【ブギウギ】36話ネタバレと感想|ツヤ(水川あさみ)の体調・六郎の赤紙、不穏な月曜回で…

ブギウギ・36話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【ブギウギ】36話ネタバレと感想

朝ドラ【ブギウギ】第8週「ワテのお母ちゃん」第36話(第36回)が2023年11月2日(月曜)に放送。

戦争が始まろうとしており、スズ子(趣里)は時局に合わせて派手にならないようにと言われ戸惑う。一方、大阪ではツヤ(水川あさみ)が体調を崩していた。

今回は【ブギウギ】36話のあらすじネタバレ・感想・出演者について!

【ブギウギ】第8週のネタバレあらすじと予告!母ツヤ(水川あさみ)の最期に号泣必至!
【ブギウギ】第8週「母の死」(11月20日~24日)は、週タイトルで分かる通り、スズ子の母ツヤ(水川あさみ)が危篤になり、やがて病死します。さらにスズ子の弟・六郎が出征へ。そんな中でも舞台に立ち続けるスズ子。優しい母親・ツヤを見続けてきた視聴者にとって号泣必至の週で…。今回は【ブギウギ】第8週のネタバレあらすじと予告について。

*本ページの情報は2023年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【ブギウギ】36話のネタバレ

ブギウギ・36話

【ブギウギ】36話のあらすじネタバレです。

昭和14年、ドイツがポーランドに侵攻したことをきっかけに第二次世界大戦が勃発。スズ子が所属する劇団でも時局に合わせた演出をしていくとの方針が示されることに…。

スズ子(趣里)は、あまり派手にならなないようにと言われ戸惑う。羽鳥善一(草彅剛)も「そのうち ジャズは愛国精神が足りないなんて全面禁止になってしまうんじゃない?」と心配する。スズ子も「ワテ、ジャズ歌っとっても日本は大好きでっけど…楽しい舞台はでけんいうことでっか?」とこれまでのような派手な演出の公演ができないのではと不安がった。

その夜、スズ子は羽鳥家で食事をごちそうになる。羽鳥は恩師でウクライナ人音楽家・メッテル先生(※実在する人物)が国外退去になったことに激怒していた。そのため、ふて寝するからと部屋に引っ込む。

その後、スズ子は麻里(市川実和子)から羽鳥との馴れ初めを聞いていた。当時、劇場近くにある喫茶店・バルボラで働いていた麻里は、毎日そこに通って楽譜を書いていた羽鳥と出会った。ある日、いつもアイスコーヒーを頼んでいた羽鳥が「ナイスコーヒー」と注文した。麻里は笑って「うちのはいつもナイスなコーヒーです」と反応する。

羽鳥は「突然ですが、僕とお付き合いしていただけませんか?」と告白。戸惑う麻里に、羽鳥は「決めてたんです。30日間毎日アイスコーヒーを頼んで、31日目に『ナイスコーヒー』って冗談を言ってみる。そのときあなたが笑ってくれたら僕はあなたに告白するって」と説明し、笑顔を見せた。

スズ子は「キケンな人」と感じ、羽鳥の行動に引いてしまう。しかし麻里は羽鳥のことを“おもしろい人”と気に入って、告白を受け入れたという。そして、交際開始から1週間後に劇場の前で「いつかここでジャズを演奏するのが夢だ。その夢を一刻も早く叶えるために結婚してほしい」とプロポーズされ、麻里は羽鳥の“バカみたいな素直さ”に惹かれたことを明かす。

麻里はスズ子が最近失恋したことを聞いた。麻里は失恋も肥やしにすること、いや…「生きるって事が肥やしよ」と励ます。スズ子はその言葉をあわててメモして心に刻んだ。

一方、はな湯ではツヤ(水川あさみ)が体調を崩していた。熱々先生から大きな病院で見てもらったほうが良いと言われた。病院嫌いのツヤに対して、熱々先生は同期の医師を今後連れてくると告げる。そんな時、番台に座っていた六郎(黒崎煌代)の元を役場の職員が訪ねてくる。役場の職員は六郎に「おめでとうございます。召集令状です」と告げる。職員から召集令状を受け取った六郎は、一転、笑顔になると「赤紙やぁ!」と嬉しそうな表情に。

六郎は「お母ちゃ~ん! 赤紙来たで~!」とツヤの部屋へ。六郎はツヤへ自慢げに「赤紙やぁ!ワイにもちゃんと来たで! 甲種合格しても鈍くさいお前には赤紙けーへん言うやつおったけど、ちゃんと来たわ!すごいやろ? なあ! ワイすごいやろ?」と両親に褒めてほしそうに話す。

複雑な表情の梅吉(柳葉敏郎)とツヤ。だがあまりの六郎の喜びように、「すごいなあ」と褒めざるを得ないツヤだった。

一方、スズ子のもとにも電報が届き、六郎に赤紙が来たことが知らされる。大丈夫なのかと心配になるスズ子だった…。(つづく)

<<前回 第35話 次回 第37話>>
ブギウギ|あらすじネタバレトップページ

【ブギウギ】36話の感想

ツヤ(水川あさみ)の体調・六郎の赤紙、不穏な月曜回で…

月曜日から不穏な要素のオンパレード。

亀が大好きで少し変わり者っぽい六郎なので、周囲の人たちから心無い言葉を言われてきたのでしょう。

自分もみんなと同じく国から役立つ若者と認められたことが、よっぽど嬉しかったのでしょう。

当時は日本は強い、戦争も勝つ、神の国と信じられていたでしょうしね。

しかし親としては複雑な心境。そして2023年現在、太平洋戦争の結果を知っている立場から見ると、兵隊になる危険さが分かってつらすぎます。

もちろん国を守ることは尊いことなのですが…。

ツヤさんも、熱々先生が深刻な様子で大きな病院へと言ってるくらい悪い様子。

ほっこりできたのは羽鳥夫妻の馴れ初めくらいでしたね。不穏な月曜日から、どう展開していくのか。覚悟して見届けていきたいと思います。

【ブギウギ】36話の出演者

【出演】趣里,草彅剛,市川実和子,水川あさみ,柳葉敏郎,ふせえり,安井順平,なだぎ武,岡部たかし,妹尾和夫,楠見薫,陰山泰,野田晋市,三谷昌登,隈本晃俊,黒崎煌代,村角ダイチ,満腹満,藤吉雅人 ほか

【語り】高瀬耕造

【作】足立紳

【音楽】服部隆之


朝ドラ【ブギウギ】キャストと相関図|趣里ヒロイン、水上恒司:相手役、草彅剛、菊地凛子ら豪華出演!
NHK連続テレビ小説(朝ドラ)第109作『ブギウギ』ののキャスト(出演者)・登場人物・相関図を紹介します。趣里さんがヒロイン(主演)、水上恒司(旧芸名:岡田健史)さんが相手役、草彅剛さんがヒロインの人生を大きく変えることになる作曲家、菊地凛子さんがヒロインの生涯のライバル歌手役!その他、豪華出演者が登場します。今回は朝ドラ【ブギウギ】のキャスト・相関図について。

画像出典「ブギウギ」公式HP