【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】ネタバレあらすじを最終回まで!

ケイジとケンジ、時々ハンジ。

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】ネタバレあらすじを最終回まで!
テレ朝木曜9時のドラマは桐谷健太主演【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】。
あらすじ・ネタバレを最終回までまとめていきます。

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】1話のあらすじネタバレ

1話あらすじ
仲井戸豪太(桐谷健太)の先輩で、交番巡査の田口健介(湯江タケユキ)が不可解な事件現場に遭遇。豪太や、豪太と3年前にバディを組んでいた刑事・目黒元気(磯村勇斗)ら強行犯係の面々も現場へ急行する。
被害者は免許証から勝山康平(川島潤哉)だと判明するが、財布には10万円近い現金が残っていたため強盗ではなさそう。タクシーのドライブレコーダー映像を手掛かりに、現場から逃走した男が、母親と2人暮らしの専門学校生・林田裕紀(大橋和也)とわかる。事情聴取では、林田は勝山の写真を見て動揺するが、知らない男だと必死に訴える。財布から林田の指紋が出たことから、強盗傷害で逮捕令状を請求しようとする豪太たちだが、横浜地方裁判所みなと支部の判事・諸星美沙子(吉瀬美智子)は「証拠が薄い」と請求を却下する。

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】2話のあらすじネタバレ

あらすじ
人気俳優の葛城悠真(山下航平)が地元の横浜のバーを出たところで何者かにスパナで殴られ、顔を蹴りつけられるという傷害事件が発生し、世間を騒がせる。事件現場の防犯カメラ映像には、パーカーのフードをかぶり、サングラスとマスクをした男の姿が映っていたが、顔はわからない。しかしパーカー男は意外にも早く発見される。容疑者の田中(橋本淳)は売れない俳優で、仲井戸豪太(桐谷健太)たちの取り調べに際し、最初は犯行を否定していたものの豪太のわけのわからない説教で突然落ちる。供述通りに凶器が発見されるなど、トントン拍子に捜査は進み、起訴できると喜ぶ矢部律子(中村アン)だが、強行犯係係長・江戸一(古田新太)は、できすぎだと違和感を覚える。

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】3話のあらすじネタバレ

あらすじ
諸星美沙子判事(吉瀬美智子)には、傍聴マニアのファンがいる。仲井戸豪太(桐谷健太)がそんなことに驚いている中、美沙子が帰り道に路上で切りつけられるという事件が発生。無差別的な通り魔なのか、それとも裁判などで恨みをかった人物なのか。過去の被疑者・秋葉(松川尚瑠輝)や、熱心なファンの松久保(野間口徹)に疑いがかかるが、犯人は意外な人物で…。

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】4話のあらすじネタバレ

あらすじ
雷神餃子の無人店に3人の男が泥棒に入り、冷凍餃子を126パック盗んだ。去り際に来店した女性を突き飛ばしてケガをさせるという事件が発生。仲井戸豪太(桐谷健太)ら強行犯係が捜査を進めると、餃子がフリマアプリに出品されていた。出品者の三鷹(濱田龍臣)が疑われるが、アカウントは乗っ取られた、犯行時刻には女子高生とゲームでボイチャしていたと主張。その相手がなんと江戸の娘・陽葵(飯沼愛)だった! 最近、反抗期でろくに口も聞いてくれない娘が事件に関わっているかもしれない、と江戸は複雑な気持ちになり、事実を確かめる。

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】5話のあらすじネタバレ

あらすじ
牛島署長(伊藤淳史)は、初めて出席した高校の同窓会で、当時片思いしていた城山由希子(黒川智花)と再会。昔のままの可憐な由希子に署長就任を褒めてもらって喜んでいると、牛島をからかいに来たIT企業のCEO・津川亮太郎(敦士)が毒入りワインで殺される。
牛島も容疑者の1人としたまま、仲井戸豪太(桐谷健太)や、係長に昇進した目黒元気(磯村勇斗)ら強行犯係が捜査を進めると、容疑者は津川と不倫していた由希子と、津川の会社の創業メンバーであった唐沢五郎(忍成修吾)の2人に絞られる。

【ケイジとケンジ、時々ハンジ】5話|「やっぱり!」な犯人を落とす磯村勇斗の演技が激アツ!
【ケイジとケンジ、時々ハンジ】5話のあらすじ・ネタバレ・視聴率・感想・レビュー|「やっぱり!」な犯人を落とす磯村勇斗の演技が激アツ!署長(伊藤淳史)の同窓会で殺人事件。忍成修吾、黒川智花という怪しさ満載のゲストが登場、犯人はどっち!?

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】6話のあらすじネタバレ

あらすじ
無銭飲食強盗事件の裏どり捜査にてんてこ舞いの仲井戸豪太(桐谷健太)。暴行事件の捜査も、被害者が黙秘するため難航する。通報者からの情報から、松原未央という中学生が加害者の顔を見た可能性が浮上するが、未央は警察に強い不信感を持っていて、まともに話をしてくれない。原口奈々美(岡崎紗絵)は未央の心を開こうと、何度も話を聞きに行くが…。

【ケイジとケンジ、時々ハンジ】6話|みなみ(比嘉愛未)が二階堂(北村有起哉)に恋!?
【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】6話のあらすじ・ネタバレ・視聴率・感想・レビュー。みなみ(比嘉愛未)が二階堂(北村有起哉)に恋!?被害者も加害者も目撃者も黙秘する暴行事件が難航。豪太は食い逃げ強盗の裏どりにもてんてこ舞い。みなみが二階堂にまさかの恋!? そのきっかけは? 【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】6話のあらすじ・ネタバレ・視聴率・感想・レビューについて!

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】7話のあらすじネタバレ

あらすじ
仲井戸豪太(桐谷健太)の先輩・田口巡査(湯江タケユキ)が、強盗事件の現場で襲われて犯人を取り逃がしてしまう。被害者の愛犬・小太郎も事件から行方不明だ。被害者や住人のため、大失態だと落ち込む田口のためにも豪太たちは全力で捜査する。そんな中、目黒元気(磯村勇斗)は、以前逮捕した被疑者から「自白を強要された」と冤罪の訴えがあり、冤罪を焦点とした裁判で、敏腕弁護士・松平(神保悟志)と対決することになる。狡猾なやり口で有名な松平対策として、二階堂(北村有起哉)は目黒と予行演習をするが、何だか私情を挟んできて…。

【ケイジとケンジ、時々ハンジ】7話|あのドラマと違って交番巡査をリスペクト!?
【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】7話のあらすじ・ネタバレ・視聴率・感想・レビュー|あのドラマと違って交番巡査をリスペクト!?街の住人が強盗に襲われる。犯人を取り逃がして落ち込む田口巡査(湯江タケユキ)のためにも、豪太たちは全力で捜査する。一方、目黒と美沙子が気になる二階堂は何かと私情をはさんでくる。

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】の見どころ

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】の見どころをまとめてみました。

“氷点下100度の女”諸星の変化と二階堂との関係

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】は刑事ドラマではありながら、豪太と、豪太を取り巻く人々の成長物語でもあります。

豪太という破天荒な刑事に振り回されながら、周りの刑事たちはもちろん、お堅いエリート検事やクールな判事たちも変わっていくでしょう。

なかでも、「氷点下100度の女」の異名を持つ諸星美沙子(吉瀬美智子)がどう変わっていくのかに注目です。諸星は、検事の二階堂(北村有起哉)とも過去に因縁がありそうなので、それがいつ明かされるのかも気になりますね。同じ47歳設定なので、学校か職場で同期。そのときに何かあったと予想します。

<追記>3話で、2人は司法修習生時代の同期だと判明。二階堂は付き合っていたと匂わせてますが、真相はどうなのか。二階堂が片思いで結局振られたっていうこともありそうです。

二階堂俊介のみなみへの恋は?

前作では、検事の真島修平(東出昌大)が豪太の妹・みなみ(比嘉愛未)にアプローチしていましたが、今回はやはり検事の二階堂(北村有起哉)がみなみに気がある設定になるとのこと。

みなみは真島のアプローチをスルーしていたので、今回もそんな感じの片思いになるのではないかと予想します。

メグちゃんがひかるから美沙子に乗り換え!?

前作では、ひかる(今田美桜)が好きだった目黒=メグちゃん(磯村勇斗)ですが、今作では3話で護衛を担当したことから、美沙子と急接近。この2人の関係が今後どうなっていくのかにも注目です。

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】最終回・結末を予想

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】は、主演が桐谷健太単独となり登場人物も変わりましたが、こうして続編が放送されることになりました。今後もテレ朝の刑事ドラマシリーズとしてシリーズが続いていくことが予想されます。

検事の矢部律子(中村アン)、二階堂、判事の諸星と対立しながらも互いに影響を受けあっていく。関係性や考え方は双方変わっていきつつも、ぶつかり合う関係も健在のまま、続編へという流れになるのではないでしょうか。

コメント