【どうする家康】24話のネタバレ|瀬名の理想郷と勝頼の裏切り!

どうする家康24話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【どうする家康】24話のネタバレ|瀬名の理想郷と勝頼の裏切り!
24話「築山へ集え」(6月25日放送)では、戦のない世の中を望む瀬名(有村架純)と信康(細田佳央太)の謀を知った家康(松本潤)、勝頼(眞栄田郷敦)は…!?
今回は、【どうする家康】24話のあらすじ・ネタバレ・感想・レビューをお届けします。

【どうする家康】あらすじネタバレを最終回まで!
【どうする家康】のあらすじネタバレまとめ!最終回・結末は家康の最期をどう描く!?松本潤主演・2023年の大河ドラマ【どうする家康】のあらすじネタバレをまとめていきます。最終回・結末はどうなるかも予想していきます。予習・復習にどうぞ。
【どうする家康】のキャストと相関図!松本潤、大河初主演の評価は?
2023年大河ドラマ【どうする家康】のキャストと相関図!松本潤、大河初主演の評価は?2023年のNHK大河ドラマの主人公は徳川家康!濃すぎる戦国武将や四天王役は誰!?古沢良太脚本で斬新な大河になりそう!?今回は【どうする家康】のキャスト・相関図・あらすじ・放送予定について!

【どうする家康】24話の視聴率

【どうする家康】24話の視聴率は10.0%でした。前半のクライマックスなのに2桁割れが近い?(視聴率は関東地区・世帯・リアルタイム)

【どうする家康】24話のあらすじ

【どうする家康】24話のあらすじです。

瀬名が武田を取り込んだ!?

瀬名(有村架純)は、戦で心を壊してしまった信康(細田佳央太)に、これまでずっと胸に秘めてきた思いを打ち明ける。

一方、武田では、穴山信君(田辺誠一)と千代(古川琴音)が武田勝頼(眞栄田郷敦)に、瀬名との調略について話していた。千代は、瀬名が武田と手を結びたいとは言っているが、「不思議なことをおっしゃる」とその計画を告げる。

岡崎の五徳(久保史緒里)は、築山殿に入り浸りの信康の様子を見に行きたいと七之助(岡部大)に言うが、自分も入れてもらえない、と七之助。

築山殿の怪しい集い

— 遠江・浜松城—
左衛門尉(大森南朋)や大久保忠世(小手伸也)らが、築山殿に武田の間者が集っているのではないかと家康(松本潤)に進言する。岡崎と戦になることだけは避けなければいけない。それは家康の古くからの家臣の思い。

わしは妻子を信じるという家康に、「信じれば物事が落着するわけではない」と数正(松重豊)。万千代(板垣李光人)だけは、自分は岡崎と関係ないからバッタバッタと倒すなどと言ってのける。不用意な発言を諌める家康。信長に知られる前に一刻も早く手を打たなければ…。

そんな中、信長から鷹狩りの誘いがくる。

半蔵が女大鼠にプロポーズ!?

鷹狩りに出向いた家康と左衛門尉。信長に「五徳がいろいろと申しておる」と言われても、家康たちは夫婦のことだからとかわそうとするが、水野信元のようなことはあれきりにしたい、と忠告する信長。

その頃、伊賀の忍び、女大鼠(松本まりか)が服部半蔵(山田孝之)に「仕事をよこせ」と言う。自分の命じた仕事でケガをしたわけだし、女の幸せは男にかわいがってもらうことだろ、と花を差し出してプロポーズするが、女大鼠は「殺すぞ」と花をムシャムシャ食べてしまう。

その大鼠に課せられた任務は、築山殿の偵察。半蔵の報告によれば、築山殿の床下に1か月潜り込んで得た情報は、家康たちには衝撃的なものだった。築山殿には、武田の千代と穴山信君のほかにも、於大(松嶋菜々子)と久松長家(リリー・フランキー)や、今川氏真(溝端淳平)と糸(志田未来)も訪れていた。今日も築山に菓子などが持ち込まれたことから、明日も誰か招くのだろうと思われる。

床下に潜伏していた女大鼠は、千代に見つけられてしまった。

家康は、ついに築山殿に兵を出すことを決意。万千代との密談を聞いてしまった於愛は、のんきにも築山殿に行くなら私も行きたいと言い出す。

家康が築山へ

万千代が、築山に武田の唐人の医師が来ていると報告する。五徳は、築山殿に行くなら連れて行ってくれ、信康を慕っていると家康に伝える。

家康と家臣団は、ついに築山に乗り込む。そこには、千代と信君がいた。瀬名は壮大な謀をした理由と果てしない夢をついに明かす。

瀬名「私たちはなぜ戦をするのでありましょう」
家康「貧しいから」
瀬名「奪い合いは違いに大きな犠牲を払う」。奪い合うのではなく、それぞれが豊富に持っているものを物々交換、つまり与え合えばよい、助け合えばよいと提案する。

そんなことは信長が許さないだろう、と五徳。

しかし瀬名は、於大&長家、氏真&糸も味方に付けていた。みな、戦ばかりで恨みあってばかりの戦乱の世を終わらせたいと思っていた。

「肝心なのは銭でござる」と信康。瀬名の計画では、同じ通貨を使うことによって商売を自在、人々の往来を自由にすることで、東国に巨大な国ができあがるも同じ。それに信長が戦を仕掛けるか。強き獣は弱き獣に戦を仕掛けるが、強き獣と強き獣は睨み合うだけ。

日本国が、ひとつの慈愛の国となるのです。

それが瀬名の思いであった。どうか私たちと同じ夢を見てくださいませ!と家康に頭を下げる。五徳は信康についていくと心を決める。

いつまで戦いを続けるんじゃ、岡崎も若殿もボロボロじゃと七之助。殿の決断に従うしかない、と左衛門尉。

【どうする家康】24話のネタバレ

【どうする家康】24話のネタバレです。

勝頼の裏切り

築山殿の瀬名を訪ねた家康は問う。「いつからじゃ」。

「私なのかしら、あなたの中にもあったのでは?」
家康も若き頃から対峙してきた戦乱の世とその痛みを思い浮かべる。

武田では、穴山信君が、生き残るためには瀬名の申し出を受けるべきだと勝頼に進言していた。

徳川では、瀬名が思い描く巨大な東国の実現のためにしばらくの間、武田とやりあうふりをすると決める。もちろん信長にバレないようにするためだ。

— 天正7年(1579年)安土城—
いまだに高天神城も落とせないのかとジリジリする信長。佐久間信盛(立川談春)の詰めの甘さを指摘する。

— 岡崎城—
信康と五徳の子供を囲み、和やかな日々が送られていた。

— 武田家—
信君と千代が、瀬名の東国計画がつつがなく進んでいると報告すると勝頼は、「よい頃合いだ」として、すべてを明るみに出す好機だとする。「仲良く手を取り合って生きるぐらいなら、戦い続けて死にたい」「信長の耳に入れて、信長と家康の仲が終われば、わしらはまだ戦える」。

戦いこそが我が生きる道。勝頼の悲願は、父・信玄を超えることでしかなかった。

佐久間信盛が信長に何かを進言する。

左衛門尉もまた築山の謀がついに世に知れ渡ってしまったと家康に伝える。

【どうする家康】24話の感想とレビュー

これまで“悪女”“したたかな女”として描かれることが多かった築山殿=瀬名が、今回は国内を平和統一することを目指す、すごい人として描かれています。

「戦のない世の中」を実現するために、武田勢や於大の方と長家、そして今川氏真と糸も巻き込んで、東国の経済を同一貨幣によって回す世の中にするというものです。東国が一致団結して巨大な国を作れば、信長も太刀打ちできまい…ということですが、そんな理想通りにはいきません。

結局、瀬名と信康は非業の最期を遂げることに…。

振り返ってみれば、瀬名の出番は殿=家康よりも多かったかも?
前半の主人公は瀬名だったのでしょうか?

そして、一旦は千代と穴山信君の進言に耳を傾けたような勝頼。その狙いは瀬名の謀を機に、家康と信長の関係に亀裂を入れることでした。武田勝頼、おそるべし!

服部半蔵の女大鼠へのプロポーズ?も、やっぱりポンコツというか、わかってないというか。女大鼠の性格を考えたらわかりそうなものだけど、そこはやっぱり半蔵(笑)。いや、でもこの時代なら男が女を守るというのは普通だろうから、女大鼠が進歩的な女性ということなのか。

『どうする家康』に出てくる女性は、みんな芯が強くて進歩的ですね。

次回はいよいよ、瀬名と信康がXデーを迎えます。覚悟があってのことにしても、切ないですね。

アイキャッチ画像出典: (C)NHK