【ちむどんどん】70話|愛の手紙に「号泣」「カッコイイ」と反響!

ちむどんどん70話

【ちむどんどん】70話(70回)

朝ドラ【ちむどんどん】第70話(第70回)が2022年7月14日に放送されました。

愛の手紙に「号泣」「カッコイイ」と反響!

今回は【ちむどんどん】70話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【ちむどんどん】70話のあらすじネタバレ

【ちむどんどん】70話のあらすじネタバレです。

気まずい人々

暢子()は泣きはらした目で「あまゆ」に一人で帰ってきた。そういうことか…と理解する三郎()。県人会の沖縄角力大会で優勝した智()は暢子にプロポーズしたのだが、上手くいかなったかったのだ。

病院に行っていた和彦()は「あまゆ」に戻って来て、智の優勝の事実だけを店主たちに確認。翌日、朝ごはんも食べずに出勤するなど元気がない。プロポーズの結末を知らないようだ。

一方、手痛い失恋から立ち直れない賢秀()は、またしても猪野寛大()の養豚場に戻る。そこで寝ぼけた賢秀が「好きやんどー」と清恵()に覆いかぶさる。驚いて固まる清恵。起きた賢秀もビックリ。2人が抱き合う姿に勘違いした父・寛大()は邪魔しないように外へ出かける。

フォンターナにて。相変わらず智が野菜を配達。だが、暢子とはどこか気まずい関係だ。

愛の手紙

東洋新聞社にて。愛()が和彦の体調を気遣った後、式場の下見の話題を振る。しかし、和彦が「全部なかったことにしてくれ。ごめん。愛と結婚する資格はない。」と先に自分の気持ちを伝える。

愛は「読んでみて。記者らしく要点をまとめてみました。」と和彦に手紙を渡す。

親愛なる和彦へ

先日、田良島さんに声をかけられ、東洋グラフに移籍しないかと誘いを受けました。角力大会のときに、実はそのとことについて相談したいと思っていました。

和彦と一緒に過ごした年月は幸せでした。特に暢子ちゃんや智くんと友達になれてからは充実していました。みんながいなかったら、今の私にも出会えなかった。

私が考える幸せに向かって歩いていきたい。夢だったパリ。私は一歩踏み出す決意をしました。和彦とお別れします。勝手に決めてごめんなさい。

あなたが想像も出来ないくらい、私はあなたのことが好きでした。優柔不断なくせに頑固なところ。ちょっぴり鈍感だけど誰より思いやりがあるところ。嘘がつけないところ。諦めの悪いところ。熱い志を持っているところ。

和彦は暢子ちゃんのことが好きだよね。ごめんなさい、前から分かっていて分かっていないふりをしていました。優しいあなたは随分悩んだことでしょう。自分を責めないで下さい。私は、あなたが前に進むことを、あなたの幸せを、心から祈っています。

愛は特集記事を読んだ東洋グラフの編集長から指名された。条件はパリに3年駐在して現地から記事をどんどん書いてほしいということ。愛は返事をためらった。だが、田良島は愛の能力の高さを認め、目の前の大きなチャンスをつかんでほしい、仕事を続けてほしい…と助言した。そして愛は決断した。

※補足※「勝手に決めた」と手紙にはありますが、角力大会のときに、愛は和彦に相談を持ち掛けていました。この70話のシーンでも愛から別れを告げるつもりだったように思います。結果的に、愛は振られてしまいましたが。笑

70話の結末

やんばるにて。優子()は善一()との再婚を本人に相談する。善一は何も聞いてなかったが、乗り気だった。優子は冗談と受け取る…。2人の会話を外で歌子()が立ち聞きしていた。

一方、「あまゆ」の外のベンチで、和彦と暢子が話す。和彦は愛と別れたと告げる。そして、「僕は暢子のことが好きだ。ずっと好きだった。」と告白。

和彦は引越すことを決めたという。

だが暢子が結婚しないとわかり、引っ越しをやめる和彦。

和彦:「暢子とずっと一緒にいたい。だから…」

暢子:「ダメ」

そこで、やんばるから暢子に緊急の電話がかかってきた。優子に再婚の話があるという。

暢子は「タイム」と和彦に告げて、やんばるへと帰ることに…。

(つづく)

【ちむどんどん】70話の感想

愛の手紙に「号泣」「カッコイイ」と反響

愛()が手紙で和彦に別れを告げました。念願のパリへ記者として旅立つとのこと。

愛の行動に「号泣」「カッコイイ」「幸あれ」と称賛の声が上がっています。

大野愛役のさんも公式ツイッターで言及。

70話までの台本ができていて演じていたのですね。↓

すがすがしい旅立ちでした。好きだった…と述べて具体的にどこか表現し、勝手にごめんなさいと謝っているのもいじらしい…というか。

でも、私(筆者)は、愛ちゃんは謝ることはないよ!と思ってしまいました。

角力大会のときに、和彦に相談しようとしたし・・・

今回70話でも「式場の下見」について切り出してたのに、話を聞かない和彦。

急がれてる、進められてる・・・と思った?

進路や結婚を一緒に相談したかったことでしょう。

和彦の今の気持ちも確かめたかったことでしょう。

本当は直接!向き合って!

なんだか、話が通じない相手だとあきらめて別れた感じで、少し悲しかったです。(筆者の感想です)

さあ。今度は優子さんの再婚問題?!果たしてどうなるのでしょうか。また次週へ!

69話<< >>71話第15週

画像出典:NHK、リアルサウンド

コメント