【赤いナースコール】のあらすじネタバレを最終回まで!猟奇殺人の犯人と病院の正体とは!?

赤いナースコール

【赤いナースコール】のあらすじネタバレを最終回まで!猟奇殺人の犯人と病院の正体とは!?

Sexy Zone主演の最恐ホラー・ドラマのあらすじ・ネタバレをまとめていきます。

翔太朗とアリサが入院した奇妙な病院の正体と、連続猟奇殺人事件の真犯人とは!?

【赤いナースコール】のあらすじ・ネタバレ、事件の真相と結末、犯人予想について!

最新、の考察ドラマはこちら↓

【赤いナースコール】のあらすじ・ネタバレ

1話

赤いナースコール1話

あらすじ
春野翔太朗()は、恋人の三森アリサ()の両親に挨拶するため、車でアリサの実家に向かっていた。その途中、交通事故を起こし大ケガを負う。近くの病院に入院するが、目を覚ますとアリサの姿がない。担当医や看護師は何やら異様な雰囲気を漂わせ、同室の患者たちもみんなどこかおかしい。翔太朗はアリサを探しに別病棟に向かうが…。

ネタバレはこちら↓↓

2話

赤いナースコール2話

あらすじ
春野翔太朗()が三森アリサ()に会いに行くのを手伝ってくれた滝中良一(橋本淳)が酷い形で殺された。翔太朗に疑いの目を向ける工藤刑事(池田鉄洋)が次に目をつけたあの患者が第2の犠牲者に!

ネタバレはこちら↓↓

3話

赤いマースコール3話

あらすじ
下塚(大水洋介)の首なし遺体が発見された。次は自分が殺されるのではないかと怯える翔太朗()たち。しかし次の事件は山中で発生。警察では、猟奇殺人事件と病院連続殺人事件は同一犯なのか、別々の犯人なのかの議論が始まる。顔の傷が気になって仕方がないアリサは思い切って包帯とガーゼを取って…。

ネタバレはこちら↓↓

4話

赤いナースコール4話

あらすじ
駐車場で殺されたのは、購買部の江口だった。彼女のことが好きだった松井(木村了)が疑われるが、その松井は…。そんな中、事件のドラマ化の話で盛り上がる患者や看護師たち。翔太朗()とアリサ()は意外な人物のアシストでついに再会する。

ネタバレはこちら↓↓

5話

赤いナースコール5話

あらすじ
翔太朗()とアリサ()を襲おうとする電動ノコギリ男は誰なのか? チャイコフスキーの音楽のおかげで助かった2人は、新たな犠牲者を知り愕然とする。翔太朗とアリサが脱出計画を立てる中、西垣(浅田美代子)と石原(板尾創路)が暗躍し始める。

ネタバレはこちら↓↓

6話

赤いナースコール6話

あらすじ
翔太朗()とアリサ()が病院脱出を考える中、「逃げろ」と忠告していた老婆・三上多恵(藤夏子)が事故に遭い、病院長(鹿賀丈史)と三上の意外な関係が判明する。やはり犯人は病院にいる! と考える加藤刑事(堀口紗奈)が潜入捜査を始めるが…。

ネタバレはこちら↓↓

7話

赤いナースコール7話

あらすじ
加藤刑事(堀口紗奈)が焼き殺された。工藤(池田鉄洋)は加藤の仇をとるために捜査に燃える。潜入捜査中の加藤に会った看護師の野田(上地春奈)は三上多恵(藤夏子)の事故の真相に関わっていた。野田を操る石原(板尾創路)、また病院長(鹿賀丈史)と西垣(浅田美代子)もそれぞれ暗躍する。そしてまたさらなる犠牲者が…。

ネタバレはこちら↓↓

8話

赤いナースコール8話

あらすじ
看護師の野田(上地春奈)は殺された後、歯を全部抜かれていた。アリサ()の両親と連絡がとれないのがおかしい、と工藤(池田鉄洋)に捜査協力を頼む翔太朗()。病院長(鹿賀丈史)や理事長()らは防犯カメラ映像を改ざんして何かを隠そうとする。

ネタバレはこちら↓↓

9話

赤いナースコール9話

あらすじ
工藤刑事(池田鉄洋)を刺した宇田川がありえない姿で発見される。翔太朗()とアリサ()たちは、最初の事故からすべて仕組まれているのではないかと考え始める。病院長(鹿賀丈史)と西垣(浅田美代子)の過去、ミク(ベッキー)の本性が見え隠れする中、次の犠牲者が…。

ネタバレはこちら↓↓

10話

赤いナースコール10話

あらすじ
山根ミク(ベッキー)と津田(山本浩司)が手に入れるはずの監視カメラデータを持ち出した広報・遠山が殺され、データも奪われた。翔太朗()はドラマのプロットを書く中で、313号室の患者は殺されるために集められているのではないかと考え始める。後藤田()から、翔太朗が病院長(鹿賀丈史)とつながっていると聞いたアリサ()は不安を感じ…。

ネタバレはこちら↓↓

11話

赤いナースコール11話

あらすじ
後藤田()が目の前で殺され、ショックを受けるアリサ()。翔太朗()は、自分が脚本を書いたドラマが好きだという病院長(鹿賀丈史)が怪しいと考える。313号室の患者の共通点がわかった津田(山本浩司)は、山根ミク(ベッキー)と別れて、ひとりで逃げようとする。加藤刑事が残した口紅からある人物のDNAが検出され、チャイコフスキー殺人事件の犯人が明らかになる!

ネタバレはこちら↓↓

12話/最終話

赤いナースコール最終回

あらすじ
病室に1人残された翔太朗()のもとにやってきた病院長(鹿賀丈史)が事件のすべてを語る。心配してやってきたアリサ()は、電動ノコギリを突きつけられる翔太朗を目の当たりにして…。西垣(浅田美代子)と玲子()、2人の母も決着をつける。その頃、警察に連行中の石原(板尾創路)は、驚愕の殺人動機を語り始めていた。

ネタバレはこちら↓↓

【赤いナースコール】の最終回ネタバレ・結末予想

放送前の予想ですが、【赤いナースコール】のストーリーの柱は2つ。「病院の正体」と「連続猟奇殺人事件」となるでしょう。この2つは間違いなく繋がっているはずですが、1つずつ考えていきたいと思います。

病院の正体

・医師も看護師も変。何かを隠している
・ナースコールを押すと何かが起こる
・患者も変な人ばかり

予想1:入院患者はある条件を満たす特別な人たち。
予想2:別病棟では人体実験が行われている。

連続猟奇殺人事件の犯人

予想1:巷で起きている連続猟奇殺人事件の犯人は院長か院長の子供など家族。
予想2:被害者は病院が行っている人体実験、または臓器移植の犠牲者。
予想3:人体実験は院長の家族を救うために行われている。

2話では、院長室で院長の息子らしき人物の写真を確認。やはり院長の家族に秘密があるのではないでしょうか?

5話では、西垣が病院長のもと妻で、院長から“いろいろ”頼まれて潜入していることが判明。やはり2人の息子が事件に大きく関わっていることは間違いないですね。

石原医師は2人とグルではなさそうですが、何かを企んでいる。
なぜか病院を出たがらない後藤田と津田は病院長の協力者か!?
山之内はなぜ体を切り取られていないのか?
CDをかけたのは誰か? ノコギリ男は誰か?

だんだん関係者の裏側が見えてきた分、みんなますます怪しくなってきました!

8話では、病院長が涙をにじませた家族写真に、息子と娘らしき人物が映っていました。息子は西垣との子供、娘は理事長との子供で、何らかの事故で娘が顔に傷を負い、自殺してしまった。または病院のどこかにいる(アリサの隣りの部屋とか)。→娘らしき女性は病院長と理事長の娘ではないことが11話で判明
病院長と西垣の息子・誠一の恋人でアリサの姉だった。

兄は妹の件で発狂してサイコパスに。妹の肉体を取り戻そうと体のパーツを集めているのではないでしょうか?院長の息子が真犯人なら、協力者がたくさんいるので、多くの犯罪も可能です。
→サイコパスな連続殺人およびチャイコフスキー殺人事件の犯人は石原だと判明。
→誠一はコンビニでタバコを吸う男を注意して殺されていた。

津田の正体がわかり、犯人からは除外しますが、後藤田はまだ怪しい。何か一枚噛んでいるはずです。
→10話で後藤田、11話で津田も殺されてしまいます。

11話では、313号室の患者はそれぞれ2年前の「コンビニタバコ殺人事件」に関わっていることが判明。チャイコフスキー事件の犯人も、石原医師だとわかり逮捕されます。
313号室の連続殺人事件は、「コンビニタバコ殺人事件」の復讐劇。

事件の真相まとめと未回収の伏線

  • チャイコフスキー事件
  • 犯人は石原
  • 石原を好きな山根と野田も協力していた
  • 石原は途中から病院の事件に便乗して楽しんだ
  • 石原が殺人を犯すのは「人間が神様に生かされている」「命は儚い」ことを知らしめるため。身体の部分を切り取るのは、そうしてあげたことへの対価
  • 病院連続殺人事件
  • 犯人は病院長、西垣も共犯
  • コンビニでタバコを吸う男を注意して、電動ノコギリで切断された息子・誠一の敵討ち
  • 見て見ぬふりをした目撃者とゴシップ記事を書いた記者、ドラマ化した人間への復讐劇
  • アリサは病院長と西垣の息子・誠一の恋人・藤森渚の妹
  • 藤森渚は誠一を殺した犯人を轢き殺して死に、父親は自殺、母親は精神を病み、アリサの家族は離散。
  • アリサは病院長の復讐劇に協力して翔太朗と交際

結局生き残ったのは、翔太朗と病院長だけ。その2人の決着は?というところでジ・エンド 。

犯人を目撃しているはずのアリサが病院長とグルなら、犯人について何も言わなかったのは当然でした。

加藤刑事が「確認したかったこと」って何だったのかが回収されないままです。野田が適当に言ったということも考えられるけど、加藤刑事はアリサの部屋でだけ拳銃を出して念入りに調べてましたよね。

ただの思わせぶり?アリサの犯人フラグだっただけ?

また古岡署の捜査が甘い!西垣も言っていましたが、関係者のバックグラウンドをよく調べたら、アリサのこともすぐにわかったのでは? 本名じゃなかったし。

ツッコミどころはありますが、毎回目が離せないノンストップサスペンスを大いに楽しめました。 なんだかんだ言って、 さんの考察ドラマは面白いですね。

「あな番」 「真犯人フラグ」より質が高くなっているように感じたので、また次の考察ドラマを楽しみに待っていたいと思います。

コメント

  1. おのまなみ より:

    赤いナースコールに出てるばあちゃんジャンプ力すごいですねトランクあけたままのトラック突っ込んでくるとは衝撃でした。火を付けた箱の中の箱に入るのはマジックみたいでした犯人は何回も確認していた人院長が怪しいですね