【特捜9シーズン5】6話ネタバレと視聴率!工藤美桜の可愛らしさと狂気にギャップ萌え!

特捜9シーズン5 ネタバレ06

【特捜9シーズン5】6話ネタバレと視聴率!の可愛らしさと狂気にギャップ萌え!

【特捜9シーズン5】6話が2022/5/11(水)に放送。

自ら立てこもり事件の人質となった志保。犯人の目的は?連続毒殺事件の悲しき真相とは?

ゲストに特撮でお馴染みのさんが登場。事件の鍵を握る彼女の狂気は必見!

今回の記事では【特捜9シーズン5】6話「約束」のネタバレと感想、視聴率をお伝えします。

【特捜9シーズン5】配信情報

【特捜9シーズン5】を視聴するならはU-NEXTがオススメ。

※本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認下さい。


ADVERTISEMENT

【特捜9シーズン5】6話のネタバレ

人質となった小宮山志保

闇サイトで販売されていた毒物「ノイズ」による毒殺事件が発生。被害者の寺本は「ノイズ」の売人だった。

その寺本の家に滝口(兵頭功海)という男が立てこもる事件が発生。小宮山志保()は料理代行業の女性・瑞希の代わりに人質となる

志保は小型マイクを仕込み、国木田班長()と浅輪直樹()たちに状況を伝えられるようにしていた。

志保は料理代行業を装いながら滝口から情報を聞き出す。

「寺本が戻ってくるまで(人質でいて貰う)。あいつは全てを奪った」と滝口。彼は寺本が殺されたことを知らないようだ。

特殊部隊SITが到着。国木田班長がタイミングを見計らって突入の指示を出すことになった。

村瀬の怒り

直樹は村瀬健吾()に志保が人質になっていることを伝える。

村瀬「何で止めなかった!!お前たちだから任せたんだ!!」

と直樹の胸ぐらを掴んで激怒。自らの不甲斐なさをぶつけるかのように動かない足を殴りつける。

村瀬は「すまん…取り乱した…」と冷静になり、部下の三ツ矢翔平(向井康二)と共に滝口の過去を調べることにする。

更なる「ノイズ」の犠牲者と黒幕の存在

高尾由真()は人質になっていた瑞希から話を聞く。滝口は寺本の顔を知らなかったようだ。

青柳靖()と矢沢英明()は闇サイトの管理人・須藤を調べる。だが、須藤は心不全ですでに死亡していた。彼も「ノイズ」で殺害されたのか?

しかし、闇サイトはまだ動いている。黒幕がまだいるということだ

直樹と由真は滝口の自宅を調べる。

  • 司法試験の勉強をしていたが諦めた形跡
  • 女性と暮らしていた形跡
  • トランクルームのカードキー

を発見する。

三ツ矢は一ヶ月前に滝口の妹・若葉(が心不全で死亡していたと突き止める。彼女も「ノイズ」で殺害されたのか

志保は滝口の気をそらすために身の上話。妹は優秀だったと言う。その流れで滝口は「妹は僕が殺したんです」と打ち明ける。

滝口は志保にナイフを向け、怖がる様子がないと疑い出す。料理代行業と証明するために「寺本に連絡して下さい」と要求する。

志保のスマホに着信が。寺本を装った国木田班長からだ。やり取りの結果、寺本は午後5時までに戻ることが決まる。あと、1時間しかない。

直樹と由真は貸しトランクへ。そこには有名な進学校の実験道具があった。滝口が「ノイズ」を作成していたのだろうか?

そこに村瀬から連絡が。7年前、滝口兄妹の里親(叔父と叔母)も心不全で亡くなっていた。

直樹はある仮説に辿り着く。

「ノイズ」を作成した者

滝口はナイフを捨て志保の首を絞める。寺本は逃げると判断、志保を殺害して一から追うつもりだ。そして、志保が隠し持っていた小型マイクが気づかれてしまう。

滝口は「ふざけるな!!」と激怒。国木田の指示でSITが突入。滝口は志保にナイフを突きつけたままマンションの廊下に飛び出す。

そこに直樹も到着、全ての真実を語りだす。

直樹「ノイズを作っていたのは若葉さん。君の妹だよね。」

若葉は高校時代から天才的な科学の才能を持っていた。だが、実験はエスカレートし大量のモルモットを殺すまで至った。(高校は退学処分。)

そして、「ノイズ」を完成させ、自分たちにひどい仕打ちをしていた里親を殺害した。

滝口は「全て俺がやった」と叫ぶ。寺本から「ノイズ」を回収し、妹の罪を全て被るのが目的だった。

直樹は「売人は別にいてまだ生きている」と告げる。

黒幕の正体

「ノイズ」の真の売人は寺本の上司の久保池だった。久保池は寺本の名を語り、「ノイズ」を販売。潮時と判断し、彼を殺害し罪を擦り付けた。

直樹が撮っていたスケジュール表では取引があった日が寺本は出張していた。

そして、久保池は「ノイズ」を作っていた若葉、闇サイトを運営させていた須藤も口封じで殺害した。

久保池の動機は金だった。

直樹は滝口に「後は俺たちに任せて」と告げる。

滝口は志保を開放する。が、ナイフを自分自身に突き刺そうとする。志保が割り込み、彼女は刺されてしまう。

結末~果たせなかった約束

取り調べにて滝口は若葉に付いて語る。

若葉が過去の事件の毒を改良して「ノイズ」を作ったこと、そして、簡単に人を殺せる人間だったことが怖かった。

それでも自分を守ろうとしての行動。今度は若葉を守るために司法試験の勉強を始めた。

だが、若葉は再び(生活費の為に)「ノイズ」を作り始めた。

滝口は若葉を説得し、「もう作らない」と約束させた。だが、久保池に手を引く交渉をした若葉は殺されてしまった。

直樹は「妹の約束を守ろうとしたんだね。でも罪を無かったことには出来ないよ。君にこれからできることがあるんじゃないのかな?」と語りかける。

滝口は若葉の分まで罪を償うことを決意する。

一方、知らせを受けた村瀬は全速力で車椅子を漕ぎ、病院へ向かう。志保の怪我は大したこと無く、一安心。

2人は今夜の晩御飯の話をしながら家路に付くのだった。

【特捜9シーズン5】6話のまとめと感想

【特捜9シーズン5】6話の真相は兄を思っていた妹が毒を作り、兄は妹を守ろうとしていた。

その思いは私利私欲の為だけに動く最低、最悪な真犯人に踏みにじられてしまった。

なんとも悲しい結末でした。

工藤美桜の可愛らしさと狂気

妹の若葉を演じていたのはさん

  • 【仮面ライダーゴースト】深海カノン / 妹眼魂(声)
  • 【魔進戦隊キラメイジャー】大治小夜 / キラメイピンク

役が有名です。

  • セーラー服を着こなしながら研究に没頭し、毒を作り上げている時の笑み
  • 顔色一つ変えずに淡々と兄に殺人を告げる様子

はまさにサイコパスで狂気。それでもさんの可愛らしさに惹かれてしまいます。

これがギャップ萌えです。

【特捜9シーズン5】6話の視聴率

【特捜9シーズン5】6話の視聴率は11.4%でした。

次週予告

次回の【特捜9シーズン5】は国木田班長がかつて想っていた人が登場。が演じます。

2022/5/18(水)21:00~の放送をお楽しみに。

<<5話「未知なる毒」 7話「字幕殺人」>>

この記事で使用している画像の引用元:テレ朝POST

コメント