大河ドラマ【光る君へ】のネタバレ・あらすじ・感想を最終回まで!

当サイトのリンクには広告が含まれます
光る君へ

吉高由里子主演、2024年のNHK大河ドラマ「光る君へ」のネタバレ・あらすじ・感想を最終回まで全話まとめていきます。予習・復習にどうぞ!

今回は大河ドラマ【光る君へ】のネタバレ・あらすじ・感想について。

最新話のあらすじネタバレへ

※当記事のあらすじは放送前のネタバレを含むことがあります。ご注意ください。

「光る君へ」の動画は【U-NEXT】NHKがオススメ。

あわせて読みたい
大河ドラマ【光る君へ】のキャスト一覧と相関図!吉高由里子が紫式部に! 大河ドラマ【光る君へ】のキャスト一覧と相関図!吉高由里子が紫式部に! 吉高由里子主演で2024年放送のNHK大河ドラマ『光る君へ』(ひかるきみへ)(毎週日曜 後8:00 N...
目次

ネタバレなし|【光る君へ】のあらすじ

大河ドラマ【光る君へ】全体のあらすじをネタバレなしで紹介。※事前に明かされているあらすじは含みます。

母との別れ

10世紀後半、京で生まれた一人の女の子は、まひろ(落井実結子)と名付けられる。父・藤原為時(岸谷五朗)は和歌に秀でていて名を知られた文人。貴族の中ではけっして上位ではないが、名家である。まひろは幼い頃、三郎(木村皐誠)と出会う。そんな中、母・ちやは(国仲涼子)を道兼(玉置玲央)に殺されてしまう。それでも、弟とともに父の慈愛を受けて育つ。

まひろの文学の素質は際立ったものがあり、弟への講義を横で聞くだけで、漢学も和歌も覚えてしまうほどだった。学問はまひろにとって、心の中の豊かな世界観の礎となった。

母の死の秘密

母の死から数年後へ。少女時代のまひろが出会った三郎こそが、のち最高権力者となる藤原道長(柄本佑)である。そのころの道長は、まだ兄たちの陰に隠れて、おっとりとしたかわいらしい少年にすぎなかった。成長するにつれて、まひろ(吉高由里子)と道長は、子どもらしい親しみから、やがてお互いにかれるようになる。しかし両家の家格の違いと、まひろの母の死にまつわる秘密が、二人の関係に影を落としていく…。

シングルマザーに

その後、父の受領としての赴任先・越前に同行したまひろ。一方で、道長はライバルを蹴落とし、権力の階段を急速に上り始めていた。まひろは思いを断ち切って、京に戻り藤原宣孝(佐々木蔵之介)との結婚を決める。宣孝とは父と子ほどの年の差があり、娘を授かったものの、わずか一年で宣孝が急逝。まひろは現代でいうシングルマザーとなった。

「源氏物語」の執筆

道長は、天皇に娘を入内させ、いずれは天皇の祖父=外戚となることをもくろんでいた。天皇、道長たち貴族、そして后や姫たちの複雑な人間関係を聞き知ったまひろ。生来の文学好きと結びついて想像が広がり、子育てのかたわら、『源氏物語』を書きはじめる。主人公は皇子でありながら、臣下となった光る君。その呼び名のとおり光り輝くように美しい男性だ。

やがて『源氏物語』の評判は道長の耳に入り、娘に后としての教養を授ける女房として宮中に上がるよう、強く誘われる。ライバルを抑え、我が娘に文学好きな天皇をきつけたい思いが、道長にはあった。

一人娘の養育のために、宮中に上がることを決意するまひろ。宮仕えのかたわらで、道長のバックアップを得て、乞われるままに源氏物語を書き進める。書き上げる端から周囲が奪い合うほどの人気ぶりに! 女性たちはもちろん、天皇までもが源氏物語に魅せられる。ヒロインの紫の上にちなんで、まひろに「紫」の呼び名が冠されるほどだった。

【光る君へ】のネタバレ・あらすじ・感想

【光る君へ】のネタバレ・あらすじ・感想を紹介します。

第1話のネタバレ・あらすじ・感想

光る君へ・1話

放送日:2024年1月7日 日曜 20:00 -20:45 NHK総合

第1回のタイトル:「約束の月」

1話のあらすじ

あらすじ:1000年の時を超える長編小説「源氏物語」を生み出した女流作家・紫式部の波乱の一代記。平安中期、京に生を受けた少女まひろ(落井実結子)、のちの紫式部。父・藤原為時(岸谷五朗)の政治的な立場は低く、母・ちやは(国仲涼子)とつつましい暮らしをしている。ある日まひろは、三郎(木村皐誠)という少年と出会い、互いに素性を隠しながらも打ち解けあう。再び会う約束を交わす二人だったが…激動の運命が始まる。

1話のネタバレ

ネタバレ:兼家(段田安則)は娘・詮子(あきこ)(吉田羊)を入内させることに成功。道兼は為時を東宮(とうぐう)(皇太子)である師貞親王の漢文の指南をさせる。だがそれは宮中の情報を探る間者(かんじゃ *敵方の様子を探る者。スパイの意味)になるということだった。貧しい為時はその仕事を受ける。
一方、道兼(玉置玲央)は父・道兼が道隆(井浦新)ばかりを評価するため鬱屈を抱え、弟・三郎にも暴力を振るう日々。そんなある日。まひろは三郎と会う約束をしていたため急いでいたた。そのため、馬に乗っていた三郎の兄・道兼を落馬させてしまう。一緒にいた母ちはや(国仲涼子)が娘ちひろに謝らせて一件落着に思われたが…。道兼の従者がちはやを褒めたため、面白くない道兼がちはやを刺し殺す!
夜。為時は妻ちはやを病死したことにするという。ちはやは泣きわめいたが聞き入れてもらえなかった。その晩は月が出ていた。三郎は自宅で月を眺める。まひろ自宅で月をじっと見つめ手にギュッと力をこめる。(*「約束の月」のタイトル回収?)まひろという少女の激動の運命が動き出した。

1話の感想・出演者

【感想】第1話タイトルは「約束の月」。何の約束なのかは明らかになっていません。ただ、ラストシーンで三郎とまひろが別々の場所で同じ月を見ています。ストレートに解釈すれば三郎と会う約束をしていた日の月なのですが、まひろは月を見ながら兼家への復讐を母と約束したのかもしれない…そんな想像がふくらみます。

【出演】落井実結子,岸谷五朗,国仲涼子,井浦新,吉田羊,玉置玲央,,三石琴乃,ユースケ・サンタマリア,坂東巳之助,橋爪淳,益岡徹,木村皐誠,宮川一朗太,信川清順,矢部太郎,,野呂佳代 ほか

第2話のネタバレ・あらすじ・感想

光る君へ・第2話

放送日:1月14日 日曜 20:00 -20:45 NHK総合

第2回のタイトル:「めぐりあい」

2話のあらすじ

あらすじ:母の死から6年、まひろ(吉高由里子)は15歳となり成人の儀式を迎える。死因を隠した父・為時(岸谷五朗)との関係は冷めきる中、まひろは恋に悩む人々への代筆仕事に生きがいを感じている。
 一方、道長(柄本佑)は藤原道長(柄本佑)は、従五位下の右兵衛権佐の地位を得て、宮仕えをしている。
 姉・詮子(吉田羊)が円融天皇(坂東巳之助)との間に皇子をもうけ、道長の一家は権力を拡大していた。しかし詮子と円融天皇の関係は冷え切っている。
 道長の父・兼家(段田安則)は権力をさらに強固なものにしようと、娘・詮子が産んだ皇子・懐仁親王(やすひとしんのう)を帝へと考えている。そのため詮子に、懐仁親王を人質に円融天皇を東三条殿に戻ることを提案するよう持ち掛ける。

2話のネタバレ

ネタバレ:代筆に生きがいを感じているまひろだったが、恋に悩んで依頼してきた男性を代筆した和歌が女性から突き返されてしまう。ショックを受けながらの帰り道、石ころを蹴ると男性の頭に当たる。まひろが謝ると、その男性の足には見覚えのある傷が。その男性は三郎(現在の名前は道長)だった。

三郎=道長は6年前のあの日、なぜ来なかったのか尋ねる。だが、まひろは答えたくないと告げる。三郎=道長が「お前は、いったい何者なのだ?」と聞くと、まひろは「絵師の工房で、代筆の仕事をしている」と答える。三郎は?三郎=道長は身分を隠すため一般人と同じ身なりをしていた。道長は今度、工房に行くと告げる。

円融天皇が藤原詮子のもとに帰ってきた。詮子が手紙を送り続けていたからだった。円融天皇は「そなたは国母になるやもしてない立場。そのことを忘れるでない」と告げる。詮子が東三条殿に帰ると言うと、円融天皇は「懐仁は置いていけ」と答えた。

一方、兼家は道兼(玉置玲央)の弱み(まひろの母を殺害)を持ち出して、道兼を動かし、円融天皇が退位するよう作戦を命じる。(※兼家は口封じのため従者も殺害。自らの手も汚している)

まひろは父・為時から代筆を辞めるよう叱られてしまう。まひろは外出禁止になってしまい、乙丸(矢部太郎)が見張り役に。為時は、絵師に口止めのお米を渡した。その後、道長が絵師の工房を訪ねるが、まひろのことは知らないと言われる。

2話ラスト。まひろは乙丸の目を盗んで屋敷から抜け出す。すると、慌てた男にぶつかった。そこに放免が来て、まひろのは逆方向を教える。その嘘をついた方向に道長がいた。そのため道長が逮捕される。まひろが「その人は違う」というが聞き入れてもらえず…。

2話の感想・出演者

【感想】ついに吉高由里子が本格登場。おキレイです。見とれちゃいますね。そして、まひろと道長が再会。劇中では6年ぶり!でも、またもすれ違ったと思ったら…。ラスト、まひろの前で道長が逮捕されるという、なんという再会(笑)三郎が宿敵・道兼の弟だと分かる日がいつ来るのかドキドキです。そして兼家の陰謀。いやあ、黒いですね。

【出演】吉高由里子,柄本佑,井浦新,吉田羊,玉置玲央,秋山竜次,本郷奏多,高杉真宙,,坂東巳之助,三遊亭小遊三,橋爪淳,益岡徹,信川清順,矢部太郎,本多力,野呂佳代,中村静香,佐々木蔵之介 ほか

第3話のネタバレ・あらすじ・感想

光る君へ・第3話

放送日:1月21日 日曜 20:00 -20:45 NHK総合

第3回のタイトル:「謎の男」

3話のあらすじ

あらすじ:自分のせいで放免(*犯罪者を捕える検非違使庁の下級役人のこと)に捕らえられた道長(柄本佑)を心配するまひろ(吉高由里子)。しかし、父の為時(岸谷五朗)に謹慎を強いられたため、ただ案じることしかできない。そんな中、放免に追われていた男(毎熊克哉)がまひろの元に来て「あいつ(三郎)は無事だ。あいつとは今お前が案じている男のことさ」と伝えて去った…。
道長は父・兼家(段田安則)の指示で、家司である平惟仲(佐古井隆之)に助け出された。
一方、道兼(玉置玲央)は父・兼家の指示で女官を使って帝の食事に毒を仕込む。そして円融天皇(坂東巳之助)は急激に体が弱っていく。政権を掌握するために二の手を打ちたい兼家は、ライバルの左大臣家の動向を探るため、為時を利用してまひろを間者(かんじゃ)として送り込む。

3話のネタバレ

ネタバレ:円融天皇が体調を崩し、安倍晴明(ユースケ・サンタマリア)が邪気払いを行う。藤原実資(秋山竜次)は陪膳の女房たちを取り調べ、食事も検分する。しかし道兼が薬を盛っていたことは発覚しなかった。

まひろは弟の太郎(高杉真宙)に三郎を探してほしいと頼む。しかし貴族ではないとまひろから聞かされていた太郎は、三郎=道長を探しだせなかった。

一方、晴明は円融天皇に「一番重いお荷物を降ろされたら」と助言した。そのことを兼家に報告すると、兼家は「追って褒美をつかわす」と告げる。

まひろは為時に言われて左大臣家の屋敷へ行き、和歌を学ぶ集いに参加。漢字をよく知っているまひろは「偏継ぎ」(※)のゲームで他を圧倒した。帰宅したまひろは為時から「婿(むこ)をとる話」について尋ねられ、自分が間者(かんじゃ)として送り込まれたことを知る。

まひろは父・為時に「倫子(黒木華)様のお気に入りになれるよう努めます」と告げた。

ラスト。まひろは散楽に立ち寄り、そこで三郎=道長と再会する。ちなみに、散楽の女形はあの時、放免に追われていた男(毎熊克哉)だった。(つづく)

※「偏継ぎ」(へんつぎ)とは漢字の偏と旁(つくり)を使っての文字遊戯。主に女性や子供が漢字の知識を競うために行った遊び。漢字の旁 (つくり) を示して、これに種々の偏を付けた文字を次々と考えさせ、行き詰まると負けになるというルールで行われた。

3話の感想・出演者

【感想】まひろ(吉高由里子)と道長(柄本佑)が3話ラストで運命的に再会!大石静さんの脚本はロマンチックです。そして陰謀が渦巻く中、まひろも間者になってしまうとは…。しかしまあ、カルタみたいな遊びが楽しそうで、新入りなのも気にせずに札をとりまくるまひろが可愛らしかった(笑)
あと、気になるのは毎熊さんの役。町辻で風刺劇を披露する散楽の一員・直秀を演じているようですが、どうストーリーに関わるのか楽しみです♪

【出演】吉高由里子,柄本佑,黒木華,井浦新,吉田羊,玉置玲央,秋山竜次,板谷由夏,ユースケ・サンタマリア,町田啓太,渡辺大知,金田哲,高杉真宙,毎熊克哉,坂東巳之助,三遊亭小遊三,石野真子,益岡徹ほか

第4話のネタバレ・あらすじ・感想

光る君へ/第4話

放送日:1月28日 日曜 20:00 -20:45 NHK総合

第4回のタイトル:「五節の舞姫」

4話のあらすじ

あらすじ:互いに身分を偽ってきたまひろ(吉高由里子)と三郎こと道長(柄本佑)だったが、まひろはついに素性を明かす。道長も真実を語ろうとするが…。その瞬間、為時の友人・藤原宣孝(佐々木蔵之介)が通りかかり、うやむやに。まひろは次の散楽の日も来たいと三郎に聞こえるよう大声で告げて、暗にその日にまた会いたいと伝えた。
その頃、円融天皇(坂東巳之助)の譲位を知った詮子(吉田羊)は挨拶のために謁見(えっけん)するが、思いもよらぬ嫌疑をかけられる。ある日、まひろは倫子(黒木華)からの依頼で、即位した花山天皇(本郷奏多)の前で五節の舞を披露する舞姫に選ばれる。そこでまひろは驚愕の真実を知ることに…

4話のネタバレ

ネタバレ:詮子(吉田羊)がかけられた、思いもよらぬ嫌疑とは…。毒を盛ったという殺人未遂の疑いだった。円融天皇(坂東巳之助)は「懐仁(やすひと)が東宮となる為に朕(ちん)は引く。されどお前のことは生涯許さぬ。二度と顔を見せるな」と詮子を叱責。何も知らなかった詮子は父・兼家(段田安則)に詰め寄るが白を切られる。だが、父の策略だったと気づいた詮子は怒り狂い、自分が懐仁を守ると息巻く。

永観二(984)年8月。円融天皇の甥・師定親王が即位して花山天皇(本郷奏多)となる。藤原為光(阪田マサノブ)の娘・忯子(井上咲楽)が入内(じゅだい:中宮・皇后となるべき人が正式に内裏にはいること)した。花山天皇に漢文を指南してていた為時(岸谷五朗)は12年ぶりに官職を得る。しかし実資(秋山竜次)は花山天皇の側近になることを辞退した。

その後、花山天皇は布や銅の値段を自ら定めると言い出す。兼家がそのような決定は世の中を乱すと関白・頼忠(橋爪淳)に進言。しかし頼忠は自分の意見は聞き入られないという。そこで、花山天皇の叔父・藤原義懐(よしちか)(高橋光臣)が帝の決定を遂行するのが関白、左大臣、右大臣の役目だと諭す。

その後、まひろは散楽がある日に三郎を探しに行くが、会えなかった…。

ラスト。舞姫に選ばれるたまひろは、踊りの最中、憎き道兼(玉置玲央)の隣りに三郎を目撃!踊り終わった後、まひろは三郎の正体が右大臣家の三男・藤原道長である…という驚愕の真実を知る。

4話の感想・出演者

恋愛ドラマが得意な大石静さんの脚本が冴えわたり、冒頭で三郎が正体を明かせず、すれ違い、次の散楽でも会えず、そして結果的に最悪な形でまひろが知ることになる展開。巧いです。まひろは自分が藤原のはしくれで、三郎が低い身分だろうと思っていました。それでもまひろは、身分の差があっても会いたいと思っていました。なのに、三郎が恩讐相手の弟であり、自分より上の身分の人物だとは…。これはショッキング!

そして吉高由里子さんの舞。衣装。おキレイです。藤原が多くて関係図が混乱する本作ですが、すれ違いラブストーリーな展開や衣装、美人女優たちの競演も見どころ。楽しめますね♪

【出演】吉高由里子,柄本佑,黒木華,井浦新,吉田羊,玉置玲央,秋山竜次,ユースケ・サンタマリア,町田啓太,渡辺大知,金田哲,高杉真宙,毎熊克哉,本郷奏多,坂東巳之助,橋爪淳,石野真子,益岡徹ほか

第5話のネタバレ・あらすじ・感想

光る君へ/第5話

放送日:2月4日 日曜 20:00 -20:45 NHK総合

第5回のタイトル:「告白」

5話のあらすじ

あらすじ:舞を終えたまひろ(吉高由里子)は他の姫たちの話から、道長(柄本佑)が右大臣家の子息であり、6年前に母を手にかけた道兼(玉置玲央)の弟であることを知った。まひろはショックを受けて寝込んでしまう。事態を重く見た、いと(信川清順)はおはらいを試みる。一方、まひろが倒れたことを聞いた道長(柄本佑)は、自らの身分を偽ったことを直接会って説明したいとまひろに文をしたためる。直秀(毎熊克哉)の導きでようやく再会することができたまひろと道長だったが…。

【出演】吉高由里子,柄本佑,黒木華,井浦新,吉田羊,玉置玲央,秋山竜次,ユースケ・サンタマリア,上地雄輔,町田啓太,渡辺大知,金田哲,高杉真宙,毎熊克哉,本郷奏多,橋爪淳,益岡徹,財前直見 ほか

第6話のネタバレ・あらすじ・感想

放送日:2月11日 日曜 20:00 -20:45 NHK総合

第6回のタイトル:「二人の才女」

6話のあらすじ

光る君へ・第6話

まひろ(吉高由里子)は道長(柄本佑)と距離を取るため、間者を続けることを決断。一方、道長は道兼(玉置玲央)の口からまひろの母の事件をもみ消したのが父の兼家(段田安則)であることを聞き、一家が背負う闇の深さを感じてしまう。

そんな中、宮中で勢いを増す義懐(高橋光臣)一派に対抗するため、道長の兄の道隆(井浦新)は若い貴族たちを招いて漢詩の会を催すことに。まひろは参加を申し出る。

【出演】吉高由里子,柄本佑,黒木華,井浦新,吉田羊,玉置玲央,高杉真宙,板谷由夏,本郷奏多,ファーストサマーウイカ,町田啓太,渡辺大知,金田哲,毎熊克哉,益岡徹,高橋光臣,凰稀かなめ,矢部太郎ほか

第7話のネタバレ・あらすじ・感想

光る君へ第7話

放送日:2月18日 日曜 20:00 -20:45 NHK総合

第7回のタイトル:「おかしきことこそ」

7話のあらすじ

道長(柄本佑)からまひろ(吉高由里子)に文(ふみ)が届き、恋心を読んだ和歌が記されていた。『ちはやぶる神のいがきも越えぬべし大宮人の見まくほしさに』(訳:私は越えてはならない神社の垣根も踏み越えてしまいそうです。恋しいあなたにお会いしたくて)しかし、まひろは返事をすることもなく、その恋文を燃やした。

まひろは道長への思いを断ち切ろうと没頭できることを探し散楽の台本を作る。まひろの演目は辻で披露され、評判を呼び大盛況に。しかし藤原家の武者たちが辻に駆けつけて大騒動になってしまう。まひろは倫子(黒木華)たちと道長や公任(町田啓太)たちが参加するボロに似た球技・打きゅうの見物に行くが……。

【出演】吉高由里子,柄本佑,黒木華,井浦新,ユースケ・サンタマリア,玉置玲央,秋山竜次,板谷由夏,益岡徹,財前直見,町田啓太,渡辺大知,金田哲,本郷奏多,ファーストサマーウイカ,毎熊克哉,高橋光臣 ほか

第8話のネタバレ・あらすじ・感想

光る君へ第8話

放送日:2月25日 日曜 20:00 -20:45 NHK総合

第8回のタイトル:「招かれざる者」

8話のあらすじ

倫子(黒木華)たちの間では、打きゅうの話題で持ち切り。斉信(金田哲)らの心無いことばを聞いたまひろ(吉高由里子)は心中穏やかでない。そんな中、宮中で兼家(段田安則)が倒れる。安倍晴明(ユースケ・サンタマリア)のおはらいが行われるが効果はなく、道長(柄本佑)ら兄弟が看病にあたる。一方、為時(岸谷五朗)を訪ねて道兼(玉置玲央)がまひろの家に突然現れる。母の敵(かたき)と対峙することになったまひろだったが…

【出演】吉高由里子,柄本佑,黒木華,井浦新,吉田羊,ユースケ・サンタマリア,玉置玲央,秋山竜次,板谷由夏,益岡徹,石野真子,橋爪淳,町田啓太,渡辺大知,金田哲,高杉真宙,本郷奏多,毎熊克哉ほか

第9話のネタバレ・あらすじ・感想

光る君へ第9話

放送日:3月2日 日曜 20:00 -20:45 NHK総合

第9回のタイトル:「遠くの国」

9話のあらすじ

ある晩、東三条殿に盗賊が入った。盗賊の覆面をはがすと、正体は藤原直秀(毎熊克哉)だった。道長(柄本佑)は彼を検非違使に引き渡す。

数日後、まひろは直秀たちの隠れ家を訪ねた。しかし散楽一座の姿はなかった。そこへ放免たちが盗品を探しにやって来た。まひろと従者の乙丸(矢部太郎)は盗賊の仲間とみなされて捕まってしまう。

宮中では、花山天皇(本郷奏多)と義懐(高橋光臣)の関係が悪化し、代わって道兼(玉置玲央)が信頼を得始めていた。その頃、兼家(段田安則)を看病する詮子(吉田羊)を思いもよらぬ事態が待ち受けていた。

【出演】吉高由里子,柄本佑,黒木華,井浦新,吉田羊,玉置玲央,ユースケ・サンタマリア,高杉真宙,秋山竜次,石野真子,本郷奏多,毎熊克哉,高橋光臣,凰稀かなめ,矢部太郎,信川清順,本多力,中島亜梨沙 ほか

第10話のネタバレ・あらすじ・感想

寛和2年(986年)6月、安倍晴明(ユースケ・サンタマリア)の助言を受けた兼家(段田安則)は、花山天皇(本郷奏多)を出家させる計画を、道隆(井浦新)ら三兄弟と外腹の子・道綱(上地雄輔)に話す。花山天皇は17才の若さで早世した忯子(よしこ)(井上咲楽) の霊を成仏させるために出家を決意。道兼は自分もともに出家すると伝えて…。

第11話のネタバレ・あらすじ・感想

藤原兼家(段田安則)が起こしたクーデターの影響で、まひろ(吉高由里子)の父・為時(岸谷五朗)は官職を失ってしまう。為時は長年、兼家の間者(かんじゃ)として師貞親王=花山天皇(本郷奏多)の動向を報告していたが、花山天皇の信頼も得ていた。だが罪悪感から兼家の間者を辞退させてもらった。しかし花山天皇が出家し、兼家が右大臣から摂政(せっしょう *幼帝や女帝に代わって政務をとる官職)という大きな権力を手にしており、為時が再び官職を得る望みは薄かった。

第12話のネタバレ・あらすじ・感想

寛和2年(986年)8月、為時(岸谷五朗)は、なつめという妾の家に滞在中。しかし、なつめは病気で瀕死の状態に陥っていた。なつめは病床で「さわ」と言った。さわは、なつめの元夫のところで育てられている娘だ。為時はまひろ(吉高由里子)にさわを迎えに行くよう頼む。やがて、さわ(野村麻純)がなつめと再会。なつめはその晩、息を引き取った。これ以来、さわは度々まひろを訪ねるようになった。
 後日。まひろ(吉高由里子)に妾の話が来る。食べて行くためには知らない人の妾になるしかないのかと思うまひろ。だが、藤原道長(柄本佑)にも妾になってほしいと言われていた。まひろは妾でもいいからと返事をしに行く。しかし、道長はすでに左大臣家の姫・源倫子(黒木華)の元に婿入りすることが決まっていた。

第13話のネタバレ・あらすじ・感想

寛和2年(986年)の政変劇で、藤原兼家(段田安則)は孫の一条天皇(塩野瑛久)を即位させ摂政となった。そして瞬く息子たちを政権の中枢に置く。それから4年後の永祚2年(990年)正月5日、一条天皇が元服のときを迎えた。兼家は政権トップの地位を不動のものにする。

第14話のネタバレ・あらすじ・感想

まひろ(吉高由里子)の窮状を案じた倫子(黒木華)から、道長(柄本佑)との娘・藤原彰子(三上愛)の指南役をお願いされた。しかし、土御門に倫子を訪ねたまひろは違う仕事が決まったと嘘をついて断る。屋敷を去る時、まひろは帰宅した道長と鉢合わせ。しかし道長は黙って奥へ向かった。まひろは帰宅後、いとに女房として働く話は断られたと嘘をつく。
永祚2年(990年)5月、兼家(段田安則)は道隆(井浦新)ら三兄弟を呼び、出家すると告げる。兼家は道隆に自分の跡を継ぐよう指示。道兼(玉置玲央)が猛反対したが、聞き入れられなかった。

第15話のネタバレ・あらすじ・感想

摂政になった藤原道隆(井浦新)は娘・藤原定子(さだこ)(高畑充希)を中宮に立てる。その3日後、道隆の妹で一条天皇の母である詮子(吉田羊)は内裏の外にある職御曹司(しきのみぞうし)に追い払われ、激しい怒りを覚える。
一方、道長(柄本佑)は藤原公任(町田啓太)から、道兼(玉置玲央)に屋敷に居座られて困っていると助けを求められる。道長は道兼に会うが、自暴自棄になっている道長は「父上に騙された」「道隆の首をとれば未練なく死ねる」と涙を流す。道長は兄にこの世で幸せになって欲しいと訴え、道兼の胸に響いた。

第16話のネタバレ・あらすじ・感想

まひろ(吉高由里子)は、さわ(野村麻純)と旅に行き、石山寺へ。そこで道綱の母で『蜻蛉日記』の作者・藤原寧子(やすこ)(財前直見)と出会った。まひろは『蜻蛉日記』を愛読していた。そこへ母を迎えにきた道綱(上地雄輔)と出くわす。さわは道綱に一目惚れするが、道綱はまひろに心惹かれていた。その晩、まひろとさわの寝床に道綱がやってきた。まひろは寝つけず廊下に出ていて、道綱は間違えてさわに近づいてしまい、謝った。
 翌日。帰り道、川辺に遺体がたくさん転がっているのを見る。京で疫病が流行っていたのだ。さわはまひろへの嫉妬が止まらず、まひろを置いて先に帰ってしまう。

第17話のネタバレ・あらすじ・感想

まひろ(吉高由里子)は悲田院で、疫病患者の看病に奔走。しかし、まひろ自身も疫病にかかり高熱を出して倒れた。そこへ藤原道長(柄本佑)が助けに入り、まひろの自宅へ連れ帰って看病した。そしてまひろが目を覚まさないうちに去った。
正暦5年(994年)9月、まひろは起床できるまで回復した。悲田院で道長に会ったのは幻かと思ったが、乙丸から道長が助けてくれたことを聞かされる。
一方、道長は空き地に疫病患者を収容するための「救い小屋」を建設することを決意して…。

第18話のネタバレ・あらすじ・感想

長徳元年(西暦995年)4月10日、関白・藤原道隆(井浦新)が43才でこの世を去った。太宰府に赴任していた藤原宣孝(佐々木蔵之介)が帰京。宣孝は土産をもって、まひろ(吉高由里子)の家を訪ねた。まひろは宋の国のことを知りたがった。博多の港には宋からの商人や役人が出入りしているのだ。宋には科挙(かきょ)という制度があり、これに受かれば身分が低くても政に参加できるという。まひろは宋に憧れを抱く。
その後、一条天皇(塩野瑛久)が道兼(玉置玲央)を次の関白にすると決めて…。

第19話のネタバレ・あらすじ・感想

まひろ(吉高由里子)は弟・藤原惟規(高杉真宙)が借りてきた宋の国の「新楽府」の写本に励むうち、政のあるべき形に興味を持ち始めた。そんなある日、内理の陣定で騒ぎが起きる。民からの税免除の申し入れを受け入れるかどうかについて、藤原伊周(これちか)(三浦翔平)と道長(柄本佑)が対立したのだ。
伊周は「甘やかせばつけあがる」「施しはいらない」と主張。道長は「疫病から立ち直れない民を救うのは上に立つ者の使命だ」と反論。伊周は道長につかみかかろうとしたが、かわされ、ぶざまにも倒れ込んだ。この日以来、伊周と隆家(竜星涼)の兄弟は参内しなくなった。
19週ラスト。長徳2年(996年)1月、この頃、伊周は藤原斉信(ただのぶ)(金田哲)の妹・光子(みつこ)の元をたびたび訪問。しかし男の存在に気づいた伊周は傷つく。そこで、兄弟は斉信の屋敷へ男をこらしめに向かう。男が出てきたので、隆家が弓を放つ。すると、矢が刺さったのは花山法皇(本郷奏多)で…。「長徳の変」の始まりである。

【光る君へ】ネタバレは毎週更新

大河ドラマ【光る君へ】のネタバレ・あらすじ・感想は毎週更新していく予定です。

また見にきてください♪

【光る君へ】はNHK総合にて毎週日曜20時から放送!NHK BSP4K(午後0:15 〜)、NHK BS(午後6:00〜)でも放送!

画像出典番組公式サイト

光る君へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次