【ケイジとケンジ、時々ハンジ】7話|あのドラマと違って交番勤務をリスペクト!?

当サイトのリンクには広告が含まれます
ケイジとケンジ、時々ハンジ。7話

【ケイジとケンジ、時々ハンジ】7話|あのドラマと違って交番勤務をリスペクト!?
街の住人が強盗に襲われる。犯人を取り逃がして落ち込む田口巡査(湯江タケユキ)のためにも、豪太たちは全力で捜査する。一方、目黒と美沙子が気になる二階堂は何かと私情をはさんでくる。
【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】7話のあらすじ・ネタバレ・視聴率・感想・レビューについて!

あわせて読みたい
【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】ネタバレあらすじを最終回まで!二階堂とみなみ、恋の結末は? 【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】ネタバレあらすじを最終回まで!二階堂とみなみ、恋の結末は?テレ朝木曜9時のドラマは桐谷健太主演【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】...
目次

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】7話の視聴率

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】7話の視聴率は7.3%でした。

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】7話のあらすじ

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】7話のあらすじです。

強盗事件発生

交番巡査・田口健介(湯江タケユキ)はパトロール中、管轄内の住人・水原多恵(丘みつ子)の愛犬・柴犬の小太郎らしき犬とすれ違う。何かあったかと思った田口は多恵の自宅へ駆けつける。家の前には宅配業者のワゴン車。家に入ると荒らされた居間で多恵が手足を縛られている!助けようとしていたとき、犯人に背後から襲われ倒れてしまう。

犯人は宅配業者を装った男で、現金20万円と仏壇の金製おりんを強奪してワゴン車で逃走。小太郎も行方不明だ。怪我は大事に至らなかったが、田口は犯人を取り逃がしたことを大失態だと落ち込む。

強行犯係の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)らは田口のためにも全力で捜査を展開するが、目撃者はなかなか見つからない。

検察側の証人・目黒と二階堂が予行演習

強行犯係係長・目黒元気()が以前取り調べた傷害事件の被疑者が、起訴後に容疑を否認。担当弁護士・松平修二(神保悟志)は「強引な取り調べで自白させた」と冤罪を主張。“検察側の証人”として出廷することになった。松平はなかなか狡猾で敏腕な弁護士。二階堂検事(北村有起哉)は、松平対策として、目黒を呼び出し反対尋問の練習をすることになる。

豪太から、二階堂が憧れの判事・諸星美沙子()の元カレだと聞いた目黒は複雑な心境。対する二階堂も、目黒と美沙子に漂ういい雰囲気を察していたため、質問の内容にだんだん私情が入る。最初は容疑を否認していた被疑者の町田加奈江(楠本千奈)が自白したのは、目黒が凶器に指紋を付けさせたから、などと攻めに攻める。感情的にならないことが大事だと言いつつも、裁判官は美沙子だが、1度や2度食事をしたぐらいのことは何も関係ないと余計なことを持ち出して、みなみ()に注意される。

強盗事件の犯人発見

強盗事件の犯人は、質屋の防犯カメラ映像から盗まれたおりんを売りに来た男と思われる。それは豪太が以前傷害事件で捕まえた釧路諸介(オラキオ)。釧路は物証がないことをいいことに、なかなか犯行を認めない。現場の足跡のサイズが合っているだけでは逮捕状は出ない。そんな中、ワゴン車が見つかり、車内に落ちていた毛髪が釧路のものと判明して、逮捕状が出される。

OKAZU-YA。カウンターには目黒と美沙子、少し離れて二階堂。みなみが好きなのに、二階堂は元カノが誰かとくっつくのはイヤなんだと見抜いてからかう美沙子だが、目黒が裁判の証人になると聞くと、担当検事と商人が法廷以外のところで同席するのはまずい、と席を立つ。

居酒屋では、豪太が田口を励ましていた。

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】7話のネタバレ

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】7話のネタバレです。

小太郎と田口のお手柄

釧路は、車を盗難したことも認めない。どこかですれ違って自分の髪の毛が付いたやつが犯人だなんだと言い逃れを続ける。その態度にイライラした矢部検事(中村アン)が、落としたペンを拾おうとすると、釧路の足首に何かに噛まれたような歯形を見つける。それは行方不明になっている多恵の愛犬・小太郎のもので、釧路に怪我をさせられた可能性がある。小太郎の歯型と釧路の傷が一致すれば、釧路が現場にいたことを立証できる。

一方、目黒は再び反対尋問の練習に呼び出される。美沙子のことで目黒を意識するあまり、目黒はそこそこイケメンだから、その目で見つめられるとフラッとなる女性がいるかもしれないと言い出す二階堂。そんな気になるかと聞かれたみなみは、目黒を見つめ、なっちゃうかもしれない…と言う。二階堂は、被疑者を誘惑したのではないかという路線で予行演習を続ける。

牛島署長(伊藤淳史)は目黒に、物証を得るために小太郎を全力で探せと命じるが、なかなか見つからない。田口が、多恵と小太郎の散歩コースをもう一度探すと、犬の鳴き声がする。小太郎は怪我をして廃墟の隅に隠れていた。犯人に暴力を振るわれ、肋骨にヒビが入っていたが、しばらくすれば完治すると獣医。多恵は小太郎を見つけてくれた田口に感謝する。

小太郎の歯型と釧路の傷がぴったり一致したため、釧路の起訴が決定する。矢部検事から「感謝している」と聞いた田口に、街のお巡りさんが強盗事件を解決したんですよ、と言う豪太。2人は抱き合って喜ぶ。

目黒VS松平弁護士。松平は、二階堂が2度目にやった「目黒が被疑者を誘惑した」という練習と同じような展開で攻めてきた。目黒は極めて堂々と、かつ冷静に対応し、松平は引き下がるしかなかった。

裁判後、ありがとうと感謝を伝え合う目黒と二階堂。何がありがとうなのかと豪太が聞いても、みなみさえも教えてくれず…。

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】7話の感想とレビュー

今回は、街の平和を守るお巡りさん、田口巡査の回でした。
柴犬・小太郎と田口巡査のお手柄エピソードには心がほっこりしました。

回を追うごとに、刑事と検事、判事がそれぞれをリスペクトするようになってきていますが、そこに交番巡査も加わった。

何かというと「君には見込みがない。交番勤務に戻ってもらう」というセリフが、交番巡査を下に見ているのか?などと言われている、あのドラマとは違いますね。アレも決して交番巡査をバカにしているわけではなく、“初心に戻ってやり直せ”という風間の考えだと公式Twitterが伝えていますが…。

今回も恋愛模様に変化が!

みなみが好きなくせに、元カノの美沙子も気になってしまう二階堂。そして先週は二階堂を見直してときめいたみなみも、目黒を見つめていたら好きになっちゃうかもという視線を送っていました。三角関係じゃなくて四角関係になりそうな予感がしてきましたね。

第8話は、亀ヶ谷徹検事(西村元貴)の回。彼のミスでみなみが拉致される!?
6月1日(木)よる9時から放送です。

ケイジとケンジ、時々ハンジ。7話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次