れなんてないよ」(とわ子がかごめと恋愛についてを話す場面)
「タイプじゃなくても好きになることはあるし、タイプでも好きにならないことはあります」(八作が早良に言い寄られる場面)

4話は“かごめ語録”ができるほど、かごめの台詞が胸刺さりました。ほんの一部を紹介します。

「じゃんけんで一番弱いのは、じゃんけんのルールがわからない人」
「女と男の関係はいらない」(かごめがとわ子に語る場面)

5話のまとめ・名言&台詞

【大豆田とわ子と三人の元夫】5話は、とわ子が門谷(谷中敦)にプロポーズされるというびっくり展開の物語。そして、とわ子が八作の片想いの相手がかごめだと知りました。

5話の名言・台詞

「彼の言わないところが好きになって、言わないところが辛くなった」(とわ子がかごめに話す八作との離婚理由:海での場面)

「失敗なんてない。人生に失敗はあったって、失敗した人生なんてないと思います」(とわ子が谷中に対して怒りの台詞)

「好きっていうのは考えることじゃない。考える前にあること」(とわ子と八作が語らう場面で)

「初めて会ってから随分経つけど、大豆田とわ子は最高です」(八作からとわ子への誕生日メッセージ)

6話のまとめ・名言&台詞

【大豆田とわ子と三人の元夫】の7話は、かごめの死というショッキングなストーリー。前半の三人の元夫と早良、美怜、翼の女性との恋バナ場面には、胸刺す名台詞が。

6話の名言・台詞

「いい恋愛って二人だけでいる時だけじゃなくて、一人でいる時も楽しくなる」(餃子パーティーの恋バナの中で美怜の台詞)

「こんなダメな3人なのに、彼女は怒らなかった。僕たちは大豆田とわ子に甘えていたんです」(3人の女たちに言いたい放題言われたあとに慎森が言う)

「もう遅いよ。どこを好きだった教えるときは、その恋を終わりにするとき」
(早良から八作に、恋の終わりを告げる場面で)

「ひとりで死んじゃったよ。ひとりで死なせちゃったよ」(かごめの死について、とわ子が八作に)

7話のまとめ・名言&台詞

【大豆田とわ子と三人の元夫】7話は、謎の男(オダギリジョー)の登場。まさかの展開にビックリの物語でした。

7話の名言&台詞

「好きな人との雑談は楽しいし、好きな人のお土産は嬉しい。好きな人となら紙コップで飲むワインもおいしい」
「僕はやっぱりキミのことが好き。焼き肉が好き。焼き肉は僕のこと好きじゃないけど、僕は好き」(慎森がとわ子とワインを飲みながらのセリフ)

小鳥遊大史(オダギリジョー)の台詞はとても深く、胸刺さる名言が。ほんの一部を紹介します。

「今からだって、いつだって、気持ちを伝えることができる」
「亡くなった人を不幸だと思ってはならない」
「生きている人は幸せを目指さなければならない」

8話のまとめ・名言&台詞

【大豆田とわ子と三人の元夫】8話は、とわ子(松たか子)と大史(オダギリジョー)がファミレスでデートの練習をします。大史の過去も明らかに!

8話の名言&台詞

「もう頑張らなくてよくない?前は方眼紙見てニヤニヤしてた。あの頃のほうが良くない?」(社長業で疲れているとわ子を心配して唄からとわ子に)

「僕には、人生がない時間があった」(小鳥遊大史が自分の過去を語る台詞)

「小さなことがちょっと疲れる。自分で電気をつける、音楽をつける、自分でエアコンをつける、そういう小さいことに疲れる」(とわ子が大史に、ひとりでいることについて話す)

「寂しいというときは寂しいと言ったほうがいいですよ。人間便利なもので、寂しがり屋には寂しがり屋がついてくるもので。実際、僕もあなたにひかれて近づきました。それ、分けませんか」(大史からとわ子に)

9話のまとめ・名言&台詞


【大豆田とわ子と三人の元夫】9話は、とわ子(松たか子)が大史(オダギリジョー)からプロポーズをされ「ひとりで生きるか否か」の選択に迫られます。
慎森、八作らから「夫婦とは」と「ひとりで生きるとは」という名言や台詞が散りばめられています。

9話の名言&台詞

「恋愛にはときめきのピークがある。だから人は結婚して夫婦になる。離婚は面倒くさくて、面倒くさいはすべてに勝つから夫婦を繋ぎとめられる。僕はキミに恋はしたし結婚はしたけど、強い夫になれなかった」(慎森からとわ子に)

「人の孤独をうめるのは愛されることじゃない。愛することだよ」(慎森からとわ子に)

「夫婦なんて弱いとこで繋がってるもんなんじゃないの」(“もし二人が夫婦を続けていたら”という空想の世界での八作の台詞)

「大豆田っていい名前だね。大豆田八作っていいな」(八作のプロポーズ)

最終回のまとめ・名言&台詞

【大豆田とわ子と三人の元夫】の最終回は、とわ子の結婚はなく三人の元夫も恋の兆しもなく、4人仲良くハッピーエンド。
最高に面白い作品でした。

最終回の名言&台詞

「誰だってジタバタして生きてる。愛をまもりたい、恋におぼれたい、一人の中にいくつもあって、どれも噓じゃない」(母の愛した女性・真の台詞)

「君が愛に囲まれて生きている証拠だよ」(慎森からとわ子に)

「何度でもめぐりめぐって君を好きだ」(鹿太郎からとわ子に)

「僕たちはみんな君のことが好きだってこと。大豆田とわ子は最高だってこと」(八作からとわ子に)

本記事では【大豆田とわ子と三人の元夫】の全話ネタバレ・あらすじを最終回までを追いかけ更新しました。追いかけていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました