【西園寺さんは家事をしない】ネタバレ・あらすじを全話紹介!ドラマは原作通り幸せな結末に?

西園寺さんは家事をしない
※当サイトのリンクには広告が含まれます

TBS火曜ドラマ【西園寺さんは家事をしない】が7月9日スタート!
GP帯連続ドラマ初主演の松本若菜が、仕事は有能、家事はしない独身女性・西園寺さんを演じます。
西園寺さんと不思議な同居生活を送ることになるのは、年下の天才エンジニアでシングルファーザーの楠見くん。
演じるのは松村北斗です。
この記事では【西園寺さんは家事をしない】のネタバレ・あらすじを最終回まで全話紹介します。
(放送後に随時更新していきます)

アプリ制作会社「レスQ」に勤める西園寺さんは有能で人望も厚い女性。38歳にして一戸建てを購入して家事は一切しない。憧れるわ~!

その西園寺さんの家に、アメリカ帰りの天才エンジニアの年下男子がなぜか転がり込むんだよね。

しかもその年下男性・楠見くんには4歳の娘・ルカがいるのよね。西園寺さんと楠見くんとルカちゃんの同居生活を通して、家族って何かを改めて考える機会になると良いわね。

◎この記事でわかること
ドラマ【西園寺さんは家事をしない】
・全話のあらすじ・ネタバレ
・見どころ
・原作の結末内容
・原作から予想する最終回

【西園寺さんは家事をしない】のあらすじ・ネタバレを最終回まで

【西園寺さんは家事をしない】のあらすじ・ネタバレを最終回までまとめていきます。

1話「家事しない38歳+シンパパ=?」

主演・松本若菜×松村北斗!! 7月スタート『西園寺さんは家事をしない』第1弾ティザー公開【TBS】

放送日:7月9日(火)22:00~22:57

1話のあらすじ

仕事はバリバリやるが家事は一切しない、そんな主人公・西園寺一妃(松本若菜)は、アプリ制作会社「レスQ」に勤める38歳独身女性。
自身が手がけたアプリが500万ダウンロードを達成して仕事は順風満帆。プライベートでは一軒家を購入して愛犬と暮らし始め、念願の“家事ゼロ生活”を実現させ、公私ともに充実した日々を送っていた。
ところが、職場にアメリカ帰りのエンジニア・楠見俊直(松村北斗)が転職してきたことで平穏な暮らしが一変する。無愛想で無表情、そのうえ協調性もなく理詰めでアプリにダメ出しをする楠見と西園寺さんは全く馬が合わない。西園寺さんのストレスは爆発寸前に。
そんな中、社長の天野竜二(藤井隆)から、楠見と親睦を深めるように指示された西園寺さんは、仕方なく2人で食事に行くことに。するとそこで楠見の思わぬ一面を知って彼への印象が激変することに。さらに、楠見が4歳の娘・ルカ(倉田瑛茉)を育てているシングルファーザーであるという秘密を知ってしまう。

1話のネタバレ

アプリ制作会社「レスQ」で働く西園寺一妃(松本若菜)は数々の大ヒットアプリを生み出す有能な38歳独身女性。
明るくポジティブでコミュ力高め。面倒見も良く職場や取引先からの信頼も厚い。
そんな誰もが憧れる西園寺さんだが、家事は一切しない。
西園寺さんは愛犬と暮らすため、そして“理想の家事ゼロ生活”を手に入れるために賃貸付きの一軒家を購入。
そんな自分史上最高の生活を満喫していたある日、「レスQ」にアメリカ帰りの天才エンジニア・楠見俊直(松村北斗)が転職してきた。
不愛想な楠見とうまくやっていけそうになかった西園寺さんだが、偶然彼が4歳の娘・ルカ(倉田瑛茉)を育てるシングルファーザーであることを知る。
火事でマンションに住めなくなった楠見親子に西園寺さんは、一時的に部屋を貸すことに。

1話の感想はこちら↓

【西園寺さんは家事をしない】1話の感想!松本若菜と松村北斗の会話に心打たれる!
【西園寺さんは家事をしない】1話。西園寺一妃(松本若菜)は仕事は有能、家事はしない独身女性。そんな西園寺さんがシングルファーザー・楠見俊直(松村北斗)と同居することになるまでを描く【西園寺さんは家事をしない】1話の感想をお届けします。

2話「家事ゼロの危機!?人と暮らすって大変!」

『西園寺さんは家事をしない』7/16(火) 第2話 早くも家事ゼロ生活終了のお知らせ!?【TBS】

放送日:7月16日(火)22:00~22:57

2話のあらすじ

西園寺さん(松本若菜)は勢いで自宅の賃貸スペースに楠見親子を住まわせることにした。
楠見(松村北斗)も勢いに押されて西園寺さんの好意を受け入れたのだが、「家族でもない人にここまで甘えるのは変です!」と、異常なほどに気を遣いはじめる。
楠見のかたくなな態度に、西園寺さんは居心地の悪さを感じてしまうのだった。
ある日、夜遅くに娘のルカ(倉田瑛茉)を抱っこしてどこかへ向かう楠見を見かけた西園寺さんは、こっそり後をつけることに。
そこで家事育児の大変さを目撃した西園寺さんは、ある提案をする。

2話のネタバレ

西園寺一妃(松本若菜)は、自宅の賃貸スペースに楠見俊直(松村北斗)と娘のルカ(倉田瑛茉)を住まわせることにしたが、楠見が気を遣い過ぎるので居心地が悪くなってしまう。
寝ているルカを抱っこしながら深夜にコインランドリーを使う楠見の姿を見て、西園寺さんは自宅の洗濯機を使うように申し出た。
愛犬リキと遊ぶルカを見ていて、西園寺さんはふと家族と暮らしていた時のことを思い起こす。
西園寺さんに甘えてばかりで申し訳なく思った楠見は、家事労働で恩を返そうと部屋の掃除にやって来た。
しかしなんとなく落ち着かない西園寺さんは、晩御飯も作ってくれるという楠見に丁重にお礼を言って帰ってもらうことに。
親友の小西洋介(塚本高史)と宮島陽毬(野呂佳代)に楠見との話を聞いてもらうと、小西は、家族じゃないから気を遣うんだろと言う。
そんなある日、楠見が残業しなければならなくなり、西園寺が代理で保育園のお迎えに行くが、登録されていないのでルカを引き渡せないと言われてしまう。
結局楠見が保育園に迎えに来て、待っていた西園寺さんとルカと3人で帰ることに。
家に着くとそこには西園寺さんの父・康平(浅野和之)が。
新築祝いにやって来たという父は、失言ばかりで西園寺さんに追い返されることに。
西園寺さんが苦労してこぎ着けた岡田缶詰とのコラボ企画が後輩・武田英美里(横田真悠)のミスで白紙になりそうになり、西園寺さんがお詫びに駆けつける。
一度は突っぱねられたが、楠見の作った野菜スープで元気をもらい、再度岡田缶詰に。
西園寺さんの誠実な謝罪と前向きな提案に社長の岡田(ベンガル)が心を動かされチャンスをもらえることになった。
西園寺さんは楠見にお互い気を遣わない関係になるために「偽家族」になることを提案する。

2話の視聴率と感想はこちら↓

【西園寺さんは家事をしない】2話の視聴率と感想!仕事や育児の描写がリアルで丁寧!
【西園寺さんは家事をしない】2話。西園寺一妃(松本若菜)が楠見俊直(松村北斗)親子を偽家族として迎え入れることを決意するまでを描く【西園寺さんは家事をしない】2話の感想をお届けします。

3話「偽家族開始!家族ってこんなに難しいの?」

『西園寺さんは家事をしない』7/23(火) 第3話 「偽家族」生活ついにスタート!⋯で「偽家族」って一体なんなの?【TBS】

放送日:7月23日(火)22:00~22:57

3話のあらすじ

気を遣わない関係になるため、「偽家族」になることを思いついた西園寺さん(松本若菜)はワクワクモード。
しかし楠見俊直(松村北斗)は西園寺さんが言う「偽家族」というものが理解できずに戸惑ってしまう。
それでも西園寺さんは勢いで押し切り、まずは偽家族をお試しして検証してみることになった。
レスQはついに人気 YouTuber のカズト横井(津田健次郎)と社運をかけたコラボプロジェクトを実現させる。
その前に横井の思わぬ正体が明らかになった。
一方、楠見のもとへ、亡き妻・瑠衣(松井愛莉)の母・波多野里美(奥貫薫)から一周忌の連絡がくる。
楠見は瑠衣の実家を訪れるが、義母である里美と楠見の間には深い溝があった。
そんな2人の複雑な思いを知った西園寺さんは、ある行動に出る。

3話のネタバレ

西園寺一妃(松本若菜)はお互い気を遣わないために、楠見俊直(松村北斗)と娘のルカ(倉田瑛茉)と3人で“偽家族”として暮らすことを提案する。
“偽家族”がどういうものか理解できないと楠見が言うので、まずは試してみて検証することに。
カズト横井(津田健次郎)がコラボの企画で「レスQ」を訪れた。
横井と西園寺さんはお互い前に勤めていた会社の同僚だったことが明らかに。
楠見は亡き妻・瑠衣(松井愛莉)の一周忌で瑠衣の実家に行く。
しかし喪服を忘れてしまい西園寺さんが届けることに。
瑠衣の母である波多野里美(奥貫薫)と楠見の間に深い溝があることを知った西園寺さんは2人の関係を修復しようと奮闘する。
ルカを引き取りたいと楠見のもとへやってきた里美を西園寺さんは強引に自分の家に2泊させる。
里美に懐いていなかったルカと里美の距離を縮めるきっかけを作ったり、里美に楠見の子育てぶりを知らせる機会を作ったりした西園寺さんのおかげもあり、楠見と里美はお互いの気持ちを理解しあってわだかまりが解けることに。
楠見と本当の家族の絆を結んで、里美は帰っていった。
西園寺さんと楠見の距離も深まることになったが、西園寺さんはふと自分の中に芽生えた楠見への感情に戸惑う。

3話の視聴率と感想はこちら↓

【西園寺さんは家事をしない】3話の視聴率と感想!楠見と義母の関係から考える家族とは?
【西園寺さんは家事をしない】3話。楠見俊直(松村北斗)と亡き妻の母・里美(奥貫薫)の間の複雑な関係を修復しようと奮闘する西園寺一妃(松本若菜)を描く【西園寺さんは家事をしない】3話の感想と視聴率をお届けします。

4話「恋の始まりは、偽家族の終わり!? 芽生えた感情を駆逐せよ!」

『西園寺さんは家事をしない』7/30(火) 第4話 恋の始まりは、偽家族の終わり!? 芽生えた感情を駆逐せよ!【TBS】

放送日:8月6日(火)22:00~22:57

4話のあらすじ

思いがけず楠見(松村北斗)にドキドキしてしまって以来、西園寺さん(松本若菜)は自分の感情に大混乱していた。
そんな西園寺さんに、陽毬(野呂佳代)と洋介(塚本高史)は、「それはもう恋だ」と断言する。
しかし、恋愛感情が絡むとせっかく始まった“偽家族”生活は成立しなくなってしまうと考えた西園寺さんは、芽生えてしまった恋心らしきものを全力で駆逐しようと決心した。
だが、駆逐しようとすればするほど、かえって楠見を意識してしまい挙動不審に。
そんな中、ルカ(倉田瑛茉)が保育園でトラブルを起こしてしまう。
トラブルの原因が“偽家族”にあることを知った西園寺さんは、ルカのお友達とその保護者に自分たちの関係を理解してもらうため、ルカの誕生日パーティーを企画。
西園寺さんは苦手な料理やケーキ作り等、準備に全力投球することに。

4話のネタバレ

(放送後に更新します)

【西園寺さんは家事をしない】の見どころ

原作はひうらさとるの同名コミック

原作は、『ホタルノヒカリ』などでお馴染みの人気漫画家・ひうらさとるの「西園寺さんは家事をしない」(講談社「BE・LOVE」連載)。
2021年10月号から連載がスタートして、2024年5月31日「BE・LOVE」7月号にて完結しました。
現在、コミックス版「西園寺さんは家事をしない」は4巻まで出版中。
最終巻の第5巻は2024年7月11日に発売予定です。
原作とドラマ、それぞれの結末に違いがあるのかどうかも気になりますね。

原作にはいないオリジナルキャラ

西園寺さんは家事をしないうらじぬの

「レスQ」のデザイナー・小杉亜希(うらじぬの) は、原作には出て来ないドラマオリジナルのキャラクター。
活躍が楽しみです。
ドラマで、レスQのメンバーひとりひとりのエピソードをふくらませて描いてもらえたら、視聴者にとって一層物語が身近に感じられキャラクターに親しみがわきますね。

子役の倉田瑛茉ちゃんが可愛い!

西園寺さんは家事をしない倉田瑛茉

楠見の娘・ルカを演じるのは倉田瑛茉。
ルカと同じく4歳です。
『下剋上球児』の南雲なぎさ役ではあまりの愛らしさに共演者も視聴者もメロメロになってしまいました。
本作では、父親役の松村北斗ととても仲良しになっているそうで、どんな親子の姿を見せてくれるか楽しみです。

犬のリキが可愛い!

西園寺さんは家事をしないリキ

西園寺さんのことが大好きなリキ。
リキはボーダーコリーでしょうか。可愛いですね。
火曜日の夜はルカちゃんとリキに癒されましょう!

【西園寺さんは家事をしない】最終回の予想

(最終回後に追記します)

西園寺さんと父との間には過去に何があった?

西園寺さんと父親(浅野和之)は、過去に何かあったらしく微妙に距離感があります。
結婚した次女の琴音(村川絵梨)はそんな2人を気遣っているようです。
西園寺さんには母親はいないのでしょうか。
西園寺さんの実家、いろいろ気になりますね。

西園寺さんはなぜ家事をしないのか

確かに家事は面倒です。ですが西園寺さんは潔いほど家事をしません。
それにはどんな理由があるのでしょうか。
いつか西園寺さんが家事を自らやろうとする日は来るのでしょうか。

西園寺さんを取り巻く3人の男性

西園寺さんの周りには、年下の天才エンジニア・楠見俊直(松村北斗)、料理系YouTuber・横井和人(津田健次郎)、高校時代からの親友・小西洋介(塚本高史)という3人の男性がいます。
横井はかつて西園寺さんと何かあったらしいのですが、それは何なのか。
3人それぞれと西園寺さんの関係性は変化していくのかどうか、気になります。

原作の結末

原作の内容に触れていますのでご注意ください。

原作の西園寺さんと楠見とルカは“偽家族”としてお互い助け合いながら一緒に生活していきますが、西園寺さんは楠見のことを好きになってしまいます。
“偽家族”を続けていくためにはその感情が邪魔になると考えた西園寺さんは自分の気持ちを押し込めることに。
そんな中、カズト横井こと横井から告白されます。
西園寺さんは今後どうするかを楠見と話し合う中で、実は楠見のことを少し好きだったと打ち明けますが、その気持ちはおしまいにすると告げます。
そして、横井に“偽家族”の形態を説明して、引き続き3人は同居生活を続けることになりました。
横井は元々ボランティアでシングルマザーなどのシェルターやシェアハウスなどに料理しに行っている人で、家族のように助け合う西園寺さんたちの関係に感動します。
西園寺さんとつき合うことになった横井は、西園寺さんや楠見が仕事で忙しい時、ルカの世話をしたり料理をしたり様々な面でサポートしてくれました。
3人の中に横井が入ったような不思議な家族の形に。
ただ、西園寺さんの本当の気持ちは押し込めたつもりでも消えるものではなく、横井もそのことに気づいていたのでした。
一方で、楠見は妻・瑠衣の死を自分の責任だとずっと思っていました。
交通事故にあった時の瑠衣は残されたメモにびっしりと走り書きしていたことから育児ノイローゼだと言われていて、仕事が忙しく育児も家事も話を聞くこともできなかった楠見は自分を責め続けていたのでした。
しかし、実は当時瑠衣はずっと解けなかった数式の解答を思いついて興奮していたのだという真相が明らかになります。
その話の中の瑠衣の様子と自分の思い出の中の瑠衣が同じなのが嬉しい、嬉しい気持ちを西園寺さんに聞いてほしかったと言う楠見くん。
西園寺さんは、この人を守りたいというシンプルな気持ちにたどり着きます。
横井は西園寺さんの想いを大きな深い心で受け止めてくれて2人は別れることに。
西園寺さんと楠見はお互いの気持ちを確かめ合いますが、そこへ大きな障害が立ちはだかります。
ルカが2人の仲を許さなかったのです。
ルカの気持ちを大切にしたい2人。
でもある日、楠見とルカの夢の中に瑠衣が出てきて、最初は嫉妬したけれど2人を一生懸命守ってくれた西園寺さんを今は大好きなこと、自分はちゃんと生き切って幸せだったことを話します。
西園寺さんと楠見とルカは、法律の制度には縛られない形でこれからも一緒に生きていくことになりました。

ドラマの最終回の予想

ドラマでも、西園寺さん、楠見、ルカはお互いにとって最良の関係を模索しながら生活を共にし、新しい家族の形を作っていくのではないかと予想します。
夫婦でなくても、血の繋がらない関係であっても家族になれるという、人々の生き方の選択を広げる結末になるのではないでしょうか。
この物語には、西園寺さんたち“偽家族”の他にも様々な家族が登場します。
原作ではほとんど登場しない西園寺さんの父がドラマでは重要なポジションで、親子の関係が丁寧に描かれています。
また、妹の琴音が妊娠していることも原作にはない設定で、新たな命にこの物語の希望が込められているように思います。
楠見と義母の関係、横井と西園寺さんたち“偽家族”の関係、楠見と瑠衣とルカの関係、西園寺さんと母の関係。
様々な家族の姿を通して、人と人との繋がり方の多様な可能性、いろいろな幸せの形を見せてもらえることを期待しています。

“偽家族”と“本当の家族”の違いって何だろう?

西園寺さんと楠見くんとルカ

西園寺さんと楠見くんとルカちゃんは“偽家族”としての生活をスタートさせました。
西園寺さんと楠見くんは夫婦でも恋人でもないから確かに“偽”の家族なのかもしれないけれど、一緒に暮らす中で起こる様々な出来事は、偽物ではなく本物です。
“偽家族”だからといっても避けては通れず、本物の出来事として向き合っていかなければならない。
共にひとつずつ乗り越えていくこと、同じ体験をしてお互いの感情を分け合うことは、形がどうあろうと家族の姿だと思います。
家事をやりたくない西園寺さんと、ひとりで仕事も育児もしなければならなかった楠見くんが助け合っていく中で、どんな感情が生まれ、どんな変化が起こり、どんな選択をしていくのか、最後まで見守っていきたいと思います。

記事内画像出典:「西園寺さんは家事をしない」公式サイト

【西園寺さんは家事をしない】キャスト相関図!松本若菜・松村北斗・津田健次郎ほか魅力的な俳優陣が集結!
【西園寺さんは家事をしない】は家事をしない独身女性・西園寺さんと年下のシングルファーザーの不思議な同居生活を描くハートフルラブコメディ。松本若菜・松村北斗・津田健次郎ら魅力的なキャスト陣と相関図を紹介します。