【らんまん】82話|「私らあも作ろうか」に竹雄も視聴者も勘違い!?

らんまん82話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【らんまん】82話

朝ドラ【らんまん】第82話(第82回)が2023年7月25日(火曜)に放送。

竹雄(志尊淳)と綾(佐久間由衣)の元に園子誕生の知らせが届き、二人は大喜び。一方、万太郎(神木隆之介)らは、ゆう(山谷花純)の誘いを受けて出かけることに…

今回は【らんまん】82話の放送内容・感想・事前レビュー・出演者について!

【らんまん】の動画は【ユーネクスト】NHKで!

*本ページの情報は2023年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【らんまん】82話の放送内容

らんまん82話

【らんまん】82話の放送内容です。

竹雄(志尊淳)と綾(佐久間由衣)の元に園子が誕生の知らせが届く。万太郎が描いた園子の似顔絵では全く伝わらないが、園子の手や足の絵は克明に描かれており、竹雄と綾は「うわ~、かわいいき!」と笑顔を見せる。

綾「良かったねえ。おばあちゃん(松坂慶子)にも会わせたかった。ねえ、竹雄。うちも色々厳しいけんど、精一杯やりたいがよ。私らも作ろうか?」

竹雄「作る…!?」

綾「新しい酒」

竹雄「酒…?ああ、さ、酒か。新しい酒ね」

綾「前に作った酒はおばあちゃん怒らせてしもうた。今の世に生きる私らの酒を作ってみたいがよ」

綾は酒造りへの熱い思いを明かした。

一方、園子は、寿恵子(浜辺美波)、万太郎(神木隆之介)、そして長屋の面々にも可愛がられ、すくすくと成長していった。

そんなある日、ゆう(山谷花純)の知人の引っ越しを手伝うため、万太郎(神木隆之介)と倉木(大東駿介)と福地(池田鉄洋)らは4人で出かけることに…。

帰路に植物採集にいそしみ始めた万太郎の姿を眺めつつ、福地は・・・

福地「あんなに楽しそうでよ。万ちゃんは、恐ろしくならないのかね?楽しけりゃ楽しいだけどっか怖くなるからさ。いいことがあった分、よくねえことも起きるって…」

福地は、自身は良いことの次に悪いことが待っているという思考回路が身に着いてしまっていると語った。

<<前回 第81話 | 次回 第83話>>
らんまん|あらすじネタバレトップページ

【らんまん】82話の感想

【らんまん】82話の感想です。

【らんまん】82話|「私らも作ろうか」に竹雄も視聴者も勘違い!?

綾(佐久間由衣)の「あたしらも作ろうか」に視聴者も勘違い!?

竹雄じゃなくても子供のことかと思ってしまいますよね(笑)

しかし、酒造りのことでした。

綾と竹雄の子供も見たいところですが…果たしてどうなるのでしょうか。

そして82話ラスト、少し不穏な雰囲気に。81話ラストは雷鳴でしたし、フラグか・・・。心配ですね。

【らんまん】82話の事前レビュー

【らんまん】82話の事前レビューです。

82話ごろの万太郎のモデル・牧野富太郎の史実はこちら↓

明治22(1889)
27歳
「植物学雑誌」第3巻第23号に大久保三郎と日本で初めて新種ヤマトグサに学名を付ける。
佐川理学会発足。 横倉山でコオロギラン発見。マキシモヴィッチに標本を送る。
明治23(1890)
28歳
現在の東京都江戸川区でムジナモを発見する。植物学教室への出入りを禁止され、マキシモヴィッチを頼りロシア行きを決意する。
明治24(1891)
29歳
マキシモヴィッチの死去によりロシア行きを断念する。実家整理のため帰郷。高知県下で植物採集を行う。

ちなみに第17週タイトルは「ムジナモ」。

ムジナモは、1890年(明治23年)5月11日、現在の東京都江戸川区北小岩4丁目の江戸川河川敷の用水池にて、当時28歳の牧野富太郎により偶然に発見されました。 柳の木にもたれて、ふと水面を覗き込んだらそこに浮遊していたといわれます。

そう言えば、おゆうさんは、能登(のと)の沼へ鳥を見に行くデートをしたことがあると語ったことがあります。

そんな ゆうが用水地に万太郎を連れて行く。偶然発見されたとは言われていますが、物語上は運命的な出会いですね。もしかすると、おゆうさんがムジナモを発見して万太郎に手柄を譲るのかも?…さすがに、そこまでの改変はしないですね(笑)

【らんまん】82話の出演者

【出演】神木隆之介,浜辺美波,志尊淳,佐久間由衣,大東駿介,成海璃子,池田鉄洋,安藤玉恵,山谷花純,

【語り】宮﨑あおい


<<前回 第81話 | 次回 第83話>>
らんまん|あらすじネタバレトップページ

画像出典「らんまん」公式HP