2021年夏ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【大豆田とわ子と三人の元夫】1話のネタバレと感想!松たか子が斎藤工に騙される!?

フジテレビ・カンテレ【大豆田とわ子と三人の元夫】1話のネタバレと感想!

バツ3の大豆田とわ子(松たか子)は娘の唄(豊嶋花)と二人暮らし。
建設会社の社長の就任したとわ子は、パソコンのパスワードがわからず、元夫たち(岡田将生、角田晃広、松田龍平)を訊ねることに……。
注目は斎藤工さんの船長!

2021年4月12日放送【大豆田とわ子と三人の元夫】1話の視聴率、あらすじ、ネタバレ、感想を紹介します。


ADVERTISEMENT

【大豆田とわ子と三人の元夫】1話の視聴率

【大豆田とわ子と三人の元夫】1話
【大豆田とわ子と三人の元夫】1話

【大豆田とわ子と三人の元夫】1話の視聴率は、7.6%でした。(ビデオリサーチ調べ)

【大豆田とわ子と三人の元夫】1話から最終回までをFODプレミアムU-NEXTで配信。(2021年4月現在)

全話記事
【大豆田とわ子と三人の元夫】の全話ネタバレ・あらすじを最終回まで!結末は4度目の結婚? | 【dorama9】

【大豆田とわ子と三人の元夫】1話のあらすじ

【大豆田とわ子と三人の元夫】1話のあらすじを紹介します。

大豆田とわ子(松たか子)は、これまでに3回結婚して3回離婚している“バツ3”。建設会社『しろくまハウジング』の社長に就任し、娘の唄(豊嶋花)と暮らしている。唄の父親は、最初の夫・田中八作(松田龍平)
ある日、社長に就任したとわ子は、同時期に亡くなった母親のパソコンを開こうとするとパスワードがわからないことに気づく。
パソコンのパスワードを知るためにとわ子は元夫たちを順に訊ねるのだが……。

【大豆田とわ子と三人の元夫】1話のネタバレ

【大豆田とわ子と三人の元夫】1話のネタバレを紹介します。

大豆田とわ子の一週間

大豆田とわ子(松たか子)
おしゃれなパン屋にも、商店街も、ジャージで平気。なんなら電車も新幹線も乗れちゃう。
とわ子の娘・唄(高嶋花)は、生まれたときから反抗期。
すくすく育っている。

大豆田とわ子は3度結婚して、3度離婚している。
3番目の夫は、今でも顔を合わせる中村慎森(岡田将生)。慎森はとわ子の会社の顧問弁護士。
2番目の夫は、ファッションカメラマンの佐藤鹿太郎(角田晃広)。
1番目の夫は、田中八作(松田龍平)

とわ子が大切にしていることは「会いたくない人には会わない」こと。

大豆田とわ子の一週間はこんなことが起きた

・網戸が外れるなにより嫌いな大豆田とわ子
・元夫のコーヒーに塩を入れる大豆田とわ子
・船長とお近づきになる大豆田とわ子
・元夫たちがブロッコリーでたたかうのを見守る大豆田とわ子
・元夫と朝を迎える大豆田とわ子

大豆田とわ子(松たか子)の3番目の元夫・中村慎森(岡田将生)

家の網戸が外れ、お風呂が壊れて困るとま子と唄。
唄は「直してくれる人と付き合えば」なんていう。

母のパソコンを開くが、パスワードがわからず見ることができない。
パスワードは「ペットの名前」
元夫の誰かが設定したのだろう、と唄。

とわ子は、悩んだときは数学の問題を解くことにしている。
結局、数字と格闘して寝不足気味。

とわ子は『しろくまハウジング』の社長。就任したばかり。

会議が始まる前、三上頼知(弓削智久)松林カレン(高橋メアリージュン)が雑談をしていると、顧問弁護士の元夫・慎森が「それは必要ない」と一刀両断。

ランチタイム。
二人は背中合わせで会話。慎森はかなりの皮肉屋。
頭に来たとわ子は、こっそりと慎森のコーヒーに塩を入れる。

パスワードを知りたいとわ子は慎森に
「初めて飼ったペットの名前は何ですか?」と聞く。
「初めて飼ったペットはカブトムシ。名前はベティ」

**

社に戻ると松林カレンがカレーパンを配っている。
とわ子はカレーパンに目が釘付け。
それはすごくいいカレーパンなのだ。

カレーパンが残り1個。てっきりとわ子がもらえると思ったが、社長にカレーパンは失礼だ、と変な配慮をされ貰えずにがっかり。

カレーパンを貰えないなら社長になんてなりたくはない、なんて思うとわ子。

大豆田とわ子(松たか子)の二番目の元夫・佐藤鹿太郎(角田晃広)

とわ子は次に2番目の夫・佐藤鹿太郎に会いにいく。
鹿太郎の行きつけの食堂に行くと、鹿太郎は自転車に轢かれて転んでいる。

とわ子は「初めて飼ったペットの名前って何ですか」と問い、二人して食堂に入る。
結局、元夫の鹿太郎はペットの名前を思い出せない。
鹿太郎は「家行っていい?」なんて親しさ増して言うものだから、とわ子は逃げて帰る。

大豆田とわ子(松たか子)の親友・綿来かごめ(市川実日子)

次いで、1番目の夫、唄の父である田中八作(松田龍平)に会いに行くことに。
唄が八作と連絡を取っていたことに驚くとわ子。

唄から八作が会社を辞めてレストランのオーナー兼ギャルソンになっていると聞き、お店に行く。

お店の前で女といちゃつく八作を見て声を掛けれず帰宅。

家にはうた子のよき相談相手・綿来かごめ(市川実日子)が遊びにきていた。
ふたりして柿ピーをつまみにお酒を飲む。

「そろそろ49日」とかごめ。
それはとわ子の母のこと。

先々月、母の葬儀と社長就任の日が重なった。
生前に母は、お墓の好みのことを業者とメールでやりとりしているから、それを見るように言われていた。だから、パスワードが必要。
とわ子の母は、24で結婚して離婚して、とわ子を育てた。

二人はこうしてお酒を飲みながらあーだこーだと会話。

「ひとりで生きていけるけど〇〇〇。〇〇〇の中身はわかりません」
と、とわ子。

大豆田とわ子(松たか子)と船長(斎藤工)の出会い

商談のあと海の見える公園に立ち寄る。
その時、バッグを盗まれ追いかけるとわ子。

バッグを取り返して「大丈夫」と声を掛けてきた船長(斎藤工)
ベンチに座り楽しく会話。
とわ子に帽子をかぶせてくれ、写真を撮る。

**

家に帰ると慎森(岡田将生)がいて「おかえり」と出迎える。
なんであなたがいるの、というとわ子。
慎森は唄に勉強を教えていた。

その時、鹿太郎がやってきた。
この日は、慎森、鹿太郎、唄、とわ子の4人で食事。
慎森と鹿太郎は、なにかにつけて対抗する。
言い争いは止まらない。しかし、とわ子にはそれはひよこのさえずりのように聞こえるだけ。

船長(斎藤工)の正体

二人が帰った夜。
昼間に会った船長からラインが。
朝までラインをしデートの約束をする。

そして、レストランで食事。
船長は「母が難病で入院している」という。
船長の電話が鳴り、席を立つ。

レストランのボーイ
「このあと、あの男とあんた飯食い終わったら、そしたらあの男いうよ。実は母の治療費に困ってるからお金貸してくれませんか、と。あんたで五人目」

つまり、船長は金目当てでとわ子に近づいたということ。

大豆田とわ子(松たか子)の最初の夫・田中八作(松田龍平)

その帰り、仕事でミスが起きたと連絡が入る。
急いで会社に戻る。
朝までかかり改善しなんとかやれた。
この日は、そのまま仕事。

そして帰り……。
疲れきったとわ子は工事現場の穴に落ちてしまう。

母とのやりとりを思い出す。
ひとりでも大丈夫な人は大事されない、という母。
「ひとりでも大丈夫だけど、誰かに大事にされたい」と、とわ子。

とわ子が穴にハマったままでいると、1番目の夫の八作が。
洋服は泥で汚れ体は冷え切っている。
とわ子は八作の家に行き、冷え切ったからだをお風呂であたためる。
とわ子は、お風呂に入りながら歌を歌いご機嫌だ。
八作は、とわ子の歌を聞きながら料理。
ふたりで、八作の作ったうどんを食べる。

とわ子の服はまだ乾いていない。
なので、まだ帰れない。

八作は、友人のもっちんに頼まれて会社を辞めてオーナーになったと話す。
「そっちは、どうなの?楽しくやってるの?」
と訊かれ
「いろいろだよ。不安なまま楽しい……」
と言いながら、ウトウトするとわ子。

目を覚ますと八作の膝の上。
母の葬儀の帰りに布団が飛んだという話をし、それを聞いている八作。

八作は母が死んだことを知らなかった。
とわ子は母の納骨をまだ済ませていない。
「ダメなんだよね、お墓に入れる気にならないんだよ。ふわふわしちゃっているんだよね」

八作は、とわ子の母との思い出話をする。
「この子は強がりだから、どうか一生大事にしてやって」
と母から言われたという矢作。とわ子はぐっすりと眠っている。

大豆田とわ子(松たか子)の3人の元夫が「会議」

とわ子が寝ている間、とわ子の電話が鳴る。
1本目は娘。2本目は2番目の夫。3本目は3番目の夫。
八作はどれにも出る。

とわ子が目覚めると、慎森と鹿太郎がやってきた。

とわ子「初めて飼ったペットの名前は?」
「キントキ」と八作が答える。

そして、すぐにとわ子は隠れる。
八作は二人の元夫を招きいれる。

「とわ子はいない」と八作。

鹿太郎の案で「3人の元夫会議」をすることになる。
とわ子はこっそり隠れて聞いている。

鹿太郎は夫婦のことを氷とお湯に例えて話す。
鹿太郎はとわ子に未練があるのだ。

慎森は「離婚したつもりはない。離婚したくてしたわけじゃない」と言う。
「それは僕も同じ」という鹿太郎。

鹿太郎は「告白脅迫症だ」と言う。
同級生の女の子に告白しようとしたら雷が鳴って逃げたのだと。

「それ、雷怖いですね」と八作。

3人が笑う中、とわ子は隠れていたキッチン台から飛び出す。

「網戸が外れるんです。網戸外れるたびに、恋しようかな、結婚しようかな、と思います。でもそれはあなたたちじゃありません。お構いなく」
と宣言。

1話のラストネタバレ

後日、パスワードが解除され母の法要が行われた。
法要には、3人の元夫も。

この日、喪服で4人はブランコに乗る。
桜を見ながら、思い切りブランコをこぐ。

**

慎森は、公園で女(石橋菜津美)が寝ているのを見つける。

鹿太郎は、「カメラマンさん、あとで連絡先教えて」と古木美怜(瀧内公美)に言われる。

八作の店に、三ツ屋早良(石橋静河)が訪れる。

とわ子はボーリング。3本倒してガッツポーズ

とわ子(松たか子)「大豆田とわ子と三人の元夫、また来週」

<続く>

【大豆田とわ子と三人の元夫】1話の感想

【大豆田とわ子と三人の元夫】1話の感想を紹介します。

面白い、視聴者の声

大豆田とわ子と三人の元夫おもしろすぎひんっ?!カルテットも大好きやからもちろん期待してたけども!越える!おもしろさ!きゅん!すき! 紗莉ちゃんのナレーションもおもしろさ増量させててはなまる。 今のところ今期ドラマ1位!みぞみぞする〜!

大豆田とわ子と3人の元夫 面白かったー 坂本裕二の脚本と俳優の安定

大豆田とわ子 1話】 ゲストの斎藤工にビックリしたけどそれはともかく! じわじわ面白くなっていきそう。三人の元夫とのキュンもありつつ、ダメだったションボリエピソードとかも明かされてくのかな。 画面もおしゃれだし、とわ子さん素敵だなってホワホワした〜

 

とわ子(松たか子)、元夫(岡田将生、角田晃広、松田龍平)が魅力的

【大豆田とわ子と三人の元夫】1話。面白かったです。なにもかも、どのセリフも面白い。脚本は、坂元裕二さん。さすがです。
斎藤工さんがどんな役なのかとそれも楽しみにしていました。なんと詐欺師とは。驚きの展開。
とわ子(松たか子)の元夫たち(岡田将生、角田晃広、松田龍平)が顔を合わせた母の法要に。桜の舞うなか、ブランコをこぐ。大人だけど子どもみたいな…。複雑な人間関係なのに、なぜか全部が面白く笑える。どのキャラクターも面白い。
そして、なんとなく。カルテットのお二人(松たか子と松田龍平)がくっついていくれたいいのに、なんて思ってしまいました。
さて、来週は元夫たちに新しい出会いがあるようです。次回もお楽しみに♪

【大豆田とわ子と三人の元夫】の主題歌

エンディングで松たか子さんが歌う主題歌は「Presence I」。
STUTSがプロデュース担当。客演にKID FRESINO。
とわ子演じる松たか子さんがメインボーカルを務めています。
元夫を演じる岡田将生、角田晃広(東京03)、松田龍平がコーラスを担当しています。

【大豆田とわ子と三人の元夫】の原作は?「カルテット」の坂元裕二が脚本! | 【dorama9】

ドラマ【大豆田とわ子と三人の元夫】のキャストと相関図!松たか子がバツ3女のロマコメ! | 【dorama9】

記事内画像:ドラマ【大豆田とわ子と三人の元夫】公式サイト