【ラジエーションハウス2】4話ネタバレと視聴率!忍成修吾にやっぱりイライラ!

【ラジエーションハウス2】4話ネタバレと視聴率!忍成修吾にやっぱりイライラ!

【ラジエーションハウス2】4話が2021/10/25(月)に放送されました。

4話は頼れる姉御たまきさんがメインの話。すれ違う母と娘の思いはどうなる?

ゲストとして忍成修吾さんが登場。やっぱり、イライラする役回りの様子。

今回の記事では【ラジエーションハウス2】4話ネタバレと感想、視聴率をお伝えします。

【ラジエーションハウス2】配信情報

【ラジエーションハウス2】はFODプレミアムで配信中。

さらにFODプレミアムではシーズン1、キャスト陣の素顔や撮影の裏話に迫った特別企画【裏ジエーションハウス】も配信。


ADVERTISEMENT

【ラジエーションハウス2】4話のネタバレ

母親の心配事

黒羽たまき()は35年のローンでマンションを購入。誰にも邪魔されない最高の独身生活を謳歌していた。

だが、突然のぎっくり腰。たまきは仕方なく技師長の小野寺()に助けを求める。

翌日、たまきはメンバーにぎっくり腰や独身でいることを茶化される。

そんな中、黒羽たまき(山口紗弥加)の母・るり子(中田喜子)が突然やってきた。るり子はメンバーたちに育てているみかんを差し入れ。

ただ、これは口実だったようで強引にたまきに親同伴の見合いのパンフレットとプロフィールを渡す。

娘が40になっても独身なので心配でたまらない様子のるり子。さらに唯織()にすらもアプローチ。

これにはたまきもイライラ。

たまき「私は誰とも結婚する気がないから。一人がいいの!」

るり子「いま結婚しないと、一生独身で孤独死まっしぐらよ!」

親子喧嘩になってしまった。るり子は「登録するまで帰らない」という。

広瀬裕乃()はみかんのお礼を兼ねてるり子に挨拶。るり子は腕を痛めている様子。

忘れられたままでも

その後、院長の灰島(高嶋政宏)が唯織に「技師が口を挟まないように。貴方が規律を乱すことで医師の負担になっている」と釘を刺してきた。

裕乃は唯織に「技師になったのは甘春先生(杏)との約束を守る為なのに、忘れられたままでいいんですか?」と尋ねる。

唯織は「誰かにとっていい思い出でも、誰かにとっては違うこともあると思うんです。それに忘れられても甘春先生の為に働ければいいので」と答える。

補足説明 杏の記憶

杏は幼いころに病院の跡取りになるはずだった弟を事故で亡くし、間接的に原因を作ってしまった。

そのショックから唯織との約束を含めた幼少期の記憶を失ってしまった。

患者が腹痛で緊急搬送されてくる

一方、甘春総合病院に堀田成美()という女性が夫の誠司(忍成修吾)に付き添われて救急搬送されてくる。

成美は弁護士の夫と結ばれ、2人の子供を設けた。以前はパティシエの仕事をしていたが、今は専業主婦として育児に専念しているという。

絵に描いたような幸せな夫婦であり、軒下()や田中()は羨ましがる。たまきはデレデレする男達にますますイライラ。

成美は腹痛を訴えており、彼女のレントゲン写真を見た杏()は便秘と診断。成美は腸が人よりも長いこともあり、なりやすいという。

唯織は成美の40歳という年齢も加味して大腸がんを疑い、杏に「一度きちんと大腸の検査をした方がいいのでは?」と進言する。

それを受けて、杏は成美に大腸がんの詳しい検査を勧める。が、大腸検査はまる1日がかり。成美は時間がないことを理由に断る。

唯織は大腸検査は後回しにされがちなことや「何かあってから後悔して欲しくない。もっと気軽にできる検査があれば」と嘆く。

たまきの本音

たまきが帰ろうとした時、るり子が待っていた。本当に登録するまで帰っていなかった。そこに唯織と杏を除く、ラジエーションハウスのメンバーが鉢合わせ。そのまま飲みに行くことに。

意気投合するメンバーとるり子。るり子は突然、「どなたか娘と結婚して下さる方、いらっしゃいませんか?」と言い出す。重たい空気が漂ってしまう。

たまき「分かっているわよ!親不幸だって!!でもしょうがないでしょ、こんな生き方しかできないんだから!!」

たまきの鬱憤が爆発してしまった。だが、これが本音の様子。「もういい」と帰ろうとするたまき。

ところが、呼び止めようとしたるり子が転倒、頭を強く打ってしまう。

母親の思い

るり子が緊急搬送される。裕乃はるり子が転倒する時に手を付こうとしなかったこと、腕を痛がっていたことが気になる。念のため、頭と腕を検査することになった。

心配そうなたまき。ふと、るり子が書いていたプロフィールが気になり見てみる。

結婚の条件

1、たまきの良さを理解してくれる人

2、何時でもたまきの味方になってくれる人

3、たまきを幸せにできる人

そこには母の娘を思う気持ちが込められていた。

検査の結果、頭に異常なし。両腕の動脈が狭くなり痺れが生じていたが、姿勢を正せば仕事に復帰できるとのこと。

その夜、たまきは母親の病室に向かい、「頼りない娘でごめんね…」と謝る。るり子は起きていたようで本音を打ち明ける。

花嫁姿や孫の顔を見るよりも娘が一人で孤独になる方が心配だったのだ。(旦那さんには先立たれている。)

安心できる

たまきはため息。ラジエーションハウスで唯織と話をする。

たまき「結婚なんてメリットないって思っていたけど、親を安心させることはできる。こういうのもありなのかもね。」

唯織「子供のことを思う限り、親の心配って尽きないんだと思います。」

そして、唯織は成美の為に大腸検査について調べ続けていた。

唯織「検査は病気を見つける為だけにあるんじゃないと思います。検査をして健康だって分かったら、安心すると思うんです。」

何かを行えば、誰かの安心に繋がる。皆、思うことは同じだ。

「ぱぱっと写真を撮れればいいのに」とたまき。唯織は「そうですよね…写真がある」と何かを思いつく。

数日後、唯織から報告を受けた杏は堀田夫妻にCPコロノグラフィ検査を勧める。腸内にガスを入れ、含まらせてから行う検査で時間もそれほど掛からない。

だが、誠司は意味の無い、大げさと否定的。そこにたまきが登場して訴える。

たまき「意味ならあります。(成美に向かって)本当はずっと不安だったんですよね?そうした不安を取り除いて、ご自身のお体を大事にしてください。」

成美は検査を受ける決意をする

成美は検査を決意し、たまきに全てを任せる。るり子は娘の検査の様子を見守る。

検査の結果、腸に異常は見当たらなかった。成美は「よかった」と一安心。

だが、誠司は「無駄な検査だったじゃないですか」と悪態。その上、「検査料が目的だったのでは?」とまで言ってきた。

そこにるり子が登場。「無駄な検査じゃありません。貴方の奥さん安心して過ごすことができるんです」とビシッと言い放つ。

成美はたまきに対して「黒羽さんが羨ましいです。私もカッコイイ女性になりたいです」と告げる。

母の答え

夕方、唯織が帰ろうとすると杏が呼び止めてきた。新しい大腸検査のパンフレットを作ってみたとのこと。そういう杏は生き生きとしていた。

るり子の退院の日。たまきは玄関まで見送りに。「無理しないでよ」とたまき。

それから「私のこと心配しなくていいから。こう見えて結構幸せだから」と白紙のプロフィールを返す。るり子は受け取って「もう十分だから」とビリビリ破く。

娘は一人前で素敵な仲間もいる。それが母が出した答えだ。

そこにメンバーが見送りに登場。るり子は「娘をよろしくお願いします」と退院していった。

その後、るり子から箱いっぱいのみかんが届き。メンバーで頂く。

たまきが箱を下ろそうとした瞬間、腰に痛み。再びぎっくり腰になってしまうのだった。

【ラジエーションハウス2】4話のポイント

  • るり子は何よりも娘が孤独になることが心配だった
  • たまきは母親の思いを知る
  • 成美の検査結果は異常なし、安心することができた
  • たまきとるり子はお互いを尊重する

【ラジエーションハウス2】4話の感想

【ラジエーションハウス2】4話はたまきさんがメインの話。たまきさんは強い女性ですが、それゆえに孤独になる可能性も高い。

母親の「女は家庭に入った方が幸せ」という考えは古臭いですが、一理あり難しい問題。結局は自分で納得いく答えを出すしかないです。

忍成修吾は嫌な役

夫役として忍成修吾さんがゲストに登場。忍成さんはサスペンスや刑事ドラマで犯人役が多い印象。

今回は好青年…と思いきや最後の最後でモラハラぶりを発揮。忍成さん、今回もクズでイライラさせる役。そして、よく似合う。

夫は時間や金のことばかり気にして、妻を気遣う言葉すら無し。奥さんはたまきさんに触発されて前向きになっていたので、モラハラ夫とは別れた方がいいのでは?

【ラジエーションハウス2】4話の視聴率

【ラジエーションハウス2】4話の視聴率は10.6%でした。

次週予告

次回の【ラジエーションハウス2】は研修で箱根へ。いつもと違ったメンバーが見られます。ですが、その裏でリストラの危機が。

2021/11/1(月)21:00~の放送をお楽しみに。

>>3話 5話<<

コメント