【ちむどんどん】69話|智の「俺が幸せにする」は地雷!

ちむどんどん69話

【ちむどんどん】69話(69回)

朝ドラ【ちむどんどん】第69話(第69回)が2022年7月14日に放送されました。

智の「俺が幸せにする」は暢子にとって地雷スイッチではないか!?と話題で…。

今回は【ちむどんどん】69話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【ちむどんどん】69話のあらすじネタバレ

【ちむどんどん】69話のあらすじネタバレです。

取り直しへ

県人会の遠足の余興で沖縄角力大会が行われる。

智()は優勝して、暢子()にプロポーズすると決めていた。

そんな智の初戦は、なんと和彦()だ。

智の楽勝と思われたが、智が勝ったときの行動を知ってしまった和彦が意外にも奮闘

暢子は無邪気にふたりを応援するが、愛()は複雑な表情でふたりの戦いを見つめる。

同時に倒れたふたり。勝負の行方は…決着つかず。取り直しへ。

暢子は2人に対して「ちばりよー」と応援。

一方、愛は和彦の頑張りに対し「そういうことなんだね」と、つぶやく。

結果は、智がなんとか勝利!!

負けた和彦は病院へ連れて行かれる。

諦めない智

智はその後も勝ち続け、いよいよ次は決勝だ。

智の決勝の相手は、賢秀()に決まる。

足をいためる智を暢子は心配する。だが、智は諦めない。

暢子はそんなに頑張ってまで商品の黒糖が欲しいのかと、きに考えている。

その後…。

病院の付き添いから帰ってきた愛。和彦は軽い日射病で大したことはないと暢子に報告。

暢子は安心した。

愛は、智が優勝したら暢子にプロポーズすることを、伝える。戸惑う暢子。

賢秀と和歌子の前に意外な人物が現れる

一方で賢秀()は、和歌子(駒井蓮)への想いが募るばかり。和歌子が明日、青森に帰るというので仕事を紹介するからと引き止める賢秀。

だが、そこに意外な人物が現れる。その人物とは和歌子の婚約者、タケシ(山下航平)だ。

和歌子が賢秀にタケシの仕事も紹介してほしいとお願いする。賢秀は、複雑な顔をしながらもOKする。

69話の結末

いよいよ決勝。暢子は兄を応援するが、賢秀は失恋のショックが大きくて、やる気ゼロ。

組みあうと一瞬で倒れて、負けてしまう賢秀。

その後、海岸沿いで、夕日をバックに2人きりになる暢子と智。

智は「結婚しよう。必ず幸せにする。」とプロポーズ。

だが、暢子は智の感情は愛情ではなく友情だと言う。

智は沖縄にいたころから、ずっと好きだったことを伝えるが…

暢子:「うちらが結婚しても、上手くいくわけないさ。」

智:「だったら、俺が我慢する。いつも何でも、暢子に合わせる。…和彦のことが好きなのか?」

暢子:「うちは料理に集中したい。自分のお店を持つという夢もある。智のことは大好きさあ。でもも。」

智:「俺が叶えてやる!暢子の夢を。ガンガン働いて、バッチリ稼いで。暢子に店を持たせてやる!」

暢子:「そういうことじゃないさ。うちの夢はうちが自分の力で叶えんと!」

智は、振られても振られても諦めがつかない。

暢子は理由をいうのを諦めて、「うちは、いや」とハッキリ断り、ごめんと謝った。

「暢子じゃないとダメなんだ」と言って、智は走っていく。

(つづく)

【ちむどんどん】69話の感想

智の「俺が幸せにする」は地雷!

智が地雷を踏んでしまったと話題です。

暢子は、理由をつけて断ろうとしていましたが、結果的に地雷を踏ませることになってしまいましたね。

時代は1970年代後半。まだまだ男は女を幸せにするもの…という考えが主流だったことでしょう。

でも暢子は自分の幸せは、自分で掴みたい女性。小学生のころから駆けっこで男子に勝とうとしてましたしね。

友達としては何でも言い合えて楽しいけれど・・・友達の期間が長すぎて、恋人として見れなかったこともあるんでしょうね。暢子は。

もちろん、和彦のことを好きだけど諦めるくらい仕事に集中したいのも本音でしょうが…。

もっと早く、断るタイミングなかったのかなあ?と思ってしまいます…。

いやあ、もうホント、最悪な、激しい言い合いになっての、破局となりました。

破局?そもそも、二人は付き合ってないんですよね。

智は、まず「好きだ。付き合ってほしい」と告白したら良かったのに、と私(筆者)は思いました。

良かったというか、傷が浅かったんじゃないでしょうか?そんなことを考えてしまう69話でした。

68話<< >>70話

画像出典:NHK

コメント