【カムカムエヴリバディ】第3週のネタバレ!安子(上白石萌音)が●●と結婚へ?!

NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)【カムカムエヴリバディ】3週「1942-1943」のあらすじネタバレをお伝えします。

カムカムエヴリバディ第3週では、太平洋戦争へ突入。和菓子屋が苦しくなる中、雉真家の家業は繁栄!

そんな中、ヒロイン・安子()が●●と結婚へ?!一体、誰とかネタバレします。


ADVERTISEMENT

【カムカムエヴリバディ】3週のあらすじネタバレ

ここからはカムカムエヴリバディ第3週のあらすじネタバレを紹介!放送後に詳細をアップ予定です。

11話(11月15日)

カムカムエヴリバディ11話   【カムカムエヴリバディ】第3週のネタバレ!安子(上白石萌音)が●●と結婚へ?!
©NHK

ときは昭和17年(1942年)。英語講座を放送しなくなったラジオからは、連日、勇ましい日本軍の戦果が流れる。

その一方、衣料品の購入や製造にも制限がかかる。ジャズ喫茶「ディッパーマウス・ブルース」は「出っ歯口の憂鬱」に店名変更。しかしコーヒー豆が入手できなくなり、ジャズを流すと敵性音楽だと石を投げ込まれた。

3月。大学が春休みになり、東京の大学へ進学した勇()と入れ替わりに、稔が雉真家へ帰省してきた。安子(上白石萌音)も稔も2人で出かけるのを心待ちにしていたが…。

雉真繊維は軍服や国民服の需要拡大に伴い、工場の拡大を検討中。資金は大東亜銀行が無利子、無担保で用立ててくれるという。条件は稔()が頭取の娘と結婚すること。

僕には心に決めた人がいます」稔は縁談を聞いて即座に断る。

千吉(段田安則)と美都里(YOU)は相手が小さな和菓子屋の娘と知って絶句。

「お前らしゅうもねえ。そんなうちにとって得にならんこと。頭を冷やせ」と千吉は突き放す。

【出演】上白石萌音、松村北斗、村上虹郎、大和田伸也、鷲尾真知子、YOU、、甲本雅裕、段田安則

12話(11月16日)

カムカムエヴリバディ12話   【カムカムエヴリバディ】第3週のネタバレ!安子(上白石萌音)が●●と結婚へ?!
©NHK

雉真家の女中から電話注文を受けた安子(上白石萌音)は、2人で会うための口実かなとドキドキしながら雉真家へ配達へ。しかし稔(松村北斗)の母・美都里(YOU)が現れる!?

美都里は敵意むき出しで、稔と知り合った経緯を問いただす。そして、注文の品も受け取ってもらえず、暮らしの足しにしてと、代金だけを押しつけられる始末。しかも…「二度と稔に近づかないで」と氷のような目で言われてしまう。

翌日。お金をどうやって返そうか、と悩む安子。そんな友人を見かねたきぬ(小野花梨)は、稔に事情を伝える。

母・美都里の屈辱的な態度を聞いた稔は、「これはどういうことですか!」と紙幣を叩きつけて、美都里に迫る。

安子とは将来を見据えた真剣な交際をしているのだと訴えて興奮する稔。

訴えを聞いていた千吉(段田安則)は、「家を出て『たちばな』の婿になれるのか?」と覚悟を問う。

「それしかない、と言うんじゃったら」と婿へ行く決心を口にする稔。

しかし菓子屋がつぶれていく時代にどうやって家族を養えるのか、千吉に問われると、稔は言い返せない。

一方、安子は自分の立場を考え、稔のことを忘れようとしていて…

【出演】上白石萌音、松村北斗、、鷲尾真知子、YOU、西田尚美、甲本雅裕、段田安則

13話(11月17日)

カムカムエヴリバディ13話   【カムカムエヴリバディ】第3週のネタバレ!安子(上白石萌音)が●●と結婚へ?!
©NHK

夕方。「たちばな」の店番をしている安子(上白石萌音)を遠くから見ていた稔(松村北斗) 。金太(甲本雅裕)が稔を店に招き入れ、「安子と会(お)うてやってください。安子を苦しめるよになっても」と頭を下げる。

稔は迷った末に、言葉を絞り出す。

稔:「安子ちゃん。時間はかかるかもしれんけど、待っていてほしい」

安子は悲しそうに微笑んで告げる。

安子:「まちごうとったんです、最初から。分かっとったはずじゃのに、夢を見ていました」

安子は稔からもらった英和辞典を稔に押し付けるように返して立ち去った。

Yasuko's little dream sadly faded away.(安子の夢は、はかなく 消えていきました)

6月。姿を消していた算太(濱田岳)に召集令状が届く。入隊のため、久々に橘家に帰ってきたものの、金太は頑なに家に入れない。小しず(西田尚美)は涙をふきながら、精一杯の弁当を作って、算太の出征を見送る。

「たちばな」は、残っていた職人も出征。人手も材料も乏しくなり、次第に商いを縮小せざるを得なくなっていった。

一方、雉真繊維は戦争の勢いが増すにつれ軍への納入も増え、事業拡大へ。

勇(村上虹郎)は、銀行の融資が稔(松村北斗)と頭取の娘との結婚が前提だと知り、稔のもとを訪ねる。そして、稔に殴りかかる。安子を傷つけたことが許せなかったのだ。

見損なったよ!兄さんだから諦めたんじゃ!兄さんじゃから、わしは…

殴られながら稔は涙し、言った。「もうどうだってええんじゃ!」

【出演】上白石萌音、松村北斗、村上虹郎、濱田岳、大和田伸也、鷲尾真知子、YOU、西田尚美、甲本雅裕、段田安則

14話(11月18日)

カムカムエヴリバディ14話   【カムカムエヴリバディ】第3週のネタバレ!安子(上白石萌音)が●●と結婚へ?!
©NHK

昭和18年(1943年)9月。戦況が悪化。20歳以上の学生の徴兵猶予が停止された。(いわゆる学徒出陣)

雉真家では稔(松村北斗)が出征することが決まり、千吉(段田安則)は頻繁に大東亜銀行の頭取と面会する。出征までに、頭取の娘との縁談を取りまとめるためだった。

稔と安子(上白石萌音)の互いの気持ちを知る勇(村上虹郎)は、家のための結婚は自分がするから、2人の結婚を許すよう千吉に頼み込む。

「せめて、あんこに会(お)うてあげてよ。会やあ分かるから」と勇は訴える。が、千吉はまともに取り合わない。

そのころ、橘家では、肺を患い苦しむ杵太郎(大和田伸也)の枕元で、安子(上白石萌音)が懸命に声をかけていた。

【出演】上白石萌音、松村北斗、村上虹郎、大和田伸也、鷲尾真知子,西田尚美,甲本雅裕,段田安則

15話(11月19日)

カムカムエヴリバディ15話   【カムカムエヴリバディ】第3週のネタバレ!安子(上白石萌音)が●●と結婚へ?!
©NHK

11月初め。 稔(松村北斗)は出征を前に、頭取の娘と祝言(しゅうげん: 結婚式のこと)を挙げるために岡山に戻ってきた。

「待ちきれなんで迎えに来たぞ」と千吉(段田安則)が駅で稔を迎える。 そして朝丘神社へ急ぐ千吉。稔が千吉の後をついてくと、ハッとする。

安子(上白石萌音)が拝殿の前で手を合わせている!?

千吉は、安子が毎日この時間に稔の無事を祈願していることを勇(村上虹郎)から聞いていた。久しぶりに再会した安子と稔。

稔は安子に「僕と結婚してください」と伝える。

…安子は先日の夕方の客が千吉だと気づく。

安子(上白石萌音)の人柄

ある日の夕方、「たちばな」に見慣れない客が来た。安子は材料がなくて「おはぎ」が作れないことを謝って、お汁粉を振る舞った。

この日は先日永眠した杵太郎(大和田伸也)の初七日。供養にと、正月用にとっておいた小豆と砂糖で祖母・ひさ(鷲尾真知子)が作った大事なお汁粉だった。…安子はこの客(=千吉)が気落ちして見えたので、元気になってほしいと振る舞ったのだった。

安子と稔が結婚へ

安子と稔は、結婚することに…。

「たちばな」を訪れて安子の優しさに触れた千吉は、「たちばな」が堅実な商いをしていると実感。そして、安子こそ稔を支えてくれる相手だと確信。進めていた銀行の頭取の娘との縁談を断って2人の結婚を許した。

杵太郎(大和田伸也)の忌中のため、ごく簡素ではあったものの、祝言をあげることに。稔の出征まで2人が一緒に過ごせる時間は限られる中、この上なく幸せな時間を過ごす。

It was a short but blissful time.(短いけれど至福な時間でした)

【出演】上白石萌音、松村北斗、村上虹郎、大和田伸也、鷲尾真知子、YOU、西田尚美、甲本雅裕、段田安則

【カムカムエヴリバディ】3週の事前レビュー

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』も第3週へ。太平洋戦争の時代へ突入します。

そんな中、身分の違いで交際を反対されていた安子・稔が、ついに第3週ラスト、金曜日の回に結婚へ

第1週ラストで、安子が手紙書いていいですか?と思いを伝え、交際スタート。

第2週の月曜日回で、安子・稔の文通で2人の仲が表現されたものの、たちばな家は大反対。

第3週ではついに雉真家からも反対される2人の恋。

まるでロミオとジュリエット(正確には、ロミジュリは「身分違い」ではなく「敵同士」の恋物語。 長年お互いの家を憎んできたモンタギュー家の一人息子とキャピレット家の一人娘の恋)。

ついに恋が成就する展開に、涙と感動に包まれること間違いなし(?!)な第3週です。

第2週< >第4週

画像出典:NHK

カムカムエヴリバディ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント