【カムカムエヴリバディ】13話│稔・勇の兄弟喧嘩に視聴者涙

カムカムエヴリバディ13話   【カムカムエヴリバディ】13話│稔・勇の兄弟喧嘩に視聴者涙
https://www.lmaga.jp/news/2021/11/360877/

【カムカムエヴリバディ】13話

朝ドラ【カムカムエヴリバディ】第3週 第13話が2021年11月17日に放送されました。

第13話では、稔・勇の兄弟喧嘩に視聴者涙で…

今回は【カムカムエヴリバディ】13話のあらすじネタバレと感想について。


ADVERTISEMENT

【カムカムエヴリバディ】13話のあらすじネタバレ

【カムカムエヴリバディ】13話の内容は…

ラジオでは、ミッドウェー海戦での日本海軍の勇ましい戦況を報告していた。そんなとき、姿を消していた算太()に召集令状が届き、小しず(西田尚美)が受け取った。

算太は久々に橘家に帰ってきた。安子()が岡山駅に迎えに行った。

しかし「家には入れるな」と金太(甲本雅裕)は妻に告げる。

戦争に行くんよ!せめた晩御飯くらい!」小しずは涙ながらに訴える。

金太は「赤の他人がどうなろうと知ったことでない」と受け入れない。

小しずは泣きながら、おにぎりを作った。広場では街をあげて算太の出征を祝う。金太はその声を店の厨房で聞いていた…。

「たちばな」が縮小

その後、丹原(中村凛太郎)・黒鉄(松木賢三)など、「たちばな」の職人たちも戦地へ。

人手もなく材料も乏しくなった「たちばな」の商いは、しだいに縮小していった。

「お父さん。私にできることねえ?」安子は気落ちしている金太に声をかける。

「安子。すまんかったな。こげんことになるんだったら、お前と雉真さんの坊っちゃんのこと認めてやりゃよかった。そしたらおめえに苦労かけることなかった」

「やめて。こうなることに決まっとったんじゃ。最初から」と安子。

勇(村上虹郎)と稔(松村北斗)の兄弟喧嘩

一方、雉真繊維は戦争の勢いが増すにつれ軍への納入も増えていた。そんな中、東京の寮にいた勇(村上虹郎)が久しぶりに実家に帰ってきた。

勇は、父・千吉(段田安則)と神田中佐(武井壮)の話を立ち聞き。稔(松村北斗)と銀行の頭取の娘との縁談が上がっているのを知った。

夜。勇(村上虹郎)は大阪にいる稔のもとを訪ねる。

「兄さん。嘘じゃろ。安子のこと捨てたりせんよな。」と勇。

「帰ってくれ。お前と違って僕は忙しいんだ」と稔。

「見損なったよ。兄さんを信じとったのに。安子のこと傷つけたりせんと信じとったのに!」

「それじゃったらお前が慰めてやらええ」

勇は兄を殴った。馬乗りになって叫ぶ。

ふざけんなよ!兄さんだから諦めたんじゃ。わしは

もうどうだってええんじゃ!」と、稔は泣いた。

結末

安子と小しずは、小しずの故郷へ行った。小しずの身内は亡くなってるが、小しずを知っている人から着物と交換で、小豆をもらえた。

金太は申し訳なく思うが、「店は開けられなくてもお祝い事があれば何か作れるでしょ」と喜ぶ小しず。

杵太郎は畑仕事をして腰を痛めていた。

「おばあちゃん。おじいちゃんに美味しいお汁粉作ってあげて」と安子。

・・・戦争は庶民の当たり前の生活をさまざまなカタチでゆがめ、むしばんでいた。

英語は使えなくなり、大学野球でも「正球」(ストライク)、「悪球」(ボール)、「打者引け」(アウト)

高校球児の憧れの甲子園も解体された。金属を回収し武器を製造するためだった。

喫茶店「ディッパーマウスブルース」は「出歯口の憂鬱」になった。ジャズなど米英の楽曲は禁止になり、個人所有のレコードまでも供出させられた。店には出征した健一(前野朋哉)の写真が飾られていた。

そして秋のこと。ラジオで学生の徴兵猶予がなくなると発表があった。(いわゆる学徒出陣。高等教育機関に在籍する20歳以上の文科系の学生を在学途中で徴兵し出征させた歴的的事実。ちなみに稔は商科大なので文系)

この発表は稔の出征も意味していて…(TO BE CONTINUED)

【カムカムエヴリバディ】13話の感想まとめ

稔・勇の兄弟喧嘩に視聴者涙

13話は、稔さん・勇ちゃんの兄弟喧嘩で殴り合い…

いや、勇が一方的に兄を殴ったシーンが、迫真の演技でした。

視聴者から「泣いた」「涙」と感想が上がっています。

殴っていた弟も、兄の涙に悟った感じでしたね。

どうしようもなかった辛さが画面から伝わってきました。

そしてラストは、学生も徴兵されるという発表が…。

安子の表情もナレーションも、不穏な雰囲気が漂っていました。今後の稔・勇らの行く末も注目です。

12話< >14話

画像出典:NHK

カムカムエヴリバディ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント