【赤いナースコール】5話のネタバレと考察!西垣21歳(浅田美代子)の正体判明!

赤いナースコール5話

【赤いナースコール】5話のネタバレと考察!西垣21歳(浅田美代子)の正体判明!

再会中の翔太朗()とアリサ()を襲うノコギリ男!
21歳で長女の西垣(浅田美代子)の正体判明!
病院長が怖すぎる!

【赤いナースコール】5話のあらすじ・ネタバレ・感想について!

本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください

【赤いナースコール】5話のあらすじ

Episode5/エピソード5のあらすじです。

次の犠牲者は山之内!

春野翔太朗)と三森アリサ)が隠れた診察室に電動ノコギリ男が迫る。潜入していた工藤刑事(池田鉄洋)が拳銃を構えるが、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番が大音量で流れ、殺人鬼を見失う。翔太朗は「必ず迎えに行く」とアリサに誓う。

しかし翔太朗の代わりにベッドで寝ていた山之内が感電死!

連続殺人事件について病院長が記者会見をする。嫌がらせの電話が鳴り止まず、正式に「関係ない」と発表するためだ。しかしSNSでは病院長は犯人扱い。記者たちも、警官を追っ払った病院長を怪しんでいる様子。

313号室では、翔太朗が津田と後藤田に「いつまで病院にいるのか」と尋ねるが、津田は保険会社が払ってくれる限り、後藤田は会社が契約しているからと、出る気がなさそう。

老婆の三上が「人殺し!」と叫びながら乱入する。もう取材は受けないという病院長。工藤と加藤桜がやってくる。病院長が無断の潜入捜査を止めさせるために警察署長に電話するが、工藤が犯人を見たというとその件は話さずにごまかす。犯人はカメラ映像と音源の証拠も残していなかった。工藤は、犯人が病院の事情に詳しい人物だと挑発する。

館内放送は予約されていたものではなく、その時間に館内放送室でCDをかけたはず。ノコギリ男にCDをかけた人物、さらに山之内を殺した人物…。犯人が多すぎる!

アリサが犯人を目撃!?

アリサは石原医師に、病院を出たいというが、翔太朗の治療はまだ時間がかかるという。今回山之内が殺されたのは、翔太朗の身代わりだと暗にアリサたちを責める。アリサが昨夜のアリバイを聞くと、昨日は焼肉屋に行った、と息を吹きかける。看護師の野田が入ってくる。2人は一緒に焼肉屋に行っていたようだ。

捜査会議では、なかなか犯人がわからずみんなイラついている。山之内が殺されたとき、津田八郎(山本浩司)と後藤田健斗)は山之内と同じ睡眠薬を飲まされて眠っていた。工藤・加藤刑事が来て、ノコギリ男と遭遇したときのことを説明する。犯人はまだ病院内にいると主張する工藤に、病院関係者や患者、出入り業者など関係者のアリバイはしらみ潰しに当たったが、該当者がいないと篠田刑事(吉田ウーロン太)。大川刑事課長(兒玉宣勝)は関係者にもう一度話を聞けと命じる。

西垣小百合(浅田美代子)と話しているうちに、アリサが犯人の顔を目撃したかもしれないと思い、3号棟に急ぐ翔太朗。その頃、病院長がアリサを診察していた。怯えるアリサに、「犯人の顔を見たか」と聞く病院長。背丈を聞かれ「病院長ぐらい」とアリサが答えると、先入観があるから実際はもっと大柄か小柄かもしれない…と不敵に微笑む。

薬が増えているのはなぜ?

3号棟に行った翔太朗と西垣は病院長と出くわす。意外にもアリサを励ますように頼み、アリサの退院はまだしばらく先になるという。アリサの病室に入った翔太朗は西垣に席を外すように頼む。

アリサはできるだけ早くこの病院を出ようと言い、包帯をはずす。ちゃんと準備をしようと相談しているのを、西垣がこっそり覗いていた。

ナースステーションでは、ミクが患者たちの薬をカップに取り分けている。最近薬が増えていると言うと、野田はレセプトを水増ししているんじゃないか、病院長ならやりかねないと言う。ミクはそんなことを誰かに聞かれたら殺されると脅かす。その様子を見ていた後藤田は、背後から津田に手をかけられビビる。

1人で行動すると殺されるよ…。

工藤は、石原に話を聞いていた。病院内外の殺人事件の犯人には共通点がある。それは人を殺すのに躊躇がないこと。互いに、刑事が犯人だったら、医者が犯人だったら、とカマをかけつつ牽制し合う。

【赤いナースコール】5話のネタバレ

Episode5/エピソード5のネタバレです。ドラマで恐怖を味わいたい人は閲覧注意。

西垣小百合の正体判明!

313号室。病院食に睡眠薬が盛られていたから別の業者に変えた、とミク。毒味してと言われて漬物を食べるといきなり倒れて喉をかきむしりながら苦しみ出す。

翔太朗がナースコールを押そうとすると、ミクは立ち上がる。苦しんだのは芝居だった。

その頃、石原と西垣は焼肉を食べている。石原は西垣が21歳と嘘をついて採用されたのは縁故しかないと追及。西垣は病院長のもと妻だった!

アリサは三上に脱出計画を話している。一緒に逃げようと誘うが三上には病院を出て行くあてもなく、事情を知りすぎているから無理だという。人の気配に振り向くと病院長が、恐ろしい笑顔を浮かべていた!

【赤いナースコール】5話の考察

俺が思う赤いナースコールの展開。最初の人はスジわかる焼肉屋のラバーガールが殺して、ラバーガールは売店の人に殺されて(ここはイマイチ理由わからん)売店の人は木村さんに殺されて木村さんは小堀に殺されて(外出れるから)、小堀を殺した人はわからん。予想。だから最終回までわからん。

複雑にしすぎて意味不明になってる。 病院長とベッキーと西垣はグルかな。 石原医師をはめたいのかな? 犯人は別にいる。

なるほど、殺した人が殺される、連鎖殺人というのは面白い説。病院長と西垣はもと夫婦なのでもちろんグル。アリサが逃亡計画を立てていることは西垣が覗いていたのでチクったのでしょう。

西垣に探りを入れるところを見ると石原と病院長はグルではない。でも石原も何かを企んでいる。でも怪しく見せておいてただの金好き&女たらしなのかもしれない。

西垣の正体が判明し、2話で考察した病院長の息子がからんでいる可能性は高くなりました。怪しい人物が後出しで出てくるかもしれません。患者を病院に留めさせておくのは、パーツを組み合わせて人間を作るつもりなのか? でも今回殺された山之内はとくに体の一部が切り取られていないこと、工藤が犯人を取り逃がしたのが気になります。

後藤田と津田は翔太朗の見張り役。同じ病室の下塚と滝中、山之内を殺した犯人の可能性もある。とくに後藤田は事情通で何かと詳しかったり、翔太朗をアリサのところに行かせるように仕向けるなど黒幕をサポートしているのではないかと考察します。

早くも折り返し地点。次回は病院関係者の秘密がわかるようなので楽しみです。

コメント