【舞いあがれ!】66話|浩太(高橋克典)の急死に悲痛!永作博美に絶賛!

舞いあがれ第66話

【舞いあがれ!】66話

朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第66話(第66回)が2023年1月6日(金曜)に放送されました。

66話ラスト3分、衝撃の展開に!お父ちゃん=浩太(高橋克典)が急死して、ネット悲痛!お母ちゃん演じる永作博美さんの演技には絶賛の声が…。

今回は【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)66話のあらすじネタバレ・感想について!

【舞いあがれ!】ネタバレ・あらすじを最終回まで|22週の結末考察!
【舞いあがれ!】ネタバレ・あらすじを最終回まで|22週の結末考察!舞(福原遥)たちは17週から航空機産業に参入していく…。 2022年度後期放送のNHK朝ドラ(連続テレビ小説)第107作【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)のあらすじネタバレを最終回まで分かりやすさをプラスして紹介します。ヒロインは福原遥さん。舞台は東大阪と長崎・五島列島。空とパイロットに憧れ、空への夢へ向かって奮闘するヒロイン岩倉舞の挫折と再生の物語です。果たして、福原遥さん演じる舞の空への夢の結末とは?今回は朝ドラ【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)のネタバレ・あらすじについて!
【舞いあがれ!】第14週のネタバレとレビュー!浩太が倒れる不穏な予告で視聴者悲鳴!?
【舞いあがれ】第14週のネタバレとレビュー!NHK朝の連続テレビ小説(朝ドラ)【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第14週「父の背中」のあらすじネタバレと予習レビューをお伝えします。第14週は浩太が倒れる不穏な予告で視聴者悲鳴で…!?今回は【舞いあがれ!】第14週のネタバレとレビューについて。

*本ページの情報は2023年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【舞いあがれ!】66話のあらすじネタバレ

【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)66話のあらすじネタバレです。

ネジの生産への決断

 浩太(高橋克典)は各部署の代表を集め、会議を開く。そして試作で合格をもらったネジが100万本以上の大量発注を受けられそうだが、納期期限は2週間後かもしれないと説明する。浩太の工場で1日に作れるのは5万本ほど。直ぐにフル稼働で作り始めないと納期に間に合わない。しかし、まだ正式な本発注を受けていない。

 ネジを作り始めても、作らなくてもリスクがある。浩太は本発注の前にそのネジの生産を始めるかの決断を迫られ、出した答えは…。

岩倉浩太
岩倉浩太

作り始めよう!

こんな大きな工場に

舞が商品梱包をしていると、めぐみがやってきて手伝う。めぐみは商品梱包など全て1人でやってきたという。

当時、まだ会社が駆け出しの頃、めぐみは工場で寝てしまったことがある。起きたら浩太がそばにいた。

浩太は「苦労かけて堪忍な。いつか、工場大きして、人増やして、めぐみのこと楽にするからな」と言葉をかけてくれた。

めぐみは大きい工場なんて夢みたいだと思っていたが、「お父ちゃん、叶えてん」と娘に語る。

楽やないけど…

岩倉家のリビングにて。浩太は日誌をつけていた。めぐみもまたパソコンに向かっていた。

岩倉浩太
岩倉浩太

めぐみ。いつまでたっても、楽にしたられへんなあ。

浩太は妻のめぐみにつぶやいた。めぐみは笑顔になってこう答える。

岩倉めぐみ
岩倉めぐみ

楽やないけど楽しいで。

父から娘への言葉

浩太が「生産する」とリスクを取って見切り発車した行動は裏目に出てしまう。太陽光発電の特殊ネジの設計が変更になってしまい、本注文がなしとなったのだ。

電話でのやり取りでは納得できない浩太は部下とともに、取引先へ出向く。本注文を前に生産したのは取引先には関係のない話だ。何とかできないかと頼みこんでも、「どうしようもない」と断られる。

結果、IWAKURAは生産したネジ全てを在庫として抱えることになり、さらに窮地に追い込まれてしまった。

夜。IWAKURAの工場にて。舞が浩太に声をかけるが・・・「いままでで一番しんどいわ」と舞にすらも本音を吐露する。

それでも工場をなくすわけにはいかない、という浩太。理由は(舞の)祖父の代から作り上げてきた工場だからだ。どんなネジを作ってきたか全て覚えている。工場にある記録も、機械も、職人も、全てが浩太の誇りだ。

岩倉浩太
岩倉浩太

岩倉で働いてきた全員で作り上げた工場なんや。…ここには全部詰まってる。従業員らと力を合わせて進んで来たこれまでの思い出も、これからの夢もや。

岩倉舞
岩倉舞

お父ちゃん、私も…私も手伝いたい。もっとお母ちゃんみたいに工場を支えたい。

岩倉浩太
岩倉浩太

お父ちゃんはなあ、舞が自分の夢に向かって頑張るのが嬉しいねんで。悠人(横山裕)もいつか、ホンマの自分の夢見つけてくれるて信じてるわ。舞は、パイロット目指して頑張ったらええねん!

浩太は涙ぐむ舞の頭を撫でて、その場を去っていく。

浩太の突然の死

夜。岩倉家にて。浩太の妻・めぐみ(永作博美)は、自宅に戻らない浩太を心配して電話するが出ない。舞とともに事務所へ向かうと、事務所の電気がついていた。そこで、めぐみと舞は床に倒れている浩太を発見。

浩太は救急搬送されて手術を受けた。手術後、廊下にて。医師から「手はつくしましたが、大きな発作でお助けできませんでした」と告げられる舞とめぐみ。

めぐみは涙ぐみつつ「うそ。うそや!なあ」と舞に声をかけながら笑う。舞は茫然自失。現実を受け入れられない様子。

めぐみは医師に駆け寄りつつ、泣き声だけで言葉にならない。

舞に支えられれつつ…めぐみは過呼吸になって、泣き崩れてしまう。

病院勤務中の久留美(山下美月)も顔を出したが、声をかけることができない。

めぐみは「お父ちゃん」と泣き叫ぶ。

第15週に つづく)

<<前回 第65話 | 次回 第67話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

【舞いあがれ!】66話の感想

浩太(高橋克典)の急死に悲痛!永作博美に絶賛!

66話ラスト、浩太が突然倒れ、帰らぬ人に!!

ラストシーンで医者から浩太の死を宣告されためぐみは、笑いながら号泣し、倒れ込んでしまいます。

人ってあまりに突然の出来事には「うそ」って思って、受け入れられないもの。そこからの空気が薄くなる感覚からの倒れこみ。リアリティーありましたね。

楽じゃないけど楽しい生活をしていた素敵な夫婦。

娘の夢を応援している子供おもいの父親。

ああ、そんなお父ちゃんの姿を見ていたのに・・・

新年が始まって放送3日目なのに・・・

こんな風に急逝するなんて!

もう朝から号泣ですよ。人の死は悲しいものですけど、夢に向かって頑張っていて、ピンチでここからどうするって時に・・・。こんな突然。視聴者としても受け入れるのは時間がかかりそうです。

そんな中、SNSでは永作博美さんが「感情表現を上手く演じている」「リアル過ぎ」「永作博美の演技で一瞬にして現実の悲しみとなって涙出てきた」などと大絶賛。さすが、巧かったですね!

さて。こうなってしまうと・・・「お母ちゃんのように工場を支えたい」と言っていた舞ちゃんはどうするのでしょう。次週以降も注目ですね。


<<前回 第65話 | 次回 第67話>>
舞いあがれ!|あらすじネタバレトップページ

【舞いあがれ!】第15週のネタバレとレビュー!舞と母の決断とは?
【舞いあがれ】第15週のネタバレとレビュー!NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)【舞いあがれ!】(舞い上がれ!)第15週「決断の時」のあらすじネタバレと予習レビューをお伝えします。第15週は大黒柱の浩太が亡くなった後の岩倉家、そしてIWAKURA社の今後が描かれます。果たして、舞と母の決断とは?今回は【舞いあがれ!】第15週のネタバレとレビューについて。

当記事の画像出典:『舞いあがれ!』HP

コメント