2021年夏ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング
スポンサーリンク

【大豆田とわ子と三人の元夫】6 話のネタバレと感想!かごめちゃんにサヨナラ、オダギリジョー登場

【大豆田とわ子と三人の元夫】6 話のネタバレと感想!かごめちゃんにサヨナラ、オダギリジョー登場

【大豆田とわ子と三人の元夫】6話は、第1章完結編です。

とわ子(松たか子)のラジオ体操場面に大注目!オダギリジョー登場!
かごめ(市川実日子)に何があったの!?
・三人の元夫(松田龍平、角田晃広、岡田将生)の恋の行方は?

2021年5月18日放送【大豆田とわ子と三人の元夫】6話のネタバレ、感想、視聴率を紹介します。

【大豆田とわ子と三人の元夫】1話から最終回までをFODプレミアムU-NEXTで配信。(2021年5月現在)


ADVERTISEMENT

【大豆田とわ子と三人の元夫】6話のあらすじ

【大豆田とわ子と三人の元夫】6話のあらすじを紹介します。

【大豆田とわ子と三人の元夫】6話
【大豆田とわ子と三人の元夫】6話

第1章完結・全員集合地獄の餃子パーティー

オペレッタに集まっていた大豆田とわ子(松たか子)の三人の元夫、八作(松田龍平)、鹿太郎(角田晃広)、慎森(岡田将生)は、連絡の途絶えたとわ子を心配する。そこに、早良(石橋静河)、美怜(瀧内公美)、翼(石橋菜津美)が来店し合コンのような飲み会に。
さらにはとわ子の父・旺介(岩松了)から呼び出された八作らは、とわ子のマンションへ。旺介は早々に酔いつぶれてしまい、なぜか、ギョーザを作ることになった三人の元夫。
その傍らで、女性陣は恋バナを始め……。

【大豆田とわ子と三人の元夫】6話のネタバレ

【大豆田とわ子と三人の元夫】6話のネタバレを紹介します。

三人の元夫(松田龍平、角田晃広、岡田将生)と女たち(石橋静河、瀧内公美、石橋菜津美)

オペレッタに、八作(松田龍平)鹿太郎(角田晃広)慎森(岡田将生)が集まり、そこに早良(石橋静河)美怜(瀧内公美)翼(石橋菜津美)がやってきた。最初は別々に座っていたものの、結局は、6人で「乾杯」となる。

まずは自己紹介。

慎森「中村です。31歳、弁護士」と紹介したあとに、自己紹介は必要ないという屁理屈を語り出し、それが自己紹介になっていると、鹿太郎。

翼「小谷翼です。26歳です。ビジネスホテルで働いてます。好きな食べ物はシウマイ(シュウマイではなくシウマイ)」

美怜「古木美怜です。岩手県出身、32歳、血液型はO型。好きな犬はトイプードル」
女優ということをあえて口にしないのはなぜかという慎森。再び嫌味の炸裂。

中華料理の話に流れ、鹿太郎「マーボーを馬鹿にする人は人生損してます」と。
すると良早から「三ツ屋早良です。嫌いな言葉は『人生損してますよ』」とサラリと言われる。

八作の「元気です」という元気のない自己紹介が終わり
「最高の出会いに」
と、乾杯しようとしたらブレーカーが落ちて真っ暗闇に。

(ナレーション:伊藤沙莉)
『今週はこんなことが起きた』

・テレビをつけたらいきなり音量62だった元夫たちと女性たち
・日頃の行いを叱られる元夫たち
・新たな出会いに「あ、どうも」と挨拶をする大豆田とわ子

『消えた大豆田とわ子と三人の元夫』

女たちの恋バナ

しろくまハウジング

六坊仁(近藤芳正)の指示のもと、社員たちは、門谷(谷中敦)の仕事のコストカットをするためになんとかしようと働きだす。

**

オペレッタ

オペレッタでは、電気がつき、会話が続く。
大豆田とわ子に会いたい、と言い出す女性陣。
翼の話の流れでとわ子はトイレに隠れている、なんてことにもなる。

とわ子と連絡が取れないのは「男の人といる」と、女性陣が言い出し
「それはない」と鹿太郎と慎森は否定。

そこに、とわ子の父の旺介(岩松了)から慎森の携帯に電話がある。
「今から来なさい」ととわ子のマンションに招待される。

三人の元夫と女性らはマンションに出向く。
旺介がマンションに来た時は、とわ子も唄もいなかったという。
「さぁ、餃子を作ろう」と言い出したくせに、旺介は酔いつぶれて寝てしまう。

三人の元夫は餃子作りを始める。
餃子に名前をつけて楽しむ三人。

早良、美怜、翼は、恋バナを始める。

翼の恋

翼は慎森のことを話す。(名前は伏せている)
「ホテルの清掃をしているのだけど、2年前から毎日挨拶してたのに1度も返事してもらえなかった。いつの間にか好きになってた。外で会ったのに私の顔を覚えていなかった」

早良、美怜は「その人最低」と口をそろえる。
翼「私って人を見る目ないんですよね」とボソリ。

場を和まそうとして、鹿太郎がテレビをつけるがボリュームが大きくてすぐに切る。

美怜の恋

次に美怜の話。
鹿太郎のことを話しだす美怜。

「この人なら新しい恋ができるかもと思ったけど、間違ってた。優しいからこの人かもと思ったら『僕なんか』と急に距離を置かれた」
と鹿太郎のことを話す(名前は伏せている)

翼、早良「そいう人は誰でもいいんだよ」
美玲「結局、彼は芸能人としての私しか見てなかったのかな」と。

早良の恋

「二人はマシだよ。私が最低」と話し始める早良。
「ちょっと余裕があって楽な人いるでしょ。こっちの話を何時間でも聞ける人。それは、人のことを面倒くさがってるだけ。その人にとって人間関係はサービスでしかない」(八作の名前は伏せている)

美怜
いい恋愛って二人だけでいる時だけじゃなくて、一人でいる時も楽しくなるもんね
早良は、さらに八作にダメージ。
「そっちが勝手に好きになったんでしょって。謝れば話を討ち切れると思ってる

**

三人の元夫たちは、女性陣にコテンパンに言われてしまった。

「あなたはあなたと付き合いたいと思う?想像してみて、自分と付き合っている自分を」と言われ、三人の元夫はシュンとする。

**

しろくまハウジングでは、社員が顔を合わせ、経費削減の策を練っている。

とわ子(松たか子)の家で主のいない餃子パーティー

鹿太郎は、女性陣にいいくるめられ「どんと言い返してやろう」と言い出す。
「そんなことしたら大変なことになる」と八作。

慎森は「彼女はどう思っていたんでしょう。こんなダメな3人なのに、彼女は怒らなかった。僕たちは大豆田とわ子に甘えていたんです
こうして3人は、女性たち思いを受け止めようと決めたのが……。

餃子が出来上がり、6人で餃子パーティー。
女性陣は「わがままだった、反省している」と話し、好きになった理由を告白する。

・美怜が鹿太郎を好きになったのは「色気があるから」
・翼が慎森を好きになったのは「笑顔が素敵だから」
・早良が八作を好きになったのは…、と言いかけたとき、ピンポンが鳴る。

後妻の幾子が旺介を迎えにきた。
ここで、全員が解散となった。

八作、早良と二人になり、飲み直そうと誘うが
もう遅いよ。どこを好きだった教えるときは、その恋を終わりにするとき」と言われてしまう。

鹿太郎と美怜

写真を撮ってと言われてカメラを向ける鹿太郎。

「忘れようとしたよ、でも、逆に思い出しちゃうんだよ」
「俺だって逆に好きになったんだよ」

美怜を撮る鹿太郎。
「お疲れ様」と言い美怜はタクシーに乗って帰ってしまった。

慎森と翼

翼は、ホテルを辞め、実家に帰って温泉旅館の家業を継ぐ、と言う。

「それは、本当?嘘?」
「どっちだっていいじゃないですか」

「待ってよ」という慎森に
『一番いい笑顔でいってらっしゃい』と言って」と翼。

「いってらっしゃい」という慎森。
「行ってきます」というと翼は背中を向けて駆けだした。

八作と早良

私と付き合ったら、絶対、楽しいと思うよ
早良は自己アピールをする。
「こんな最高の恋人、どこ探したっていないよ。今逃したら、一生後悔すると思う。何年かして街ですれ違ったら、あの子、俺のこと好きだったんだよな、失敗したなと思うよ」

最高に悔んでる顔して、という早良に
「できる。すごく悔しいと思う。なんであの時と思うと思う、一生後悔すると思う」と八作。
早良「それは楽しみだな、その顔を見るの」

**

結局……。

鹿太郎も八作も慎森も、3人の女性から好きになられてふられてしまった。

かごめ(市川実日子)の死

しろくまハウジングでは、やっと予算内におさめられたが「契約は打ち切り」の連絡が入った。
とわ子は、会談を打ち切って退席していた。

**

八作の携帯が鳴る。
うろたえる八作。
電話を掛けるが電話は留守電。(おそらく、かごめにしていたであろうと想像)

自転車に乗り、コンビニに行きホチキスとストローと靴下を買い病院に。

唄(豊嶋花)がいる。
唄を抱きしめる八作。

医師の声
『午前1時17分死亡確認。
死因は心筋梗塞』

とわ子(松たか子)が待合室にいる。
八作はコンビニで買った品をとわ子に渡す。
とわ子は、かごめのパーカーに紐を通す。

とわ子
「ひとりで死んじゃったよ。ひとりで死なせちゃったよ」
八作はとわ子の手を握る。

**

『友達を亡くした今週、こんなことが起こった』(ナレーション:伊藤沙莉)

実家で葬式を挙げたくはないというかごめの願いを叶えることはできなかったが、もぐりこむことには成功したとわ子。

かごめにはお気に入りの曲があった。曲名がわからず鼻歌で再現。
数ヶ月前に入った喪服が入らないで困るとわ子。

葬儀の日は晴れ。

霊柩車に向かい
「かごめ」
とわ子は叫ぶ

その後、会社に出勤。
その夜、かごめの部屋に行くとわ子。

冷蔵庫をあけ、料理をする。
かごめの描いた漫画を読む。
かごめのことを思い出す。
漫画をポストに投函。

家に帰ってお茶漬けを食べた。
「おいしかったけど、わさびを入れ過ぎたかもしれない」

謎の男(オダギリジョー)登場!

1年後の大豆田とわ子。

ラジオ体操では、体をねじるところが、未だにみんなと合わない。
とわ子と同じく、ねじるところがみんなと合わない男(オダギリジョー)と目が合う。

松たか子
「大豆田とわ子と三人の元夫、また来週」

今週の大豆田とわ子のエンディングはKID FRESINOでした。

【大豆田とわ子と三人の元夫】6話の感想

【大豆田とわ子と三人の元夫】6話の感想を紹介します。

大豆田とわ子エンディングのラッパーは当てられなかったけど、あんなに人がいっぱいしゃべるドラマで葬儀のシーンは誰も取り乱さず、たんたんと進む、すごい脚本だなぁと思いました。餃子は全然食べたくならなかったけど、ワインは飲みたくなりました。チェーンストーリーはラザニアの話が好きです。

今回のエンディング、 かごめちゃん登場するんじゃないかって期待したし待ってる気持ちもあったけど、これは大豆田とわ子の物語なのでそれは違う気もするな 見えないけど、きっと楽しく自由に その辺をブラブラしているんだろう

今週の #大豆田とわ子と三人の元夫 良かったなぁ。前半と後半の緩急がすばらしい。悲しみのなか、しっかりこなす大豆田とわ子の後ろに東京の夜景。そしてあのオシャレなエンディング曲へ。Tokyoが悲しいほどオシャレ。

エンディング目当てで見始めた大豆田とわ子と三人の元夫にまんまとハマり、今週に関しては涙を流すなどしている…

【大豆田とわ子と三人の元夫】6話の視聴率

【大豆田とわ子と三人の元夫】6話の視聴率は、5.5%でした。(ビデオリサーチ調べ関東地区)
初回は7.6%。2話は6.7%。3話は5.7%。4話は6.0%。5話は6.2%で0.7ポイントダウン。

【大豆田とわ子と三人の元夫】6話のまとめ

【大豆田とわ子と三人の元夫】6話は、前半が元夫たちの恋バナ。そして、後半はまさかの展開!

かごめちゃんの死はあまりにショッキング。病院まで自転車に乗り駆け付けた八作。「唄」と言う時のその優しい声、そっと抱きしめる八作。そして、とわ子の手を何も言わずに握る八作。松田龍平さん演じる八作の物言わぬその仕草にぐっとくるものがありました。

前半の恋バナで印象的なのは、石橋静河さんが演じる早良。石橋静河さんは、なにげに振られてしまう役が多いような。「東京ラブストーリー」のリカと「この恋あたためますか」の里保。二人の女性の姿がチラチラと浮かんできました。

かごめちゃんが亡くなり、第1章は完結。次回は、謎の男・オダギリジョーさんが登場します!

次回予告

・謎の男(オダギリジョー)は何者?
・しろくまハウジングで人員整理!?
・八作がひとり旅!
・とわ子が恋!?

次回もお楽しみに♪♪

【大豆田とわ子と三人の元夫】5話<<>>【大豆田とわ子と三人の元夫】7話

ドラマ【大豆田とわ子と三人の元夫】のキャストと相関図!松たか子がバツ3女のロマコメ! | 【dorama9】

【大豆田とわ子と三人の元夫】の全話ネタバレ・あらすじを最終回まで!結末は4度目の結婚? | 【dorama9】

【大豆田とわ子と三人の元夫】カルテットより面白い!?視聴者がハマる脚本の魅力! | 【dorama9】

記事内画像:【大豆田とわ子と三人の元夫】公式サイト

コメント