【カムカムエヴリバディ】8話│安子の涙と主題歌の畳みかけに視聴者号泣

カムカム8話   【カムカムエヴリバディ】8話│安子の涙と主題歌の畳みかけに視聴者号泣
https://realsound.jp/movie/2021/11/post-898761.html

【カムカムエヴリバディ】8話

朝ドラ【カムカムエヴリバディ】第2週 第8話が2021年11月10日に放送されました。

第8話では、安子の涙と主題歌の畳みかけに視聴者号泣!

今回は【カムカムエヴリバディ】8話のあらすじネタバレと感想について。


ADVERTISEMENT

【カムカムエヴリバディ】8話のあらすじネタバレ

【カムカムエヴリバディ】8話の内容は…

安子(上白石萌音)に見合い話

砂糖が配給制になり、「たちばな」の菓子作りも打撃を受けていた。

そんな中、金太()が安子(上白石萌音)に見合い話を持ちかける。

相手は「たちばな」と取引している砂糖の生産会社の次男。

杵太郎(大和田伸也)は「これは政略結婚じゃ」と明かす。

ひさ(鷲尾真知子)は金太と小しず()も同じだったという。

小しずは小豆農家の娘で、金太と見合い結婚した。(ちなみに杵太郎とひさは恋愛結婚)

金太は「店のためといっても、しょうもない男にやらない。人柄は申し分ない」と熱弁。

突然の話に戸惑いを隠せない安子。

***

小しずは「ごめんな。急に。安子、無理はせんといてな。みんな安子に幸せになってもらいとう思いよる。じゃけど案外、安子の幸せは安子にしかわからんのじゃからな」と心配する。

稔(松村北斗)のいる大阪へ

翌朝。ラジオ英語講座の時間になっても安子が起きてこない。

小しずが安子を起こしに行くと、部屋に安子の姿はなく書き置きがあった。

手紙「かならず今日中に帰ります 心配しないでください 安子」

小しずは、きぬ(小野花梨)に手紙をみせる。きぬは「大丈夫じゃ。夜にはちゃんと帰ってくらあ」と安心させる。

「雉真稔さんってとこ?」と聞く小しず。
「なんじゃ。知っとんたんかな」ときぬ。

2人は、安子が稔(松村北斗)のいる大阪へ行ったのだろうと予想した。

案の定、安子は小さなかばんひとつで始発の汽車に乗り込んでいた。

難和電鐵・杉川町驛(「驛」は「駅」の旧字)へ到着。手紙を握りしめて、住所を探して歩く。

*杉川町駅=杉本町駅?:JR阪和線「杉本町(大阪市立大学前)駅」のことでしょうか。稔の通う旧制大阪商科大学は今の大阪市立大学なので。

安子、稔と再会

安子は稔の住む「おぐら荘」へ到着。

玄関先で、年配の女性・小椋くま(若井みどり)に「鈴木くんの女友達かいな。やめときて。鈴木君の好みにしては地味やな。顔もおぼこいな」と言われる安子。

そこへ稔が帰ってきて、安子に気づく。くまは稔の女友達だったと知り、珍しくて驚く。

部屋にて。安子は配達で来たと嘘をついた。

ちょうど午後の授業がなくてゆっくり会えた。稔は安子を映画鑑賞へ誘った。約束をついに果たす2人。

その後、学生用の大衆食堂で食べる2人。

稔はこんな場所でいいのか気にするが、安子は稔がふだん行くところが良かったという。

夕焼けが見える河原にて。

安子:「It smells like the ocean」(潮の香りがします)

稔は安子にコートをかけて「日が暮れたらさみいよ。」と声をかける。

稔:「Sunset. Beautiful Sunset. 」

稔:「Do see that beautiful sunset?」(あの美しい夕日が見える?)

安子:「Yes, I do. I see a beautiful sunset over the river」(はい、見えます。川の向こうに美しい夕日が)

安子の涙

日が暮れた。安子は稔に結局思いを伝えることができぬまま、汽車に乗って岡山へ帰ることに。

駅前にて。稔はコートをそのまま着ていくよう促し「それじゃまたね」と声をかけたが…

「ありがとうございました」という安子の表情が気になって、彼女の後ろ姿から目が離せない。

車内にて。安子は切なさから思わず涙を流すと…嗚咽が止まらなくなる。

(NHK総合の放送時間)あさ8時12分 30秒すぎ:オープニング映像へ

8話結末

おかやま~おかやま~!

岡山駅に到着して、乗客が次々と降りる中、安子は下を向いて立ち上がれない。

人影が安子に近づいてくる。

「すみません。すぐ降ります」と安子。

立ち上がって、その人をみた安子は絶句。

稔がいた。「なんで?」と安子。

「その小(ち)せえ鞄ひとつで配達もないじゃろ。なんで泣いてるん?安子ちゃん何があった?」と稔。

安子はまた嗚咽し始めた。

(TO BE CONTINUED)

【カムカムエヴリバディ】8話の感想まとめ

安子の涙と主題歌の畳みかけに視聴者号泣

8話は、視聴者号泣な回でした。

安子が車内で涙を見せると、オープニング映像とともにAIさんが歌う主題歌「アルデバラン」が流れました。

この演出に、SNSで「これはずるい」「泣く」と大反響。

夕焼けシーン秘話

その前の、夕焼けのシーンも素敵でしたよね。

堀之内プロデューサーは「日没間際になっても雲が晴れず、全然 Beautiful Sunset じゃなかったんです。安子ちゃんも稔さんもスタッフもあきらめかけたその瞬間……突然空が輝き始めて! こんなことがあるんだ…とその場にいた全員が感動していました。この写真、無加工なんですよ」と奇跡的な映像が撮れた秘話を明かしています。

西田尚美さんも涙

直後の番組「あさイチ」には母親役の西田尚美さんが出演。

西田さんは「もう、ほんとうにもう…。見合いなんかさせたからあんな…。稔さんのところに行ってしもうて…」とコメントし、涙をぬぐいます。

鈴木奈穂子アナウンサーが「小しずさんは、安子ちゃん思いの素敵なお母さんですよね?」と声をかけると、「本当に優しいお母さんで、安子のことも算太のことも、本当に甘々(あまあま)ですね」と笑顔で返答。

和菓子屋さんだけに甘々な小しずさんでした。

7話< >9話

画像出典:NHK

コメント