【六本木クラス】8話のネタバレと視聴率!会長(香川照之)衝撃の記者会見!

六本木クラス8話

【六本木クラス】8話のネタバレと視聴率!会長()衝撃の記者会見!
長屋にスカウトされる葵()は、龍河(早乙女太一)にある告白をさせる。
新()は相川専務()と組んで、長屋茂()を会長の座から引きずり降ろそうともくろむが…。

今回は、【六本木クラス】8話のあらすじネタバレ・視聴率・レビューについて!

【六本木クラス】8話の視聴率

【六本木クラス】8話の視聴率は10.0%(関東地区・リアルタイム・世帯)。2桁台に上げてきました。

【六本木クラス】8話のあらすじ

長屋のために葵をスカウトする龍河。しかし葵にはある計画があり…。

龍河が葵をスカウト

会長秘書の桜木(近藤公園)にそそのかされた長屋龍河(早乙女太一)が麻宮葵()を長屋ホールディングスへスカウトしにやって来る。宮部新()は「葵の人生は葵が決める」と考え 、龍二()は葵に手を出すなと忠告する。

カフェで話す中、年収などの条件を話ながら龍河や長屋を持ち上げるが、本当の目的は別にあった。気分を良くした龍河に12年前のひき逃げ事件の真相を自白させること。葵にまんまと乗せられた龍河は、自分が真犯人で身代わりを立てたことなどをついペラペラと話してしまう。葵はその会話を録音しており、内容を公開すると宣言。

葵はカフェでは龍河をやりこめるものの、怒った龍河に襲われそうになり逃亡。しかし追いついた龍河に顔を殴られる。そこに現れた新に、証拠を録った!と嬉しそうに報告する葵。新は葵が顔を殴られたことを知ると龍河を殴ろうとし、殴らせようと挑発する龍河。葵は新を必死に止める。警察が来て龍河は逮捕され、新は葵を抱きしめる。ごめんな…。

長屋会長失脚大作戦スタート

翌日、長屋ホールディングスの長男で常務の龍河が逮捕されたニュースと、葵がネットに流した自白音声が世間を騒がせる。

そのニュースを見ていた松下(緒形直人)は娘の未玖にある事実を告げる。

長屋ホールディングスでは、会長の茂が龍河を厳しく叱る。スカウトするはずが暴行するとは…!! 茂に追い出された龍河に「あとは会社が何とかする」と声をかけた相川専務()は、茂には会社か息子かどちらかを選ぶべきだと進言する。

「二代目みやべ」では、長屋と新の深い因縁を知った亮太()とりく(さとうほなみ)が龍二への接し方に悩んでいた。新と葵はこれまで通りでいいという。

新と葵は桐野雄大()と専務に、株主が長屋家に失望している今が長屋会長()の解任決議案を出すチャンスだと動き出すことを決める。

長屋会長解任作戦は、失敗すれば専務が失脚することになる。葵はある2つの条件をクリアする必要があると言う。1つめは龍河を立件すること — 。

松下の決断に娘は…

松下家に向かう新と専務。すると松下が家出した未玖(吉澤梨里花)を探して駆けずり回っていた。未玖を見つけたのは専務。未玖は、尊敬していたもと警察官の父親が新の父の事件で隠蔽したこと、自首するということにショックを受けていた。パパが捕まるのもパパと離れるのもイヤと泣く未玖に、パパもずっと苦しんできた。でも未玖のそばを離れたくなかった。誰でも過ちは犯すが勇気のある人にしか責任はとれない。

パパはもっとカッコいいパパになるために勇気を出そうとしている、と説得する。歩み寄る松下に抱きついて泣く未玖。パパはこれからは堂々と生きると松下は宣言する。

会長の過去と長屋の誕生

葵の2つ目の条件は、会長の考えを知ることだった。会長が龍河をとるか会社をとるか。龍河を切れば計画は中止。株主が会長側につくからだ。これまで龍河が問題を起こしても決して家族を捨てることはなかった会長はいったいどうするつもりなのか。

長屋では、弁護士が不起訴に持ち込むプランを出す。思わず「よかった…」とつぶやいた龍河に会長は激怒。龍河のせいで株価は30%も落ちた。会長が龍河を追い出したあと、優香()は、会長が龍河を切るしかないと進言する。

会長は、長屋を作った理由を話し始める。四人兄弟で貧しい家に育つ。親は蒸発し、会長は兄弟を食べさせるために必死で働いた。8年前、龍河が暴行事件で逮捕されたときは株価が半分に下落したが半年で盛り返した。それは長屋の料理がうまいから。長屋は自分そのもの、二度と家族を切れなどと言うなと優香を諌める。

【六本木クラス】8話のネタバレ

長屋会長解任大作戦の結末が意外な方向に!

龍二の決断

優香から、会長は龍河を切り捨てないと聞いた相川専務や新たちは、作戦を決行。専務は長屋の幹部を集め、会長の解任を進めようとする。そこに来た龍河は、父親を裏切った専務に抗議。専務は無能な龍河を常務にしたこと、龍河を守るために会社を見捨てようとしたと反撃する。

龍二は、新を支持しながらも父親が解任を迫られているニュースに心を傷めていた。心配して声をかけるりく。龍二は強かった父が落ちぶれていく様子を見たくない。新に何をしてきたかを知ってるのに…。りくも親とはいろいろあったけど、親は親。そう思うのもいいだろうと慰める。

新は龍二に会長解任させ、長屋を叩き潰すことを宣言。龍二のためにその手を緩めたりしない。たまらず出て行く龍二。ブレない新に感動しながらも、前に葵が言っていたことを思い出す。葵はちっとも欲のない龍二に呆れていた。

もしどうしようもなく私のことを手に入れたくなったら、長屋を継いで…。

欲を出してもいいんだよな。龍二はある決意をする。

会長が選ぶのは会社か息子か

龍河は裁判前に会長のもとを訪ねる。会長は、龍河を後継ぎと思って育ててきたが、一度も息子として抱きしめたことがなかった。そういって龍河を抱きしめる。ジーンとする龍河だが、会長はまったく別のことを考えていた。

会長の解任決議案の会議に出席する新は、龍河と遭遇する。龍河のおかげで見えなかったゴールが見えてきた、と新。

会長は独自に記者会見を開く。父親として…と息子のことを語り出す。龍河をかばう話かと思いきや、「12年前のひき逃げ事件は僕がやった」という自白を聞いたと衝撃の告白をする。つまり会社をとって龍河を捨てたのだ。

一枚上手だった会長の言動に驚いたのは新たちだけではない。裁判所に向かう車の中で会見を見ていた龍河は思わず長屋へと走り出す。

息子の非を認め、苦しみと悲しみの中にいる父親を見事に演じる会長は、記者たちに深々と頭を下げる。長屋にやられたことと大嘘だらけの会見に気分が悪くなり、トイレで嘔吐する新。

長屋にたどり着いた龍河は、記者に囲まれる。それを一瞥して車に乗り込む父親の姿を見て、自分が父に捨てられたことを知る。

会長の芝居にほだされた株主たちは、会長解任決議案を否決。新たちは敗北した。

【六本木クラス】8話の感想

だんだん面白くなってきた。 葵が良いアクセントになっている。 そして、龍二の心がどう変化していくのか? 新とどう関わっていくのか楽しみだ。

案外、優香の言葉で龍河を切ることを決心したのかもな。そして、新の復讐は失敗した。 新の気持ちを知りながら、あんな提案をできる優香も、十分裏切り者だよなぁ。

最後に父親の顔を見つめる所から謝罪に至るまでの龍河のあの顔、父さんは本当に僕のことを切り捨てるんだ。うん、わかったよ。って静かに受け入れる奥底の少年龍河の声がさあ…聞こえてくるのよ 泣き出さなかったの偉い いや、泣いたら壊れちゃうからなんとか保ったのか

今回は、復讐劇+親子愛のエピソードでした。

・長屋茂 — 龍河 — 龍二
・新 — 信二
・松下 — 未玖

どうしようもないバカ息子として描かれてきた龍河にも、父を思う心があった。それをついて利用する会長、本当に非情です。長屋と宮部の両家の間で苦しむ龍二も、新に「長屋を潰す、お前のために手加減はしない」とハッキリ言われたことで何かを吹っ切り、動き出します。

「六本木クラス」という物語は、龍河に始まり龍河で終わる。長屋と新の因縁の発端も物語を引っ掻き回すのも龍河です。今回も龍河の暴行事件とひき逃げ自白でみやべと長屋の戦いが大きな局面を迎えました。父親への愛を感じて少年のようになり、その父の裏切りを知って悲しみの淵へと堕ちる龍河を早乙女太一が見事に演じきっていました。とくにラストの表情は素晴らしかった。

しかし会長は本当にタヌキおやじで、一枚も二枚も上手。専務と優香の進言から、新の計画を読んでいたのでしょう。今回はすっかりやりこめられたチームみやべは、次にどんな戦いを仕掛けていくのでしょうか!?

記事内画像出典: (C)テレビ朝日

コメント