【六本木クラス】香川照之の不祥事問題がドラマとリンクしすぎ!?「解任問題がタイムリー」「まるでブーメラン」

六本木クラス8話

【六本木クラス】の不祥事に視聴者からツッコミ!ドラマとリンクして「解任問題がタイムリー」「まるでブーメラン」

過去のセクハラトラブルが批判を浴びている俳優・
出演ドラマの内容とタイムリーにリンクしすぎていると話題に!

トラブルの概要と8話に関する視聴者の反響をまとめました。

香川照之の性加害スキャンダルとは?

2022年8月24日、『デイリー新潮』がのセクハラスキャンダルをスクープしました。

銀座の高級クラブのホステスの下着を剥ぎ取り、胸を揉んだりキスしたりしたというものです。

〈訴外香川の隣にいた子が席を外したため、その席に原告が移動したところ、突然、訴外香川は、原告の服の中に手を入れ、ブラジャーを剝ぎ取った。剥ぎ取られたブラジャーは、被告及び同行の客3名に次々と渡され、全員がその匂いを嗅ぎ、いろいろと卑猥なことを申し述べた〉

https://www.dailyshincho.jp/article/2022/08240600/

かなりエグい内容ですね。

トラブルがあったのは、2019年7月、つまり3年前のこと。被害女性が東京地裁に損害賠償の請求訴訟を起こしたのは2020年5月。ではなく、香川の暴走を止められなかったという理由でクラブのママに対してでした。提起された訴訟自体はすでに取り下げられているとのことです。

香川照之所属事務所が「事実」と認めた!

この件に関して、側の対処が注目されていましたが、8月25日には所属事務所が性加害報道を“事実”と認めました!

所属事務所の株式会社ロータス・ルーツが公式HPで次の文章を公開しています。

弊社所属タレントに関する一部週刊誌での報道について

平素は多大なるご高配を賜りありがとうございます。 弊社所属のについて一部週刊誌において報道がなされております件に関しまして、ご報告させていただきます。

本人の至らなさで当該女性に不快の念を与えてしまったことは事実です。
ご指摘いただいたことを本人は深く反省し、今現在も自らの戒めとしております。
お相手の方には、本人から深い反省と謝罪の気持ちをお伝えし、ご理解とお許しをいただいております。

この度のご報告の文面も、 あらためてお相手の方のご了承を得て発信させていただいている次第です。

今回の記事にあります訴状の内容につきましては、 本人が訴訟の対象者ではないこと、 既に取り下げられていること、 また、何よりお相手の方のお気持ちを尊重し、 大変申し訳ございませんが、コメントは差し控えさせていただきます。

全ては本人の不徳の致すところであり、 この度の報道で再びお相手の方に不快な思いをさせてしまうことは、痛恨の極みです。

皆様に大変なご迷惑ご心配をお掛けすることになり、誠に申し訳ございません。

株式会社ロータス・ルーツ

ロータス・ルーツのHPより引用

1日余り慎重に考えて、また被害者の方や関係者に連絡をとって出したコメントだと思いますが、言い訳せずに潔く認めたのはよかったのではないかと思います。

もちろん、が行なったセクハラは許されることではありません。大人の男性なんだから、もっと粋に遊べないものですかね…。好きな俳優さんだけに、かなり幻滅しました。

【六本木クラス】を降板する可能性は?

本日8月25日にコメントを発表したのは、当日に主要な役で出演中の【六本木クラス】の放送があること、翌日8月26日には、レギュラーでMCを務めるTBS朝の情報番組「THE TIME,(ザ・タイム)」の放送があるからでしょう。

【六本木クラス】の長屋会長役はどうなるのか…、まさかの降板もあり得る?と思いましたが、テレビ朝日が早々と対応を発表しました。

とくに影響ありません。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202208250000797.html

すでに撮影は終盤まで進んでいるでしょうし、訴訟を起こされたのが本人ではない、すでに取り下げられている、が被害女性に謝罪をしている、ということを踏まえての対応なのではないかと思います。

【六本木クラス】には視聴者から厳しい声とツッコミ

【六本木クラス】8話放送中には、Twitterに視聴者から厳しい声が続々と上がりました。

劇中のスキャンダルからの会長解任要求とレギュラー番組・CM出演への影響が重なる

「長屋社長、解任か?ってやめてくれ…明日にはがTHE TIME、トヨタCM、カマキリ先生も解任になりそうなのに… 」

「トヨタの顔が性加害報道でトヨタイズム編集長解任? ドラマでは長屋会長辞任決議! なんともリンクの仕方が凄いわ」

「台詞が全てブーメラン過ぎて…」

「引き抜くどころか暴行だと!? 暴行はお前だ(笑)」

「ホステスへのセクハラがえぐ過ぎたので顔見てんのもしんどい」

8話のストーリーが、息子の過去の不祥事が発覚し、演じる大企業の会長を解任させられるかどうかというもので、演者本人のスキャンダルが事実とわかるタイミングが図らずもタイムリーになってしまったのです。

自ら事実を認める対応で解任回避。ドラマ出演キープと重なる!?

8話のラストでは、息子の不祥事で株価が暴落。家族をとるか会社をとるか、究極の選択を迫られた長屋会長()が、ひとりの父親として息子の罪を謝罪して株主の心情に強く訴え、会長の解任を免れるという展開になりました。

も、セクハラを事実と認めたことによってなのか、ドラマ出演には影響なしということになりました。これもドラマの内容と現実がなぜか重なってしまいますね。

【六本木クラス】は徐々に視聴率を上げていっているところですが、のスキャンダルで視聴率にも影響はあるのでしょうか? 今後の視聴率や視聴者の反響にも引き続き注目していきたいと思います。

また、8月26日朝の「THE TIME,」内でどんな謝罪をするのか、Eテレの昆虫番組や、ほかの出演番組や映画についてはどうなるのか?続報が出次第、まとめていきたいと思います。

アイキャッチ画像:番組HPより引用

コメント