【君が心をくれたから】3話のネタバレと感想|嗅覚の大切な意味に視聴者も共感!

当サイトのリンクには広告が含まれます
君が心をくれたから/第3話

月9ドラマ【君が心をくれたから】(君ここ)第3話が2024年1月22日(月)に放送されました。

10年越しの願いが描かれる第3話。雨()と太陽(山田裕貴)の恋がついに動き出す!想い出のランタン祭り。次に奪われる感覚は「匂い」。「嗅覚」の大切な意味とは…?

今回は【君が心をくれたから】3話のあらすじ・ネタバレ・感想・視聴率・場面写真・出演者・スタッフについて!

『君が心をくれたから』の動画はFOD(フジテレビオンデマンド)で最新話まで全話、配信中

あわせて読みたい
【君が心をくれたから】あらすじ・ネタバレを最終回まで!原作の結末は? 【君が心をくれたから】あらすじ・ネタバレを最終回まで!原作の結末は? 永野芽郁主演のフジテレビ月9ドラマ【君が心をくれたから】(君ここ)を最終回まで全話紹介!原...
目次

【君が心をくれたから】3話のあらすじ

【君が心をくれたから】3話のあらすじです。

恋ランタンの願い事

2014年1月。高校時代、逢原雨(永野芽郁)は、祖母の雪乃(余貴美子)は手ぐらい握りなさいと言われる。雨はまだ付き合っていないからと恥ずかしがった。

そんなある日、雨は朝野太陽(山田裕貴)から高校のランタン祭りの実行委員を一緒にやろうと誘われる。「雨ちゃんと思い出を作りたいから」というのが理由だった。

太陽は「恋ランタン」の話をした。願い事を書くとかなうという。雨は「どうせ、かなわないよ」と笑う。しかし、太陽は小学生の時に初恋の人と隣りの席になれますように」と書いて、叶ったのだという。

雨は太陽に初恋の人がいたことを知り、悔しさのあまり、「あったなあ。私も初恋の先生に褒められたいと思ったこと」と嘘をついた。

太陽も「先生?」とショックを受ける。

2人は結局、願い事を書かなかった。

その日の夜。祖母・雪乃は雨に「大事なのは最初の人になることじゃない」といって、ある助言をする。

それを聞いた雨は、閉まりかけていた長崎孔子廟まで全速力で走り、手に入れた恋ランタンにある願い事を書く。

好きな人の、最愛の人になれますように

雨のナレーション《いつかこの願いがかなったら、この初恋が実ったら、私はきっと、うんと幸せ

嗅覚には大切な意味がある

君が心をくれたから/第3話

2024年1月15日。『味覚』を失った雨は、祖母・雪乃と食事をしていたが、料理に手をつけず、ボーッとしていた。お菓子を食べすぎたからとごまかす雨。

雪乃から「健康な心と体があるうちはちゃんと働きなさい。時間を無駄にしたら勿体ない」と言われる。

雨は、思わず「無駄になんかしてないよ!」と声を荒げて反論してしまう。雨はすぐに謝った。

その後、一人になった雪乃は苦しそうにしゃがみ込む。

雨の部屋にて。千秋(松本若菜)は雨に、祖母にも話さないつもりなのか問う。

雨は一人で頑張れるだけ頑張りたいという。

千秋は太陽にまた見られた。しかし「葬儀屋」に間違われて、特に怪しまれなかった。

そこへ日下(斎藤工)が現れる。

日下は、ひとつの五感が失われるとその翌日の深夜0時に次に失われる感覚とタイムリミットが腕時計に表示されることを告げる。

そして深夜0時。雨の時計には『鼻』のマークと11日後の午後9時というタイムリミットが表示される。

次に奪われるのは嗅覚。雨は『視覚』や『聴覚』ではなかったことに少しホッとしていた。

そんな雨に対して日下は「嗅覚はただ匂いを感じるだけのものではなくもっと大切な意味がある」と告げ……。

【君が心をくれたから】3話のネタバレ

【君が心をくれたから】3話のあらすじネタバレです。

1%の可能性

太陽の父・陽平()が病院に運ばれる。しかし3か月も便が出てなかっただけのようだ。

春陽()は太陽に雨に告白してくるようせかす。太陽の初恋の相手は雨で、初恋が実るのは1%。だが…。

春陽「おにいは1%の可能性を持っている。時は来た!」

太陽と春陽がそんな話をしながら病院を出ようとすると、受付に雪乃を見かけて…。

夢の他にまた失うのか

雨はハローワークに通っているが、ダメだった。まず2週間だけというのがネックなようだ。

雨は日下の言葉が引っかかっていた。千秋は考えすぎないよう助言。

雨「また失くすのかなあ。夢の他にも、大切なもの

千秋は雨に、望田(白洲迅)に頼ってみるよう助言。

望田は友人の結婚式の式場スタッフを勧められる。時給1500円と聞いた雨は引き受ける。

クレープと夕焼けの思い出

2024年1月。雨は通りかかったカップルがクレープを食べながら歩いているのを匂いで気づき、振り返る。

雨「いい匂い」

2014年1月、高校時代。長崎高校ランタン祭りの実行委員会にて。雨と太陽が委員として参加していた。

企画会議にて。雨がおずおずと挙手して、「恋ランタンやるってのはどうでしょう?」と提案。

一瞬、沈黙があったが・・・生徒たちは次々と賛成。具体的に考えていくことに…。

帰り道。雨が提案できたのは、太陽と恋ランタンを見に行ったことがきっかけだと明かす。役だったことでうれしがる太陽。

はしゃいだ太陽は通行人とぶつかり、自身が持っていたクレープが服についてしまう。雨はハンカチで太陽の服についてクリーム拭いた。

謝る太陽。

雨は「平気だよ。いい匂いだから」という。

なぜ実行委員会に入ったのか。太陽と同じで、雨も「思い出を作りたかったから」。

太陽「俺との思い出?」

雨「…違うよ。高校時代の思い出」

夕焼けを2人で見て、雨は「今までで一番きれい」と言った。太陽は「そうかなぁ」と笑う。

太陽がどうしてそう思ったのか尋ねるが、雨は「内緒」と走り出す。クレープの匂いがするから…。

太陽は両手を広げて海へと歩いて行く。

雨は笑顔が止まらない。実は、雨も両手を広げて・・・影では手をつないでいた。

雨の幸せを願うこと

2024年1月19日(金)。太陽と春陽は、ベンチに座り、雪乃と話す。

雪乃「私、もうすぐ死ぬの

雪乃は脊椎に癌が見つかり、もって半年といわれたが、それから1年、生きているという。

雨は知らない事実だった。雪乃は雨と霞美の幸せだけを願っていた。

雪乃は太陽にお願いがるという。

雪乃「あなたに受け取ってほしくて。雨の幸せを願う気持ちを」

ただ願うだけでいいのだと言う。この世界に一人でも自分の幸せを願ってくれる人がいることは、幸せなことだから…。

小指だけ触れたあの日

病院の帰り。太陽は職場に戻らず、雪乃と一緒に家へ。すると雨が帰って来た。

太陽と雨は2人で話す。

雨は太陽の手を見て、高校時代を回想する…。

2014年。高校時代。恋ランタン企画の装飾をする実行委員会メンバー。

太陽は段ボールに突っ伏して寝ていた。

雨は眠る太陽に話しかける。

雨「前に夕陽を見た時、言ったよね。今までで1番キレイだって。あれってきっと、太陽くんがいたからなんだね。…ありがとう。太陽くん」

雨が秘密にしてた思いを告白した。

太陽はフフフと笑った。

雨は太陽の手に触れようとしたけど触れられなくて、小指だけ触れ合う。

雨は思わず笑みがあふれる。

君が心をくれたから/第3話

伝えたいことがある

2024年1月19日。雨は自分の小指を触る。

太陽は雨をあした開催するランタン祭りに誘う。伝えたいことがあるから、と。

雨は明日アルバイトだが、終わって8時には行けるから「待っててくれる?」と尋ねる。

太陽は笑顔で「待ってる」と答える。

夜。雨は愛の告白だと思って、興奮してベッドに飛び込むと、雪乃に見つかってしまう。

結婚式のアルバイト

雨は香水の嗜好紙を持っていた。望田がその意味を解説する。

望田「失われた時を求めて。ある特定のニオイを嗅ぐと過去の思い出が蘇る。そういうのをプルースト効果っていうんだ。今日という幸せな思い出を香りの中に閉じ込めたいのかも」

結婚式にて。新郎新婦の誓いを香りの中に閉じ込める儀式が行われる。告白の最中、瓶を割って、部屋中その匂いが充満したことがあるらしい。恋の始まりとともにある思い出の匂いだという。

雨は、太陽についたクレープの匂いを思い出し、涙ぐむ。

夜。19時8分ごろ。太陽はランタン祭りの会場で海を待っている。

一方、チャペルにて。雨は日下に嗅覚の大切の意味がわかったと話す。

「きっと匂いって思い出なんですね」

日下「そうです。嗅覚は五感の中で唯一、直接、記憶をつかさどる海馬に情報が届く。いうなれば 嗅覚は思い出の扉を開く鍵」

特定の匂いを嗅ぐと過去の思い出が蘇るプルースト効果。つまり雨は高校時代に見たあの日の夕焼けを鮮明に思い出すすことはなくなる。

五感を失ったとき、思い出すきっかけを失い、暗闇でただ生きてるだけになってしまう…。

雨は、望田に心配されつつ、帰ることに…。

【君が心をくれたから】3話の結末ネタバレ

【君が心をくれたから】3話の結末は…。

忘れられない思い出を作ること

20時23分。雨がトボトボと帰っている。すると太陽から雨のスマホに電話がくるが…。雨は出ない。

千秋が「行かないの?」と心配する。

雨は「新郎新婦を見て実感しました。私は幸せになれないんだなって」

美味しいご飯を作ってあげられないし、声を聞くことも、口喧嘩も、同じ景色を見ることも、手の温度を感じることも・・・もうすぐ出来ない。そんな自分といたら、太陽は幸せではない。だから…

雨「だから、私は幸せになっちゃダメなんです」

千秋「あなたはきっと幸せにはなれないわ。でもね、雨ちゃん。それでも思い出を作ることができる。だから、太陽くんと作っておいでよ。うんと幸せな思い出」

雨「そんなの意味ないよ。五感を失って暗闇の中で生きてたら、きっと忘れちゃう」

千秋「そんなことない。きっとある。絶対ある。一生忘れられない思い出が人生には必ずあるから

太陽の告白/雨の決断

雨は千秋に背中を押されて、走り出す。

21時07分。雨が太陽の元へ到着。2人は祭りを楽しんだ。

その後、2人は並んで座って話す。実は太陽は、あの夕陽の赤色が見れなかったのだ。だから雨の好きな曲、好きな匂い、好きな味を知りたくなった。雨のことを知りたかった。

太陽は雨の手を握って「この世界で誰よりも一番、人生で一番…君のことが大好きだ」と愛の告白をする。

君が心をくれたから/第3話

雨は太陽に感謝しつつ、「他に好きな人がいる」と言って、告白を断る。

雨は「でも、すごくすごく嬉しい。だから忘れないよ。太陽くんが好きって言ってくれたこと。ずっとずっと忘れない。私の一生の思い出」と言って笑った。

雨の10年越しの願い

神社にて。千秋は「どうして断ったの?」と聞く。

雨は「ただ好きって言葉が欲しかったから」という。

雨はその言葉があれば暗闇でも生きていけると思った。その時、ふと思い出す。

高校時代の雨「これあと一つ下さい」

ドキドキしながら、高校時代に雨が恋ランタンに書いた願い事は「好きな人の最愛の人になれますように」 と、もう一つあった。

初恋の人と いつか手をつなげますように

「欲張りかな」とつぶやきながらも雨が恋ランタンに書いた、2つの願い。

いつかこの願いが叶ったら、うんと幸せ・・・そう思ってた。

なのに・・・

2014年現在。雨は「叶ったよ。二つ」というが「どうしてだろう。悔しいな」と涙があふれる。

千秋は日下に「彼女が幸せになる道を彼女と一緒に探します」と告げる。

雨が降っている中、濡れながら帰っている雨に傘を誰か差しだす。…望田だった。

雨は「もうすぐ五感を失くす」ことを望田に明かす。

雨「思い出だけじゃ、やっぱり怖くて。笑っていいですよ」

泣きながらも無理に笑う雨。

望田は雨は抱きしめる。(つづく)

【君が心をくれたから】3話の感想

【君が心をくれたから】3話の感想です。

嗅覚の大切な意味に視聴者も共感!

前回、「味覚」を失ったことで“夢”を失った雨。今回、「嗅覚」を失うことで“思い出”を失うことに気づきます。

雨は最初、視覚や聴覚じゃなくて良かったとホッとしていたのですが…。実は大切な意味がありました。

筆者も視聴していて、確かに見えなくなったり、聞こえなくなるよりはマシだと思ってしまいました。

でも、たしかに嗅覚を失うとそれと結びついていた思い出までも失ってしまうというのは納得。

五感は人間を構成する不可欠な要素。ひとつとして不必要なものはないのですね。

SNSでは、多くの視聴者が嗅覚の大切な意味に共感し、「嗅覚の大事さに気付かされた」などの感想をあげています↓

案内人のルールに視聴者混乱

SNSでは「奇跡」のことについては太陽にしか言えないルールじゃなかった?という疑問の声が多かったです。

筆者も「あれ?」と混乱してしまいました。

太陽に打ち明けるかどうか、という展開だったはずが…。

今回の序盤、千秋さんは祖母に打ち明けないの?という趣旨のことを言っていましたよね。

だから「五感を失う」こと、それ自体は言ってよいのだと理解しました…。

でも、それならそれで、あの病院の廊下でハッキリさせておけば混乱しなかったのに(笑)

おそらく、五感をひとつずつ失うその理由、つまり「奇跡が起きたこと」については話してはいけないのでしょう。

1 2
君が心をくれたから/第3話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次