【君が心をくれたから】5話のネタバレと感想!数年越しのラブレターに視聴者号泣!

当サイトのリンクには広告が含まれます
君が心をくれたから・第5話

月9ドラマ【君が心をくれたから】(君ここ)第5話が2024年2月5日(月)に放送されました。

雨ちゃんの祖母が倒れる急展開。つらいストーリーの中、次に奪われる五感は「触覚」で…。

5話の放送後、数年越しに届いたラブレターの場面に多くの視聴者が号泣!?

今回は【君が心をくれたから】5話のあらすじ・ネタバレ・感想・視聴率・出演者スタッフなどについて!

『君が心をくれたから』の動画はFOD(フジテレビオンデマンド)で最新話まで全話、配信中

あわせて読みたい
【君が心をくれたから】あらすじ・ネタバレを最終回まで!原作の結末は? 【君が心をくれたから】あらすじ・ネタバレを最終回まで!原作の結末は? 永野芽郁主演のフジテレビ月9ドラマ【君が心をくれたから】(君ここ)を最終回まで全話紹介!原...
目次

【君が心をくれたから】5話のあらすじ

【君が心をくれたから】5話のあらすじです。

ばあちゃんは魔法使い

2005年12月。夜中、雪乃()は起き出して、雨が眠れない様子なことに気づく。「アラビアンライト」の本を持っていた。雪乃は「ばあちゃん、魔法使いなの」と明かし、イフタフヤーシムシム(アラビア語: افتح يا سمسم‎, iftaḥ yā simsim,日本語:開けゴマ)!と魔法をかけて、雨の心を開かせる。

雨は雪乃と一緒に寝たいと言う。その後、一緒のベッドに入った2人。雪乃は、もし魔法が使えたらどんな願いをかなえたいか尋ねる。お菓子をいっぱいと母と祖母と3人で暮らしたいという雨。

笑ってる雨が大好き

2024年1月27日。病院に搬送された雪乃は、自身がガンであることを雨()に告白する。苦しいのはごめんだと抗がん剤治療も拒否してきた雪乃は、もってあと2カ月、早ければ数週間の命だと宣告されているという。

「間違いだよ」と現実を受け入れられない雨。雪乃はそんな雨を抱きしめ、今はちゃんと生きているから、生きている間は雨の笑顔をたくさん見せてほしいと告げる。

雪乃「ばあちゃんは、笑ってる雨がだーいすき」

雨は頑張って笑顔を作った。

フラれた男ができること

君が心をくれたから・第5話

太陽の父・陽平(遠藤憲一)は、雨にフラれてしまった太陽を励まそうとする。

陽平は、亡き妻・明日香と出会ったころの話をした。

明日香の実家は福岡で手広く商売をしていた。明日香の父親は娘に悪い虫がつかないようにと、長崎の全寮制の女子校に入れた。

それなのに陽平がちょっかい出したから、明日香の父は怒った。最後は駆け落ち同然に結婚した。

陽平は、フラれた男ができることは3つだけだ、とアドバイスした。

  1. 相手の幸せを願うこと。
  2. 何事もなかったように今まで通り普通に暮らすこと。
  3. 好きな子が一人で泣いて悲しんでたら何を置いてでも駆けつける。

その後、太陽は春陽を外食に誘う。明日、寿司を食べに行くことに…。

次に失うのは触覚

君が心をくれたから・第5話

雨は、もうひとりの“案内人”千秋()に、太陽のことを助けたように、雪乃も奇跡で助けて欲しいと頼む。

君が心をくれたから・第5話

しかし千秋は、奇跡は誰にでも起きるわけではないし、自分たちにも与える権限はない、と告げた。

日下が現れ、午前0時になったことを告げる。雨の腕時計に表示されたのは「手」のマーク。次に雨が失う五感は「触覚」だった。

タイムリミットは3週間後の2月18日午前3時。

触覚……具体的には氷に触れたときの冷たさ、トゲが刺さったときの痛さ、今座っているソファーの質感、そして人のぬくもりや皮膚の感触。

日下「つまり触覚とは世界と、そして誰かとのつながりを実感するための感覚といっても過言ではない」

雨「じゃあ、分からなくなるんですね。触れても。触れられても」

雨は足の感覚がなくなっても歩行はできるのか、ものを持つこともできるのか、寝たきりになってしまうのか?と尋ねる。

日下は分からないというが、歩行困難になってもいいように準備するよう勧める。

雨に魔法をかけてくれる人

君が心をくれたから・第5話

公園にて。雨は望田司(白洲 迅)と話し、雪乃に言おうとしたが入院してしまい言えなかったと明かす。

雨は「アラビアンナイト」を読んでいる子供を見つけて、祖母に言われたことを思いだす。

雪乃「大人になると苦しいことや悲しいことが沢山起こるの。でも雨に魔法をかけてくれる人もきっと現れる。だからそんな時は遠慮せずに、魔法に助けてもらいなさいよ。その代わり、雨も誰かに素敵な魔法をかけてあげてね」

雨「じゃあ。私がばあちゃんに魔法かけてあげる(笑)」

指輪の精?

君が心をくれたから・第5話

一方、春陽はスーパーのパックのお寿司を太陽に買ってもらい、ベンチで食べる。春陽がそれでいいと言ったのだ。

春陽はイケメンの司が本まぐろの握りで、兄はかんぴょう巻きだと例える。

そして本マグロには勝てないけど、世界にはかんぴょう巻きが好きな人もいるよと慰める。

太陽は雨に渡し損ねた指輪を取り出して、「指輪の精になれたらなあ」って思ったことを明かす。

【君が心をくれたから】5話のネタバレ

【君が心をくれたから】5話のあらすじネタバレです。

祖母へ打ち明ける雨

雨は雪乃の病室へお見舞いに行く。すると雪乃は雨が何か隠していると気づく。

雪乃はあのころのように魔法をかけて、雨の心を開かせる。

雨は雪乃に五感を失ってしまう病気であること(※病気というのは奇跡のための条件が秘密のため)を打ち明けた。

その上で「ごめんなさい」と謝った。母の暴力から守ってくれて、夢を応援してくれて、助けてくれたのに…何もオン返しできず、ばあちゃん孝行できなかったから。

雪乃は「ばあちゃんに生きる意味をくれてありがとう」と感謝。

雪乃は何がなんでも生きて雨を支えることを決心する。

雪乃「心配いらないよ。ばあちゃんがいる。ずーっといる」

雨は笑顔になった。

一人になっても大丈夫な準備

辺りが暗くなったころ。太陽は指輪を草むらに捨てた。

そばにいた春陽は「そこまでしなくても」というが、太陽は踏ん切りをつけるために放り投げたのだった…。

病室にて。雨は病気をしなければ、どんな未来が待っていたのかと毎日考える、と雪乃に話す。

パティシエの夢に向かって頑張ってただろうし、太陽の告白にもOKして、何年か付き合って結婚して、時々ケンカするけれど優しい太陽はすぐ謝ってくれて、1日の終わりには「今日も幸せだったね」と笑い合う…そんなどこにでもある幸せをつい考えてしまう。

雪乃「間に合わないの?今からでも」

雨「遅いよ。もうかなわいの」

後日。雨は司に電話をして、体が動かない時に入れる施設を紹介してもらうことに…。

一人になっても大丈夫な準備をするために…。

雨の願いを叶えるために

君が心をくれたから・第5話

太陽は春陽が探しものがあるから休んでいると同僚から聞かされる。

春陽は雨に会って、高校卒業の時に兄が渡せなかった指輪を渡す。

兄が雨ちゃんの「指輪の精」になりたかったと言ってたと教える春陽。

アラビアンナイトのランプの精は悪いものに使われ裏切るが、指輪の精はアラジンの味方だという。

だから雨が指輪をこすったら、指輪の精として出てきて雨を元気づけたかった、幸せにしたかった…そう太陽は語っていた。

祖母が司に頼むこと

司は雪乃の病室に行く。そして雨のために何かできることはないか、と尋ねる。

雪乃は「あの子の一番の願いをかなえてあげたいの。だけど「それはあなたにはつらいこと」という、頼み事をする。

そして、司は雪乃の家に行き、アラビアンナイトの本を見つける。

その後、司は太陽の職場へ現れる。

午後2時ごろ、雨は重症心身障害者施設「ながさき心の里」に見学へ。

雨が施設の見学中、日下の異変を感じる千秋。

渡せなかったラブレター

君が心をくれたから・第5話

施設の休憩所にて。雨は千秋に「ひとりになるの、やっぱり怖くて」と不安な胸の内を吐露する。

祖母が亡くなり、太陽とも会えなくて、五感を失った状態で何も分からないと考えると、すごく恐怖だった。

そのころ、司は太陽に「僕は彼女と付き合っていません。五感を失う病気なんです」と明かす。

太陽は「なんて病気なんですか」と聞くが、司は病名は知らなかった。

すでに嗅覚を失っていると聞いた太陽は、雨がマカロンを食べた時の涙を思い出す…。

司「だから嘘をついたんです。太陽くんが好きなのに、邪魔にならないよう、いなくなろうとした。でも本当は太陽くんの花火が見たいんです」

司は雨の願いを叶えてほしいと頼み、雪乃から頼まれたアラビアンナイトの本を手渡す。

本には、雨が高校卒業の時に書いた手紙が挟まれていた。雪乃がゴミ箱から拾っていたのだ。

そのラブレターの内容は…。太陽への感謝と10年後の約束を叶えること。そして素敵な未来にワクワクしていて、幸せなこと等が綴られ…

雨「こんな幸せをくれた太陽君がわたしは好きです。大好きです。太陽君、いつも特別扱いしてくれてありがとう。雨なんて変な名前で、ちっとも冴えない私のことをたくさん褒めて、励まして、ちょっと恥ずかしいことも、大げさなことも、何でも素直に言ってくれて、ありがとう。そんな人、今まで一人もいなかったから。お姫様になれたみたいでうれしかった。もしよかったら、10年後も20年後も、もっともっとその先も、生まれ変わっても、また私になるから、欲張りだけど、その時も、あなたの隣にいさせてください」

観覧車で司を好きな理由として雨が語っていたことが回想される。

涙ぐむ太陽は司にとあるお願いをして…。

【君が心をくれたから】5話の結末ネタバレ

【君が心をくれたから】5話の結末ネタバレです。

もう会いにこないで

司は「大事な用事なんだ」と電話して、雨を呼び出した。

そこに来たのは太陽だった。

雨は「しつこいよ」と嫌ったふりをするが、太陽は「もういいから」と告げる。

太陽は五感の病気のことや雨が書いたラブレターを読んだことを伝える。

しかし雨は「だったら、なおさら会いに来ないでよ。会ったらもっと苦しくなるから。一緒にいたくなっちゃうから。だから…もう会いに来ないで」と言い、走り去る。

すべて魔法のせいにして

雨はバスに乗って、出発。しかし隣に座る千秋が雨に通りを見るよう促す。

なんと太陽がバスを追いかけて、懸命に走っていた。

しかし足がもつれて転ぶ太陽。

赤信号になり、クラクションが鳴る。太陽は飛び出さす、止まった。

バスがどんどん離れていく。

停留所で停車。千秋は「いいの?」と何度も確認するが…雨は涙をこぼすばかりで、動けない。

バスが発車。車内では雨のすすり泣きが聞こえている。

日下は思い出していた。ある男に「本当にいいんだね?」と尋ねられたが、日下は「はい。後悔はしません」と答えた日の場面を――。

次の停留所にて。日下は雪乃の開けゴマの魔法を雨に語り、行っても行かなくてもどちらでも後悔はするだろうと告げつつ…

日下「あなたは今日の選択をいつか後悔するでしょう。彼の元へ行っても行かなくても必ず後悔する。だったら今はすべてを魔法のせいにして、幸せな後悔をするべきだ」

雨は祖母が魔法をかけてくれる人がきっと現れるから遠慮せずに助けてもらいなさいと助言されたことを想いだす。

今がその魔法の時だ。

雨はバスを降りて、駆け出す。

千秋「日下さん、どうして?」

日下「彼女はこれからもっとつらい思いをすることでしょう。きっと彼も。しかしそれでも今だけは幸せな道を選んでいい。そう思ったんです」

雨の願い事

雨と太陽が再会。雨は春陽からもらった指輪を取り出して、「私の指輪の精になりたいってホント?」と確認。

息が上がってしゃがみならがも、うなずく太陽。

雨は指輪をはめて「願い事してもいい?」と確認。「いいよ」と太陽。

雨の心の声(でもこれはかなっちゃいけない願い事。それでも今は、今だけは…)

「お願い、太陽君。目が見えなくなっても、耳が聞こえなくなっても、味も匂いも感触も、全部分からなくなっても、私のこと、好きでいて…。お願い」

太陽は雨を抱きしめた。

太陽「絶対に変わらないから、君がどんな君になっても、ずっとずっと大好きだからね」

雨は笑顔になり、太陽をきつく抱きしめる。(つづく)

君が心をくれたから・第5話

【君が心をくれたから】5話の感想

【君が心をくれたから】5話の感想です。

数年越しのラブレターに視聴者号泣!

雨が高校卒業の時に渡せなかったラブレターが、数年越しについに太陽君の元へ届きました。

しかも前回の観覧車のシーンが回想され、太陽が俺だったらと泣いたあの場面の伏線が回収。

そう。雨が太陽くんへの思いを観覧車で語っていた…と、ついに太陽くんが気づく展開!

多くの視聴者が号泣したようで…↓

いやあ、よかった。よかった。太陽くんに教えてあげたいと画面の前で思って、でも出来なくて、もだえ苦しんだ人も多かったことでしょう。

5話で早くも伝わって、よかった。よかったです。

謎の病気に突っ込みも

本作はファンタジーですが登場人物は至って真面目で、永野さん・山田さんの演技も熱演といえるくらい良いのですが…。

水を差すわけではないのですが、五感を失う謎の病気について司さんも、おばあちゃんも受けいれちゃってるのが突っ込みどころです。(笑)

太陽君だけ「なんて病名?」と司さんに質問。

まあ、そうなるよね。

司さんはおばあちゃんに何ができることないか尋ねてましたが・・・現実的にはちゃんと病名が何かを聞いて、セカンドオピニオンや名医がいないかなど探すことになるかも。

その点、日テレのドラマ『となりナースエイド』は原作者が内科医だけあって、不治の病「シムネス」を劇中に登場させてストーリー展開させています。

まあ、五感を失う病気というのはウソで、病気じゃなくて奇跡の代償なのですが…。それでも、ちょっと皆さん、信じすぎてるような…。

さて。次回は最初で最後の家族旅行? 次回も注目ですね。

1 2
君が心をくれたから・第5話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次