【特捜9シーズン5】7話ネタバレと視聴率!変わらず美しい大地真央にメロメロ!

特捜9シーズン5 ネタバレ07

【特捜9シーズン5】7話ネタバレと視聴率!変わらず美しいにメロメロ!

【特捜9シーズン5】7話が2022/5/18(水)に放送。7話では映画の翻訳家が殺害される事件が発生。

ゲストは元タカラジェンヌのさん。容疑者であり、国木田班長の初恋の人を演じます。

国木田班長、そこに愛はあるんか?

今回の記事では【特捜9シーズン5】7話「字幕殺人」のネタバレと感想、視聴率をお伝えします。

【特捜9シーズン5】配信情報

【特捜9シーズン5】を視聴するならはU-NEXTがオススメ。

※本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認下さい。


ADVERTISEMENT

【特捜9シーズン5】7話のネタバレ

国木田に助けを求める女性

ある日、浅輪直樹()は話題の映画のプレミア公開チケットを手に入れて大喜び。その映画とは30年前に大ヒットした海外映画『愛の旅立ち』の続編『愛の巡礼』。

新聞でも大きく報道され、高尾由真()は主演女優リン・トクガワ(石田ニコル)のオシャレな靴を見て羨ましがる。

その時、国木田班長()に女性から「私を助けて」と電話が。「祐子ちゃん!?」と驚く国木田。

興味を持った小宮山志保()は国木田と共に東京郊外にある企業のセミナーハウスへ。

2人を『愛の巡礼』を配給する会社の責任者である三条祐子()が出迎える。

彼女に案内された部屋でベテラン翻訳家・磯村健(真那胡敬二)が死亡していた。パソコンに『The end』と遺書のようなものが残されていた。

『愛の巡礼』のプレミア公開に向けた翻訳作業が締め切り間際。「自殺なら大事にして作業を遅らせたくない、穏便に済ませて欲しい」とのこと。

国木田は「僕はもうあの頃の僕じゃない。何でも君の言うことは聞かないよ」と断る。調べないまま人の死を自殺と断定するのは冒涜だからだ。

志保が国木田を説得。彼女の提案で翻訳作業に支障がない範囲で捜査をし、事件性があれば本格的に捜査員を呼ぶことになった。

自殺は偽装?

直樹ら特捜班メンバーが到着。由真が鑑識作業を担当することになり、鑑識の制服に着替えて気合十分。

まずは事件現場を調べる。キーボードの『The end』の文字から磯村の指紋が検出されたが、彼が仕事をしていた形跡はない。

祐子によると本来は磯村に仕事を振る予定は無かったが強引にやって来た。彼は誰からここで翻訳作業を行っていると聞いて、何の目的でやって来たのだろうか?

青柳靖()と矢沢英明()は磯村の妻・夏子(小野田由紀子)から話を聞く。ベテラン翻訳家とは大嘘で仕事は若手に丸投げ、本人はパソコンの基本操作もろくに出来ないという。

キーボードにはブラインドタッチをした指紋が。誰かが遺書を偽装したのだろうか?

4人の容疑者

更に司法解剖の結果、他殺の可能性が浮上。殺人を前提とした捜査に切り替わり、祐子を含むセミナーハウスにいた4人が容疑者となる。

  • 翻訳家の柳沼紗英(上地春奈):磯村の仕事を手伝っていたこともあったが、ほぼ無休でこき使われていた
  • 翻訳家の黒川ヨシキ(有原遣智):磯村の誤訳を指摘したら、仕返しとばかりに叩かれた
  • アシスタントで第一発見者の竹内孝史(庄野崎謙):事件当時は休憩室で食事の準備、メニューはボーイスカウト仕込のカレー
  • 祐子:30年前の『愛の旅立ち』のキャッチコピーは磯村が付けたもの、難癖を付けられないために申し出を受け入れた

翻訳の仕事に集中して貰うのとネタバレ防止で外部との連絡を取れない為に3人のスマホは祐子が預かり、鍵をかけて保管していた。

国木田はカップと紅茶のティーバッグが2つもある事が気になる。

その直後、『愛の巡礼』のネタバレがネットに上げられる事件が発生。相手の男性がクローンという最重要なもの。

翻訳作業から漏れたのは間違いなく、このままでは莫大な違約金が発生する。祐子は書き込みの削除と発信者の特定を急がせる。

その後、三ツ矢(向井康二)の解析で磯村のスマホから通話データとファイルのデータが削除されていたと判明。復元を急ぐ。

新たな容疑者

近くの防犯カメラを調べる一同。深夜2時にセミナーハウス方面からタクシーに乗り込む女性の姿が映っていた。

由真は履いている靴に見覚えが。この女性は主演女優リンで間違いない

更にセミナーハウス方面からピカピカと光が点滅していた。

祐子は完成した字幕の最終チェック。国木田は彼女に事件の夜に誰かと会っていたことを追求。

「リンのことは部外者だから黙っていた」と祐子。だが、彼女が帰った時間は答えない。いや、答えられなかった。

更に国木田は「紅茶のティーバッグから睡眠薬が検出された」と追求。誰が入れたのかは明らかだった。

直樹たちはリンを取り調べ。リンは海外にいた16の時に親が蒸発。昏睡強盗などに手を染めて何とか生きてきた。

一度、磯村に仕掛けたことがあり、それで強請られていた。

リンは翻訳作業が行われる情報を流し、磯村を呼び出した。祐子を眠らせてスマホから証拠となる通話記録とデータを削除した。

だが、リンは殺人は否定する。DNA鑑定の結果、彼女が現場に出入りした痕跡は無かった。更にある事実が発覚した。

祐子(大地真央)とリンの秘密の関係

国木田は祐子に「君がやったんだね」と追求。祐子は磯村殺害を認める。国木田は「あくまでも(犯人と思ったリンを庇っての)偽装だけ。まだ何か隠しているよね?」と続ける。

そして、DNA鑑定の結果を見せる。祐子とリンが親子関係であると示されていた。だが、祐子はこの事実を知らなかった様子。

祐子が30年前に『愛の旅立ち』を一緒に見ると約束したにも関わらず、国木田に別れも告げずに消えたのは妊娠していたからだった。

その後、ネットにネタバレを流した人物が判明。事件があった日に磯村から光を使ったモールス信号で「クローン」と合図があった、という。(防犯カメラの光はモールス信号。)

そして、磯村の部屋の真下の休憩室の窓ガラスから奇妙な形の指紋が検出される。これで全てが繋がった。

事件の真犯人

磯村を殺害した真犯人はアシスタントの竹内だった。カレーの仕込みをしていた竹内はボーイズスカウトの経験からモールス信号の内容に気づき、窓ガラスに書いた。

すぐに磯村がネタバレをリークしたと気づき、問い詰めた。磯村に開き直られた上に「どうせ映画なんて1年もすれば忘れられるから適当にやっとけばいい」と吐き捨てられた。

自分や映画に関わる全ての人の人生を否定された気がした竹内は激怒し、磯村を殺してしまった。(その後、祐子が現場を偽装。)

直樹は「気持ちは分かりますが、貴方を許すわけにはいきません」とする。

結末

現場偽装の罪で連行される前に祐子は国木田と話をする。「ありがとう、貴方のおかげで娘に会えた。でも名乗るのはやめておくわ」と祐子。

祐子を乗せた車を国木田はいつまでも見送る。

深夜、国木田は祐子の調書を作成。直樹は差し入れで30年前に見られなかった『愛の旅立ち』のDVDを持ってくる。

「映画の2人はまるで班長たちのよう。だからこそ、祐子さんは続編にこだわったのでは?」と直樹。

直樹が去った後、国木田は『愛の旅立ち』を鑑賞するのだった。

【特捜9シーズン5】7話のまとめと感想

【特捜9シーズン5】7話のテーマは愛。初恋の人への愛、離れていても切れない親子の愛、手掛ける作品への愛。

それをネタバレリークで踏みにじった者への怒りから殺人に発展。その方法が犯人の決め手になるのは何とも皮肉的でした。

更に作中では元鑑識の佐久間朗(宮近海斗)にも言及が。佐久間は海外出張中です。

離れていても佐久間と特捜班はチームなんですね。

大地真央に愛はあるんか?

【特捜9シーズン5】7話のゲストのさん。66歳とは思えないほどお美しいです。

さんとさんは舞台「漫才夫婦」で3度に渡って共演。ドラマでは初共演ですが、息の合った演技を披露。

かつて愛した人を信頼しており、最後の別れは切なすぎます。

そこにはちゃんとありました

【特捜9シーズン5】7話の視聴率

【特捜9シーズン5】7話の視聴率は9.3%でした。

次週予告

次回の【特捜9シーズン5】は事件をネットで解決する乙女探偵が登場。特捜班と推理対決に?

2022/5/25(水)21:00~の放送をお楽しみに。

<<6話「約束」 8話「乙女探偵」>>

この記事で使用している画像の引用元: テレ朝日POST

コメント