【カムカムエヴリバディ】60話│大月るい(深津絵里)誕生に祝福の声!

カムカムエヴリバディ60

【カムカムエヴリバディ】60話

朝ドラ【カムカムエヴリバディ】第13週 第60話が2022年1月26日に放送されました。

第60話では、大月るい()誕生に祝福の声が…。

今回は【カムカムエヴリバディ】60話のあらすじネタバレと感想について。

U-NEXTで見る


ADVERTISEMENT

【カムカムエヴリバディ】60話のあらすじネタバレ

【カムカムエヴリバディ】60話のあらすじネタバレです。

るい(深津絵里)と竹村夫婦との別れ

るいは、錠一郎と一緒に暮らすことになった。

るいが部屋で荷物をまとめていると、平助()・和子()がやってきて…

平助:「寂しなるな。」

和子:「あんた。それは言わん約束やろ。」

るい:「東京やのうて、京都で住むんですからいつでも会えます。私、まだあきらめてません。いつかまたジョーさんがトランペット吹ける日がくる。そない信じてます。

和子「るいちゃん。これ持っていき。」

和子は、錠一郎が裏にサインした映画ポスターを渡す。

平助:「元気でな。るいちゃん。」

和子:「幸せになりや。」

錠一郎(オダギリジョー)と木暮との別れ

錠一郎()も部屋で荷物をまとめながら、木暮()との別れを惜しんでいた。

木暮:「京都やったらベリーちゃんも居るし、私も安心や」

錠一郎:「ええ」

木暮:「たしかに、いっぺん環境変えた方がええかも分からんな」

錠一郎:「はい。そう言わはる お医者さんも何人かいました」

2人の引っ越しは医者のススメもあってのことだった。

木暮は錠一郎に「これを持って行け」とトランぺットのケースを渡す。

木暮:「いつかまたトランぺットを吹ける日まで、またな、ジョー

大阪を発つ前に、るいと錠一郎は婚姻届けを出しました。るいは、大月るいになり、錠一郎の戸籍に初めて家族が加わった。

一子(市川実日子)との再会

京都にて。

るい・錠一郎は、実家に帰っていたベリーこと野田一子()を訪ねる。

和室(茶室?)にて。一子がお茶をたててくれた。

るい:「お茶の先生の娘さんやったんですね。」

一子:「しつこい。」

るい:「すみません」

錠一郎:「ベリー、一子(いちこ)さんって名前やったんやな。」

一子:「それも、しつこい。」

錠一郎:「一子さんがイチゴ。イチゴで、ベリー。」

一子:「馬鹿にしてんの?」

錠一郎:「違うよお。可愛らしいな思うて」

一子:「京都ではベリーて呼ばんといてや。あれは大阪での仮の姿や。お作法はまた教えるさかい、今日はそのまま飲み。ジョーは飲まんとき、こぼすさかい」

るいだけお茶を飲む。一子が今後の2人のことを聞くと…

るい:「しばらくは、宿に泊りながら住むとこと仕事さがします。」

一子:「家も仕事も決まってへんの?なんやそれ。」

錠一郎:「貯金は、あるよ。」

一子:「どれくらい?」

るい:「切り詰めたら、2人でみつき暮らせるぐらいかな。」

一子:「それだけー?大丈夫かいな。」

るい:「岡山から出てきた時かて似たようなもんでした。新しい暮らしはじめよう思ったら、これが一番いいんです。

一子:「あんた、意外とギャンブラーやな。」

るいはお茶を飲んで、美味しいとつぶやく。

回転焼き屋

るいは街の求人募集を見ながら「クリーニング屋が手っ取り早いやろか」と思っていたが、

錠一郎は「天神さんやで」と子供たちが縁日に向かって行くのに興味津々。

錠一郎は「るい、天神さんやで」と、るいを誘う。

るいと錠一郎も北野天満宮に寄って、そこで屋台の回転焼きを見たるいは興味を持った。

2人でベンチで話をする。

るい:「ジョーさん?回転焼き屋さんやってみいひん?あれやったら、最低限の設備で出来る思う。」

錠一郎:「お、お店持つっていうこと?竹村クリーニングのおじさんとおばさんみたいに?え~。できるかなあ」

るい:「やってたことあるんや。お菓子屋さん。お母さんと2人で。大阪で、おはぎ作って売ってたん。この傷もその時に。

錠一郎:「いいの?しんどくならへん?」

るい:「なるかも?でも分かるときが来るかもしれへん。なんで、お母さんが私を捨てたんか。

錠一郎はるいの肩を抱いて「やってみよ。2人で。」と言った。

結末

るいと錠一郎は、回転焼き屋を開くための手頃な物件を見つけ、そこで暮らし始めた。

そして、るいは幼い頃の記憶を頼りに、あんこを作る。母がしていた、おまじないをかけて…。

るい:「小豆の声を聴け。時計に頼るな。目を離すな。何をして欲しいか、小豆が教えてくれる。食べる人の幸せそうな顔を思い浮かべ…おいしゅうなれ、おいしゅうなれ、おいしゅうなれ。その気持ちが小豆に乗り移る。うんとおいしゅうなってくれる。あめえ~あんこが出来上がる。はっ!」

るいが作った回転焼きを、縁側で2人で試食する。

錠一郎は「美味しい。これが、るいとるいのお母さんの味か。」と、しみじみ言った。

るいはフフッと笑った。これなら、こぼさないと思ったからだ。

錠一郎は丸い回転焼きを手にとり、かざして言った。

錠一郎:「なんか、お月さんみたいやな。」

回転焼き屋の屋号は「大月」と決めた。

翌日、錠一郎が店のチラシを作っていた。クレヨンで手書きで。斬新な絵だった。

るいは「芸術的なセンスがあふれてる」と言って、手伝う。

るいは、あんこを作るようになってから頻繁に母・安子()のことを思い出すようになっていた。

それは、るいにとって決して甘いだけの思い出ではなくて…。

(TO BE CONTINUED)

【カムカムエヴリバディ】60話の感想

大月るい(深津絵里)誕生に祝福の声!

無事に結婚し、大月るい()が誕生。オープニングでのクレジットでは、大月るい と紹介された居ました。視聴者から祝福の声が上がっていて…。

回転焼きの名称も話題!

るいは回転焼き屋も始めました。

大阪パートが、まさかのクリーニング屋でしたが、ここにきて「あんこ」が登場!

しかも、おはぎじゃなくて、回転焼きなんですね。

回転焼きって、「今川焼き」「大判焼き」「太鼓焼き」など地域や店舗によってさまざま呼び方あるそうで…

朝ドラ受けをしたテレビ番組「あさイチ」でも呼び方が話題になり、福岡出身の博多大吉さんは「回転まんじゅう」、ゲストの増田明美さんが「(千葉県)成田の方では甘太郎って言ってた」と紹介。

たしかに「甘太郎焼き」といわれてもいるそうです。

北海道・青森などは「おやき」、京都では「太鼓焼き」、兵庫では「御座候」、広島では「二重焼き」と、各地でこんなに違うなんて、なんか不思議な食べ物ですね。

なんだか今日は回転焼き屋さんが売れそう(笑)

考えてると食べたくなりますね♪

回転焼きの理由

そういえば、なんで回転焼きかと思ったら、丸いからなんでしょうね。

錠一郎が回転焼きを「お月さんみたい」と言ってましたし、回転焼き=月の象徴です。

本作カムカムエヴリバディでは「日向の道を歩く」がキーになっています…

しかし、るい編は日向(日光の当たっている場所)ではないパートに感じます。

母に捨てられたるい・戦災孤児の錠一郎がメインキャラで、暗闇を生きてきた2人が月明かりの場所を探していったパートだと思います。

思えば満月の夜、定一に「大月」と名づけられましたが…

るいはまるで月(=錠一郎)へ帰ったかぐや姫

竹村夫婦に「竹」がついてることから「竹取物語」で、かぐや姫を育てた夫婦を思いだしますしね。

錠一郎の優しさと無邪気さ

最後に、60話の内容にも触れましょう。

個人的には、錠一郎()の優しさが垣間見えたのが印象的でした。

るいに辛い過去を思い出して「辛くないか」とちゃんと聞いて、肩を抱いて安心させて「やろう」と言いました。しかも「2人で」と。

まあ、錠一郎がどこまで手伝えるのか疑問ですが、今日の回では材料の買い出しに一人で行ってましたね。

錠一郎の子供っぽい感じも印象的。無邪気と言ったほうがいいでしょうか。

「天神様だって!」というシーンや、回転焼きをかかげるシーン。ラストの落書きのようなチラシも(笑)

なんかすべてが可愛らしいです。

ベリーに「ジョーは飲まんとき」と言われてしまうのも(笑)

一方、るいはベリーから「ギャンブラー」と言われるほど強い人です。

ベリーは以前「大人しい態度で、したたかな女」と、るいを評してましたが、あながち間違ってはいません。

男を奪うしたたかさ、とは違いますが、強さはあると思います。

ジョーとるいは、補い合って上手くいくといいなあ、と思います。

59話< >61話

画像出典:NHK

コメント