【ケイジとケンジ、時々ハンジ】3話|野間口徹の「資源ごみって何?」に怒りの声!?

当サイトのリンクには広告が含まれます
ケイジとケンジ、時々ハンジ。3話

【ケイジとケンジ、時々ハンジ】3話|野間口徹の「資源ごみって何?」に怒りの声!?
諸星判事()が路上で切りつけられた!護衛するメグちゃん()と急接近!?
二階堂()との関係も判明!? ゲスト・野間口徹のダメ夫が衝撃発言!
【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】3話のあらすじ・ネタバレ・視聴率・感想・レビューについて!

あわせて読みたい
【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】ネタバレあらすじを最終回まで!二階堂とみなみ、恋の結末は? 【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】ネタバレあらすじを最終回まで!二階堂とみなみ、恋の結末は?テレ朝木曜9時のドラマは桐谷健太主演【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】...
目次

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】3話の視聴率

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】3話の視聴率は4月28日にお知らせします。

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】3話のあらすじ

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】3話のあらすじです。

諸星判事が切りつけられた!

諸星美沙子判事(吉瀬美智子)の裁判を傍聴する仲井戸豪太(桐谷健太)とみなみ(比嘉愛未)。閉廷後は諸星のファンの傍聴マニアの須賀(川畑和雄)、押田(新名基浩)、松久保(野間口徹)の3人が盛り上がる。裁判官にファンがいることに驚く豪太。

豪太たちと裁判を傍聴していた二階堂(北村有起哉)は、諸星に裁判の感想を伝える。二階堂は諸星を「美沙子」呼びしていて親しげ。諸星からみなみのことをつっつかれて激しく動揺する。

諸星はその日の帰り道、横浜市中区本町4丁目の日本大通り駅近くで、通りすがった何者かに右腕を切りつけられる。被害者に会いに病院に行った豪太たちは、諸星だったことに驚く。裁判官の刺傷事件で手柄を上げたい矢部律子(中村アン)や亀ヶ谷(西村元貴)は競って手を上げるが、持丸支部長(峯村リエ)は二階堂を担当にする。

犯人は過去の被疑者?

捜査一課の面々は、諸星を含めて防犯カメラ映像を確認する。犯人像は、無差別的な通り魔、または諸星に個人的な恨みがある人物と思われる。諸星が、自分が裁判官になったことが面白くない人物もいるかも、過去に私が振った男とか…と二階堂をいじる。後でみなみが二階堂に尋ねると、2人は司法修習生時代の同期だった。

犯人に心当たりはないが、裁判官という仕事柄、人に恨まれることはあると美沙子。豪太が護衛に付き、強行犯係は諸星を恨んでいそうな被疑者をピックアップ。傷害致死の罪で服役し、2週間前に出所したばかりの秋葉浩二(松川尚瑠輝)が怪しい。秋葉は4年前、実刑判決を下した美沙子に憤慨し、法廷で暴言を吐いていた。事件発生時のアリバイは家族の証言しかない。

秋葉の取り調べは豪太が担当。諸星の護衛には目黒(磯村勇斗)が付いている。
しかし秋葉は出所してから、家から一歩も出ていないと主張したが、家の近所の防犯カメラ映像には外を歩いている秋葉が映っていた。秋葉はタバコを買いに行っただけですぐ家に戻ったという。美沙子は、物証がないから逮捕状は出せないし、ガサ状は出さないといつものように言っていたところ、犯行時の防犯カメラ映像に映っていたパーカーの男は、秋葉によく似ていた。

ガサ状は狛江判事(本多力)があっさり出して、秋葉の家に捜査の手が入る。

メグちゃんが諸星に恋!?

美沙子は護衛の目黒を連れて食事に。美沙子は、意外にも身体を張っている刑事をリスペクトしているという。目黒もまた護衛をしてみて初めて判事の大変さに気づいていた。1人1人の人権を守っていく使命があると語る美沙子。誰にも手出しさせないという目黒。

秋葉の家からは何の物証も見つからない。焦る豪太に、目黒から美沙子を自宅に送り届けたと報告があり、目黒は明日も自分が護衛に付く、自分のほうが“彼女”を理解していると言い出す。目黒は美沙子に惚れたのか!? 面白がる強行犯係のメンバーたち。

目黒が美沙子の家の前で見張っていると、怪しい男がやってきた。追いかけて捕まえる。

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】3話のネタバレ

目黒が捕まえたのは、傍聴マニアの1人、松久保拓郎(野間口徹)だった。松久保はニュースを見て美沙子が心配になって来ただけだと主張。また松久保のアリバイは、押田と須賀がいっしょにいたと証言する。

美沙子がトイレに入り、化粧直しをしていると、1人の女が個室から出てくる。「なんてラッキー…」と言いながらカッターナイフの刃を出す。美沙子に呼ばれて駆けつけた目黒は犯行を阻止するが、急所を蹴られて逃げられる。激しく抵抗されるが、裁判所のホールで何とか捕らえる目黒。すると傍聴を終えて出て来た松久保が「三奈江…、何やってるの」と声をかける。女は松久保の妻だった。

松久保がまともに定職にもつかないのに、美沙子に夢中。自分は働きづめなのに、以前はそんな人じゃなかったのに、あの女のせいだ…という逆恨みが動機だった。松久保はそこまで妻が怒っているとは思っていなかった。三奈江は、ニュースを見て美沙子を心配して出かけて逮捕されたのに、また傍聴に出かけ、自分のことをどうでもいいとしている夫に腹を立てていた。

三奈江は松久保に謝る。悪かったのは俺だと松久保も謝る。家のことをお願いね、とゴミ出しの日を伝え、諸星判事に会うことがあったら謝ってほしいという。松久保は、もう傍聴には行かないと誓う。

2人の様子を見て切なくなる刑事たち。

普通の人でも犯罪を起こす、ちょっとしたボタンの掛け違えで…、と目黒につぶやく美沙子。

OKAZU-YA。食事をする豪太、みなみ、二階堂。二階堂はうっかり諸星判事ではなく「美沙子」呼びしてしまい、みんなからツッコミの嵐でうろたえる。どうも2人は昔付き合っていたらしい。二階堂と豪太がまた言い合いになり始めると、みなみが「ええ加減にせえ!」と言う。

【ケイジとケンジ、時々ハンジ。】3話の感想とレビュー

野間口徹の無駄遣い? いや、犯人と思わせぶりで使われること、ときどきあるかもしれません。ゴミの日も、資源ゴミが何かもわからないぐらい、全部奥さんに頼り切っていたダメ夫。どんな役もハマり役にしてしまう、野間口さん、さすがでした。

それにしてもいい大人が「資源ごみって何?」って、どんだけ奥さんに甘やかされてきたのか…。
今回はメグちゃんと判事の恋の予感が気になっていたけど、最後はこれが全部持っていきましたね。

犯人役のかわいそうな奥さんは映美くららさん。似てるけど違うかなー??と思ったほど、狂気に満ちたところからの本当はやさしい妻のギャップを演じていました。逆恨みで諸星判事を傷つけたのは絶対ダメだけど、野間口さんのダメ夫がハマりすぎてて、同情の声も。いや、資源ごみがわからないぐらい甘やかせてきた奥さんも悪いのかもしれません。

また、傍聴マニアの1人として、朝ドラ「舞いあがれ!」のなにわバードマンの空先輩(新名基浩)が登場。空先輩とは違っておしゃべりだったけど、ほぼ空先輩ルックなのが話題になりました。

そして諸星判事と二階堂の関係が、司法修習生時代に付き合っていたらしいことが判明。
諸星判事とメグちゃんもいい感じで、今後が気になりますね。

みなみの「ええ加減にせい!」は毎回ラストのお約束となるのかな?

ケイジとケンジ、時々ハンジ。3話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次