【舞いあがれ!】65話|章兄ちゃんとの別れに視聴者涙!

舞いあがれ第65話

【舞いあがれ!】65話

朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第65話(第65回)が2023年1月5日(木曜)に放送されました。

65話は引き抜きの話を迷っていた結城章がついに決断へ。章兄ちゃんとの別れに視聴者涙…。

今回は【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)65話のあらすじネタバレ・感想について!

【舞いあがれ!】ネタバレ・あらすじを最終回まで|22週の結末考察!
【舞いあがれ!】ネタバレ・あらすじを最終回まで|22週の結末考察!舞(福原遥)たちは17週から航空機産業に参入していく…。 2022年度後期放送のNHK朝ドラ(連続テレビ小説)第107作【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)のあらすじネタバレを最終回まで分かりやすさをプラスして紹介します。ヒロインは福原遥さん。舞台は東大阪と長崎・五島列島。空とパイロットに憧れ、空への夢へ向かって奮闘するヒロイン岩倉舞の挫折と再生の物語です。果たして、福原遥さん演じる舞の空への夢の結末とは?今回は朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)のネタバレ・あらすじについて!
【舞いあがれ!】第14週のネタバレとレビュー!浩太が倒れる不穏な予告で視聴者悲鳴!?
【舞いあがれ】第14週のネタバレとレビュー!NHK朝の連続テレビ小説(朝ドラ)【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第14週「父の背中」のあらすじネタバレと予習レビューをお伝えします。第14週は浩太が倒れる不穏な予告で視聴者悲鳴で…!?今回は【舞いあがれ!】第14週のネタバレとレビューについて。

*本ページの情報は2023年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【舞いあがれ!】65話のあらすじネタバレ

【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)65話のあらすじネタバレです。

来年にはパイロットになる

舞(福原遥)は久しぶりに柏木(目黒蓮)と電話で話をする。実家の工場が大変だから手伝っていることを伝えると、柏木から「パイロットにはなるんだよな?」と尋ねられる。舞は言葉に詰まるが「来年にはなるよ」と答えた。

柏木は「勘が鈍らないように勉強しとけよ」と励ます。柏木は研修中で忙しいため、舞は短時間で通話を終わらせた。

またリストラが行われる

IWAKURAは相変わらず経営危機のため、経理の古川(中村靖日)が社長の浩太(高橋克典)に更なる人員整理を提案する。だが浩太は拒否する。古川はお昼休憩から戻って来ためぐみ(永作博美)に「奥さんからも説得してくれませんか」と頼む。それを聞いていた事務の山田(大浦千佳)は不安げな表情をみせる。

山田はめぐみと入れ替わりでお昼休憩に行く。休憩室での舞との会話で、短い付き合いになるから気を遣わなくていいと話す山田。舞が来年就職するか、私が先にリストラされるか…どっちかだから、と。

舞はまたリストラが行われることを初めて知った。自分が辞めさせられるかもしれないと心配する山田は、何も知らない舞の態度にいらだつ。

山田「そういうの、なんかイライラするんですよね。私も沈みそうな船乗ってる仲間って顔されんの。一人だけ救命胴衣着てはんのに」

浩太の体も悲鳴をあげる

夜。岩倉家にて。舞は父にリストラの話題をふる。だが浩太は「誰も辞めへん」というが…めぐみは潰れてしまうよりリストラの方がましと提案。だが、機械を売っても人はやめさたくないと言う浩太。

そんな時、胸を押さえて苦しみだす浩太。あした病院に行くように妻子に勧められても「そんな暇あらへん、今、大事な時や」という浩太。

結城が退職へ

工場では新たな大口発注が見込めそうな太陽光発電機に使うネジの試作品を結城(葵揚)がうまく作った。浩太(高橋克典)は笠巻(古舘寛治)らとともに喜ぶ。

舞は柏木との会話で複雑な心境になってしまう。

だが、その試作品が無事に合格したことを知った結城は浩太に退職届を提出する。

結城章「3人育てんのはお金がかかって……。恩を仇(あだ)で返してしまって」

結城は18歳の頃からお世話になっている社長の元を離れることを、申し訳なさそうに謝る。

岩倉浩太
岩倉浩太

それはちゃうわ。チャラチャラしてたお前が、腕を上げていくの見ていて楽しくてな。もう十分、恩は返してもらった。よそに引き抜かれんのは悔しいけどな。それだけの腕前になったっちゅうことや。誇らしいで!

「うめづいわくら」爆誕?!

お好み焼き屋「うめづ」にて。浩太は笠巻とお酒を飲みながら、結城が辞めることを伝えた。

工場もどうなるか分からず、悩む浩太に対して、雪乃(くわばたりえ)が「思い詰めたらあかんで」とコップに水を継ぎ足す。

幼なじみの梅津勝(山口智充)が「いざとなったらな、一緒にお好み焼き屋やったらええねん。名前も『うめづいわくら』に変えたるで」と声を掛ける。

浩太は「漫才コンビみたいやな」と笑った。

勝は「漫才でもええで、一緒にやったる」と勇気づけた

65話の結末

結城の出勤最終日。結城は涙をこらえながら、浩太やめぐみ(永作博美)、舞(福原)に別れを告げる。

結城は「社長、申し訳ありません。大事な時に抜けてしもて…」と話す。

浩太
浩太

お前の腕も必要やけど、1番こたえんのはな、もう一緒に働かれへんっちゅうこっちゃ。今までおーきにな。ありがとう。元気でな

結城は門を通る時も、また頭を下げて、感謝を伝えて立ち去る。

そこへ笠巻ら同僚たちも走ってかけつけた。

章にいちゃんを見送った舞は悲し気な表情を隠せない…。

(つづく)

<<前回 第64話 | 次回 第66話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

【舞いあがれ!】65話の感想

章兄ちゃんとの別れに視聴者涙!

結城章がついに決断!章にいちゃんとの別れに、浩太が掛ける優しい言葉に…泣かされる視聴者が続出!

いやあ、寂しくなりますね。

でも、引きぬかれるほど成長したことは誇らしいこと。これは浩太も笠巻も言っていました。

新天地でも頑張ってほしい。近況また知らせてね♪

柏木と舞の関係はどうなのか

舞と柏木は、今、遠距離恋愛中。65話で久しぶりに電話をしました。

でも柏木は電話で、舞がパイロットになれるのか心配しており、舞が今一番ほしい言葉をかけてあげれません。

やはり会わないと、相手の状況が分からないものなのか。舞の実家の工場がどれくらいピンチなのか、柏木は分かっていません。舞も心配させてくないのか、深くは話していない様子。

舞と柏木は航空学校編はともかく、今は何でも話せる関係ではない、少なくとも悩み相談できる間柄ではないということですね。

せめてテレビ電話でもできれば違うのでしょうけど…。

2人の関係はどうなってしまうのでしょうか。


<<前回 第64話 | 次回 第66話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

当記事の画像出典:『舞いあがれ!』HP

コメント