スポンサーリンク

【大豆田とわ子と三人の元夫】9話のネタバレと感想!しんしん(慎森)の愛が切なく愛おしく…

【大豆田とわ子と三人の元夫】9話のネタバレと感想!しんしん(慎森)の愛が切なく愛おしく…

【大豆田とわ子と三人の元夫】9話は、とわ子()と大史()に進展が!?

・大史ととわ子の映画のようなデートシーンに注目!
・とわ子の結婚を慎森()が邪魔をする!?
・八作()ととわ子の間にかごめ()がいる!?

2021年6月8日放送【大豆田とわ子と三人の元夫】9話のあらすじ、ネタバレ、感想、視聴率を紹介します。

【大豆田とわ子と三人の元夫】1話から最終回までをFODプレミアムU-NEXTで配信。(2021年6月現在)


ADVERTISEMENT

【大豆田とわ子と三人の元夫】9話のあらすじ

大豆田とわ子9話
【大豆田とわ子と三人の元夫】9話

【大豆田とわ子と三人の元夫】9話のあらすじを紹介します。

仕事上では対立する大豆田とわ子(松たか子)と小鳥遊大史(オダギリジョー)だが、プライベートでは心を通わせる仲に。
大史は、マレーシアの会社に転職することを決断。社長の恩義に縛られることなく生きる道を選んだのだ。建築士としてとわ子の仕事も見込めるとして、とわ子にプロポーズをする。
そのことを唄(豊嶋花)は、こっそりと八作(松田龍平)に伝える。「慎森(岡田将生)には、取り乱すから内緒に」というお願をするが、そこに慎森が現れ……。
後日、慎森から「八作がプロボウラーと結婚することになった」と聞くとわ子。八作は困惑しながら結婚報告する。そこに大史が現れて……。

【大豆田とわ子と三人の元夫】9話のネタバレ

【大豆田とわ子と三人の元夫】9話のネタバレを紹介します。

大史(オダギリジョー)のプロポーズ

とわ子(松たか子)は、左薬指の指輪をかざし喜んでいる夢をみる。

ソファから転げ落ちる。
換気扇がつけっぱなし。その音に負けて換気扇を消しに行く。
冷蔵庫を開ける。夜中のプリン。結局、誘惑に負けて食べてしまった。

**

とわ子の家でくつろぐ小鳥遊大史(オダギリジョー)

大史は、マディソンを辞めて、以前から誘われていたマレーシアの会社に転職するという。
家も用意してもらえ、数学の勉強もできる。
建築設計の仕事もあるだろう。
だから……

「人生を一緒に生きるパートナーになってくれませんか」
とプロポーズをする。

**

「パートナーになってくれませんか」
がリピートするとわ子は、唄(豊嶋花)に報告する。

プロポーズの話題になり、とわ子は八作からはプロポーズがなかったという。

「家まであってさ、女としてこれ以上の幸せある?」
と唄はとわ子の結婚を応援する。

慎森(岡田将生)には内緒

オペレッタにて。

唄は八作にとわ子のプロポーズの件を知らせる。
そこに慎森(岡田将生)がやってきた。
「慎森には内緒ね」と八作に言ったことが慎森に聞こえていた。

慎森
「何が内緒なんですか?大豆田とわ子のことですか?あなた、彼女と続編を制作しようとしてるんですか?」
八作は苦し紛れに「僕、結婚するんです。屋敷佐和子さんと」と。
屋敷佐和子はプロボウラーだ。

「大豆田とわ子に伝えたんですか?」
と詰め寄る慎森。

そこに、鹿太郎から電話。
新森のスマホには、鹿太郎は<英字新聞マン>と登録してある。
八作のことは<無意識過剰マン>。
八作は慎森を<しんしん>。

それがバレて「ごめんなさい」と慎森。

八作(松田龍平)の嘘を見破るとわ子(松たか子)

バッティングセンター、とわ子は大史と待ち合わせ。

そこに八作と慎森が突如やってきた。

八作はとわ子にプロボウラーとの結婚のことを伝える。
「心のピンを倒されたんですね」
と笑うとわ子と慎森。

「それ、嘘でしょ」ととわ子は八作の嘘を見破る。
とわ子はプロポーズされたことを打ち明けることに。

慎森は動揺が隠せない。
そこに大史が現れた。

とわ子は二人を紹介する。
「元夫です。この人たちが尾行してきただけです」

慎森
「彼女の心のピンを倒すのはあなただけじゃない。彼女のことあれですよね」

八作「好きです」
大史「好きです」

男性陣はバッティング。
とわ子はそんな3人の姿を眺めつつ上機嫌。

大豆田とわ子の一週間

・三番目の元夫に襲いかかる大豆田とわ子。
・最初の元夫を門前払いする大豆田とわ子。
・四度目の結婚あるやなしやな大豆田とわ子。
・決断の時を迎えた大豆田とわ子。

**

しろくまハウジング

社内でもめてるのだろうか。
大史がやってこない。
ひとによって“一瞬”は違うと、それぞれの一瞬が語られる。
慎森の一瞬は2秒。

とわ子は、松林カンナ(高橋メアリージュン)を家に招く。
とわ子はカンナが社長になったらどうするかを訪ねる。

「経営者になったら数名を残すのが会社のため。でも、それでは意味がない。全員残してマディソンと折り合いをつけていく」
とカンナ。
社長の椅子を渡してもいいというとわ子。
カンナは泣いてしまう。

慎森(岡田将生)の告白

慎森は、先輩の家で犬を洗っている。それが慎森の幸せ。
先輩から「マディソンの社長はそうとう無茶をしている」と情報を得る。

鹿太郎からの電話。
鹿太郎は広島にいる。
話の途中で切ってしまう。

**

洋服を選ぶとわ子。
ポケットから千円がでてきて鼻歌を歌う。

大史からライン。
そのあと、八作から電話。

チャイムが鳴る。
慎森が突然やってきた。

「どいて」というも家にあがりこんでしまう慎森。
とわ子は大史との待ち合わせがある。

「あいつは最悪だ。髭の人だよ」
と慎森は、大史のことを髭の人という。

「あーいう人は最低最悪」
「あの人はいい人だよ」
と、とわ子。

「キミはなんて見る目がないんだ。プロポーズ受けるんじゃないだろうね。断る理由あるでしょ。唄ちゃんとのこととか、会社のこととか。…僕が嫌だ!何よりキミのことを思ってる。髭の人はダメだ」
慎森はドアを閉めてとわ子が外に行けないようにする。

そこで、とわ子は一芝居。
慎森は騙され、さらに、とわ子からスプレーを向けられ転んで頭を打ってしまう。

とわ子は慎森の頭に氷をあてる。
二人でソファに座り話をする。

慎森は「大丈夫だよ。よりを戻そうなんて言わないから」
「恋愛にはときめきのピークがある。だから人は結婚して夫婦になる。離婚は面倒くさくて、面倒くさいはすべてに勝つから夫婦を繋ぎとめられる。
僕はキミに恋はしたし結婚はしたけど、強い夫になれなかった」

と後悔を口にする。

とわ子のスマホを奪う慎森。
大史から連絡が入っている。

「こいつ(大史のこと)はキミを社長からひきづりおろそうとしている。キミは働いて恋をする人。働くキミと恋をするキミは、別の人じゃない
大史と結婚したら離婚するという慎森。
とわ子
「もうひとりは限界なんだよ。誰かに守ってもらいたいんだよ」
慎森は
「人の孤独をうめるのは愛されることじゃない。愛することだよ。キミには愛する人がいる。知ってる。僕のことじゃない。髭の人でもない。キミはあの人を愛してる。その人も君を……」
慎森は泣いてしまう。

慎森はスマホを渡す。

マディソンに検察が入ったというニュースが。

慎森
心配することじゃない、その人は君のパートナーじゃない。田中さんだよ」

八作(松田龍平)からのお祝い

オペレッタ

八作と持田(長岡亮介)は物音を聞く。
誰もいないのに……。

**

とわ子は大史と待ち合わせのレストランに行く。
とわ子はマディソンの心配をするも、大史は
「これは僕にとっていい知らせです。社長は退任するだろうし争わなくてすむ。あなたも安心して社長を辞めることができる。支度が整ったということです」
と堂々としている。

**
オペレッタ

物音がしてドアを開ける八作。
誰もいない。

**

とわ子がパスタを茹でていると、八作がやってきた。

とわ子は家にあげることはしない。
八作は、インターホンごし。
「キミと結婚して幸せだった。ありがとう。幸せになってください」
と言い立ち去る。

**

マディソンの件がニュース報道される。

しろくまハウジングでは、会議をする。
カレンも会議に加わる。

マディソンに買われた株を買い戻すことになる。

とわ子(松たか子)と大史(オダギリジョー)のキス

とわ子の自宅。

唄から電話がある。
唄に「(大史がくるから)一緒に会おう」
というが唄は断る。

「ママは自分で思ってるほど強くないんだよ。誰かにいてもらった方がいいよ」
と唄。

**

大史が訪ねてきた。

大史は事情聴取を受けてきた。
そんなことより、と大史は家の写真を見せる。

とわ子はウキウキと
「こういう家をつくってみたいな」
と夢を語る。

大史
「夢が叶いますね」

音楽を流す。
ふたりで食事をする。
ゆるりとした時間が流れる……。
幸せそうなとわ子と大史。

家を出て外に。

とわ子
「性格も指紋と同じなんですよね。指紋が合わないように人も違うんですから」
大史
「そうですよね、人は違うんですよね」
ハグする二人。
「じゃっ」といい、別れる。

とわ子(松たか子)と八作(松田龍平)とかごめ(市川実日子)

オペレッタ

とわ子が行くと「今日は暇だ」という八作。
とわ子はカウンターに座る。

「今さ、この人素敵だなという人とお別れしてきた。一緒にいて安心できる人だった。でも欲しいものは自分で手に入れたい」
と、とわ子は大史と別れたことを告げる。

「それはそうだよ。手に入らないものを眺めてる方が楽しい」

「ひとりで生きていけるけど寂しんじゃん。でも、ひとりでも幸せになれると思うんだよね。無理かな?」
「なれる、なれる」
と雑な返事をする八作。

ドアの外でまた物音がする。
八作は、ずっととわ子だと思っていたのだが…。

「私もあなたを好きになってあなたと結婚して良かったよ。それだし、今でも好きだよ」
「両想いだ」
「だからあなたを選んだ。あなたを選んでひとりで生きることにした」
「無理なのかな」
「今だって、ここにいる気がするんだもん。三人いたら恋愛にはならないよ。こうやって思い出してあげようよ。三人で生きていこうよ」

八作は語り始める。
「立体駐車場で雨宿りしてたら、大福食べながら歩いてきた」
かごめ(市川実日子)の思い出話に花を咲かせる。

「どんな夫婦になってんだろうね」
「くだらないことで喧嘩してたと思うよ」
「夫婦って言うかお父さん、お母さんだしね」

二人は自分たちが“夫婦”を続けていたことを想像する。
空気みたいになるっていうよね。
想像の中の二人は“いい夫婦”だ。

「夫婦なんて弱いとこで繋がってるもんなんじゃないの」
八作の言葉にとわ子も「そうだね」と…。

八作(松田龍平)のプロポーズ

そういうのがあったかもね、と現実の二人。

プロポーズされていないというとわ子に「したよ」と八作。
葡萄狩りのあと、帰りにバスを待っていた時、
「大豆田っていい名前だね。大豆田八作っていいな」
と。
それが八作のプロポーズだった。

**

出社するとわ子。
薬指にゴキブリ!
社内で大騒ぎに。

松たか子
「大豆田とわ子と三人の元夫、来週最終回」

「大豆田とわ子と三人の元夫」第9話のEDは、STUTS & 松たか子 with 3exes - Presence IV (feat. Daichi Yamamoto, 松田龍平)でした。

【大豆田とわ子と三人の元夫】9話の感想

【大豆田とわ子と三人の元夫】9話の感想を紹介します。

“しんしん”がトレンド入り!

大豆田とわ子と三人の元夫

大豆田とわ子と三人の元夫

大豆田とわ子と三人の元夫

パスタばら撒いて粉まみれになって 泣きながら「でも僕じゃない」って言うシンシンが どうしようもなく切なかった とわ子さんはすごくシンシンに救われてると思う #大豆田とわ子と三人の元夫

【大豆田とわ子と三人の元夫】9話の視聴率

【大豆田とわ子と三人の元夫】9話の視聴率は、6.2%でした。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

【大豆田とわ子と三人の元夫】9話のまとめ

【大豆田とわ子と三人の元夫】9話は、大史(オダギリジョー)のプロポーズから始まり、八作(松田龍平)のプロポーズで終わりました。
ストレートに伝える大史とさりげなく伝える八作。二人の魅力がそれぞれにあふれています。
大史ととわ子のデートシーンととわ子と八作の空想の夫婦生活がまるで映画のよう。とても素敵。
何度観ても感動する名場面です。
そして【大豆田とわ子と三人の元夫】9話は、なんといっても“しんしん”の愛情がたまらなく切ない。嫌味を言っても憎めない、時々とっても可愛くて愛おしい。岡田将生さんの早回しのような台詞にも感動です。

オペレッタの物音は“かごめ”?八作ととわ子の間にはいつもかごめがいる、ということですね。

次回は最終回です。
とわ子の初恋の人()が登場します!
泣いても笑っても最終回。絶対にお見逃しなく♪♪

【大豆田とわ子と三人の元夫】8話<<>>【大豆田とわ子と三人の元夫】10話

【大豆田とわ子と三人の元夫】のキャスト
【大豆田とわ子と三人の元夫】の視聴率
【大豆田とわ子と三人の元夫】の最終回までのネタバレ
【大豆田とわ子と三人の元夫】の原作

記事内画像:【大豆田とわ子と三人の元夫】公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました