【ブギウギ】37話ネタバレと感想|六郎(黒崎煌代)の出征に視聴者涙

ブギウギ・37話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【ブギウギ】37話ネタバレと感想

朝ドラ【ブギウギ】第8週「ワテのお母ちゃん」第37話(第37回)が2023年11月21日(火曜)に放送。

六郎(黒崎煌代)の出征の日がせまり、六郎は頭を丸め恥ずかしそうにしている。相変わらず体調が悪いツヤ(水川あさみ)は専門の医師の診察を受けることとなる。

今回は【ブギウギ】37話のあらすじネタバレ・感想・出演者について!

【ブギウギ】第8週のネタバレあらすじと予告!母ツヤ(水川あさみ)の最期に号泣必至!
【ブギウギ】第8週「母の死」(11月20日~24日)は、週タイトルで分かる通り、スズ子の母ツヤ(水川あさみ)が危篤になり、やがて病死します。さらにスズ子の弟・六郎が出征へ。そんな中でも舞台に立ち続けるスズ子。優しい母親・ツヤを見続けてきた視聴者にとって号泣必至の週で…。今回は【ブギウギ】第8週のネタバレあらすじと予告について。

*本ページの情報は2023年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【ブギウギ】37話のネタバレ

ブギウギ・37話

【ブギウギ】37話のあらすじネタバレです。

六郎(黒崎煌代)の出征の日がせまり、六郎は頭を丸め恥ずかしそうにしながらも母ツヤ(水川あさみ)に見せた。相変わらず体調が悪いツヤは専門の医師の診察を受けることとなった。診察を受けたツヤはもう自分が助からないことを悟り、梅吉(柳葉敏郎)に、このことをスズ子(趣里)と六郎には伝えないようにと頼む。ツヤの病気の重さをまだ知らない六郎は、落ち込む梅吉の前で銃撃戦のまねごとをしてはしゃいでた。梅吉は珍しく大声で怒鳴ってしまう。

はな湯の常連客はツヤが思ったより悪いことを悟った。アホのおっちゃん(岡部たかし)がゴンベエ(宇野祥平)へ「桃、持ってきたれ。いつぞや桃、持ってきたやろ?すずちゃんが寝込んだ時」と、スズ子が幼い時に百日咳の疑いで倒れた時、ゴンベエがどこからか季節外れの桃を持ってきたことを思い出させる。
ゴンベエは手が離せないため、「アホのおっちゃん、行ってくれへんか?場所教えるし」と言う。しかしアホのおっちゃんは「行ったるがな」といって、場所も聞かずに飛び出していった。

その後、梅吉が謝って六郎と仲直りとなった。六郎は「大きい声好かんねん」という。梅吉は「お父ちゃんな、どないしていいか分からんようなってもうてん」と弱音を吐いた。

出征前夜。六郎は母・ツヤの病床を訪れ「世話になった人に挨拶行こおもうねん」「ワイ、軍隊では頑張るねん。鈍臭いん卒業するんや」と口にする。ツヤは、六郎を抱き寄せ肩越しに涙を見せる。

ツヤ「あんたはどんくさいことなんかないで。ほんまは、みんなあんたみたいに素直で正直な人間になりたい思ってんねんで。わてもや」

六郎の出征の日がやってきた。背広を着た六郎を見た梅吉は涙をこらえられない。六郎が「行ってまいります!」と元気に言うと、常連客の一人・アサ(楠見薫)が「『まいります』はあかんで。生きて帰るつもりに聞こえるらしいわ。ワテの息子も『行きます』言うて行ったんや」と注意する。六郎は納得して「花田六郎、行きます!」と言い直し、涙する梅吉と抱き合って別れを惜しむ。

バンザイ、バンザイと送り出される声は病床のツヤの元まで聞こえていた。

一方、スズ子たちは戦時中のため、派手な演出ができなくなる。スズ子は会社の方針に不満がたまっていた。

ラスト、六郎(黒崎煌代)が入隊する前に、東京のスズ子(趣里)のもとにもやってくる。久しぶりの再会で…。(つづく)

<<前回 第36話次回 第38話>>
ブギウギ|あらすじネタバレトップページ

【ブギウギ】37話の感想

37話の感想です。

ついに六郎(黒崎煌代)が出征。お母ちゃん、お父ちゃんとの別れが丁寧に描かれ、多くの視聴者が涙で…↓

今日は泣かされましたね。水川あさみさん・柳葉敏郎さんのベテランはもちろん、初演技だという黒崎煌代さんもとても良かった。

なぜ戦争に行かないといけないのでしょうか。なぜ戦争は起きてしまうのでしょうか。これはフィクションのドラマですが、多くの若者が出征したのは現実。理不尽すぎる現実ですし、リアリティある役者たちの演技もあって胸に迫りましたね。

そしてラストは「ねーやん」との再会。次回も号泣必至の回になりそうな予感です。

【ブギウギ】37話の出演者

【出演】趣里,草彅剛,水川あさみ,柳葉敏郎,安井順平,なだぎ武,岡部たかし,宇野祥平,妹尾和夫,楠見薫,陰山泰,野田晋市,三谷昌登,黒崎煌代,村角ダイチ,満腹満,多々納斉,澤井梨丘,又野暁仁 ほか

【語り】高瀬耕造

【作】足立紳

【音楽】服部隆之


朝ドラ【ブギウギ】キャストと相関図|趣里ヒロイン、水上恒司:相手役、草彅剛、菊地凛子ら豪華出演!
NHK連続テレビ小説(朝ドラ)第109作『ブギウギ』ののキャスト(出演者)・登場人物・相関図を紹介します。趣里さんがヒロイン(主演)、水上恒司(旧芸名:岡田健史)さんが相手役、草彅剛さんがヒロインの人生を大きく変えることになる作曲家、菊地凛子さんがヒロインの生涯のライバル歌手役!その他、豪華出演者が登場します。今回は朝ドラ【ブギウギ】のキャスト・相関図について。

画像出典「ブギウギ」公式HP